スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともだち◆20世紀少年

8月30日・8時30分。

「20世紀少年」公開初日、観てきました!

映画観るのなんてハウル以来だが、アニメ以外の邦画を観るのは記憶をたどる限り初めてかも。
映画館は去年の花組ラストデイ以来ですが、シネコンの映像の凄さに驚愕したなあ。

原作はリアルタイムでずっと読んでたのでどうしても観たかったんですが、キャストを含め、エピソードなど凄く忠実に作られてました。ま、3部作で時間の制限がないから出来たことなんでしょうが…。

ただ、欲を言えば、忠実すぎる完成度のせいで、原作を越えるナニカ…は少なかったかもしれない。
映画独自の表現によっていい意味で裏切られる、というか。
や、あれだけ違和感なしに造ることはやはり凄いことで、欲ばりすぎかなとは思うが。

というか、映画にしてあれほどのスペクタクルを漫画で表現する浦沢氏はやっぱりエンタメの天才だよなあ。いつもながら最後あたりは大風呂敷広げすぎて畳みきれてないところはあるけど(笑)
そういえばMONSTERもハリウッドだかで映画化だっけな?

特にこども達がよかったです。
ちいちゃいカンナなんてめちゃんこかわいいし、
ケロヨンの瞳もキラキラしてるし、
オッチョがワイルドでかっこいいし、
ヤン坊マー坊がそのまんまで笑ったし、
ユキジのおかっぱもキュート!
なにげに洟垂れのドンキーも彫が深くて美少年だった(笑)

イメージに凄くこだわってるのが伝わってくるので、原作ファンは満足できるんじゃないかな。お金かかってるし(笑)
ただ、原作知らない人には、展開が荒唐無稽すぎるかもしれないんだけど、どうだろ。

あ、黒木瞳さんもピッタリ配役だった(←この辺だけヅカ)

原作モノで久々に満足できた作品でした。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1698-2378d038

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。