スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月組組長の異動について

2008/02/29
月組組長の異動について
月組 次期組長及び副組長が決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

越乃 リュウ・・・月組組長に(2008年7月7日付)
花瀬 みずか・・・月組副組長に(2008年7月7日付)
※尚、月組組長 出雲 綾は、東京宝塚劇場公演千秋楽7月6日付で退団致します。


…な、なんとも若い管理職さん。
リュウ様って、しいちゃんや水さんと同期だよねえ?
しかも花瀬みずかさんといえばつい最近タニちゃん特集のLOCK ONに出演してた同期サンで。

ユウヒさんが異動し、タキさんまちお先輩かなみんが退団、とくれば順番なのだろうが、なんかものすごく若い組になった印象だなあ~。
スポンサーサイト

陽月 華の休演について

2008/02/29
東京宝塚劇場 宙組公演における主演娘役 陽月 華の休演について
宙組主演娘役の陽月 華は、宝塚大劇場 宙組公演『黎明の風-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-』『Passion 愛の旅』を休演させて頂き、入院治療に努めておりますが、引続き治療に専念するために東京宝塚劇場での宙組公演(2008年4月4日<金>~5月18日<日>)についても休演させていただくことになりました。
皆様方には誠に恐縮ではございますが、事情ご賢察の上、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
なお、復帰時期につきましては回復状況を見ながら改めてご案内させていただきます。また、公演はただいま上演しております宝塚大劇場宙組公演と同じ代役の出演者により行います。

何をどう書けばいいのかわからないけれど…
遅ればせながら…週末、ようやっと大劇に行くことができます。
怪我が怪我だし、たぶんお休みになるだろうとは思っていたが。
回復状況がどれほどなのか、ここでやきもきしてもどうしようもない。
舞台に立つウメちゃんが大好きだからこそ、穏やかに待ちたいと思う。

2008年ラインアップ DC/東京特別 

2008/02/29
2008年宝塚歌劇公演ラインアップについて【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、東京特別公演】<10月・花組>

花組
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:10月3日(金)~10月15日(水)
<一般前売開始:2008年8月2日(土)>
◆東京特別公演(日本青年館):10月20日(月)~10月27日(月)
<一般前売開始:2008年9月14日(日)>
※日本青年館での公演期間が、当初発表の予定より変更となりました。

『銀ちゃんの恋』
-つかこうへい作「蒲田行進曲」より- 
原作/つかこうへい
潤色・演出/石田昌也


1982年に「直木賞」、1983年には大ヒットした映画版で「日本アカデミー最優秀脚本賞」を受賞した、つかこうへい作「蒲田行進曲」を原作に、1996年、久世星佳、風花舞、汐風幸ら月組により、宝塚バージョンとして上演。宝塚歌劇としては異色の題材ながら、大好評を博した作品。自己中心的な性格の俳優銀ちゃんが、恋人の小夏に赤ちゃんができたために、子分の大部屋俳優ヤスと小夏をむりやり結婚させようとすることから起こる、破天荒でありながら、人情味溢れる物語です。

■主な出演者・・・(花組)大空 祐飛

2008年ラインアップ 大劇場

2008/02/29
2008年公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
<9~12月・宙組、12月~2009年1~2月(予定)・月組>


宙組
◆宝塚大劇場:2008年9月26日(金)~11月3日(月)
<一般前売 2008年8月23日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年11月21日(金)~12月27日(土)
<一般前売 2008年10月19日(日)>
※東京宝塚劇場での公演期間が、当初発表の予定より変更となりました。

Musical entertainment
『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』
作・演出/植田景子


アメリカ西海岸、ロサンジェルス近郊の街を舞台に、少年の頃に描いたキャラクター「Paradise Prince」に自らの夢を託し、アニメーションピクチャーの世界でのトップを目指して前向きに生きる主人公の姿を描いたオリジナルミュージカル。大人になることのほろ苦さ、自分の才能への不信、現実と夢とのギャップに押し潰されそうになりながらも、熱い思いで夢の扉を開いていく現代の若者のサクセスストーリー。


