スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて。

先日の星組記事について、ご意見をいただいたので、少々。

主演者の進退について、言及したことについて
そのファンへの配慮が足りなかったということ。
不快に思われた方には申し訳ありません。

もちろん、何か確実な情報があるわけではなく、単なる妄想に過ぎないわけです。
いくら私の周辺では話題になっていることでも、
不特定多数の方が読まれるブログに不用意に載せるべきではなかったかもしれません。
主演コンビを心から大切に思っているファンにとっては、嫌な思いをさせたことと思います。


以下、このブログに興味のある方へ。

このブログのスタンス(などという偉そうなものでもありませんが)としては、もともと個人的な日記から始まったものですし、その時その時に感じた好きなこと、不満だったこと、感動したことを記しているつもりです。
一日千アクセス以上もあるような、大きなブログではないので、一部の友人を除いては、読者が居るということはあまり実感していませんでした。

また、作品や役者への見方も、相当偏りがあり、自分の観たい様にしか観ていないことがほとんどです。
ファンクラブに入り、入り出・茶会に行き、生徒個人への関わりを持たれるファンの方とは異なり、私の文章はあくまで舞台上から受ける印象でしかありません。
舞台外の印象を書いたとしても、所詮メディアを通してであり、8割方は妄想に過ぎないのです。

上記の記事以外にも、ファンにとっては不快な事を書いているだろうとは思いますが、
私個人の役者への思い込みからきているので、結果的に批判めいた記事になることもあります。

この意見を戴いて、その人のタカラジェンヌとしての存在を純粋に愛し、大事に思っている方に比べれば、私は本当のファンなどというものではないのかもしれないと思いました。

所詮、舞台を観て感傷的になっている自分に陶酔しているだけなのだろうと。

ただ、宝塚という特殊な劇団を好きになるということは、
過ぎ去った青春を一緒になってまどろみ、トップを喜び、卒業を悲しみ、身内気分で成長を楽しむ、ある意味自己満足的なことでもあるということだと思います。
私にとってはそれこそが救いであり、喜びを感じさせてくれる場所だということです。



話は戻りますが、退団についての考え方を。

私の短いファン歴のあいだにおいて、
初めて好きになった人の舞台は退団公演でした。
その次も、そうでした。
去年の、退団イヤーのことです。

そして、
私にとって初めてジェンヌがトップになるところを体験したのは「貴城けい」でした。
お披露目のワクワク感、新しい組になるところをリアルタイムで感じられる、
素人ながら楽しみにしていたのです。

あの退団発表があった時のショックは、今でも忘れられない。
1作退団なんていうことがあることも知らなかった。
楽しみしかなかったタカラヅカに、裏切られたような気がした。

そのトラウマかもしれません、どんなジェンヌも、明日退団になるかもしれないと覚悟するようになりました。
タカラジェンヌに安定などない。今観なければ、次はない。
だから今そのきらめきをいとおしく思う。
辞めるまでに、一番輝ける瞬間ができればいいなと思う。
人間は変り続けるから、いつまでも、何作でもやってほしいと願いはしない。
次で辞めるかもしれないし、そうでないかもしれない。
いい舞台を見せてくれて、ありがとう、と、そう云えるように、退団のことは常に頭の片隅にある。
その人なしでは生きていけない、と思える程、強烈なファンであればよかったのにと思うけれど、
残念ながら私はそうではないのだなと、思います。



長々と、ずいぶん言い訳めいたことを書いてきました。

嫌な思いをされた方にはすまなく思いますし、
もう読まないという選択肢もあることでしょう。
あまり考えずに書いてることも多いので、軽率な文章になっていることもあります。
今回のようなご意見があれば、頂戴いたします。

駄文長文、失礼しました。
管理人・ニケ
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1302-48191e42

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。