スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSウォッチャー

スカイ・ステージに入って約7ヶ月。
そろそろ焼きDVDが500枚に近づこうとしています。
・・・たとえ劇場に行かなくても一生楽しめるだろうと思うが一生見ない奴もあるだろうなと。
被って録画してるやつもあるけどさ…。
とりあえずどんどん観ていこー。

花「アプローズ・タカラヅカ!」東宝千秋楽
はい。90周年の齋藤・藤井・三木合同作品第1弾ですが・・・
後の雪「ドリーム・キングダム」よりも演出家の特徴がよく出てると。どれが誰の演出場面か、すぐわかるわ(笑)
ナニが何でも軍服なんだ齋藤センセイ。
あさこさんのキラーKに惚れるー。トプ特出場面はオサアサになってましたが、考えればこれが花組最後の出演だったのかなー。切ないぞ…。
藤井ちゃんは壮大なゴスペルがすきだよね。私も好きだ。

星「ガラスの風景」東宝千秋楽
渋いっ渋すぎるー。
タータン&あきちゃんの距離感がいい。タータンのもつ翳りのある明るさにひかれる。
柴田作&謝演出ってクオリティ高くていいなあ。
ほろ苦い夕暮れの珈琲、のようなテイストが好き。
全体に流れるマンドリンの音演出がとてもいいね。
ねったん&かよこさんの歌にも大満足です。

トウコ刑事とガイチ教授に萌えてたのは当然ですが(笑)
秋園さん歌だけでなく芝居もうまい。

こんなにメイン役者たちのクオリティが高い公演もめったにないよなあ、とおもいつつ、
コレ+バビロンで退団って、笑うところなくてキツイなあ。

星「ヴィンター・ガルテン」
ただいまマトヴさん大フィーバー中なので、大変楽しみました。
バビロンのかよこさんは歌手イメージじゃなかったけど、うまいですね~。
苦悩する姿が美しかった。
ま、主役ふたりともナニやってんだというしどころのない役ではあった訳ですが。

ストーリー展開はともかく、キャラ造型に関しては相当趣味が合うよ、さいとー先生。
ここまでキャラ萌え「しか」ない話もどうよとは思うけどさ。
パーツは好みだが…荒唐無稽にもほどがある。
素人の同人誌ぢゃないんだからさ~。
…かよこさんファンにはNGですかねやっぱ、ぽちさん?(呼びかけーw)

復讐の連鎖でエンドを迎えるあたり、さすが「血と砂」の演出家だなあ、と。
彼からハッタリを除いたらコワレた本しか残らないもんなあw
大劇芝居デビューもすることだし、がんばるれー。ファンには切実w

あ、でもこの話、主役は秋園さんですか(笑)
ってくらいキャラ立ちしてたね。さよならショーでも歌ってたあの歌、素敵ですね。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1179-7ad5ac0b

Comment

ぽち

NGですよ(笑)本は。

でもキャラだけは(←太字で読んで下さい)みんなよかったですね~「ヴィンターガルテン」


「ガラスの風景」&「バビロン」は両方とも重厚な感じで、たしかに笑いどころがメインではなかったですね。

でも、お芝居ショーともに未沙さんと鈴鹿さんコンビが活躍していて、画面にはあまり映ってませんが色々面白いことしてたんですよ。
みつけてみて下さいませ♪

でもDVD500枚見るのに忙しいですね(^_^;)
  • URL
  • 2007/10/25 21:42

ニケ

どうもいつも遅くてすみません(^_^;)
なんというか、演出力と脚本力と併せ持つのは難しいものですよねぇ。
思い入れがありすぎても一方通行ですし(笑)

まやさん達は流石に芝居におけるバランス力が優れて居ますよね。スターばかりでなくそういう場面も映してほしい(だからもっとマルチアングルを!)…
  • URL
  • 2007/10/28 06:44
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。