グランド・レビュー
『ダンシング・フォー・ユー』
作・演出/中村一徳


舞台にかける情熱、思い、愛、夢など、心、身体に溢れる熱きエネルギーをダンスナンバーに託しておくるダンシング・ショー。パリやアメリカを舞台にしたオーソドックスな宝塚レビューのスタイルの中に、都会的でショー感覚を散りばめたエネルギッシュな群舞を繰り広げます。

■主な出演者・・・(宙組)大和 悠河


月組
◆宝塚大劇場:2008年11月7日(金)~12月11日(木)
<一般前売開始:2008年10月4日(土)>
◆東京宝塚劇場:2009年予定
<一般前売開始:未定>

源氏物語千年紀頌
『夢の浮橋』(仮題)
脚本・演出/大野拓史


源氏物語千年紀年の年末公演にあたり、源氏物語の最終章「宇治十帖」を取り上げ舞台化します。宮中を華やかに彩る貴公子・匂宮、匂宮と兄弟のように育った薫、そして二人の貴公子から想いを寄せられることになる浮舟。三人を巡る切ない恋を、宝塚歌劇らしい華やぎと爽やかさの中に描き出した作品です。大野拓史の大劇場デビュー作となります。


ファナティック・ショー
『Apasionado!!(アパショナード)』
作・演出/藤井大介


“Apasionado”はスペイン語で「熱い」「情熱の男」という意味。「熱」をテーマに、熱いリズム、熱い血潮、燃え上がる恋、嫉妬の炎、命を賭けた情熱など、様々な「熱」の形を具現化した、情熱的でエネルギーに満ちたダンシング・レビュー。パッショネイトな真紅の炎、強いエネルギー、そして時にはクールさの中の青い炎を感じさせる、ショースター瀬奈じゅんの魅力を十二分に見せる、大人の雰囲気のショー作品です。

■主な出演者・・・(月組)瀬奈 じゅん

凍てついた明日・出演者決定

2008/02/28
雪組 宝塚バウホール公演『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』出演者 決定
未来 優希 涼花 リサ 凰稀 かなめ 緒月 遠麻 沙央 くらま 早花 まこ 大月 さゆ 花夏 ゆりん 香音 有希 香綾 しずる 千風 カレン 悠月 れな 梓 晴輝 朝風 れい 愛原 実花 寿々音 綾 凰華 れの 透真 かずき 冴輝 ちはや 詩風 翠 白渚 すず 雛月 乙葉 透水 さらさ 凛城 きら 桃花 ひな 真那 春人 彩風 咲奈 舞羽 美海
専科:京 三紗 五峰 亜季

ハマリンコ大先生キタきたー!!

ハマコ氏以外の初演メンバーは、専科のおふたりですが・・・クライド母と姉をそれぞれやっていらっしゃいましたが、シビさんのボニー母がなあ・・・どうなるか。
この話、母とか姉とか嫁とか、女家族が結構出てくるので、ハマコ先生は女役をやる可能性もあると思うんですけどね。
シビさんの位置に入るか!?オギー的にはBlues Requiemをハマコ氏に歌わせたいと思うのだが。
圭子ねーさんが入らないのは残念だ。まあそこまで揃えちゃったらWSぢゃないしな(笑)

えっと、初演の配役を。

クライド・バロウ:香寿たつき  … ギャング
ボニー・パーカー:月影瞳  … ウェイトレス
ジェレミー・メスヴィン:安蘭けい  … クライドの弟分
レイモンド・ハミルトン:汐美真帆  … クライドの刑務所仲間
アニス・フラナガン:貴咲美里  … クライドのかつての恋人
エンマ・パーカー:矢代鴻  … ボニーの母
カミー・バロウ:京三紗  … クライドの母
ネル・コーワン:五峰亜季  … クライドの姉
デッド・ヒントン:楓沙樹  … クライドの幼なじみ、刑事
メアリー・オーディア:森央かずみ  … レイモンドの恋人
ジョーンズ:未来優希  … ガソリンスタンドで働く少年
ビリー・メイスン:紺野まひる  … ジェレミ―のガールフレンド
ロイ・ソーントン:天希かおり  … ボニーの別れた夫
バック・バロウ:風早優  … クライドの兄
シュミット:風早優  … 保安官
フランク:風早優  … 特別捜査官
ブランチ:美穂圭子  … バックの妻

