スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせでいてね。◆ME AND MY GIRL

4月27日。
観られたのは、ただいちどだけ。

だから忘れていたかったんだと思う。
退団、の二文字を。

意識したら、それ以外が手につかなくなってただろうけれど。
3・4月はどうしても時間が許さなかったので。

まだ、たぶん去年の12月が抜けきっていない
退団で心を染めるのは、私のような普通のファンでも、やっぱりつらい。


でも、いざ舞台に向かうと。
気がつけばかなみちゃんばかり観ていた。

ミーマイの役以上に、彩乃かなみを一生懸命追っていた。
ソロの歌での、舞台での輝きを堪能した。

最初で最後だ、と思ったら、やっぱり涙が出てきてしまった。

一幕のランベス・ウォークがいちばんやばかった。
健気なサリーとかなみちゃんがだぶって、涙こぼれる直前。

そのとき元気に二階席に入ってきたのは、初舞台生たちだった。

いつもはおとなしい二階席の盛り上がりようといったら!

後ろを振り向けば、キラキラした笑顔で客席を盛り上げようとする懸命な姿。
舞台を向けば、いつも以上に上を振り仰いだ銀橋のあさこさん、かなみちゃんたち。


今まで感じたことのないような、舞台から客席最奥までの、立体感
客席までもがランベス・ウォークに巻き込まれた一体感
決してビデオでは感じることができない濃密な空気

ああ、これを観に来たんだ。
キラキラと輝いた、幸せで、うつくしい空間だ。

…ほとんど泣き笑いで拍手してしまった。

初めてのミー・アンド・マイ・ガール。
でも、私は海外ミュージカルを観にきたのでもなく、
話題の名作を観にきたのでもなく、
やっぱりタカラヅカ、を観にきたんだなあ。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1506-36a4fa4a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。