スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組どうぶつえん

太王四神記楽のニュース話といえば。

「すみれの花咲くころ」を歌う皆さんの映像で、理世ちゃんの隣に並んだゆうさんが、反対側の彩音ちんに向かってオイデオイデ、と手を振ったので、ちょこちょこっと横歩きしながらゆうさんに寄った彩音ちんがカワユスで。

青龍の羽があるのでちょっと遠慮した距離だったので、手で羽を後ろによけて、場所を造ってあげた真飛氏はオトコマエだなーと思いつつも、
彩音ちんの隣に居た壮さん、「あ、どうしよ、寄ったほうがいいかなっ」って微妙な笑顔を浮かべて横歩き移動した姿が激しくツボりました。

だってプルキルの髭姿なんだもん(笑)

そうそう、この公演、パレードの銀橋の度に、「プルキルは笑顔かしらっ?」とオペラを向けてしまってたオイラですが、髭が邪魔してあんまり表情がわかんないのよねー。映像はよく見えてイイですねっ♪

反対側の祐飛さんはそれを横目で眺めつつ笑顔で歌ってらっしゃいました(笑)


それで、先述のおもちゃサルみたいなマトさんを観たノリコ嬢が、
「真飛さんハムスターに似てるよねー」と云ったんですが、
確かに、似てる・・・(笑)

・・・ほんとこの数年自分の好みのラインを結構自覚するようになったんだけど、
まるみがあって適度に下膨れで、端整なバランスで、目が細すぎない顔に安心するんですね。

そうそう昔からまるまるしたモルモットとか食い意地はってほおぶくろに詰め込みまくったハムスターとか一升瓶みたいなデブ猫とかへちゃむくれたブルドッグとか、モッサリした生き物にときめく性質でした(笑)
ってデブ猫とかと一緒にしちゃったら申し訳ないデスが^^;

ハムスター的、っていうのが本能的にふーっと近づきたくなる安心バランスなんだと思う(笑)
あと同じ理由で好きなのが、沙央くらま・霧矢大夢・柚希礼音・未来優希。OGなら夢輝のあ
なぜかこの人たちは声も太くて安定感があるという共通点もあるんだけどね。

「美しさ」を基準にするならもっとバリエーションはたくさんあるんですが、そこに介在する「安定感」が重要なファクターなんだろーなぁ、と自己分析をしてみる(笑)


ま、そんでユウコさんがハムスターで、ヨウコさんはアライグマで、エリコさんはミーアキャットで、動物園みたいな花組だなーと楽しい妄想は膨らむのでした。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1973-d2685ca2

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。