スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッズは買うことに意義があるのさ

キリンツのお髭ブロマイド達買う気満々でキャトレ行ったのに、出てなかったの。泣
まだ一週間だもん当然ですね。
先日ミーマイ楽放送観てて、やっぱり霧矢さんのジョン卿の美しさは最強だと思ったオイラです。髭萌えではありますが、髭なら誰でもいい訳じゃないんだけども。今のところ霧矢さんと壮さんが髭ツートップ。月でエリザやるって決まったその日から、きりやんお髭コレクションが増えるのをワクテカしてるので、頼んます劇団。

あーそれから、ずっと買おうと思ってたサウダージのもりえ写真が無かった・泣
すげーかっこよかったのよ、あのもりえちゃん。あの子は舞台で観てなんぼだと思う。化粧栄えと衣装栄えが素晴らしいっす。(失礼ながら)化けてキマス。
という訳で、過去のエリザブロマイドコーナーから、
05月新公トート写真買ってきちゃった、うふ☆(そんなにもりえ写真欲しかったのか)
というわけで、久々にグッズ記録。なんか友人と一緒にしゃべりながらお買い物してたので、どんどん増えていったよ・・・
Image072.jpg
■エリザベートプログラム:貧乏なので今日はプログラム買わないつもりだったんだけど、あさこさんがあまりにもオトメな顔してたのが気になって思わず購入。
■サンケイEX(エリザ特集)
■ラガールカード
■青樹泉新人公演トート写真(だからなんでだ・・・笑 いやでも実際凄くいいショットだった)

Image073.jpg
■花組全ツ、地元公演で買った以外の分から
■オグリのえりたんブロマイド
■ポストカード:最新彩音ちん、昔のえりたん、昔のゆうさん。


そして何故か( ゚Д゚)_σ異議あり!!のアレ(笑)
Image074.jpg
■逆転裁判DVD
■蘭寿とむブロマイド
いや、名古屋に居るTOMちゃんが欲しいっていうから代理で買ったのよ・・・ついでにオマケとして写真もつけようぜ、と探したのに逆裁写真が無かったもんだからさ・・・舞夢のヘラクレス写真を宮さまが勧めてくれたのよっ!けしてネタにぢゃないわよ!


はあ・・・こんなもんか。
ついでに、以前の買い物もそのまま放置してあったので記録~。

16日オグリに来たときに買ったものは・・・
Image075.jpg
■タニちゃん退団ポスカ
■ミニブロマイド
■薔薇に降る雨ラガールカード、退団ラガールカード

20日全ツ高知公演にて、とりあえずあるだけの写真を全種買ってみた。
Image076.jpg
とりあえずはトップコンビのR指定ブロマイドは確保するつもりでー(笑)
あとは出揃ったらキャトル買いのつもりだったんだけど、それだけぢゃあまりにもイロモノ好きっぽいから全買いでカモフラージュしたとかなんとか・・・ボソッ。


ながっ。
スポンサーサイト

閣下に拝謁してきますよ◆エリザベート

今日はとにゃみんのラストデイだよねぇ・・・(ノ_・。)
なんかなー・・・別ればかりの5月ですよ。

(彩音ちん話の途中ですが)
今日は久々にお友達の宮様とエリザ観るです。
水しぇんLoverのお母様に連れられて東のお茶会にも遠征してきた宮様に、水トナ話をたっぷり聴かせてもらおっかなっ。

一緒に観劇行くの正月公演以来なんですが、一ヶ月公演になって全然ついてけないよねえって話してる(笑)

宝塚と月組に感謝する日。

大好きな人たちがいっぱいいる。
叶うなら、どの組も毎週毎週追いかけていたい。
名作も駄作もつっこみながら、いつだって絶対楽しんでやろうって思ってる。

どんな作品だって、あのみんなの最後の笑顔、きらきらした宝石みたいな笑顔が観られるなら、行ってよかったって思う。

5月30日は、宝塚に感謝する日。
うまれてはじめてムラを訪れた日。
月組に出会った日。
そしていま再び、月に出会うとき。

桜乃彩音ちゃんのこと。

いよいよ明日の相模大野で全ツ楽。ケイさんちの更新を読んでムヒムヒしております。

なんかね。私は真飛桜乃コンビが半端なく好きなんだなだと思った。

娘役メインに書く機会が少ないのであまり主張してないですが、桜乃彩音ちゃんが大好きだという話です。まとさんグッズが増えてるのは当然なんだが、気がつけば部屋に飾ってあるカレンダーで一番大きいものがステージカレンダー・緑川夫人で、愛用のノートPCの壁紙(めちゃかーいぃ奴があるのよ)も、彩音ちんになってて、誰贔屓だよオレっていう(笑)。
ちなみにココの奴⇒http://ulywp.blog2.petitmall.jp/blog-entry-10.html
んー、彩音ちんがいわゆる一般ウケする「美人」ではないことは判っている。
おいらのお友達にも、苦手だと云う方はいる。

