スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻田浩一退団によせて

土日にぼけっとしてる間に、確定情報が出たみたいですね。
噂はきいてたから、先週は、これが最後かなと思ってソロモンを観てたよ。
いろいろ考えてるうちに、自分的には受け入れられたというか。
いまさら騒ぐこともないんだけれど・・・いつもどおり御託を並べたいと思います。

去年から、「蜘蛛女のキス」「A-"R"ex」「WILDe・BEAUTY」を観てきた上で思うことは、この人はやはり自分の魂の表現者を必要としているんだなということ。
そしてそれは「宝塚」とは必ずしも一致するものではないということ。

これは憶測にすぎないが、
今の宝塚には、彼の表現体たるスターが、少なくなったのかも、しれない。
朝海ひかる、矢代鴻が去り、安蘭けいの退団も、そう遠いものではないだろう。
(私が思うに、彼の主役たる人というのは、根強いしたたかさと、どこかが壊れた危うさをもっていると思う。たとえば音月桂は、闇の部分を体現する場面では驚異的なハマり方をするが、未だ「弱さ・危うさ」は持ち合わせていないように思う。あくまで私観だが。)

私は「A-"R"ex」に相当ハマったが、同時に「宝塚ファンたる自分」はアレを肯定はできなかったし、あの時のファン達の評価の分かれようといったらなかった。
つまりは、タカラヅカという眼鏡で見ようとしたからそうなったのであって、そうでなければ普通に良作だと思う(個人的にツボったので傑作だと思ってるけど・笑)。

彼の作品が評価される点としては、「適材適所」という面が大きい。
歌手でない人に歌わせて、評価を下げたりしない。例え主役であっても(笑)
その適材適所さが、スター・システムと噛み合わない時はままある・・・というか、
荻田作品、として観た場合に、創作のリビドーの中心地がハッキリしすぎているために、段々そこが浮き立ってきてしまう。

良くも悪くも私自身は卑小な人間でしかないし、だからこそ彼の舞台の繊細さに憧憬を抱くのだが、宝塚において荻田浩一の舞台ほど、そこに立つ役者を選んでしまう舞台はない。

だから、正直いって贔屓の主演舞台で、荻田演出は観たいとは思えなかった。
3回もショーに出演し、縁がありすぎたからこそわかる。きっと主軸にはなりえないだろうと(苦笑)
「彼」は「あちら側」へは行けないんだ。
「こちら側」で、マトモな感覚で、普通の役をやってるときが一番映える役者なんだ。ついでに言うと2・5枚目が似合うんだ(笑)

私は「あちら側」に行ける役者を最も愛しているけれども、
恋する男役は、「こちら側」の人なんだな、なぜか。

荻田浩一の、孤独と絶望と哀しさと美しさにあふれた舞台には心底魅了されるし、絶望の深遠を眺めるのは好きだけれど、そこへ堕ちてゆきたいとは思わない・・・いまは。

ああ何が言いたいのかわからなくなってきた。
「あちらとこちら」はあくまで私の勝手な解釈なのですが、芸術に相対する自分のスタンスと密接な関わりがあるので、いつかちゃんと論理立てて書けたらいいなと思います。今のままじゃ自分以外は訳わからん(笑)

いつまでもダラダラ書いてても収集つかないのでこのあたりにしておきます。

荻田浩一がいなくても、宝塚への愛は全くかわりがないけれど、
宝塚における荻田浩一は、どの作品も宝石のような魔力をもっていました。
宝塚をやめたことで、どのように演出が変化していくのか・・・楽しみでもあり、怖くもあります。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1712-6d10b43d

Comment

ぽち

復活お待ちしてました☆
本件に関するニケさんのご意見はぜひお聞きしたいと思ってました。
いつもながら的確な分析だなぁと(オギーについて100%論理的に語れる人は果たしているのか?)
私は「荻田浩一がいなくても、宝塚への愛は全くかわりがない」こともないかもしれません(^_^;)ちょっと自信ナシです。

ところで、真飛さんの見事なまでのコチラ側っぷりも好きです(笑)
  • URL
  • 2008/10/03 01:40

ニケ

ぽちさん、ほんとご無沙汰しております^^;
いや、書いたはいいものの自分でも訳わかんない暴走をしてまして
どうよって(笑)全然的確じゃないですー(泣)

オギー世界にあう役者とそうでない役者、どちらも同時に好きなれるのが
舞台の面白いところだと思いますねえ。
そして贔屓とゆー存在は、そーいうところ飛び越えて好きだったりするんですよねえ(笑)ああ見事にアウトオブオギーですよ(笑)
  • URL
  • 2008/10/04 00:03

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。