スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見送りについてのつぶやき sourced by Twitter

姫が花組観たこと書いてた。…さびしい。今はただ、さびしい。

…私が、はじめて宝塚の入り待ちを見たのは、ムラじゃなかった。初恋のひとの、東宝での退団公演でした。

必要性を感じないひともいるしおいらだってほとんど遠くから眺めてるだけだったけど。スターって、ファンあってのものだとおもうから。朝は無事いってらっしゃいと送り出し、夜はお疲れ様と笑顔で迎えて。特殊だけど、その時間が無限ではないことを知ってるから、より愛おしいと思うの。

あのひとたちはしんでしまう。きえてなくなってしまうんだ。どんなに、惜しんでも、惜しんでも。だからさびしい。
この焦燥感。残された時間は、ない。

みんなが不安を感じているなかで、仕方のないこともあるけれど、せめて納得できるようにしてくれたらいいのにね・・・。

いま、1000daysの方々はパレードがなかったって知った。
ロビー開放してくれたらFCはお見送りできるんよね。そうだといいよね。

幽霊な上にフェアウェルもいけないから、もしかするともうお逢いする機会はないのかもしれないけれど。それはそれで運命だから。私は私のホームでお見送りしたから、東京の方がちゃんとお見送りできるようにしてほしいなっていうのが、私の望みです。
関連記事

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。