スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演出家の焦点◆エル・アルコン

いや、オイラは齋藤作品は性に合ってるが、決してマンセーしてる訳ではないので(笑)、
問題点についても書いておこうと思う。
初日に思ったこと。

先に原作を読んでいたので、
どれくらいのハイペースでエピソードが詰め込まれてるかを
把握しながら観劇したんだが…既に芝居の半分くらいでかなり危機感を持った。

たとえばペネロープとのラブシーンの、サクサク感はなんだ。
エロティックな台詞を交わしていながら、エロスも何も感じられない、
とりあえず手順を踏んではやくヤって(失礼)終わり、というような。

もちろん、役者自身がやることでいっぱいいっぱいだったせいもあるんだろうが、
端的に云えば、1シーンの時間なさすぎ。
もっとエピソードを削って、時間配分を考えた方がいい。

「話をまとめる」っていうのは、「全エピソードをムリヤリ繋げる」ことじゃ、ないだろ。
原作を知らなくても、1本の話としての柱が明確に見えるべきだろう。
ティリアンの野望の盛衰、レッドの復讐劇、ギルダとの愛憎劇…どれかをもっと浮き立たせるべきだった。
話の骨があって、恋のかけひきだの、父親との確執だの、エピソードを肉付けすればいい。
どのエピソードもメインにしようとしすぎて、完全に焦点がぼけている。

宝塚なんだから、「ダーティヒーローをかっこよく描く」のが最大の目的だし、
もちろん演出家はそのつもりだったと思う。
しかしその肝心なアピールの時間が足りなさすぎて、
観客の心に届く前に次のシーンに移ってしまってる。

どっかの劇評で、パラパラマンガのようだったとあったが、
まんま「漫画を読んでいる視点」で展開してるから、
シーンの転換もまるで漫画のコマの移り変わりと同じ。
正に漫画を忠実に再現しようとしたんだろう。
しかし漫画なら観たいシーンで止まってじっくり読んでいたらいいんだろうが、
芝居は時間と共に進んでいかざるを得ない。
目立たせたいエピソードは、もっと時間をとるべきじゃないのか。
ストーリーにおいては、漫画に頭が入り込みすぎて、舞台上の客観的な視点に欠けるのが最大の欠点だなあ。


それから齋藤君お得意の活劇も、あっという間に終わってしまって印象に残りにくい。
宝塚的に、最高に盛り上げるべきは「ティリアンの戦死」だろう。
原作がその辺はあっさりしてるから付け足し難かったのかもしれないが、
それこそオペラのように、死に体であり得ないほど何分でも台詞をしゃべったり、歌を絶唱すればいい。
そして観客を戦慄させ、心臓をわしづかみにするようなラストを。
(それって龍星じゃんという気もするが)

あれ程キャラ萌え中心で話を振り回す演出家なのに、それがない。
トウコちゃんにキャラ丸投げしてるし。
安蘭けいのスター性だけでもたせてる書き込み方だよ、あれは。
そりゃ、トップスターはハッタリかけるのが仕事だが、
そのキャラクタをいかにかっこよく書くかは演出家の仕事だ。
「悪さ」も「かっこよさ」も、書き込みは中途半端。
OPが盛り上がりすぎて、後半尻すぼみ感は否めない、な。

ただし。
これほどの時間内で、あれだけ沢山の下級生に少しでも活躍する場を与えたことは、賞賛に値する。
今までの作品もそうだが、大勢の下級生にキャラクタを与えて
「その他大勢」にしないところは、宝塚への愛情の現われだと、思ってるよ。
一概には言えないが、全体の傾向として、オギーや児玉氏など若い演出家の方がキャラクタ造形への関心は大きいように思う。
ソレがうまく行くか行かないかは力量の問題だけど。

何回も云うようだが、やっぱり時間がなさすぎる。
これだけ詰め込むならきっちりミュージカル1本ものにしてほしかったし、
1時間半なら、エピソードを削るべきだったな。


…と、まあ少々辛口めで書いてみたけれど。
あ~あ…とは思っても、嫌悪感はいだかないし、リピートする気満々だし、
トウコちゃんだからという理由はあるにせよ、
どんなにめちゃくちゃな話でも、嫌いだとは思えない齋藤作品とは相性いいんだろうな…きっと。
あんまり胸張って云えることでもないけどさ(笑)
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1227-e1096811

Comment

ぽち

お珍しく長文で、読み応えありました。

この記事を書かせてしまった原因は私じゃないかとうぬぼれているのですが…(笑)

私の不満をすべて的確に書いて下さっている(;_;)
(あ、でも嫌悪感は抱いちゃった^^;相性の問題ですね)
そう!そう!ソレよ~と夜中につぶやく私がおります。

  • URL
  • 2007/11/16 02:42

ニケ

長々と書いてしまいました^^;
相変わらずまとまってません(齋藤君を責められまいw)
もともと思うところはあったんですが、ぽちさんのご感想を読んで、思い切って一気に書いてしまった感じです(笑)

生徒に対しても、上手い下手と、好き嫌いはイコールにはなりませんからね・・・同じものを見ても、色んな意見が出やすいのが舞台の面白さですね~。
  • URL
  • 2007/11/16 12:49

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。