スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ◆ア ビヤント

思いついたものからちょこちょこ書いてるので、今後順番通りな感想にはなりませんが(笑)


■序

藤井先生、考えてるなあ。


舞台上には古ぼけたカーテンで覆われた、レビュー劇場。

客席は明るいまま、オルゴールのような音の、奇妙な音楽が流れ始める。
そしていつもは公演が始まったら閉まる筈の、客席の左右の扉がなぜか、開いたまま。

1階後方で立ち見で観ながら、どうしたんだろう、客席登場でもするのかな?と思っていたら、
曲調が変化したとたんに、蛍嬢たちが一斉に扉を閉め、劇場内の灯が落ち―トウコさんの開演アナウンスが始まった。

そう、「ア・ビヤント」のテーマは「劇場」。
そしてこの宝塚大劇場そのものが、「ア・ビヤント」の舞台―そういう演出だったんだ。

たまにハコそのものを舞台にみたてる演出があるけれど、劇場で観てこその面白さがあって、素敵だなあと思う。

古ぼけたレビュー小屋に、妖精に現れて、劇場が蘇る、というストーリー。

現れた妖精モントル@礼音さんが、「イーハトーヴ・夢」のザネリがまんま大きくなったよーな感じだったので、幕の後ろに現れたみんなも白いアタマのレビュー星人に違いないと一瞬思ったオイラでしたが、別に白いウィッグではなかった(笑)

カゲソロは音花ゆりちゃん。

■オープニング

で、一気に華やかなオープニングに移るんだけど、ここの振り付けがめっちゃ可愛いの!
マネしたくなっちゃうくらい、可愛いのよー。特に満面の笑顔で踊ってるしいちゃんがもう強烈にキュートでねぇ。
さながらディズニーランドのミッキーマウスのようでした(どういうたとえだ)。

そんなにガシガシ踊ってるわけじゃないのに、心をわしづかみにされる振り付けは、さすが羽山先生だなーと思います。

いやー星組なのに、ギラギラしてない!とちょっと意表をつかれたOPでした。

ま、その後はたっぷりギラギラしてたけど(笑)
スポンサーサイト

動く真飛に目が離せないオレ。

近頃は解約した方がいいんじゃないかと思うくらいスカイ・ステージ観てないんですが(観劇の方が多すぎて編集する暇がないという)、一昨日、ノリコ嬢たちとパーティしながら久々にニュースを観てて、発見したこと。

花楽の挨拶で、アンコールの時に理世ちゃんに挨拶をうながした真飛サン

「ゆうさんのひきいる花組で卒業させていただけて、ほんとうに幸せです、ありがとうございました」と、涙しながらお礼をした理世ちゃんの隣で、全開の笑顔でバシバシと拍手をするまとびさんを観て、
なんかオモチャっぽくてかわいくね!?と話題に。

ホラ、こーいうの!!↓
tk003800_t00.jpg

ファンの方すんません(笑)
たぶん衣装で肩動かせないんだろうなあ。めちゃんこ笑顔で腕から先だけ一心不乱にバシバシやってるところがオモチャっぽくてかーいぃんだってばっ(笑)
うん。いつだってカッコつけられずにいっしょうけんめいなの。

スカステをご覧の方は、ぜひぜひ注目してくださいまし。

あー・・・今日でお稽古終だそうです。3日間なんてほんと短いよね。
じゃあね、東京でね♪だって。
うん・・・東京でね(笑)

ニケさん3月、楽周辺に遠征してるらしいですよ(え)
今月はムリだが、3月はなけなしの金ハタイテいってきます・・・。

東のおともだち4649♪

今後の演出家雑想

イケコ・ケイコ・イケコ・ケイコ。
77期トップの退団作品を並べてみる。

いや、ただそれだけなんだけど。
座付きとしての退団職人の技能は大切だよなあと思う今日この頃。
ただ81期トップにパラプリと太王四神記がラインアップされたとき、正直ビビッてました(笑)

先週きらりさんと、大劇の芝居作家はあと誰がいるっけ?という話になった。

どうも近頃は、小池・景子・藤井・正塚で回ってるような気がしてならないんですが、
重鎮がまだまだ揃ってますもの、そんな甘くはないですね。
年10作品になると、再演も2回登板もあるんだろなーとは予想してる。
既に小池先生が2回きてるし。

