スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホフマン物語(5)娘役編

まだ続くか(笑)

役代わり4パターンのうち、私が観たのは2パターン目で、
ホフマンが恋をする3人は…

アントニア 青葉 みちる
オランピア 美鳳 あや
ジュリエッタ 夢咲 ねね


アントニアの青葉みちるさんは、歌い手の歌手の役で、美しいソプラノだなあと思って観ていたのですが、退団されるのですね~(´・ω・`)

オランピアの美鳳あやさんは、本当にフランス人形かと見紛うようなかわいらしさと、機械的な演技がとても良かったです。愛嬌をなくしてはいけないし、人間的であってもいけない、難しい役だと思います。

ジュリエッタの夢咲ねねちゃんはこのWSの中心的娘役になるのでしょうね、高級娼婦の役の醸し出す美しさは只事ではありませんでした。そういえば新公シシィだったんだよね。あの系統の、陰影のあるメイク、魔性の笑みがよく似合っていたと思います。もりえちゃんもトートメイクだったし、プチエリザ新公っぽくて(笑)
ねねちゃんは、首の長さと唇の形が魅力的ですねー(細かい)。

さて、星へ行って、礼音君と組んでどうなるかなあ…楽しみだなあ。
この二人でエリザベートやったら…と妄想が膨らんでしまいました。
まー、先のことはわからんが…とりあえず目の前の公演で月のねねちゃんを愛でたいと思います。

だって。
4パターン目の役代わり、アントニア・オランピア・ジュリエッタ3人ともねねちゃんになってるよ?かなり注目だよな~?
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1355-db5c545b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。