かくいうおいらも、宝塚歌劇に嵌ったばかりの頃は、苦手だったんだ。お顔とお歌が。
だから、そういう人の云う気持ちも理解しないわけじゃないんだよ、今も。
そうそう、顔といえば第一印象のスミレさんも苦手だったんだけどね、実は(今は信者ですが)。

とりあえず苦手だと思う人は、毛嫌いするんじゃなくて自分の中で一旦保留にするのが信条なんだが、ふと「マラケシュ」の映像を観ていて、あ、可愛いやん!と思ったんだよね。
そっからはもう自分の中ではお気に入りカテゴリ。アンチ期間3ヶ月(笑)

あやねちゃんだけじゃないけどマイナス印象からスタートしてプラスに転じた人は、反動で愛着がわくのか、もうなに観ても可愛く観えてきてしまうんだ、ばかだからさ。

決定的だったのは、「うたかたの恋」のマリー。
私、この作品とマリー・ヴェッツェラという役が大好きだったのね。
愛にひたむきに、ただルドルフに向かってひたむきに宝石のような愛を溢れさせる彩音ちゃんのマリーを観て、涙がこぼれた、あの広島楽で。

春野さんはもう春野さんで、その時期にはもう誰にも辿りつけない処にいたので(笑)コンビネーションがどうとはあまり意識はしなかったんだけど。でもあのコズミックな芝居をする春野さんの隣で「普通に存在」していられるって、実は凄いパワー使うんじゃないかと思って観てた。日によっては観客を叩き潰しそうなくらいの恐ろしさを感じる時があったから。
だからこそ、あの彩音ちゃんの押し出しの魅力が育ったんだと思うんだけど。

それで、いよいよ黒蜥蜴。つづく(笑)

梅芸のサイトが77期祭な件。&拍手御礼[05/29]

梅芸のトップページが77期フェスティバル状態でわろた。
777.jpg
ここにおハナ様がいれば!・・・と触れてはイケナイことは伏字にしておこうか!

麻実れい、大浦みずき、涼風真世、安寿ミラ、真矢みき、天海祐希・・・みなさん心の大スターはそれぞれいらっしゃると思う。で、おいらがヅカにハマったのって、77期トップスター全盛期なんですわ。だから77期トップは自分の中で特別な意味をもつ。
下級生時代をリアルタイムに観てないぶん、トップとしての道をひた走る姿への憧憬が強いんだと思う。しかしここまで並ぶのは壮観だなあ。

※たーこさまの漢字間違えてましたごめんなさい。ご指摘ありがとうございます。間違えやすいのでいつも確認して打ってる筈なのに思い切り美しい変換してました・・・

さて、続きは拍手御礼です。
近頃あまりにも酷い遅レスが続いたので、反省です。

幽霊は・・・ひこにゃんかも!

「幽霊さん滋賀までついてきちゃった・・・でも滋賀だからひこにゃんかも!」
滋賀公演へ行かれた凜さんからご報告いただきましたっ☆

でもおシェルはひこにゃんより可愛いと思うYO♪(ナニを争ってるんだ)

みんなに会えなくてさびしいおいらは・・・お絵かきしてました。
らくがき程度のつもりが久々にヒートアップしてしまい
色付けーの、背景描きーの、エフェクトかけーの、文字いれーの、時間かけ杉。

主役ちょっぴりメタボ気味です。
ポスターサイズもメタボってます。お目汚し失礼。
memyposter.jpg
poster[1]←正規品はこちら。

いよいよ全ツはひこにゃんの滋賀へ。&拍手御礼05/27

いよいよ全ツは滋賀スね~。
おいらはマイ楽を終えましたが、各会場の報告だけはいろいろ戴いてるです。
客席に落ちかけたあやねちんを、まとぶさんがバシっと支えて拍手喝采浴びたとかね!想像してムヒムヒしてましたよええ。

コンビオタとしては、まとびさんはやっぱムスメが隣にいてなんぼの人ですよ。
超オトコマエ度が上がるんだもん。
ひとりで男前の役者さんも沢山いらっさいますが、
あれほどコンビが映えるひともいないと思う(超贔屓目)。

