スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演ずるということは?◆ME AND MY GIRL

梅雨も絶好調ですねえ・・・。
そういや今日もミーマイ行くんだった、忘れるとこでした。平日公演なんて慣れてないので・・・。東公演だと会社帰りに行けるの羨ましいなと思う。それにしても通える距離ってのはいいな。ムラはなにげに遠いし。
コメントのお返事放置気味でほんとすみません・・・今週中にお返事できますように・・・。

さてさて。ミーマイです。
私はダイスキで今後も絶賛してく予定ですが、あのビルはたぶん色んな意見がでるんだろうなーってことで、気になったところを、客観的(の、つもり)に記しておこうと思う。

やっぱり最大のキモは、
聖さんは「演技」してるのかどうか?ってとこかなと。

漫画「ガラスの仮面」で、嵐が丘をやって「舞台あらし」と呼ばれた北島マヤを思い出したんだよね、この状況。よく月影先生に云われてたじゃん。「役になりきる」だけではだめ、「役を演ずる」んだと。役を生きるのはもちろん重要だけれど、お客様がいることを忘れてはいけないってね。

あまりにも自分に役を寄せすぎると、お客さんはおいてかれてしまう。

だから、パーティでサリーを庇うために唐突にキャラ変っちゃったり、おちゃらけてない部分は、いつものノーブルに「演技する」聖さんになってしまい、キャラクタの一貫性が弱い。

いつも「心」から入る役作りを大切にしてる人だけれど、ビルの心を「演じて」表現する、というところの微妙な兼ね合いが難しいと思う。
単純に好き嫌いではなく、「ME AND MY GIRL」という作品として!以前に、役を演じる役者として、のところの批判的な意見はよくわかる。本人が好きでなければ退くかもね。

たださー。
やっぱり真飛聖、が好きなんだ、私。
どうしてもそこだけは客観的になれないポイント。

ノーブルさと、少しの臆病さと、熱いハートでカブいちゃう包容力と。
下町の兄ちゃんで、やんちゃで、綺麗なカオをめいっぱいつかってくるくる表情を変えて、ウケよーがウケまいがギャグ飛ばして、笑って、笑って。

あのいびつなギャップが無条件に大好きなの。

今までも、「スターらしく」の型に嵌ろうとしても似合わなくて、もがいてるのを観てるのは結構しんどかったりしたので。
聖さんと皆がイキイキしてるこの舞台が、愛しくてならない。

たとえあのビルという役が外れてはみ出していたとしても。
舞台が鮮やかに色づく、調子っぱずれのこの作品が大好きなんだ。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/2318-17098d1a

Comment

tomekiti

こんばんは♪
梅芸のミーマイ、盛り上がっているみたいですね!
なんで東京ではやらないのー!?と悔しく思っています。
私だって、まとぶんのビル見たかったですー。
ニケさんのコメント読んで、余計興味津々ですよ。
けっこうオモイロイおねーさんだなーとまとぶんのこと思っていたんですけど、そこまで弾けているとは!!
ますますの熱演に期待しま~す(笑)

ニケ

tomekitiさま

コメントいただいていたのに、大変失礼をばいたしました・・・m(__)m
東京の方はなかなか遠くて大変ですよね。
私も大阪だからこそ通えたという感じですが、
ほんと「おもろいおねーさん」な彼女が炸裂していて
楽しい舞台でございました(^_^)
  • URL
  • 2009/08/12 12:34

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。