前にも書いたが、かなめ君との対比を出すなら、緒月氏はクライド兄で観たい!
そしてジェレミー役も重要ではあるが、クライドの弟分ということだと、コマちゃんは大人すぎるかもな。
香綾しずる氏か、オイラ的急上昇中の梓晴輝あたりで観てみたいっす。

ところでボニーを役代わりするのなら
貴咲美里さんがやった、クライドの元恋人あたりになるのかなーと。
それとももっと役に差をつけて、ジェレミーのガールフレンドか。

ケロさんのやったレイモンド&恋人のコンビもいるしなあ・・・。

まあ、それぞれの役の比重はオギーがWS仕様に変更しそうなので、
そのまま当てはめることもできないんですが、
とりあえずテルキタが楽しみだわさ。

衝撃のまつださん。◆@中日

千秋楽の出待ち。
中日の出待ちは劇場1階のロビーなので、寒くなくてラクなんだよね。

で、花組さんが次々と出ていらっしゃるワケですよ。
場所もかなーり近くて、ホクホクしながら待っていたんですけれどね。

ある方が出ていらっしゃって、こちらへ颯爽と歩いてきたものの、サングラスで、しかもファンの方は反対側に居たので最初は後姿しか見えず。
でも、スタイルが綺麗で服装がとってもオシャレだったんで(茶系の重ね着)、どの男役さんだろう、と思っていたら。

未涼亜希サンでございました。

いやー…あまりにイメージと違ってたのでびっくりしちゃったよ。
どちらかというと、CSでもこざっぱりした男っぽいスタイルという印象だったので、
ま、まっつ…!!???と目を疑ってしまい(笑)

あー。
よく考えたら、花組の出をマトモに観るのって、ほとんど無いに等しい。
普段から入り出待ちしないし…ちゃんと観たのは(ムラも東宝も)オサさん千秋楽だったんで…退団者しか見てない(笑)

いやしかし…マツダさんが華やかでちょっとびっくりした話(失礼)。
うん、ナマで観るジェンヌはほんっとに皆キレイだわ。
女性としては、やっぱり憧れますね~。

というわけで、ダイエットとパックにいそしんでいる今日この頃(笑)

ぷちダウン~

風邪ひいたわけじゃないんだけど、
どうも疲れがどっときたらしい(笑)
ブログ巡りをする元気もない~。

もうちょっと充電してきます。

夢で逢えたら。

中日遠征から戻ってきて。

めったに宝塚の夢は見ないんだが、
春野サンの夢をみた。

舞台設定はヅカじゃなかったと思う。たぶん大学とかそんなかんじ。

引退した(ナニからかはわからん)はずの春野サンが、
無理やり現役に引き戻されてて、
それに怒った私が、上層部に怒鳴り込んでいた。

しかもそのおエライさんの顔は、公一氏と植田御大を足して2で割ったような人で。
・・・いや別に個人的恨みがあるわけじゃないけど(笑)

まーなんかその件は解決したらしいんだが、
なんだかぼーっとした表情の春野サン
「トップになってから1日も休みがなくて、
毎日シルクのシャツばっかり着てたから、綿のシャツが着たい」

と、ボソっとつぶやいていた。
庶民になりたいんだなー、と私は納得していた。


という夢をみた。
まー、シルク云々っていうのは、
オイラの勤め先がシルクシャツを扱ってるからだろうと思うんだけど(笑)

お元気かなあ。

Lady K !

かなみんのMSタイトルと出演者決定。
レディKなんてかっこよすぎ。
あさこさんのキラーKとか思い出しますね(笑)
2008/02/25

彩乃かなみミュージック・サロン
<タイトル> 「Singin' Lady K !」

<構成・演出> 三木章雄

<出演者> (月組)彩乃かなみ   
         (月組)桐生園加、宇月 颯、貴千 碧

中日楽☆

今公演、初出待ち。

みなさんの美しいお顔を拝見したので、今から帰ります。
あぁ~
ぼかぁ幸せだなぁ~(カヤマさんか)

みんなお疲れ様でした☆
素敵な千秋楽でしたよん。

残りのレポと色々感想はまた…(って言ってる間に別公演観ちゃうとまた後回しになってしまうのではやめに頑張ろう)

花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき。

中日楽前ということで…久々に、「花のいそぎ」(東京楽)を観てみた。

スーツや黒塗りも好きだが、日本モノも映えるなあと思う。
ゆうさんはどちらかというと日本人的なバランスだから、着物が似合うんだよねえ。
日本物といえば雪組といわれるが、
なにげに近年の星組も多いよね?