東に戻り・・・楽を迎えるわけですが、東のお友達の感想が楽しみー。
いやそんで自分のも仕上げないとですが。んーと・・・全組見てても、感想書けるのが一部のみになってるのが哀しいんだけども。とりあえず花組だけでもせいいっぱいで・・・速筆になりたいなあ。文章つくるのトロい自分が情けナス。

それから、昨日のアホみたいに長い記事読んでくださった方ありがとうございます。
■通りすがりの方
私は地方在住者で、作家としての側面しか触れることは叶いませんでしたが、本当に多岐に渡って活躍されたスーパーウーマンであられました・・・そんな方にも死は等しく訪れるのだという不思議な感覚で、きっと余りにも影響が強い故に涙も出てこないほど現実感がないのですけれども。ありきたりではありますが、やはりご冥福を祈ります。きっと冥界でもバリバリ書かれていることと思います。

人間五十年下天のうちを比ぶれば夢幻の如くなり。◆追悼・栗本薫

ええと・・・ほんとすいません。痛いのは百も承知ですがこの方だけはいちクリエイターを遥かに超える特別な思い入れがあるので・・・また宝塚との縁もなくはなかった方ですし、相変わらず雑多な文ですが。途中は個人的な思い出なので、すっとばして最後の紹介だけ見てくださると嬉しいです。これだけ書いたら、とりあえずは気持ちが落ち着いたので、またヅカモードに戻りますね。




午後のラジオで、「中島梓さんが・・・」と訃報を伝えていたのを聴いた。
そうだ。作家・栗本薫の死(まるで現実感がない)は、評論家・エッセイスト・中島梓の死であり、ジャズピアニスト、脚本家、演出家、三味線奏者、料理研究家・着物愛好家・・・ありとあらゆる人の死でもあった。

小説家・栗本薫は、SF、ファンタジー、伝奇・時代小説、サイコホラー、ミステリー、耽美・・・ひとつのジャンルだけでも1シリーズで代表作になる作品を創作し続けた。
ずっと、ひとりの人間がこんなこと出来うる筈がないと思っていた。何人もの魂が、彼女の身体に宿っていたに違いない。普通のひとの何十倍もの密度で走っていたのだから、寿命だといわれても驚かなかったと思う。



「宝塚」にたどり着くまで、大概なオタク道を通ってきた私だ。
しかし世の中に名作は多数あれど、最も多感なティーンエイジ時代に触れた作家の影響は計り知れない。故・氷室冴子新井素子たち。そして栗本薫は、良い意味でも悪い意味でも私の精神の根幹に最大の影響を及ぼした人物であり、彼女なくしては今の私はありえない。きっとこののちも、生涯に渡って私の最大級の存在であり続けるだろう。

一度だけ、思い出がある。インターネットを始めた10年近く前、栗本氏がニフティサーブでパソコン通信の会議室を主催されていたころ。2月13日の誕生日を祝って、参加して初めてコメントを書き込んだら、本人からレスがついた(その時から私のハンドルネームはニケだった)。嬉しくて、緊張して、舞い上がった。今も昔も、創作者に対して直接メッセージを発信するということを滅多にやらない人間で、その後はほとんど眺める一方で、いつの間にかパソコン通信というものがなくなり、インターネットの台頭と共に会議室は終了した。
ライブや演劇のことを公式サイトで拝見するたび、いつか東京に観にいこうと思っていた。それも、今となっては夢だ。(ちなみにタカラヅカにも縁が深い方ではあるが、その頃は全くといっていいほど興味がなかった。昔の歌劇や星組本にも中島梓名義でエッセイを書かれている。)


ただ今は意外に冷静に受け止めている自分がいて、それは著書で病を知った時から、時間をかけて覚悟をしていたんだなと、今日感じた。一番ショックを受けたのは、作品のあとがきで病のことを知った時。ちょうど中日「メランコリック・ジゴロ」の千秋楽前の夜、サイゼリヤで夕食をとりながら、中日初日に名古屋で購入したグイン最新刊を読み終え、ショックをうけ、心臓はばくばくし、全身が震えて止まらなかったのを覚えている。ふとそうかグインはほんとうに「終わらない」小説になるんだなと思った。この人は良くも悪くもさらけだす人で、もう長くないということを感じて死をみつめながら書いているのがひしひしと伝わってきていたので(それは公式サイトの日記の状況をみても明らかで)、「その日」が来るのはそんなに遠いことではないと。

