スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 公演ラインアップ【博多座】<8月・宙組>

2009/02/27

2009年 公演ラインアップ【博多座】<8月・宙組『大江山花伝』『Apasionado!! II』>
2月27日(金)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、博多座<8月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)大空 祐飛、野々 すみ花

◆博多座:2009年8月3日(月)~8月25日(火)
<一般前売開始:2009年6月27日(土)>
<座席料金:A席8,500円、特B席7,500円、B席6,000円、C席4,000円(税込)>

王朝千一夜
『大江山花伝』
-燃えつきてこそ-
~木原敏江原作「大江山花伝」(小学館文庫)より~ 
脚色/柴田侑宏 演出/中村暁

1986年、平みち、神奈美帆、杜けあきを中心とする雪組で上演。大江山伝説をもとにした、叙情的で繊細な木原敏江氏の劇画をミュージカル化した舞台は、大好評を博しました。平安時代、大江山に住む鬼・茨木童子は、酒呑童子が都から攫った美姫との間に生まれた混血で、鬼の世界を嫌い逃げ出すが、自分の中にある鬼性に思い悩む。そんな茨木と彼と心を通わせる娘・藤子、鬼退治を命じられた渡辺綱。綱は下女の一人が「大江山へ行きたい」というのを聞いてぎくりとする・・・・・・。幻想的でドラマティックな作品。
 
ファナティック・ショー
『Apasionado(アパショナード)!! II』
作・演出/藤井大介

“Apasionado”はスペイン語で「熱い」「情熱の男」という意味。「熱」をテーマに、熱いリズム、熱い血潮、燃え上がる恋、嫉妬の炎、命を賭けた情熱など、様々な「熱」の形を具現化した、情熱的でエネルギーに満ちたダンシング・レビュー。2008年、月組により上演し、大人の雰囲気を持つレビューは大好評を博しました。今回は新生宙組に合わせた新バージョンでお届けします。

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/2019-66a11add

Comment

deko

「大江山花伝」の再演、ずっごく楽しみです。
人事で脱力したものの綱役がまゆさんだったら私、博多座に住むかも!
(嘘です。家には帰ります(笑))
ショーは、アサコちゃんの為に書かれたんじゃなかったのでしょうか?
Ⅱだから良いのか?
中詰めはどうなるんでしょうね?
  • URL
  • 2009/02/27 21:45

ニケ

dekoさま

らんとむさんは博多じゃなかったですね~(笑)
でもいい作品なんですね!楽しみにしておきます!
できるだけ博多に行きたいです(笑)

ショーは・・・確かになんでアパショなんだと疑問には思いますけれども。
いや藤井先生もショー自体も凄く好きなんですが、あまりにもあさこさんショーというイメージなので。
ま、でも宙のビッグメンによる女装は見ものでは(笑)
  • URL
  • 2009/03/03 21:37

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。