スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不滅の棘

「不滅の棘」(2003年花組・DC)を観た。
先日、東京特別千秋楽放送に合わせてNOW ON STAGEが流れていたので、突然観たくなったのさ。

飽きっぽくて、芝居映像を一気に観ることの少ない私が、
気がつけばノンストップでTVの前に座ってましたよ。
久々に心揺さぶられる芝居を観ました。

凄かった。
私はこういう感想をウマく言葉にはできなくて。
ただひたすら、凄い、に尽きる。
たぶん私の中では「凍てついた明日」「crossroad」に並ぶくらい好き。

キムシン、これは絶賛するよー。
実は小・中劇場作品の方が向いてるんじゃ?
大劇場は大人数だから、意味のないモブばっかり増えるんだよ。
更に、木村氏にしてはボキャ貧な歌詞が少なかった気がする(笑)

ま、どんな演出であろーと、春野氏でなければあり得なかった作品だったと思う。
最初から最後までカリスマ春野寿美礼の為の舞台。
ひたすらその存在にひれ伏すばかりです。

エロールはどこ観ても美しくてエロくて大好きなのでひとつひとつ上げるのもキリがないのですが。
序盤の、少年「父さん!」の若さにはビックリだ。
シングル「終わりない旅」でも聴いた、オサ様本来の声はとっても澄んでいて綺麗。やっぱり男役は多少無理して出しているんだろうなあ。それでも凄いが。

コンサート場面だけは観たことあったんだが・・・オサ黒蜥蜴、やっぱりみたかったなぁと思ふ。女装して女性に見えはしないんだが、ドラァグクイーンのような強烈な吸引力があるですよ(褒めてますって)。
頬まで拭ったルージュ、エキセントリックですなぁ。
カリスマシンガー・エロールは、まんまハルノスミレだよ。


一番心惹かれたのは、後ろ向きに椅子に座り、恋人の名前を呼ぶシーン。
寂しさや、絶望。
永劫の、孤独。
彼の目に映る世界は、白・白・白で埋め尽くされた、闇

人間は完全に真っ白の部屋に閉じ込められると、発狂する、という話をきいたことがある。この作品における白の役割は、そういう印象が強い。

春野さんって、いつもひとり次元が違う芝居をするよねえ。
いちおう相手役はいるけど、気を抜いたら置き去りにして孤高の世界にいるんだもの。
重なり合った異なる次元で喋っている感じ。
タニちゃんと違う意味で、最終的には「自分」、「自分の延長線上のもの」(エリックにとっての母、‘似た者同士’のオリガや黒蜥蜴)しか愛さないのかな、と。

ま、コレは舞台上の「春野寿美礼」への私の個人的な見解だし、手の届かない孤高のカリスマっぷりが大好きなんだけれど。

で、他のキャストさんについてもちらっと記しておくと。

OPの道化@さおたさん、かわえ~。
かわいこぶりが「凍てついた明日」のハマリンコ大先生を思い出すよ・・・。

それからですね、アル中のハンス@ゆみこちゃんがドツボ。
近年の落ち着きパパなゆみこさんばっかり観てるので、
なんだか捨てられた猫のよーな表情に、きゅ~ん
「しねー!」のゆみこさんにきゅ~ん(なんか間違ってるから)。

クリスティーナ@あすかちゃん。
ちょっとお化粧はイケてないかな?

あすかちゃんはスターオーラバリバリ、というタイプではない、と私は思ってるのね。どんな役観てもカワイイ、カッコイイと、ある意味本人のスター要素でキャラクタを作り上げるのではなく。
まず役から入り、イヤな面や愚かな面、もちろんかわいらしさも含めて、役としての表現が的確。役者だなあと思う。
ただ路線娘役としては、ひたすら相手に似合う、いつでも可愛らしいキャラの方がやりやすいんじゃないか、なんて思ったりもする。なんてエラそうに云ってしまってますが。

この作品観てると、女というものは愚かであさはかなモンだなあとひしひし感じますよ。

カメリア@翔つかさ氏…ある意味かの老女がいちばん凄かったとも。
超絶美形エロール様と老女のなんだかラブシーン。
いやぁタカラヅカって凄いなー(笑)
で、やってることは光源氏@あさきゆめみしと変わんないよな、オサ様(爆)
老女から幼女までよりどりみどり。
つーかコレこそ宝塚のトプ様にしか出来ない男像かもなあ。
そしてオサ様は女も男も(笑)はべらしとくのがこの上なく似合う方。


さて、演出の話。

なんといっても、この舞台美術がとてつもなく好みなのだ。
遠近感のあるヤオヤ舞台、斜めになった扉、色のないデ・キリコの絵のようで、観るものに不安感を誘う。
そうそう、私は「黒蜥蜴」シュルレアリスム的な美術(車の場面の背景とか)も大好きだった。私はキムシンの見応えのある演出力は高く評価しているし、根底にある人間愛や非戦の思想は好きだ。おバカなほど正直で、カッコつけて書けないんだよねぇ。確かに作風はウルサイのでキライな人はとことんキライだろうなー。でも、つまらない、退屈…な作品より、なんじゃこりゃー!と怒れる方がマシかもしれないと最近思う…。

そして音楽はもちろん甲斐先生ですね。
私がヅカをここまで好きになったのは、音楽がクリティカルヒットしたからだ。
単純明快なテーマメロディあり、圧倒するコーラスあり、心に響く泣きメロあり。
ふつうのミュージシャンの歌で、ここまでテンション高く歌う曲ってないだろ。
木村信司には甲斐正人植田景子には吉田優子オギーには斉藤恒芳。勿論オールマイティな高橋城や、玉麻尚一や、最近マイ急上昇中の青木朝子嬢や。
音楽はイイのに演出は×というのはあるが、演出が良くて音楽が×、ってのは少ないよなあ…いや素晴らしい仕事してはりますよ皆さん。
CDになるのは歌ばっかりで、サウンドトラック盤が出ないのが惜しすぎる名曲もいっぱいあります。
TCAミュージックで出してくんないかなー。

…って、ちょこっと感想かくだけのつもりがエラく長い記事になってしまった。
時代遅れな感想ですみません^^;
いっそう春野さんのファンになったというだけの話です(笑)
さ、東京千秋楽版も観ようっと。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1032-cd782cfa

Comment

rena

私も不滅は大好きです。
ニケさんと同じように、「舞台美術」が!!!
それに、ユミコさんの演技力には心底泣かされて・・・
「死ねーーーー!」のシーンで、「うっ」ときて・・・
私の場合は友人にビデオを撮ってもらったんですが、そのシーンを観すぎて、ビデオが切れちゃったんです・・・(苦笑)

ニケさんが美術を「デ・キリコ」と言っていたのがすっごくシックリきました。
不滅の美術センスを、なんて表せばいいのかわからなかったので・・・
この表現、いただきます☆(笑)
  • URL
  • 2007/08/02 12:33
  • Edit

ニケ

renaさんこんにちは。
賛同していただけて嬉しいです。ね、キリコっぽいよね?
宝塚もたまにああいうとんがった美術をやってくれると楽しいです。

ビデオが切れちゃうほど観るとは、ファンの鑑ですね(笑)
近頃はハードディスクやDVDだったりするので、「擦り切れる」という表現も似合わないですよね。まさか「DVD割れるほど観た」とか云えないしー(笑)

いやもうユミコさんいいですね(笑)益々ファンになっちゃいました☆
  • URL
  • 2007/08/03 09:52

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。