スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正塚というマジックに魅せられて◆薔薇に降る雨

おいらは評論の知識もないし舞台だって基本的にヅカしか観てないし
いままでの正塚作品をずっと観てきているわけでもないので、
彼のあらゆる作品のなかではどういう位置づけになるのかはわからないのだけれど。

結局のところ、脚本の基本構成とか、あんまりきにならないのかなと思う。(でもつっこんじゃうけどさ)
音楽や、衣装や、舞台美術や、そこに居る人々が好きだと思えば、それだけで自分のなかでは名作になりうる。(それこそ谷作品、御大作品でも)

そしてやっぱり、正塚作品は好きだ、と思う。
その舞台に流れている時間が好きだ、と思う。

タニウメコンビにはちょっと大人っぽすぎるのかもしれないが、
その世界にいる人々が好きだ、と思えるラスト・ステージであることが純粋に嬉しいんだな。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/2154-2d242926

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。