スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS宙楽◆バレンシア/ファンタジスタ

CSニュースは最高だぉ~。
やっぱり翌日放送は、嬉しいよね。
平日千秋楽にはなかなか行けない人間にはありがたいことです。

というわけで宙大劇千秋楽。
うぉ~~!OPタニちゃん、イキってるよー(爆)
‘フッ’がめちゃカッコよかった。

でさー、新公後くらいから、序盤タニちゃんのルージュがファンタジスタと同じフレッシュなピンクなのが気になってるんだが。
やっぱ最初はぼっちゃん風で、変化をつけてるんだろうか。
とりあえず「日に焼けて」は相変わらず説得力ないけどさ(笑)白いさー。

「瞳の中の宝石」のタニちゃんはすげー色っぽかったです。ちゃんと進化してて嬉しい。

そういえば最後に観た公演は役代わり公演だったので、みっちゃんロドリーゴ、らんとむラモンが懐かしい
初めて観た時から思ってたけど、祭の場面のらんとむ&あゆみ姐さんのデュエットは濃すぎるだろ(笑)
あゆみ姐さんなら、ともちルカノールが「昔好きだった」セレスティーナ侯爵夫人とかやったら面白いだろうに。むちゃくちゃサイドストーリー妄想が盛り上がりそうだ。

あぁ…えりこドンファン~(´Д⊂グスン


で、ショーの方は。
鈴鹿さんをタニちゃんからかけてもらってますた。
ホストらんとむのね~っとりウインクと、ホストユウガの星が飛び出てきそーなデカイウインクにドキューンΣ(☆∀☆;)

オラオラ声の「東京で会おう!」にはワラタけどなw


そして、退団者は3名。

葉室ちあ理ちゃん…お花がハート型で可愛かった。晴れやかで立派なご挨拶でした。

朋夏朱里君…緊張してましたが、たっちんにお花もらってうれしそうでした。こうして同期は少しずついなくなっていくんだなあ…。

鈴鹿照さん…もー涙でそうなくらい素敵な笑顔で、「いっしょうけんめい、走って参りました」…半世紀近くも、この世界で生きてきて、もう万感の思いでしょうね。
つーか、瀬戸内さんと同期なんだー!!ビックリした。

去年の9月、ちょっととある縁で、「名古屋をどり」を観に行っていたのですが、そのメインの新作劇「オルフェの詩」に瀬戸内氏が主演で出ていらしてね。
ギリシャ悲劇のオルフェウスをモチーフに、日本舞踊とミックスさせた、まさにヅカでやってそうな話でな。

まー演出はかなりお粗末なものだったが、オルフェウスをやった瀬戸内さんの演技だけがキラキラと光っていて、そのときはヅカファンなりたてだったけれども、さすが元トップスターだな、と思いました。退団年をきいてびっくりしましたね。年齢を感じさせない、カッコイイ男。せっかく主人公が光ってるのに、周りの役者からすげー浮いていて、とりあえず役者揃えてコレ宝塚で演出してやってくれよ…と宮サマ達と云ってたなあ…。

ちなみに中日でコレを観て1泊して京都に戻った日に、かしげの退団発表がメールで届いて(今でも覚えてる。京大近くの百万遍交差点でだった…)、ガツンと衝撃を受けたもんだから、ブログに書くどころじゃなかったしなー。

話、それてしまいましたね。
鈴鹿さん、最後は眼帯なしでしたが大きな怪我痕はないようで。眼球の方に影響がないか心配ですが、無事東宝も終えて欲しいです。
そしてオヤジも心配だが息子も心配だよ、カルデロ~。9月2日は東宝で観るからね(チケがあれば…^^;)!
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1033-e8a65793

Comment

zunzun

CSニュースはほんとありがたいですね。初日や千秋楽の模様が翌日に見られるなんて、超感動です。
タニチャンやっぱ、TVでみてもキラキラしてますね。お歌も月組時代からすると、かなりのアップですよ。努力されたんでしょうね。
zunzunは1回しか行ってないので、役代わりというか本役の蘭とむ、みっチャンが少し見られて嬉しかったです。ぱっと見、やはりこちらの方がしっくりかなァと思ったりもしました。
両方見なかったの少し後悔・・・。
タニちゃんの 東京で! の連呼は同じく笑えました。やはり客入りは相当気にしてるようですね。東京は大勢のお客様が来られると思います。
退団される方の最後のご挨拶は、いつ見てもウルウルしてしまいます。

  • URL
  • 2007/08/02 19:42

ニケ

zunzunさんこんにちは!
タニちゃん、ちゃんと上達してますか?私はナマで観てきた期間が少ないので・・・。ほんと、客入りは全部トップにのしかかってくるのが大変だろうと思います。あれだけキラキラできるのも才能だと思うので、踏ん張っていただきたい。

バレンシアは、確かにヴィジュアル的には蘭寿ラモンみっちゃんロドリーゴが似合ってるとは思うんですけど、芝居としての意外性、面白みは役代わりの方に感じました~。この、「役代わり」って、舞台にしかない特殊な設定って面白いですよね。ひとつの作品が色んな風に見えますし。

退団者のご挨拶は、全然知らない下級生でも、いろんな思いをかかえてすごしてきたんだなあと、感動してしまいますね。舞台って、生きてる人間が目の前で演技してるって、改めてすごいと思います。
  • URL
  • 2007/08/03 10:06

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。