大野先生の美しい画面作りや、細やかな心情の描き方はとてもいい。
大劇場デビューはいつになるんでしょうね。
ただ、大劇にはちょっと地味めな作風かな?
濃さ的には齋藤氏と足して2で割ったらちょうどかもなんて思うんだが(笑)

キャラ的にはまとぶの<静>&れおんの<動>の対比が生きてるなあと。
更に云うなら、このふたりは友人関係なんだけれども、
ふたりの学年差と、キャラの温度差によって、孤独感が浮き出てるような気がする。

それは、絶望的な孤独というのではなく、
若いときに味わう「青春の孤独」とでも呼ぶべきものかもしれないね。

れおん君のような、力強い引力を持つ演技も好きだし、
ゆうさんのような、繊細な演技も好きだなぁ。

雪!!

どーしたんだこの2月はー。
昨晩、ちょこっとスーパーに出かけたら横殴りの雪にまみれてしまいました。
今年はよく降りますね。
ベランダにも雪が積もってます。
せっかくの休みも出かける気がしねぇ。

南国育ちにゃつらいとこだわ…桜の季節が待ち遠しいです。

えーと。
明日名古屋行くことになってるんだけどな(笑)
辿り着けるかなー…。

ゆうがさんにロックオン!◆LOCK ON スター徹底検証

スカイステージの「LOCK ON大和悠河」の初回放送でした。
別番組見てたので、ラストのリカさんのコメントしか観られなかったorz
また録画しなくっちゃ。

タニちゃん…ゲッソリ痩せてるよぅー。
あの可愛らしい頬ラインがますますシャープに(泣)

でもね。
改めてタニちゃんをじっくり観てると、
ほんとうに眼がキラキラしていて、周りがぱあっと華やぐんだよね。
彼女は、スターの光そのもの。
皆が長年の修練を経て作り上げる男役、というものとは全く別次元で、
本来的なスターの輝きをもってる人だと思う。

あんまりキラキラしてるので、
眼球に☆でも入ってるんじゃないかと時々(笑)

それで、突然タニ×まと(共演て意味ね)が観たくなって、
「雨に唄えば」「1914/愛」を引っ張り出してきました。

雨唄は、とうこちゃん、ウメちゃん、ゆうさん、タニちゃんと、大好きなキャストばかりで、観ていてとっても幸せになれる公演。

ゆうさんリナは最強(笑)なんですが、宙組版だとどうなるんだろうなあ、と色々想像は膨らみます。
らんとむ・みっちゃん・えりこちゃん・ちぎちゃんあたりが行けそうかな。ともちんは迫力ありすぎるからね(笑)
らんとむは女装の時のスタイルが結構いいんですよ。天使の季節やASIAN WINDSなんか、ギャグ扱いなのに普通に綺麗だったと思う。
リナ役は笑いの間が上手くて、イヤな女なのにそのおバカな感じがキュートなのを演じられる人がいいね。

そしてタニちゃんとの並びを考えると、コズモみっちゃんがぴったりだと思う。
コズモの大ナンバー「笑え!」はめちゃくちゃ体力要るよね。
息も切らさず動きまくって最後にはウィンクまでしちゃって(笑)
心底タニちゃん凄ー!と思った場面です。

「1914/愛」は、波乱の時代背景の中で生きる人々の、哀しみを含んだほんのりとした灯火のような明るさが、好きなお芝居です。
吉崎先生のファンキィな音楽も好きだし、何よりも遊園地みたいなあのイルミネーション背景がロマンティックで。

