スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレクサンドロス、東方遠征。◆A-"R"ex

連日ひとりごとみたいな感想ですまんです。
わかりやすく書こうにも、オイラ自身がわかってないんだorz
いろいろ書きながら、考えをまとめているところです。
しかし纏めた端からこぼれていくようなお芝居です。

オギーは、あさこさんのアレックスに何を求めているんだろう。
結果から逆に考えていくと、アレックスというのは、
観客、つまり人間というものを投影した姿なのだろうか。

途中までは、アレックスという実像が演ずる、アレクサンダーという英雄の虚像に、
本名のあさこさん、スターの瀬奈じゅんを重ねてるのかと思ってたんだよね。

観ているうちにどこが境目かわからなくなって、アタマが崩壊したのでした。

アレックスの望みは、なんだったのだろう。
ディオはこう代弁する。
「怒りか・・・違う、・・・悲しみか・・・違う、
・・・寂しさ・・・
・・・絶望…!」


覇王への道を駆り立てたものと、
父母に拒絶されたアレックスの孤独は近いところにある筈だ。

だけど、舞台の上のアレックスは、何もしない。
滑稽なまでの戯曲を演ずる役者=異邦人のアレックス。
その意思がどこにあるかも、わたしには読み取れない。
彼にとってのニケという戦いの神は、どういう存在だったんだろう。
覇者たる偶像を求められたアレックスは、ずっと惑いの中に居るようにみえた。

何かの答えを得たとか、そういうハッキリしたものがないから
観たあとにすっきりできないのかなあ。
アレクサンドロスは結局は流れのままに生きて、死ぬ。
つまるところ人はそういうものだ。
絶望の淵をひた走るだけだ、というオギーの提示なのだろうか。


あー…わっかんねー!!
オギー、ここに来て正座しるれ!(逆ギレ)
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1304-9a566576

Comment

ぽち

毒の持続性は長いですね~(笑)
あれ?このタイトルって東京も観に行くってことですか(゜o゜)?

私は観る前から、オギーが一体何をしたいんだろうと考えて悶悶としてます(笑)
ひとえにニケさんのおかげさまで(笑)リピートする気でおりますし(^_^;)
  • URL
  • 2007/12/21 01:53

ニケ

あ、そういう意味にもとれちゃいますか(笑)
行きたいけど、もうお金なさ杉^^;

リピートされるんですよねっ!ぽちさん遠いのに凄い行動力ですよ!
  • URL
  • 2007/12/22 15:59

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。