スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいらチャレンジャー。

クール女の友人Mはオモシロイモノ好きだが、わざとらしい青春だの泣ける感動演出がまるでアウトな理系人間、ミーハー体質皆無というスペックなので。

淡々としてる人なので否定はしないし、別に私がドン退きされたワケじゃないんだが(笑)
「ヅカって、ベルばらとかだよねー」というとっても一般的な認識なので、
とりあえずミュージカル観てみない?と、昨晩は初演「エリザベート」を観せてみることにした。

結構、強敵でした(笑)
彼女は長年楽器をやってたので、超耳がいい。
それも、先生はオペラのソリストだかだっけな。

まず、OPのトドルキーニのイタリア男ぶりには「凄いなー」と云ってくれたんだが…。
その後の音へのツッコミが厳しかった(笑)

最初のトートの歌で「上手いけど、低音キツイねー」「半音ずれてる?」、
シシィの「パパみたいに」では、「…コレは結構ツライ」
ルドウィカに至っては、「この人、わざとこうやって歌ってるの?」
皇帝の義務の場面でも延々音のズレを指摘され・汗


どうも彼女は「歌劇」といえば「オペラ」を想像していて、
あの厳しいと言われる音楽学校に入ったんだから、ということで、「ヅカは歌」とゆー先入観念で観ていたらしい(笑)

ごめん歌劇団だけど、求められるスキルは歌メインじゃないんだー(苦笑)ってな話をすると得心したようで、
「ああ、そうかごめん。そういうものだとわかってて観るんなら、大丈夫。歌気にしすぎたみたい」
ということで、途中からは普通に観てましたけどね…(苦笑)

それでも「ミルク」の場面とか、かっこいいね~、やっぱりこの人際立って上手いんやね、と云ってました。

あと、シシィの芝居の年齢のうつりかわりも凄いね、若いときはちょっと老けてみえた~と。

ゾフィの歌も好評でした。全体的にはルキーニが良かったみたい。


と、いうわけで、ミーハー面のない一般人から観るタカラヅカ
まあ特別音楽技術面に点が辛かったようですが(笑)、
ファンとしては技術面よりも若さゆえのキラキラ感が魅力なんだと思う、というような話をすると、なるほど~、と、納得してくれました。

でも、オイラのようなヲタはちょっと内輪意識が強すぎて点が甘いんだろうなあと、実感しましたけどね(笑)

初演エリザでそこまでつっこまれたら、他に見せられる公演が…w

まあ、彼女は別に批判してる訳じゃなかったから、私もあまり強く云えなくて(笑)
たまにはこういう外側からの意見もきくと新鮮というか、
宝塚のどこが好きなのか、というのをじっくり考える機会にもなったかも。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1382-8243918e

Comment

ぽち

強敵相手によく頑張りましたね(^_^;)
M女史のスペックはうちの夫と一緒です(笑)何が一致して結婚したんだか…(^^ゞ

初演雪組でも歌でつっこまれましたか…
うぅっツワモノですな(笑)
長らくファンをしてると贔屓目で甘甘ですもんね~(^_-)-☆
  • URL
  • 2008/01/28 16:59

ニケ

あら、旦那様はクールガイなんですねw
まあ誰かが止めてくれないと果てがないですし、バランスがとれるとか(笑)

イチロさんとタータンでさえつっこまれてましたから、結構落ち込みましたけど(笑)
愛さずにはいられないのです(笑)(笑)
  • URL
  • 2008/01/28 21:39

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。