それから、芸術家が何人か登場するんだけど、彼らの持つ根底的な不安や惑い、それに起因する正反対の明るさ、など、その不安定さに惹かれるところがありますね。

で、この話、タニ×まとの関係が妙にホモくさいというかなんというか(笑)
別にそーいう設定ではないんだが、並んだふたりが色っぽくてなあ…。
谷先生ってば、男の友情好きそうだよね。
脚本は時々暴走してるけど、部分的な演出は好きなところも多いので、
アラビアも、対ゆうひさん・対壮さんとかの関係性がどうなるかなあと不安期待しております。

イベントでタニまとの並びが観てみたいなあ。
トークはボケっぱなしだろうけど(笑)

雨唄再演に合わせて、トップ4人の並びなんかも…。

ダイエット続報

なんとなくダイエット続けております。
中日公演とともに始め、3キロぐらいおちまシタ。
んが、時々食べすぎてしまうので、またリバウンドぎみ(゚Д゚;)
うわーん。

クール・スカイ(涼・空)をフライ(飛)。

イキナリですが、大空祐飛と涼紫央、時折異常に似てると思うことがある。
芸風はだいぶ違うんだけど、舞台化粧の造作とか。
ネオ・ダンディズムOPのすずみん、ちょっとアダルトなメイクにしてあったので、一瞬ゆうひさんに見えてビックリしたー。
普段は色っぽくて気だるいのがゆうひさん、どちらかというと爽やかなのがすずみん、という印象なんですけどね。

CSの「真飛聖・新たなる飛翔」は、新トップの舞台ヒストリーの特集番組なんだが、「王家に捧ぐ歌」のところでゆうさんすずみんが並んで歌ってるところを観てて、
ゆうひさんと花組で並んだらこんなカンジかなあ…なんてふと思って。ショー黒塗りだろうしさ。
まあくまでもビジュアルだけの話ですが。

そういえばユウ・ユウヒ(ややこしいー)で草野ショーといえば、
タカラヅカ絢爛がありましたねえ。
どうなるかね…。

麻咲梨乃◆堕天使の涙

堕天使のダンスには色々ツボが多いんだが、特に好きなのはオープニングと、「地獄の舞踏会」。

OPは、登場して銀端を渡って本舞台に戻ってからのハードダンスがもう背筋が凍りそうなほど好きで。
引き連れてる娘役ちゃん達もかっこよくて。

地獄の舞踏会は1度目ヤツ、
皆がせりあがりで「愛など~信じず~」というコーラスをバックに、
狂気のように踊る堕天使サマ、表情も凄いけどさ…千秋楽映像の「アッハッハッハ…」ていう雄叫びが凄かったぞ。トートの10倍くらい恐いッス。

で。プログラムを久々に開いてみて振付を調べてみたんですが、
麻咲梨乃さんという方。
今までノーマークだったんですが、アルバトロスやPRIMARY、
大劇でも「シークレット・ハンター」などかなりご活躍の方なんですね。

ヅカの振付家はほんと充実してるなあ~。
もちろん音楽も素晴らしいし。
演出家もがんがれ~。

おーきクライド◆凍てついた明日

かなめクライド先行イメージUP!
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/81/index.shtml

まと&かよ

昨日の朝は、真飛聖の声で目が覚めた。
いや、ちょうど目覚ましと被ってたんだけどさ(笑)

CSタカラヅカニュースの、スターに1問1答するコーナーに出ておりました。

あ~あ~…いつも思うけど、お肌綺麗だなあ…。
間近で観たときの艶々っぷりが忘れられません。

で、その一問一答のなかで
「じっくり話してみたい人は?」という問いに、
朝澄けいさん、とおっしゃっててね。

ああ、退団後も絆は続いてるんだなあ、と思って嬉しくなりました。

CSさん、スカイ・ステージ・トークのコンビが決まりだよ!!ぜひとも実現してほしいっす。

かよこさんといえばまたオギーの芝居に出演されるらしいですよー、ぽちさ~ん(呼びかけてみる・笑)
激しく行きたいけど、今年は財布がどう転ぶか予断が許さない状況で(苦笑)
ますますヅカビンボーが顕著になってきたこの頃。

