スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jに捧げる幾つかの言葉。

はい、ドS劇団の小出しラインアップ雑感いきまーっす。

先日、かっちょいい画像もUPされたサウダージから。

コンサート?リサイタル?どう表現していいのかわからないけど、
タイトルと解説に軽く驚きました。

『SAUDADE(サウダージ)』-Jにまつわる幾つかの所以-(梅田芸術劇場 )


…いや、どこのオギーかと(笑)

稲葉先生、こういうのも作るんだ。
郷愁、哀惜、追慕といった荻田作品を彷彿とさせるテーマが、心に波風をたてる。
もちろん、オギーはオギーで、稲葉君は稲葉君なので同じものを期待する訳ではないんだが、あれほど心の琴線に触れる繊細な作品を作る人がまた出てきてほしいなという希望をこめつつ。
(オギー、こういう小劇場のショー作品に戻ってきてくれないかなあ。)


あさこさんのショーアクト、ということで、アパショに関する駄文を少し。

私の中の瀬奈じゅんという人のイメージは、
「男役のプロフェッショナル」である。

出会ったはじめから今までも、とてもプロ意識の高い人だという印象だった。
帽子の被り方、手の角度、目線、舞台アピール、自己プロデュース。
花組スター期からの映像も観るにつけ、「瀬奈じゅん」を体現するもの全てが「男役」であり、「ショースター」と感じずにはいられない人だった。

この人には「明確な男役像」があるんだなあと。
泥臭さは持たない人だけれど、定めた獲物に喰らいつく激しさを持ってる人だと。

そこに向かってまっすぐトリガーを引いて打ち落とす、そういうイメージだった。



だから私は、アパショナードに、心から感動したんだ。

どんな役よりも、瀬奈じゅんには心躍るショースターであってほしかった。

技術が高く、繊細な演技をする人だからこそ、骨太に。
そのパッションを120%昇華した、恒星のような輝きを。

アパショナードの瀬奈じゅんは、初めて宝塚を観た時を思い出させてくれた。

私が観たかった、ショースターだ。
私をこの夢の国に魅き込んだ、ショースターだ。


ファナティック(熱狂)の名を持つに相応しい。


大和悠河には、流星の放つ煌めきを求めるように。
安蘭けいには、見果てぬ野望のカリスマを求めるように。
朝海ひかるには、麻薬のような毒性を求めるように。
春野寿美礼には、次元を支配する帝王を求めるように。

一度でも「それ」が観られたなら、満たされるのだと思う。

一方的に宝塚に苛烈なまでのスター性を求めている時の自分は、とても視野が狭いなあと思うこともあるけれど。

どんな人でもどんな作品でも、上手いとか下手とか、好みとか好みじゃないとか、
そういうものを全部超えたところに、パワーを感じる瞬間がある。

私の評価は、心をムーヴするかどうか、ただそれだけだと思う。

素人の見方だと、単純だと、笑われてもいい。
それがあるから、幸せなんだ。



・・・えと、また予定外の長語りで終わってしまった(ラインアップはどうした・笑)
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1791-570ccbe9

Comment

ぽち

ニケさんがアサコさん語りをされるのは新鮮な気がします。
すごく興味深く読ませていただきました。

ところで私も稲葉先生には秘かに期待しております。
まだ未知数ですが、作り手としての向上心と座付き演出家として良心が感じられます。
  • URL
  • 2008/12/08 01:44

ニケ

ぽちさんこんにちは!

そうですね、なんか自分でも新鮮かもです(笑)

稲葉先生はまだ未知数というか、いろんな方向性で作られる方なんだなあと思います。エンターテインメントのバランス感覚はよいと思いますし、大劇登板が楽しみですね。
  • URL
  • 2008/12/09 09:51

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。