・・・もし、叶うのならば。彼女のいのちにこのちっぽけな生命をわけられるのならば。死ねといわれても厭いはしないだろうかと、あの時考えた。それほど、あの数多の小説達を愛していた。そして今日、「殉死」ということばがふいに頭に浮かんだ。今までそんな感覚はわからなかったが、死んだら辿り着けるのだろうかと、夢想した。無論死にたい訳じゃない。ただあの夢幻の世界を追いかけるにはどうしたらいいのかと白昼夢のように考えただけだ。結局のところそれは馬鹿馬鹿しい程に甘い夢で、ほんとうの死はそんなにきれいなものではなく、実際に死ねと云われたら、サムライでない私はジタバタと苦しみながら醜く抵抗するに違いない。でも、いつの日か、うつくしいものの為に生きて、死ぬという夢をみる臆病者の毎日を過ごすだけだ。

一個人としては相当あくの強い方だから受け付けない人も多かっただろうが、彼女の作品が私にとってただ単純にエンタテインメントとして面白かったというだけではなかったのは、この人のあらゆるジャンルのどの作品の根底にも流れている思想とか、というのか、生々流転してゆくものへの無常観、そういうものが限りなく私にフィットしたからだと思う。

「清濁併せ呑む」、そういう世界観が大好きだった。
穢れなき美の世界も、エログロも、歪んだ妄執や狂気も、なにもかもすべて、すべて生きていること。無常に生きているわたしたちのこと。正しいことも間違っていることもすべて受け入れてなお、愛することができるということ。愚かで、醜悪で、嫉妬と自己愛のあまり他人を傷つけてばかりの「人間」を。とても愛していたのだと。

だからいま。ほんとうは、清く正しく美しいだけではないタカラヅカを。
切ない駄作も、話題づくりのあれこれも、カネや欲望や愚かな面が垣間見えるような、とても「人間らしい」面をも含めて、パラノイアのように愛している、そう思う。

悪いところも良いところも影響を受けた、と先述した。幼いころからもっていた「大いなるもの」「選ばれしもの」といった強烈なヒーロー像、スター像への憧憬は、栗本薫作品によって確実に増幅されていった。そしてそれはそのままタカラヅカに求める「スター像」となっている。
興味のない外野から観れば一方的で気持ちの悪いイタさ、盲目的な信者としてみられかねないことは承知しているけれども。いまおもうのは、そのロマンがあるから、私は生かされてきたし、感謝してもし足りないほどの歓喜を与えてくれた。それが今後凶と出るか吉と出るか、人生夢想劇場に溺れて身を滅ぼすこともあり得るかもしれない、それは栗本氏曰く「ヤーン(神)のみぞ知る」というところか。

「うつしよは夢、夜の夢こそまこと」
・・・江戸川乱歩のその言葉を事ある毎に引用されていた。
"写し世"、現実世界と呼ばれるもののなんと儚いことか。
その儚いゆめまぼろしの世界をこそ、日本人は愛していたのではないか。

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」
仏教では、56億7千万年後、弥勒が下生して衆生を救うという。

哀しいかな我ら彷徨える衆生は遥かな未来を見通す目も持たず、自分が何の為にいま存在しているのかも知らず。たった半世紀。たかが1世紀。この地上で、塵芥(ちりあくた)のように、ただ騒いで逝くだけだ。

明日、核爆弾が落ちるかもしれない。1年後、隣人に殺されることもあるかもしれない。10年後、地震に巻き込まれるかもしれない。独りで老いて孤独死かもしれない。運よく、家族に見守られて大往生できるのかもしれない。

メメント・モリ、死を忘るるな。栗本薫は生涯ずっとそれを叫び続けていた。
短すぎる命の時間の中で死を見つめるならば、
争い続けるよりも、愛することを選ぶことが、出来はしないだろうか?



最後に・・・数百もの著作のなかで、「死」というもののビジョンを格調高く描いた傑作短編集を紹介したい。ほぼ絶版に近いので、オークションや古書店や図書館等で見つけたら是非手にとっていただければと思う。

「滅びの風」ハヤカワ文庫
01099.jpg
レイ・ブラッドベリの短編の題名でもある「おれたちは滅びてゆくのかもしれない」という言葉に集約されるテーマを持つ連作短編集。S-Fマガジン」誌に掲載されたSF作品4編と、書き下ろしの1編を収録して編纂され、1988年11月に早川書房より発行された。のち、1993年2月には文庫化され、 ハヤカワ文庫から発行された。

