スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使に逢いにいってきた。◆THIS IS IT

おいらにとっては最高で、最後の、エンターテイナーだった彼の。
最後のきらめきを観てきました。


この人がステージの天才だなんて知ってたけど、あまりの凄さに鳥肌が立った。

ヅカ友でもありMJフレンズでもある宮さまと一緒に観てきました。
あふれる涙がとまらなくて2時間ずっとタオルで押さえっぱなしだった。

でも、ただのメモリアルじゃなくて。
ああ最後の姿だ、と泣きながら観ているうちに、このコンサートを創り上げる過程が凄くて、どんどん引き込まれていった。
正にライヴを体感するような内容で、ついついいつも通りに身体でリズムをとって、口で歌わずにはいられないくらい楽しくて楽しくて、泣きながら夢中になって。

ああ本当にこの人は生まれてから死ぬまで、死ぬまで、エンターテイナーで。

新しいダンスの振り付けに、目が離せなかった。
なんであんなにカッコイイんだ!?

おちゃめでイチイチ可愛くて。
女性と絡む歌のリハーサルでも、テレテレでぎこちなくて。
オマエは3人の子持ちの50歳だろうが!とつっこみながら。


そしてステージの音楽、演出効果、全てを把握し、完璧に指示を出すMJ。



「MJ」は、なにも衰えてはいなかった。
同じことはしない。次へ次へ、未知の世界へつれていってくれる。

脅威的な最新の映像技術、光を駆使し、
新たなるエンターテインメント「THIS IS IT」を創ろうとしていた。

素晴らしいスタッフ、ダンサー、全てを率いて、真ん中に彼が居て。

リハですらあんなにもエキサイティングで、興奮がとまらなかった。
実現していたなら。
確実に、この人の最後の、そして最高のステージになった筈だ。
彼のいうとおりの、誰もみたことがない、脅威の世界へ。

MJ、そしてスタッフの素晴らしい情熱と、世界最高のステージを夢見られる映画。
ステージに少しでも興味があったら、6日までやっているので、ぜひ観てほしいと思う。

おいらは愛するものはたくさんあるけれど。
きっとMJがいたから、宝塚にもたどり着いたんだと思う。

人生のなかで、最高で、そして最後のエンターテイナー。
きっと・・・これが最後。

THIS IS IT 公式サイト

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/2499-8dcc841a

Comment

のりこ

先輩!!
明日お姉ちゃんと見に行ってきます★
MJの最後のコンサート。。。
きっと泣けると思います。。
ドキドキ
  • URL
  • 2009/11/01 23:27

ニケ

のりちゃんごめんね遅くなって・・・

3回見ましたわー(笑)
  • URL
  • 2009/11/23 00:44

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。