スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間スケジュール

ラインアップの残りかと思いきや、とりあえず日程はどどんと出ました。
文章より表の方がわかりやすいやね。

◆2009年間スケジュール
http://kageki.hankyu.co.jp/pdf/0.347774001222135779_2009.pdf

10公演化で、色々と日程に変化が。

花・星・雪は再び全ツ。またしても御大三部作とかならないように祈りますw

は来年の大劇、間がとんでもなく空いてるからなあ・・・なかなか寂しい限りですが、なんといっても梅芸公演があるので関西在住としてはラッキー。

■博多座は。博多座といえばタニちゃん。4月の初舞台公演をもってくのかなあ。

■ほんとに日生公演はなくなったのねー。KEANしか行ってないけど、雰囲気のある劇場でした。

■大劇スケジュールは6月から出てたけど、星・雪の1公演目・2公演目の間が2ヶ月しかないっていうのは、色々憶測を呼ぶなあ・・・。

のバウ公演と、DC&人見記念講堂も気になるなあ。コンサートかな。

■キムちゃん、らんとむ、ということで来年は2・3番手バウ公演なのねー。

花年末DC、年越しちゃってるYO!


というわけで、1年以上も先で毎年鬼に笑われまくりな気がしますが、きっと各組の顔ぶれも代わっていたりするんだろうなあ。去年の今頃は、ゆうひさんが花に居るなんて考えもしなかったけども、見慣れるもんだな。今年は男1の退団がなかったので、ってまだ終わってませんが!
スポンサーサイト

意義あり(笑)!?◆逆転裁判

ゲームやるならネオロマだと思ってたんだけどなー(笑)

やったことはない・・・が、一応オタクのはしくれなので知ってはいる。
鈴木圭なのは意外ですが・・・某ヨシマサがやると大変なことになりそうだしな。

オイラ史上いちばんゲーオタだったのは約10年前で、ファミ通だのVジャンプだの電撃だの、ありとあらゆるゲーム雑誌を読み漁っていたもんだが、アレに蘭寿とむの名前が刻まれるのかと思うとなんだかもう(笑)


2008/09/23

2009年 宝塚歌劇公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】<2~3月・宙組>
9月23日(火)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール、東京特別公演<2~3月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)蘭寿 とむ

◆宝塚バウホール:2009年2月5日(木)~2月15日(日)
<一般前売開始:2008年12月20日(土)>
<座席料金:全席6,000円(税込)>

◆東京特別(日本青年館大ホール):2009年2月24日(火)~3月2日(月)
<一般前売開始:2009年1月25日(日)>
<座席料金:S席7,500円、A席5,000円(税込)>

バウ・ロマン
『逆転裁判』-蘇る真実-
原作・監修・制作協力/株式会社カプコン
脚本・演出/鈴木圭


300万本の売り上げを誇り、女性にも人気のゲームソフト「逆転裁判」を題材にした話題作で、アメリカを舞台に熱血弁護士が難事件を解決していく物語。宝塚歌劇では、弁護士としての活躍を描くと共に、ラブ・ロマンスの要素も織り込み、舞台化。ゲームソフトで使用される楽曲と宝塚版ミュージカルとのコラボレーションも見どころです。

荻田浩一退団によせて

土日にぼけっとしてる間に、確定情報が出たみたいですね。
噂はきいてたから、先週は、これが最後かなと思ってソロモンを観てたよ。
いろいろ考えてるうちに、自分的には受け入れられたというか。
いまさら騒ぐこともないんだけれど・・・いつもどおり御託を並べたいと思います。

去年から、「蜘蛛女のキス」「A-"R"ex」「WILDe・BEAUTY」を観てきた上で思うことは、この人はやはり自分の魂の表現者を必要としているんだなということ。
そしてそれは「宝塚」とは必ずしも一致するものではないということ。

これは憶測にすぎないが、
今の宝塚には、彼の表現体たるスターが、少なくなったのかも、しれない。
朝海ひかる、矢代鴻が去り、安蘭けいの退団も、そう遠いものではないだろう。
(私が思うに、彼の主役たる人というのは、根強いしたたかさと、どこかが壊れた危うさをもっていると思う。たとえば音月桂は、闇の部分を体現する場面では驚異的なハマり方をするが、未だ「弱さ・危うさ」は持ち合わせていないように思う。あくまで私観だが。)

私は「A-"R"ex」に相当ハマったが、同時に「宝塚ファンたる自分」はアレを肯定はできなかったし、あの時のファン達の評価の分かれようといったらなかった。
つまりは、タカラヅカという眼鏡で見ようとしたからそうなったのであって、そうでなければ普通に良作だと思う(個人的にツボったので傑作だと思ってるけど・笑)。