近未来の巨大都市で起こった大事故、真夜中の街中を走る戦車、若者の自殺、衝動殺人、核ミサイル、エイズなどをモチーフとして、滅びそのものではなく、滅びへと向かいつつある運命の予感をさまざまな角度から描いている。(リンク:Wikipedia「滅びの風」)



三界(この世)の狂人は狂うことを知らず
四生(生きとし生けるもの)の盲者は盲なることを識らず
生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く
死に死に死に死んで死の終わりに冥し

合掌

訃報:栗本薫

訃報:江戸川乱歩賞の作家、栗本薫さん 56歳
毎日新聞 2009年5月27日 11時46分
http://mainichi.jp/select/person/news/20090527k0000e040048000c.html

幼い私の魂に、最も大きな影響を与えてくれたひと。

僕と僕の女の子は役替わりしないんだ。(当たり前)

ちょうど昨日、ミーマイ東宝楽放送してたから、DVD-BOXも久々に出してきて(何故か持ってる)、花組版妄想に浸ってました、おいら。

ジョン卿・・・壮 一帆、愛音 羽麗(役替わり)
ジェラルド・・・愛音 羽麗、朝夏 まなと(役替わり)
ジャッキー・・・壮 一帆、朝夏 まなと(役替わり)


みわっちよかった・・・(´;ω;`)それだけは心配だったので。
まーくんが、テサギ終わってから髪伸びてたから、予想はしてたんだけど、これでみわさんジャッキーだったら、さすがに投書するつもりだったもん・・・。
いや、役としては大好きですよ。みわ様だからこそ、もう止めてあげてほしかっただけで。
待望のジョン髭だよぉぉお!

で、えりこ様まなと様のぱんつ楽しみー(腐りすぎ)

そしてウチのえり担が興奮して喜んでおりますが。
いいな~あたしもまとびさんのジャッキー観たかったなっ!(は?)
タカスペでやろうよ壮ビルとまとびジャッキー。

スカイ・フェアリーズ/スカイレポーターズ

2009/05/25

第8期スカイ・フェアリーズ、新スカイレポーターズメンバー決定について
宝塚歌劇専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」にて番組のレギュラーMCなどを務める「スカイ・フェアリーズ」の第7期メンバーが、このたび一年間の任期を終え、次の第8期メンバーに交替することとなりました。また、番組内において公演レポート等を担当する「スカイ・レポーターズ」についても新メンバーが決定いたしましたので、お知らせいたします。

■第8期スカイ・フェアリーズについて
(花組) 真瀬はるか・桜咲彩花
(月組) 煌月爽矢・花陽みら
(雪組) 凛城きら・舞羽美海
(星組) 真風涼帆・夢妃杏瑠
(宙組) 星吹彩翔・瀬音リサ

■新スカイ・レポーターズについて
(花組) 紫峰七海・花野じゅりあ*
(月組) 研ルイス・憧花ゆりの
(雪組) 真波そら・早花まこ
(星組) 彩海早矢*・音花ゆり
(宙組) 天羽珠紀*・大海亜呼

 *印の生徒は今期に引き続きの出演となります

■交替時期
 2009年7月1日放送分より

ナウオン話と拍手御礼[05/04-05/21]

■今更ですが・・・
コルドバ&赤熱海のNOW ON STAGEと稽古映像を観ました~(遅いよ!)
あああ麗しき最後の飛飛コンビだぜー。タッチが熱いぜまとびさん!
出だしから酒はいってるみたいにテンション変だよね、花組ナウオン(トプのせいか?)。

あとめおさま大尉が妙におもしろかったのは私だけぢゃないのねっていう(笑)

赤熱海は全体的に変更点はあんまりないとかゆってますが、全ツのほうがぶらっしゅあっぷされてますよねえ。
おシェルのキャハキャハっぷりとか大空さんの弾けっぷりとかまっつのエロいけどちょっといい人さが垣間見えるセラとか、バカップルぶりが目にイタすぎるデュエットダンスとかっ!

たのしいなーたのしいわー。

■拍手コメントレス
ご来場ありがとうございます。
いつもいつもお返事がほんと遅すぎて申し訳ないですが、皆様のあたたかいコメントに励まされております・・・涙
各記事へのコメントは、飛び飛びで申し訳ありませんでしたが、全てお返事させていただきました(たぶん)。

以下、拍手コメントレスです。今回はちょっとカラフルにしてみた(笑)
金木犀さま、KTさま、ケイさま、clickstarさま、花音さま、きらりさま、翠さま、KaiKaiさま、Kさま、マーブルさま、さちさま、そのほか名無しの方々、コメントありがとうございました~!

