スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラン編とアンドレ編&アラビアについてうだうだと。

あのですね。もの凄く初歩的な話なんですけれども。

私、宝塚大劇場での「ベルサイユのばら」は初体験です。

ちなみにナマで観たベルばら初体験は、全ツ外伝アラン編@花
そして全ツ外伝ベルナール編@星、ときて、今回の外伝アンドレ編、となります。

ヅカファンが飽きるほど観てきたオスカル様が主役の本編をナマで観ていない。

「フランスのじょおぉなのですからっ!」も、
「アンドレわたしを抱け!」も、
「千の誓いがいるのか、万の誓いが欲しいのか!」も、
「見えていないのか!なぜついてきたー!」も、

"ばらベルサイユ"の大階段降りOPも、ガラスの馬車も、ゆけフェルゼンも、未体験。

で。
去年の外伝3部作は、明らかに本編「ベルばら」観てるよね?前提で描かれており、「お約束」は外されてたんだけどさ。

原作ファンとして、何が不快指数が高かったポイントかといえば、
オスカルがちょろっとしか出てこない脇役扱いだってことだ。

一番派手な主役級カッコしたねーちゃんが、見せ場もなくちょろっと出て去ってく。
つまんない。画面がもたない。
ていうか真剣な主役のラブシーンがお笑いの場面になってたこととかさ。

やっぱり「ベルサイユのばら」はオスカルが主役なんだってば。

スピンオフとして、きちんとしたオリジナルストーリーがあるなら、まだいい。
主役にするっていうのは、エピソードがあるってことだ。

でも、アランは「オスカルに恋する」人間じゃん。
あくまで「オスカル」という主軸から離れられない。
・・・なのにオスカル役はヒロインですらない。

その「オスカルに恋する」エピソードすら、アンドレの方が遥かに表現されていて。
・・・主役、アンドレ?みたいな。

当然のことだが、アンドレの方が主役級のドラマティックな演出エピソード(失明とかな)を持っていて、それを半端に取り入れたりするから視点がぶれる。
(隻腕の演出は最後しか役に立ってない)

スピンオフ、つまり「違う視点から脇役の運命を描く」為のストーリーの骨格が、間違ってる。
まだ妹と禁断の愛でも主軸に描いたほうが「物語」としては成立する。

だからさ、この「物語の成立しなさ」がきもちわるかったのよ、外伝アラン編。


オイラの嗜好としては、骨格がぶれている物語と、落とし処が明確でない物語、というのが一番許せない。


例えば「愛と死のアラビア」の腹立ちポイントはそこにあってね。
今だからいうけど、あの原作は、主役級メンバーほぼ死んでるんだよね。

トマスもベドヴィンも戦死だし、アノウドはトマスの子妊娠してるのに後を追いかけるように事故死するし、トゥスンもその後すぐ死んだって書かれてるし、結局ムハンマドとイブラヒムだけが帝国を維持していくわけで。

無謀な負け戦に挑んでいく主役の切ない姿は、判官贔屓の日本人としては心惹かれるものがあったし、それを舞台にも期待してたのに、ああいう終わり方をしてさ。
「え、これで終わり?」という唖然とした言葉を初日から何度きいたことか。

「終わりよければすべてよし」っていうように。
どんなに感動する場面があっても、「終わらない物語」じゃなくて「終わらせられなかった物語」は、NGだと思う。


話はずれたが、アラビアと違って、アランの派手な死に様で終わらせた植爺は落とし方「だけ」はちゃんとあるなと思うけれども、やっぱり後から「物語の主軸のぶれ」が腹立たしくなるんだよなー。


それでも愛おしくて軍服姿が壮絶に美しかったけどね、まとアラン。


いや、だから。
「アンドレ」が主役になって、ようやくまともにベルばらというストーリーが見られるなと、思ったわけです。(アラン→ベルナール→アンドレと、脇から攻めてく感じで。)

去年と同じ役者が、真逆のことをしてるのが何気に笑えるポイントだけどね、アンドレとアラン(笑)

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/2373-b2e3746a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。