雪雑想

帰宅したら、久世さん退団公演月組「グランド・ベル・フォリー」をやっていて、
チラっと観ていたら高嶺ふぶきさんによく似た人が出てきたのでびっくりしてしまいました。

えっユキさん月組にいたことあったっけ!?と思ってたら、特出だったらしい。
そうかー久世さんと同期なのかぁ。

それにしても、高嶺ふぶきはほんっと…美しい。
なんであんなに色気があるのかなあ。
しかも一歩間違えればエロオヤジ系の色気なんだよなあ(笑)

雪トップって、持ち味は違えど、私が知る限り、杜・一路・高嶺・轟・絵麻緒・朝海・水…と、皆どこかしらクールビューティというか、硬質・硬派なイメージが続いてるなあと思うんだが、どうだろうね。

まあ、水さんはクール顔だけど中身はホットなオトメンだけどさ(笑)

ただ主演のイメージも、もしかすると反対に組イメージに影響されてるかもしれないけど。

いまだに基本雪イメージなのが、たーたんさん。
これは観た作品のせいだと思うけども。

微々変化しながらも、組イメージって維持されていってるのかねえ…。

宝塚GRAPH 2008-3

本日届きました。
powerd by 楽市360


表紙:真飛聖。

ンヶ月ぶりの白表紙キター!
スバラシ・゚・/。

いっすよー。表紙ポート。買いです。
去年のグラフはちょいビミョンだったが、
男前にとってもらってるねえ。

今号は特に見ごたえたっぷりですよ。

タニウメのコンビポートがもー!本気妖精だから(なんだそりゃ)
改めて並べて見ると、素晴らしいビジュアルコンビだー。
コンビ写真集とか出ないかなぁ…ぜったい買うのにw

update:レオン君。相変わらず服着てもマッスルボディ♪あのスタイル大好きなんですよ。
近頃、大人っぽい顔つきになってきたと思う。

星エル・アルコン、月A-"R"ex・ハリラバ・ホフマン、雪ジュテーム…と公演写真もありーの、
オサ様ラストデイ特集ありーの…

年末年始、自分比では怒涛の観劇スケジュールだったので、色々と蘇ってくる内容でした。

ネタ系も面白くて、そのかちゃん&ペットのリスが戯れててほほえましいというか笑えるというのか。

ところで男役塾のとうこさんは、関西弁を標準語に編集してるんだろうな、きっと(笑)

あと、魅力画帳の壮さんの写真が超美人なねーさんだから!!必見!
アイメイクがでかいから(笑)ライン変えたらとっても優しげな目に…。

アイラインといえば巻末ポスターの水夏希さんも相変わらず囲み目メイクで寝そべっております…いやん。

あ、水しぇんといえば、一緒に送られてきたTCAプレスの裏表紙に大爆笑してしまったんですが!
アレでいいのですか(笑)!?ジョルジュ~。
この壁紙はゲットですよ!しかもポスタープレゼントにまでなってる(笑)
ちなみに表面は切れ長のカッコイイ沖田さんでございます。
インタブーは意外や意外、一路さんの旦那様のうっちーです。

タカラヅカ・ファンタジスタ

トップコンビのスーパーヴィジュアルを堪能する。

昨日録画したファンタジスタを観てるんですが、
NHK収録はほんといいよなあ…。
あの夏、劇場で観た時の、爽やかな空気感がとらえられていて、
懐かしい感覚が戻ってきました。

あの、きらきらとした青白いファンタジックな空間が大好きでした。
和音美桜の透明な声に導かれて目覚める宇宙。

誕生したタニちゃんのきょとんとした顔といったら!
ウメちゃんの華やかさは云うに及ばず、
らんとむの突き抜けた朗らかさにも磨きがかかり(笑)

このダイナミックな一体感と、ヅカいちファンタジーな組。
それこそが宙組だと、オイラは思ってる。



えっと、ちなみに黎明のマイ初日はもうちょっと先になりそうです。
観たいのはヤマヤマなんだが、
どうにもおいらのキャパシティと財布の中身が限界にきてて(笑)
ナウオンはちょこっと見ましたが、あまり真剣に観ると楽しみがないので。
そしてウメちゃん…ゆっくり休養して、元気な姿をみられますように。