更新メモ◆花組

ぼちぼち更新してます。
全ツ梅芸公演での観劇メモ・芝居編、この辺(5月14日記事)でざざっとUPしました(遅)

ショー編も後ほどUPします。

えーとここんとこ自分でもナニ観てたのかワケわかんなくなるほどで、
梅田2日間がっつり全ツ観て、その6日後にオグリ観て、その2日後に宙楽&入り&パレード見送って、その2日後には高知2公演観て。

いや、春ごろにこの辺りのスケジュール観て、全部制覇するのは無理だろうなーと思ってたのに、ちゃんと全部観られた自分にびっくり。しかし頭と身体がついていかない・・・事実ここ数日眠気が凄いんす。というわけで、今週エリザは見送りました。月末行って来ます。

更新したいメモ
・梅田公演:ショー編
・地方公演での変化
・コルドバの総感
・オグリ
・宙楽、サヨナラショー、退団挨拶

マスク、今日もまた品切れどうして?ないものはないんだ。

タイトルが超リアルな状況なので笑えないけどさ。

えーと関西は広域的隔離地域なのか?
バイオハザード(生物災害)かい?

昨日は早朝帰って風呂ひっかけて出勤して帰って速攻寝ましたが、16日、兵庫で日本初感染者が出て以来、関西への観光客も激減し、ウチの会社も予約キャンセルがでました。
昨日は京都、今日は埼玉でも報道がありましたが、風評被害は怖い。

大変な中での月組初日幕開きではありますが、無事公演が全うできますように・・・!
そして花全ツはついに福岡ですね~!体力落さないように・・・!

■追記
上司にきいたら、マスクに関するテレビ報道が凄いらしいですね。ここも完売!だの、行列が出来てるだの、何人マスクしてるだの、マスクしてない人は非国民なのか?
なんでも祭状態にして国民の不安をあおりたてるのが報道屋さんのメイン仕事なんでしょうね・・・近頃は特に。感染防ぐためには大事だろうが、必要なひとにいきわたらないのはどうかなと。

マスク買うことに血道をあげるより、免疫を高めることに努めるのが重要な訳で。
よく寝て栄養とって身体冷やさず。

…と、会社から支給されたマスク装着しながら書いてみる。

南国土佐、最高の夜ちや!

ちょw夜公演、客席盛り上がりすぎッ!
土佐弁アドリブ繰り出す度に沸くわ沸くわっ!

自己紹介ソング@まとぶさん、ワーだのキャーだのと、ヅカできいたことのないようなおまいはアイドル歌手か!ってな歓声と大拍手に包まれ、握手しまくり、やだわ~ゆうちゃんまるでスタァみたい♪(いやスタァですから)

で、観たことない大空さんを目撃したよ僕。
客席アピリまくり、練り歩きで手引っ張られて戻りつつ、なんかもうめっちゃくちゃ笑顔なの!
あれですね、普段ニヒルなヒトが朗らかに笑うときゅんきゅんしまつね。ツンデレ効果。
(きらりさんや凛さんも云ってたけど、広島楽公演以来凄いことになってるんだってね)

それからちょっとハプニング。
「海が燃える」の最初、みわっちシェルが、上手の客席階段でキャハキャハ魚釣り(超可愛いの!)しながら、振り返って立ち上がろうとした瞬間、舞台で滑って派手に転んじゃって、可哀相だったよ(´;ω;`)
マルタが出てきた後は普通に踊ってたので、大事ないかなぁ。
痛かったのか、心なしかマリオを睨む眼が恐かったような気もする。



そして香川から呼びつけいらしたきらりさんかぐらさんと、ランデブ~
屋台で塩ラーメンと餃子をいただきつつ、花組を熱く語りつつ!

なんかなあ。いっちゃうんだなあ。
ほんとに、あんなに嬉しそうにアピールするゆうひさんを観た今日がいちばん淋しくて、でもああトップさんになるんだなって、終わりじゃないんだってことが、今日ほど嬉しいと思ったことはないかも。

芝居の皆の熱演は更に素晴らしく・・・地元公演でこんなにも満たされて、ほんとに幸せでした。
書きたいことはたくさんたまっているけれど、いま大阪に戻るバスです♪
また明日以降に!

みんな今日はのんでるかな~。嬉しいときは呑~め~♪

土佐弁でますた◆赤熱海高知公演

アドリブ報告!

