スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこには愛があるから大丈夫。

景子先生も藤井君もさぁ。ほとんど反則っていうか・・・汗

新作っていうよりも、自作品の得意な「コレ、ぜったい泣けるだろ!」エッセンスをどまんなかに持ってきてる。

いや、芝居はハリラバだよなあアレ・・・とか。

ショーのコーラス場面は、舞夢の「新世界」じゃん!と思ったら、同じ若央りさ振り付けだったし。
舞夢の「世界の終わり」の場面に似てる、ヤンさんかな?と思うところもあったけど、今回はヤンさん入ってないのねー。

うん、でもふたりは感動ポイントをぜったい外さない演出家だから、同じことやっててもノープロブレムッ!
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1967-fd4cdd60

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。