スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲き誇る花を追いかけてゆく。◆花舞~HanaMai~

桜の季節に聴いたら、いまはもういないひとたちと、去っていくひとたちを思って、きっと泣くと思う。
そんな曲。

いや、既にCMで泣きスポットに入ってたけど。

・・・「男役じゃなくて、アーティスト・真飛聖」という言葉を意識して聴いたわけじゃないけれども、
この人を最初に好きになったのって、「声」だったなと思い出しました。(ええ声ヲタですから)

ってか。ゆうさんがどうとかというより、ふつーに、楽曲として大好きなメロディだった。
「花舞」も、2曲目の「One」も。カバー曲の「三日月」も。

特にゆうさん作詞の「One」の曲が泣けすぎる(変な日本語)。
普通の明るいAメロ、Bメロって来たところで、そう来るか!?っていうサビで、直撃。
あのコード進行は反則。泣く・・・。

あのね、細かくてアレなんだけど、曲アレンジがすごく綺麗なんですよ。
インストゥルメンタルを聴くとよくわかるんだけど、「花舞」はシンセとベースのピアノ、「One」はアコギとシンセの音色の絡み方がほんとに綺麗で。(すみませんサウンドトラックスキーなんです)

凝ってるなと思って、作曲とアレンジャーの方を調べてみたら、市川喜康さん、飯田高広さん、中村タイチさんという方で、中村さんの方は森山直太郎さんの曲アレンジをずっとされてる方ということで、どおりでアコースティックな響きが綺麗なんだなあと納得しました。

ジャケットの写真は、おなじみの山本浩未さん。
ニナミカもちはるさんも好きだけど、この人にはこっちのほうが映えるね。

写真も曲も、造りすぎることもなく、女性すぎることもなく、
この人の透明感と、午後の太陽のような空気感がいちばん綺麗に出てると思うのです。

"少しずつでいい、歩いて行けたら きっと未来は切り開けるはず"

この人のしなやかなポジティブさに、弱すぎる私はやっぱり救われてるんだなと思う。

(TCA)
これから聴く方は、ぜひとも2曲目もおすすめします。
あ、まだDVDの方は開けてないす。

アクア5もトウコさんも、ちゃんと本人に合わせたイメージの楽曲を造っているし、ファンにはめちゃくちゃ嬉しいシリーズだなあと思いマス。
でも花組ユニットも観てみたいなと、友人と話したりしてる。美しいじゃないか?
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1899-277fcfe2

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。