■幽霊船の最後
「幽霊さん高知までついて来た!なめたらいかんぜよ!」

■中詰めでエイトシャルマンのあとにはけるとき
「こうちっ!」

■客席からおうちにかえるペドロ
歌は「土佐の~高知~の~はりーまーやーばぁしで~」

■ウノ、ドスさん
「もううちにいのう?」←「いぬ」は去ぬ、帰るという意味

↑結構ナチュラルに使えてるなぁ。凄い~。

もうちょっとあった気もするが思い出したら書き足します。

ってか皆テンション高ッ!!!
芝居もショーも確実に進化しちゅうでよー(土佐っ子)。
ゆひさんの客席降りのアピールがまとびさんみたいになっててウケた。
ゆうさんはゆうさんで例の練り歩きで客席の反応が凄くて(お花も貰ってたぉ)、後半尺足りなくてサクサク

芝居も皆熱くて凄いんだけど、みわっちヴィセントの歌が特に泣ける・・・。


とりあえずおいらは前方で近いのはいいんだけど、上手でみちるとガチンコ席(笑)ぃやばかった・・・終始みちるが面白すぎてニヤけてた。

あー・・・
まとあやデュエットダンスが心底好きだなあ・・・おいら。
幸せすぎる。

うちの子の発表会みたいな気分。■花全ツ高知公演

隣の公園でうだうだしてたら、ジモティおばちゃま達の会話が・・・

「こないだテレビにでちょった人らぁが出るがと違うがよね~?」

・・・テレビに出ちょった人はもうヅカおらんきに・・・(・_・、)
もしくは東京でやりゆうき!まっことすまんちや!(笑)


地方で観るのはうたかたの広島楽以来で(市川は地方じゃないことにして)、
き、緊張するぜ・・・。

日本国からマスクが消えた日!◆花全ツ高知公演楽屋入り

熱いぅ・・・紫外線がっ!
皆さん並んで歩いて入ってこられましたぁ。(ホテル近いもんなぁ)

昨日須崎公演観たかたによると、午後公演はめちゃめちゃ盛り上がってたらしいですよ~。全ツ半ばで疲れも出てきそうなのですがあと10日!

ってか皆マスクだぉ(ToT)
ゆーひさん確認できんかった汗
まっつはノーマスクでこっちのファンに手振ってたw

あたしは聞こえなかったが、ゆうこさんは「いってくるね」って云ってたそーだ☆

昨日から京都・大阪と10軒くらいコンビニ薬局巡ってたが、全完売!
高知のコンビニに至ってはマスクコーナーすらなかったっす・・・orz

花組@高知県民文化ホール

20090520092417
県民オレンジホールといえば・・・
恐怖のピアノのコンクールのイメージばかりだなあ・・・。
小さかったおいらには、ひとりで立つには広い広い舞台だったけど。きっとタカラヅカには充分過ぎるキャパシティなんだろう。

遠くにありて想うもの。◆全ツ遠征

23:10阪急バスで梅田発、6:15高知駅前着。

いつもは実家に直行で街に出ることもなく過ごすことが多いので、久々に歩いて城下街巡り。通ってた小学校とかなつかしすぎてつい立ち止まってしまったり。
住んでた時は気にならなかったけど、やっぱり故郷の馴染んだ空気だなって感じる。変わらないものも変わるものもあるけれど。
椰子の木だらけの街中はデフォルトだと思っていたあの頃(笑)
20090520085211
20090520085208

改めて観るとヘンだよな。南国土佐。

(でもって、ひろめ市場休みだたよきらりさん~(ToT)

オグリ楽おめでとうございます♪

今朝、出勤して初めに上司に言われたこと。
「インフル凄い広がってるみたいねー。神戸とか大阪とか~。もしかして昨日宝塚とかいってないよね~(笑←おいらがヅカオタってこと知ってる)

あはははいえいえ行ってないですよぉぉ。(  ̄ー ̄)
朝から夜までガチで数千人の中に居たなんてないですよ。あはん。

バウはちゃんと楽迎えられたでしょうか・・・。
宙はMSとDSだしなあ・・・。

そしておいらは今夜バスで高知へ旅立ちまっす。
地元帰るくせに親には言わずの親不孝モノ弾丸ツアーです。
昼夜二公演観て、香川からきらりさん呼びつけて(笑)「ひろめ市場」で飲んで騒いで夜行バスで戻ってくる予定です。いぇー。

ブログとかやってる暇を与えてくれない近頃のヅカ。

薔薇に雨はふらねども。◆宙パレード

スターの最後の道は、赤い薔薇で飾られた、ショートケーキのような、色鮮やかな美しさで。
DSCN1364.jpg
夢のおとぎの国、ディズニーランド。
大和悠河と陽月華たちのいた宙は、そんな素敵な組でした。
DSCN1370.jpg
私が薔薇が好きなせいかもだけど・・・ほんとにほんとに、綺麗で。

この間を、10人のスターが通っていったんだ。

夢のような時間でした。

ビバ!タニオcar!◆宙組パレード

誰だあんなデコ車用意したの・・・っ(笑)!
スワロフスキーデコ車っ!
DSCN1356.jpg

と、入りでも大騒ぎ、パレードでも凄い歓声が巻き起こったタニ車。

あんなの観たことないってば!

