スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋楽、本日は晴天なり。

梅雨でどうなるかなと思ってましたが、晴れわたる空が気持ちよい。

結局一回も入りは観られませんでした。
ここしばらく腰痛が酷くなって、情けないことに往復3時間、観劇3時間だけでいっぱいだもんでさ。
あいかわらず入りには縁のない女で。

今日は友人の宮さまといっしょです。
オイラに引きずられて3回観てラストにするつもりだった彼女は、初・真飛茶でもう一回観たくなった、とのことで。基本的に彼女はニュートラルなファンですが、おいらのせいで必然的に花組率が高くなるんだよなあ。

しかし考えたら、大劇千秋楽に来るの、花組黒蜥蜴以来かも。
アデューは抽選外れたし、エル・アルコンは当日券並んでアウトだったしさ…。
そのかわり初日率は高いが。


組長の挨拶、そして愉快な組子紹介のあと、幕がひらき。
蒼と金色に輝く階段を観ながら、ああやっぱり「宝塚」だなあ、としみじみしてしまったの。
数々のスターが踏みしめた最後の花道を、降りてゆく貴怜良氏・舞城のどか嬢

ショーの「海風」で沸き起こった拍手と、あの晴れわたる空のような清清しいふたりの笑顔と。
同期ふたりに花を渡し、泣き笑いのような顔で固まったまま「さようならタカラヅカ」を歌っていた未涼亜希氏と。

ああ、「タカラヅカ」だなあと。
去り行くもの、残されるもの、古いもの、新しいもの。
誰になんと言われようとも、これがタカラヅカで、それこそがいとおしいんだからしょうがないよね。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1620-6492167a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。