スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子の空の記憶

突然ですが、轟御大の「ROSE GAEDEN」(東宝楽)が最近のお気に入り映像だったりする。特に後半の、ブンちゃん銀橋わたりから始まるトドさまを中心としたダンシング・ローズ場面がすき。スーツ姿で客席に背を向けてるんだが、男は背中で語るを地で行ってるなあとおもわれます。あの骨太な動きと歌はやはりすばらすぃです。そしてトドさまといえばこれ以上ないくらい薔薇が似合う人だと思うんだが、ドリームキングダムにしろ、水しぇんのグッズにしろ、雪男は妙に薔薇に縁がある気がス。

で、トド様つながりで今日は「パッサージュ」を全編観た。名場面集なんかで「硝子の空の記憶」の場面やオープニング、エトワールはよく観ていたんで大体雰囲気は知ってたけどな。
前半、ぜんっぜんトドさまでてこねー、と思ってたら、「地獄の王」場面カットされてるんですってね。Σ(゚д゚lll)TCAのおばか。
いやー…しかし。バビロン以降のオギーショーを観てからコレを観ると、ザ・オギー的な場面と、のーてんきなパリ・レヴュー的場面がものっすごく乖離してみえるなあ…。
カモフラージュか、と問いたくなる(笑)

なんつっても中詰めの「硝子の空の記憶」ですが…荻田作品にここぞという時に使われる斎藤恒芳氏の音楽は脳髄に響くのよ…他のオギーショーはもちろん、白昼の稲妻・劇中劇だのドリキン第3部だの、斎藤恒芳音楽にはめっきり弱い私。
毒気が強いので、精神的に参ってる時はキツイ…それだけ共鳴してるんだろーなー。
ハマコさん・圭子姐さんの歌も相変わらずすばらすぃ。

あと硝子…の直前の男役場面も相当グラグラきます。高橋城氏の曲で、ダ、ダダ、ダダ…と迫力のあるリズム音で始まる「パッサージュ」というまんまなタイトルなんだが、「夜を往く黒い影・・・」と陰鬱なコーラスと、パワーボーカルで歌う轟悠。
闇夜の地平から響き渡るような声と、男役を従える表情の強靭さ。短い場面ですが、男役轟の本質が端的に現れていると思う。直後のとってつけたような瞬間レビューは要らないんじゃないかと(笑)

そして白タキもいいけど、コムちゃんにはラストまで天使でいってほしかったなー…いやほんと、あの人の踊りは妖精っつか人間以外っつか。たまらない。

今日は思いもかけずトド様話になりましたー。
なんというか居るのが当然な人なので、普段はスルーしてますが、やっぱりあの重厚な存在感は好きですよ。そーいえば個展おつかれさまっす(笑)

で、今度はオギーつながりでドルチェ・ヴィータの映像を久々にひっぱりだしてきたんですが、荻田作品は、1回目よりも2回目以降、回数重ねて観るたびに濃く感じられて飽きないねえ。でも朝はバビロンも観てたんで、オギートリプルコンボはキツイわー(笑)。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nikeblog.blog43.fc2.com/tb.php/1010-b4f9aed5

Comment

ぽち

パッサージュもかなり面白いですよね。
カモフラージュかっておかしい(笑)初のショーだからちょっと猫かぶってる感じもしなくもない(笑)
硝子の空の記憶のところ、すごく好きです。音楽イイですよね~!
オギーは音楽センスがないという意見もありますが、私は大好きなんですがね~。
あのショー、ひたすらコムさんの天使が魅力的だったと私は思います。ポジション的には4.5番手位なんですけどね。

あ、ドルチェヴィータは博多座バージョンとも見比べて下さいね!違いがすごく面白いから!!
  • URL
  • 2007/07/17 06:57

ニケ

なるほど~、オギーに音楽センスがないという意見があるんですね。思ったこともなかったのでビックリしました。確かに音楽の使い方は往年の宝塚的ではないのかもしれませんね。どちらかというと映画のサウンドトラック的。あと、シンセサイザー系も多いので、合わない方もいるんでしょうね。そして正にコムちゃんに焦点が合った作品というか、退団公演を見てもオギーにぴったりの役者だったと思います。だった、って今後も荻田演出に出るんですけどね、コムちゃん(笑)

ドルチェの博多座みたい~みたい~CS放送~!たにちゃん番組で、あの魅惑的なロケットだけ観ましたが(笑)公演するたびに変化をつけるオギーはやはりすばらしーですね~。
  • URL
  • 2007/07/17 17:55

zunzun

「ROSE GAEDEN」「パッサージュ」は生で劇場で見ました。
ドリームキングダムは残念ながら行けてないのですが、お気に入りのショーで録画したのを何度も見ました、
「硝子の空の記憶」の場面は大好きです。
ザ・オギー的テイストにコムさんはほんとぴったりはまるスターさんでしたね。荻ー先生の創作意欲をかきたてる逸材だったと思います。
私は昨晩はタランテラを見てました。タランテラ大好きなんですよ。

ニケさんとぽちさんのマニアなやりとりについていけないときありますが、がんばって勉強しま~す。
  • URL
  • 2007/07/17 19:28

ニケ

マ、マニアですか(笑)
そうですねえ、ひとそれぞれあると思いますが、一般のヅカファンとちょっとずれたマニアックなツボが多いのかもしれません(笑)特に音楽のツボが多い・・・。
zunzunさんナマで観られたんですね!うらやましい~。どうしてもビデオで削られてる「地獄の王」場面が観たいんですけどねえ・・・荻田作品で場面カットすると、つながりがさっぱりわからなくなります(笑)
タランテラも傑作ですね。荻田氏のツボを見た気がします(笑)当時はサヨナラってことにいっぱいいっぱいだったんですが、改めてビデオで見るといろんな仕掛けがあって面白いです☆
  • URL
  • 2007/07/17 22:47

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。