彼の作品が評価される点としては、「適材適所」という面が大きい。
歌手でない人に歌わせて、評価を下げたりしない。例え主役であっても(笑)
その適材適所さが、スター・システムと噛み合わない時はままある・・・というか、
荻田作品、として観た場合に、創作のリビドーの中心地がハッキリしすぎているために、段々そこが浮き立ってきてしまう。

良くも悪くも私自身は卑小な人間でしかないし、だからこそ彼の舞台の繊細さに憧憬を抱くのだが、宝塚において荻田浩一の舞台ほど、そこに立つ役者を選んでしまう舞台はない。

だから、正直いって贔屓の主演舞台で、荻田演出は観たいとは思えなかった。
3回もショーに出演し、縁がありすぎたからこそわかる。きっと主軸にはなりえないだろうと(苦笑)
「彼」は「あちら側」へは行けないんだ。
「こちら側」で、マトモな感覚で、普通の役をやってるときが一番映える役者なんだ。ついでに言うと2・5枚目が似合うんだ(笑)

私は「あちら側」に行ける役者を最も愛しているけれども、
恋する男役は、「こちら側」の人なんだな、なぜか。

荻田浩一の、孤独と絶望と哀しさと美しさにあふれた舞台には心底魅了されるし、絶望の深遠を眺めるのは好きだけれど、そこへ堕ちてゆきたいとは思わない・・・いまは。

ああ何が言いたいのかわからなくなってきた。
「あちらとこちら」はあくまで私の勝手な解釈なのですが、芸術に相対する自分のスタンスと密接な関わりがあるので、いつかちゃんと論理立てて書けたらいいなと思います。今のままじゃ自分以外は訳わからん(笑)

いつまでもダラダラ書いてても収集つかないのでこのあたりにしておきます。

荻田浩一がいなくても、宝塚への愛は全くかわりがないけれど、
宝塚における荻田浩一は、どの作品も宝石のような魔力をもっていました。
宝塚をやめたことで、どのように演出が変化していくのか・・・楽しみでもあり、怖くもあります。

仲秋ですって。

ご無沙汰しております。
生きてます。

今から梅田でオサコンです。
阪急にのったら久々にヅカ車両でした。しかも二両。
ときめきパラプリ。

カレンダーラインアップ発表


2008/09/08

2009年宝塚カレンダーの発売について(追)
2009年版各種宝塚カレンダー(発行:株式会社阪急コミュニケーションズ)の詳細を改めてご案内申し上げます。 

1.宝塚スターカレンダー
■発売日 10月10日(金)
■規格  B2判/14枚(表紙とも)
■定価  1,500円(税込)
■掲載メンバー(計16名) ※今回初登場者
 ※最終ページは主演男役6名が登場する年間カレンダーとなります。

表紙 音月桂(雪組)※、桜乃彩音(花組)

1月 大空祐飛(花組)
2月 安蘭けい(星組)
3月 轟悠(専科)
4月 白羽ゆり(雪組)、遠野あすか(星組)、陽月華(宙組)
5月 霧矢大夢(月組)
6月 大和悠河(宙組)
7月 柚希礼音(星組)
8月 彩吹真央(雪組)
9月 真飛聖(花組)
10月 水夏希(雪組)
11月 瀬奈じゅん(月組)
12月 蘭寿とむ(宙組)


2.宝塚卓上カレンダー
■発売日 10月10日(金)
■規格  B6判/13枚(表紙とも、両面仕様、A面:縦置き/B面:横置き)
■定価  700円(税込)
■掲載メンバー(計26名) 

表紙 凰稀かなめ(雪組)
2008年12月 七帆ひかる(宙組)

A面                 B面
1月 霧矢大夢(月組)      壮一帆(花組)
2月 大和悠河(宙組)      涼紫央(星組)
3月 大空祐飛(花組)      遼河はるひ(月組)
4月 安蘭けい(星組)      真野すがた(花組)
5月 彩吹真央(雪組)      北翔海莉(宙組)
6月 蘭寿とむ(宙組)      青樹泉(月組)
7月 瀬奈じゅん(月組)     未涼亜希(花組)
8月 水夏希(雪組)        悠未ひろ(宙組)
9月 柚希礼音(星組)      愛音羽麗(花組)
10月 轟悠(専科)        立樹遥(星組)
11月 真飛聖(花組)       華形ひかる(花組)
12月 音月桂(雪組)       桐生園加(月組)


3.宝塚ステージカレンダー
■発売日 11月7日(金)
■規格  A2判/13枚(表紙とも、リング式・両面仕様)
■定価  1,500円(税込)
■掲載メンバー(計25名) ※今回初登場者