景子先生大介君は続いたからなさそうだねえ。
谷先生ハリーも今度あるし。
デビューしてないのは小柳先生鈴木圭先生稲葉君かー。
この3人はまだ小劇場やってそうだなあ。
太王四神記新公の人にもバウデビューしてほしいな。
あ、石田先生はショーだけだもんなあ。芝居ありそうだなあ。
オギーは・・・いないし(泣)

っていろいろ消去法やってたら、名前もいいたくない某演出家の作品がでてきそうでホントやだー。

私としては、某お友達には激しく拒否られそうなんですが、
キムシン&サイトーで観たいんだけどなあ花組(笑)
雨宮&緑川婦人、カシウスのビジュアルを激しく推奨するおいらとしては!サイトー君も確実にビジュアルは美しいし曲も振り付けも覚えられそうなんだもんー。アニメ声な姫も多いしさぁ。
あ、もちろん通常作品ね。サヨナラはやだなー(我侭過ぎ)

そしてこだまっちはショー作家になればいいのにと常々思う。
柴田作品を中村演出ってのもあったな。大劇はバレンシア以来やってないよね。(なんで中村氏なんだろうほんとに)
ショーは岡田先生久々だし、澄夫ちゃんとか中村ABとか草野氏とかわりと回せそうな人がいるけど。

芝居オブ草野/酒井とかは頼むからやめてね。先生好きだけどね。

さて去年のように怒涛の海外ミュー攻勢なのか?はたまたベルばら祭りなのか?オリジナルが続くと不安になる馬鹿なオレ。


ローテ変わったせいで、スケジュールが頭に入ってないんだけど。

今のところ発表になってるのは、7月5日までの宙東宝、7月20日までの花ミーマイまで。

後半の、以下の12作品がいまだ発表になっていない。と思うと、ほんとに作品数増えたなーと。

■大劇場:星、雪、花、月、宙
■博多座:宙
■全国ツアー:星(10月)、雪(11月)
■バウ/ACT:宙
■DC/青年館:星
■バウ/青年館:雪(12月)
■DC:花(12月~1月)


雪星はほんと大変で、東宝の2ヶ月後には次の大劇なもんで、忙しいなあ。まあ、組替えを考えると全ツは礼音さんDCはテルだろうし、雪もチギバウがくるかな?という感じはする。

予想ができるのはこのへんまでで、あとはもー誰がどうなるのかさっぱりなここ最近。・・・なかなか辛いものがあるな。

そんなとりとめもない雑想。

ファンタスティックな方たち◆アビヤント

恐れ多くも天下のトップスターにカゲソロをやらせてるのか!?

と、一瞬恐慌に陥ったくらい、とうこさんの歌にソックリです、水輝涼くん。

「ポタージュ」という場面の、ダンサー礼音さんが、鏡の中の妖怪?に襲われる場面で、1曲まるごとカゲソロやってるんだけど、カッコイイの。アパショのマギーみたいな感じで。
「ジェラスィっ♪アモゥルっ♪」とハードロックな歌声が色っぽくて素敵すぎー。

ヘイズ・コードのDCの時、とうこさん代役歌やってた子だそうな。通りで似てるはずだー。

あとこの場面は礼音を襲うあかし様がめちゃエロかっこよくってね!
振り付けは平澤先生です。んーたまらん。

モントル@礼音恋をしたオンブル@あかしらしいデスよっ!

礼音&あかしの並びってなんかガチホモっぽくないですかー(え)
しかも最後には礼音が鏡の世界に捕り込まれるんだからねっ。
礼音は、見た目ライオンのよーな攻属性のくせして、中身はウサギちゃんな受属性なので、そのギャップが凄く好きデス。(ギャップジェンヌ好き♪)基本的に温度が高いヒトなので、パワーは劣っててもクールな刃のような人間が並ぶとコントラストがはっきりしていいね。

ちなみに、怖い声で「ファンタスティック」云ってるのは乙女心がピンクに染まるキトリちゃん(違)らしい。


ま、藤井先生は時々耽美の人選が間違ってるよーな時もあるけどさ(笑)
トウ×チエデュエットはところどことろ振り付けが耽美なので、どうとらえようと考え中。

歌といえば、美穂姐さんがショーでがっつり歌うのも久々。もしかしてミロワール以来?さすがですねえ・・・「ラ・ボエーム」かっこよすぎるわっ。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。