どうやったらあんなになるのか?・・・と話題になってましたが、
メルセデスベンツらすぃよ!
limited edition Mercedes-Benz SL550
KAZUさん、旦那さんに教えてあげてっ!(私信)


いや更なる電飾も凄かったけどね・・・っ!
おいら5連続トップスタームラパレード観てきたけど、
間違いなくいダントツの伝説車になりそうだった(笑)
写真で観るより実際に目にする衝撃が凄かったデス・・・!

油断してたね俺。

おいら、サヨナラショーがどツボ過ぎてダダ泣きっした。
ファンタジスタはやばいって。

でもいちばんヤバかったのはタニオカさんの挨拶で。
それはいつものタニちゃんではなくて。
強く踏みしめる様な、吐き出すような心の吐露が脳を直撃する。
目から水がボタボタ落ちてきて、タオル用意してねーよー。まいった。

なのに、アンコールを重ねるにつれて段々オカシクなっていく(いや、アレでいいのか)タニオカさんがおかしすぎて泣き笑いさ。

いろいろありましたが◆宙楽

ここのとこ予定こなすだけでいっぱいいっぱい・・・

ノリコ嬢にオグリ感想要請されてますがすいませんもちょっとかかります。なんせ今日宙見送ったら明日は地元高知に出発なもんで・・・!
ちょこっと下の方は全ツで記事埋めてます。

ほんとは宙楽パレードさえも行けない予定だったのですが、週末にあれよあれよと不思議な巡り会わせで来ることが出来ました・・・。
お世話になった方々ありがとうございます。

ゆうさんたちはもう高知入りしてるんだろうなあ・・・

大変な時期だけど、東も西も四国もバウもみんなが無事公演を全うされますように・・・!

王子様だ!◆宙楽入り

とむみちこうめともちん七十が従者帽子被ってでてきた!

王子、ド派手に登場。
王冠とマントを着て、かわいい馬の車に乗せられて、金色の光をふりまきながら歩いてたよ。
舞台ぢゃないのになんの違和感もない。

バナナの歌詞を交えた(笑)パラプリ、愛している、アムールの歌で迎えられて、ジャスティンの「死ぬまですきだよ!」で華やかに応える。

泣・・・。近頃イベントに弱いよ俺・・・。

春なのに、お別れですか?さびしいです。◆宙楽入り

まちゃみアスちゃんリサちゃんゆきさん入られました。

みんなかわいいなぁ・・・

スカステ準備もおk。
マスク姿のひとも多い。無事に、今日が終わりますように・・・

王子様を待ってる。◆宙楽入り

昨日の雨が嘘のように晴れ上がった青空。
澄んだ空気。
鮮やかな新緑が光る木々。
吹き抜ける爽やかな風。

白い白い花のみち。

お姫様が白いワンピースで入られました。

ひかるの君は白いスーツでした。

コルドバの舞台写真がエラいことになっているらしい

明日の宙楽に向け、休日出勤で仕事してるニケさんです。
先週からありえないくらい発注入っててテンパってブログ放置状態ですいません。あと、コメントありがとうございます。遅くなりますが、お返事は必ずしますのでお待ち下さいませ。

さて。広島公演に行ってるきらりさんから、ブロマイド(会場先行発売らしい)がメールで送られてきたんだが、
まとあやがなんかすごい事になっていた・・・Σ(゚Д゚;≡
そしてうひたん、マタドール姿がテラウツクシス!

写メだけで今日一日がんがれるよ!
ご飯3杯イケルよ!(は?)
はやく写真観たいよー。

■やっぱりスペイン物はいい! 宝塚花組『哀しみのコルドバ』 (asahi.comエンタメ舞台ヅカ★ナビ!)
http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200905070066.html

オグってキタ━━(゚∀゚)━━ヨ

うまが、ウマがぁ
迫ってくるよぉぉお(゚д゚)!

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。