スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役替雑想◆バレンシアの熱い花

七夕です。ソリオの吹き抜けにはでっかい笹が飾られています。

バレンシア、役替わり初日。
期待していた以上に、よかった。
北翔さんはほんとにウマいなあ・・・というのと、
蘭寿さんはほんとに華やかなんやなあ・・・という印象。

と、いうのも。
ロドリーゴでかなーり地味だったみっちゃんが、
ラモンのちゃんと色気のある表情をしてるんですよ。
おぉ!と思いました。
見た目に蘭とむほどのワイルドさはなくても、ちゃんと芝居力でカバー。そしてやはり歌の表現力は抜群。フェルナンド家でのコミカルな動きも大変好評でした。

で、蘭寿ロドリーゴ
オイラはずっとロドリーゴとシルヴィアのふたりがいまひとつ・・・な印象だった。特にシルヴィアという人がどうも好きになれなくて。脚本演出のせいなのか役者のせいなのかはよくわからなかったのだけれど、蘭寿ロドリーゴになって、その違和感が消えた。

なぜかというと、「ロドリーゴがシルヴィアを追っかけている」ように見えていたのが、「シルヴィアがロドリーゴを好き」、という構図に逆転したからだと思う。つまり蘭寿ロドリーゴには華と色気がある。立っているだけで、注目を集める恵まれた身体を持っている。なんでこの女性が好きなんだろうこのヒト、という違和感はなくなり、シルヴィアに対する少しのいらつきも消えた。

みっちゃんはなー・・・ものすごくうまいのはわかるし、芝居も歌も大好きなんだが、地味な役をやるとほんとに地味になってしまうのが惜しいなあ。相手の美羽ちゃんとの相性もあるとおもうけどさ・・・彼女も決して派手な方ではないので。
や、みちこさまが地味というよりは、ユウガさんとからんとむが派手なんだろう^^;スター性というやつか。

というわけで、蘭寿ラモンがいちばん好みではありつつも、
芝居全体としてはこっちの方がバランスいいかも、と思いましたです。

・・・なにげに芝居の感想UPしたの初めてだったりする(笑)
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/996-70ba5441

Comment

ぽち

へぇー、へぇー、へぇーっとうなづきながら読ませてもらいました。
役替わり初日の感想ありがとうございます。
私もロドリーゴとシルヴィアの関係にちょっと物足りなさを感じていたのですが、蘭寿ロドリーゴは華と色気があるんですね!うわー観たいー!!
あまりというかほとんど恋愛物をしない蘭寿さんですが、あのアツイ感じは恋愛物にぴったりだと思うんですよね。ロドリーゴ、いいだろうな~観たいな~!!(落ち着けー)

  • URL
  • 2007/07/09 16:35

ニケ

ほんと、蘭とむでがっつり恋愛モノが見たいですよね~!
ワイルドなラモンもいいですし、貴族をやってもやっぱりステキだと思いました☆
脚本に厚みがあればもっとよかったですけれどもね~。
役代わりは10日間しかありませんよ!ぜひ(笑)
  • URL
  • 2007/07/09 22:43

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。