スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅き夢見し、酔ひもせす。◆あさきゆめみし新公

比翼の鳥 連理の枝 花鳥風月。

いま、TVをつけたら「あさきゆめみし」新人公演をやっていたのですが、思わず魅入ってしまいました。

主演ゆみこさんじゃーん!

知らなかった。

そしてスダマちゃんは誰だ~と思って観てたら、らんとむだったYO!オーマイガッ!
なんかスゴイもの見た(笑)

いや、私リアルに観たのはの方なので、ゆみこさん源氏観てるとオサさん源氏が激しくフラッシュバックするんですよ。一瞬、脳内で初演と再演がごっちゃになって。
ゆみこさんってばオサさんの役?いやいや、この時のオサさんはスダマちゃんだってば、みたいな

壮さんがⅡと同じ頭の中将ということは知ってましたけど…なんだか、みんな変わらないねえ、しみじみ。

壮さんの後ろにみわっちがいるよー。という訳で、なんだか今現在の風景と変わりないような気もして、新公に観えませんでした。

ゆみこさん・ふーちゃん・壮さん・とむさん・みわっち・みつる君・かなみん・まーちゃん・まっつ。

うーん、TCAスペシャル(笑)?
といっても、壮さんかなみんまーちゃんを除けば、最近まではこのメンバーで花組っていうのが普通だった筈なんだけど。今や雪のゆみこさん、宙のとむさん、も定着しましたね、不思議。

更に本役には匠さんオサさん水さんやあさこさん、渚あきちゃんもいるわけだから、花組のスター輩出ぶりは凄いよなあと思う。
(ところでタモさんのお加減は大丈夫なのかなあ…)


このハイパー新公を観ながら、おいら、ゆみこさんの素晴らしい歌声に心震えました。

オイラはゆみこさんの歌う「星影の人」が大好きなのだが、彼女の声にはあの系統の演歌歌謡がピタリとハマる。

なんというか…「もの哀しい」声なのだ。
日本という国の独特の、冥く、悲哀に満ちた美しさをもった歌声だと思う。

ラストの銀橋での「愛の燦歌」を聴いて、哀しさと美しさに涙が出そうになった。

ああ、これこそ「光源氏」として愛し、愛され、生涯を終えた人間だなあと。

もちろんオサ様の源氏は大好きだしまた違った意味で惹きつけられるので、アルバムの「あさき夢」はヘヴィリピートしまくって聞いておりますが。
オサ源氏はどっちかというと異次元の存在であって。スダマよりもいっちゃってたもんさ。「嫉妬の唄」の凄まじさはよく覚えてます。舞台に炎が出現したのかと思う程の激しさだった。内容はどうあれ、アレを観られただけで価値があった。

おなじ歌ウマさんでも、演技の質が違うと全く異なって観えるものだと思う。


そんなこんなでハイパーゆみこ源氏を追い詰める、らんとむスダマちゃんは、元がすみれちゃんのアレなせいか、濃いというかごついというか(笑)
いやしかし萌えですな、とむゆみ

とむさんといえば、ラストの「心中・恋の大和路」のような白い場面で歌ってる影ソロ「あさき夢」の声がさ…健康的だよー(笑)
不健康なスダマとかトートとは対極の人だよね…そこがとむ氏の魅力なのですが。

思わぬ話題で長くなってしまいました。今日こそアラビアについて書く予定だったのに、なんで草野作品ばっかり語ってるんだオイラという気がしないでもない(笑)
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1538-28f7a75a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。