A面                B面
表紙 凰稀かなめ(雪組)    七帆ひかる(宙組)※
1月 大和悠河(宙組)      白羽ゆり(雪組)
2月 桜乃彩音(花組)      遼河はるひ(月組)
3月 音月桂(雪組)        安蘭けい(星組)
4月 遠野あすか(星組)     轟悠(専科)
5月 水夏希(雪組)        陽月華(宙組)
6月 北翔海莉(宙組)      霧矢大夢(月組)
7月 立樹遥(星組)        真飛聖(花組)
8月 柚希礼音(星組)      大空祐飛(花組)
9月 壮一帆(花組)        涼紫央(星組)
10月 轟悠(専科)         彩吹真央(雪組)
11月 愛音羽麗(花組)      蘭寿とむ(宙組)
12月 瀬奈じゅん(月組)     悠未ひろ(宙組)


4.宝塚パーソナルカレンダー(全12種類
■発売日 11月21日(金)
■規格  B4判/8枚(表紙・付録とも)
■定価  700円(税込)
■発売メンバー  ※今回初登場者

(専科)轟悠
(花組)真飛聖・大空祐飛
(月組)瀬奈じゅん・霧矢大夢
(雪組)水夏希・彩吹真央・音月桂※
(星組)安蘭けい・柚希礼音
(宙組)大和悠河・蘭寿とむ

カレンダー掲載月に関するジンクスってのは、まあ、あるんだろうね。

カラマーゾフ!

カラマーゾフの先行画像がでた~!
ちょっとね、びっくりするくらいカッコイイね、水さん。
微妙に去年のDC「A-"R"ex」を思い出しそうなハードテイスト。

で、となみちゃんがまた美しいんだわ。
アップにした大人っぽい髪型で、白いドレスが華やか。

サイトー君のビジュアルの萌えポインツはわかりやすくてよい(笑)

しかし原作読むべきかどうかをちょっと迷ってる・・・興味はあるんだけど長いし。
光文社薪訳版おもしろそうなんだけど5冊もある。

でもって、読んでたら「ふざけんなサイトー!」にならないとも限らない(笑)
いや、これでもファンなんだが。
11月にある、大阪市中央公会堂 開館90周年記念事業 ファンタスティック・トークショー『カラマーゾフの兄弟』の誘いをもらって行くことにしたぐらいは(笑)

ファンタスティックトークとかいう名称に、おまいは藤井先生か!とつっこみつつ、ファンタスティックな齋藤&雪組トークにわくわく。

それでも好きだけど。◆マリポーサの花

6日、久々の雪組観劇なので、登場人物が覚えられなくてさっぱりだった部分のリベンジをしたいと思う。その前に、初見の感想を。

今回の雪は、なんというか・・・
That'sいちげんさんお断り公演である。
公演形態も、内容も、夏休みの親子連れなんてアウトオブ眼中だ。


私は、正塚芝居は好きだ。
私がヅカを観始めてからは、ライトタッチの作品が多かったから(よかったけどね)
彼のがっつりハードボイルド作品が観られて、嬉しい。
・・・しかしできれば中劇場で観たかった。

ハリーはマトモに筋の通った脚本書ける人だと思うけど、彼の芝居は中劇場でこそ本領発揮できるというもので。オギーもだが。

延々えんえん、舞台上には数人が喋るだけのストレート・プレイ
また、設定が複雑ですんなり頭に入ってこないために、舞台上で何が進行しているのか把握できないまま。あれだけ組子が居るのに、このまま終わりまでつき進むのかと観ながらハリーに対して怒りがふつふつ沸いて、公演中に時計を観てしまったくらいだ。

それが、後半でドカンとひっくり返った。
途中から演出が小池修一郎になったのかと(笑)
圧倒的なコーラスとダンスと打ち込みの音楽
ああコレ革命ものだったんだ・・・ミリタリーは嫌いじゃないので、久しく観なかったハードなかっこよさにしびれましたです、ええ。

確かにココは大劇でしかできないスケールの演出だけどもさ、
前半後半の印象がここまで変化した公演もない。
一番印象が近いのは、宙の「白昼の稲妻」かな。
バランス悪いだろーよハリー・・・(笑)

と、まあ、初心者には優しくない「構成」だと思う。
ただ大劇作品の構成としてどうか、というだけで、
正塚作品のセオリーが好きな人にはどっぷりハマれる作品であることには間違いなと、思う。

銀ちゃん退団者

全ツはなかったけど、DCがあったか・・・
おいら下級生あまり知らなくて、わかるのは白鳥かすが君ぐらいだけど
集合日退団も多い昨今、小さい公演でも役もらってやるほうが、やりがいがあるのかもなあ。
最後までよい舞台をつとめられますように。


2008/09/04

花組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(花組)
白鳥かすが
雫花ちな
初輝よしや

     2008年10月27日(花組 東京特別公演千秋楽)付で退団

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。