スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 宝塚歌劇公演ラインアップ(宝塚バウホール)<5月~6月・雪組、6月~7月・宙組>

2007/12/07
2008年 宝塚歌劇公演ラインアップ(宝塚バウホール)<5月~6月・雪組、6月~7月・宙組>

雪組
◆宝塚バウホール:2008年5月24日(土)~6月3日(火)
◆宝塚バウホール:2008年6月12日(木)~6月22日(日)
<一般前売開始:(両期間とも)2008年4月19日(土)>

宝塚バウホール開場30周年
バウ・ワークショップ
『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』
作・演出/荻田浩一


20世紀初頭のアメリカに実在した男女二人組のギャング、クライド・バロウとボニー・パーカーの物語のミュージカル化。映画「俺たちに明日はない」でも名高い、主人公たちの鮮烈な生き様を描くと共に、フィクションの部分を膨らませ、宝塚的にショーアップした傑作です。1998年、香寿たつき、月影瞳の実力派コンビが、異端のヒーロー像、異色のヒロイン像を見事に作り上げ、絶賛を博しました。

■主な出演者
クライド・バロウ/(雪組)凰稀かなめ(5/24~6/3、6/12~6/22の両公演とも主演として出演)



宙組
◆宝塚バウホール:2008年6月28日(土)~7月8日(火)
◆宝塚バウホール:2008年7月17日(木)~7月27日(日)
<一般前売開始:(両期間とも)2008年5月24日(土)>

宝塚バウホール開場30周年
バウ・ワークショップ
『殉情(じゅんじょう)』
-谷崎潤一郎作「春琴抄」(中央文庫版)より-
脚本・演出/石田昌也


谷崎潤一郎の名作「春琴抄」のミュージカル化。明治時代の大阪を舞台に、薬問屋の盲目の娘春琴に対する奉公人佐助の献身的な愛を描いた物語ですが、この作品では二人の純愛物語に興味を持った現代の若いカップルが、郷土史研究家から説明を受けるという形で進行して行きます。1995年宝塚バウホールで、また2002年シアター・ドラマシティ、赤坂ACTシアターにおいて、いずれも絵麻緒ゆう主演により再演された作品です。

■主な出演者・・・(宙組)早霧せいな(6/28~7/8)、蓮水ゆうや(7/17~7/27)

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1273-97ba1768

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。