スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代の星たち◆組替え雑想

・・・とまあ、サラっと書いてはみたものの、
あんなにキラキラふりまいてたチギーチュと王子がもう宙で一緒になることはないんだなあと思うと
やっぱりオスカルアンドレを見とくべきなのかと考えちゃうけど、さ・・・。

チギ太はあのちいさい身体で、よくやってたと思う。
いやちいさいってか宙がでかすぎるだけなんだろうけど^^;
さすがに大階段燕尾なんかはともちん達と並ぶには厳しいものがあったしなあ。
雪独特の陰性の美が陽性のあの子に備わったら、そりゃもう美しいだろうなあと想像する。

チギ太はおいらが初めて新公を観た主演の子なので。(たっつぃんもね・・・涙)
華やかさと共に、スターたる男役に育ってゆくのが楽しみなのだ。
ってかトップは宙にも居た水しぇんなんだし!がしがし原石を磨いておくれ。


そして同期解体が惜しまれるテルさんですがスターとしてはやはり居心地のいい場所に安住はしていられないのだろうなということで。
陽の当たる場所に出て「凰稀かなめ」というひとりの確固たるスターを、あの星組でどうプロデュースしていくのか。実質的な2番手なのか、それとも?

なんにせよ、大きく若返るこの組を担っていく翼になるのだから、荷は大きいのだろうけれど。
星の筋肉マンたちの中の耽美属性としてがんがってくれ!
・・・しみこと並んでみたかったなあ・・・。86期生は美形が多いなあ・・・。

正直あの星で同じようにハッスルしてるテルとか想像できませんが(笑)
マッスル代表・柚希氏と並ぶからこそ、陰陽の対比の魅力というものも発揮できるんじゃないかと、おいらは思います。


陽から陰へ、早霧せいな。
陰から陽へ、凰稀かなめ。


このそれぞれ真逆のような持ち味の異動というのも、なかなか試練ではあるのだろうけど、
どうなっていくのかは楽しみでもあるし、星雪公演が続いてる以上、その姿が観られるのもまもなくなのだろうね。

だからもういいじゃん、演目発表してくれー。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1922-27a3dd49

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。