愛など信じず神さえ畏れずこの世は地獄の舞踏会

なーんか…夕方から精神的に重くなってるな…と思ってたんだが…
原因は、アレだ。

今日は堕天使の涙/タランテラ!の初回放送があるんだった。
(ハイビジョン版では先に放送してるんだが観てないので)

オイラは役者としての朝海ひかる以上に、
彼女の持つ魔性に心底惚れ込んでいて。

いわゆる「男役」としての朝海ひかるにはあまり惹かれないのだが、
ああいう人外の存在をやった時は、理屈抜きで、「ハマる」

景子先生は少女性が強いせいか、ストーリー自体はちょっとツメが甘い部分もある気はするんだが、視覚的なモノクローム、ゴシック調の演出はピカイチだと思う。
吉田優子先生の壮麗な音楽も加えて、朝海ルシファーの驚異的な魔力を増幅させてた。

あの観る者を捕らえて離さない闇の目と、
凍りつくような硬質な踊りと、
天に毒を吐き出すような叫びと。

観ていたら、シンクロして頭が真っ白になって、殺されるんじゃないかと思う。

こういうのなんていうんだろうなあ…。「感動」とかじゃないよなあ。
あえていうなら「麻薬」なんだろうなあ。
どうしようもない馬鹿だな。

DVDはあるけど、最近は封印してたので…で、
この東宝千秋楽は、大阪中継で観て以来ですね。
今考えても、この芝居+オギー色全開のタランテラ…重すぎ(苦笑)


あー…でも、雪組に居る壮さんが懐かしいなー。

しかし主演が変わって、やってる芝居の質の変わりようといったら、ないよね(笑…あ、君愛ミロワール東宝始まりましたね)。
と、いうよりも雪の歴史において、今の芝居のタイプの方が珍しいなあと思うけれども。これほどのアイドル組になるとは(笑)それはそれで面白いが。

じーっと観てるのも重いので、あとは録画だけしとこうと思います(笑)

昨夜、何故か夢に龍真咲と明日海りおが出てきた。

いまいち覚えていないが、
ミーマイの配役について色々云っていたような。

たぶん15日に発表になった、新公配役のことが頭にあったからかも。

なんといっても、みりおくん主役だし。

去年あたりから本格的にヅカファンになった、友人宮様の母上が、
WSを観て明日海りおにハマっててねえ。

月にはあまり詳しくなくても、このところのプッシュぶりで意識に残る子というか、
WS見た限りでは、とても真ん中向きな資質を持ってるように感じたよ。

ところで昔と同じく、新公も二幕やるんだね。
星からやってきた羽桜しずくちゃんがヒロイン。

CSのYoung Power!という番組で改めて見て、美人だなあと思って好印象です。

コスモコスモBS放送!

ただいま、宙組バレンシア&ファンタジスタのBS放送中。
忘れないように予約はして出てきたけど・・・

DVD観てないから嬉しいんだけど、
7月20日収録ってことは、
七帆姉さまが、出てないんだよなあ。

そしてショーは鈴鹿さんは出てらっしゃるかしら・・・?

休演者が出て、大変な公演だったと思います。
今も、だけれど。



しかし、GOアカツキの女装が残ってるとはなあ・・・。

DSタイトル決定&初舞台生

2008/02/14
大空祐飛ディナーショー(追)
※タイトルが決定いたしました。
<タイトル>「SORA」-空の奇跡-
<構成・演出>中村一徳
<出演者>(花組)大空祐飛
        (花組)桜 一花、初姫さあや、華耀きらり、白華れみ
<料金>25,000円(各ホテル共・税込み)


DSに行けるような身分じゃないのでアレですが、
一瞬ソラってナニ!?とびっくりして、
ああ、大「空」か、と納得しました。
綺麗なタイトルだねぇ。男気溢れる石田氏演出とはまた違ったカンジになるんでしょうね。


それから…初舞台生もついに登場。
2008/02/15
宝塚歌劇団 第94期初舞台生 口上日程について
2008年3~5月に上演予定の月組宝塚大劇場公演 UCC&シャディミュージカル『ME AND MY GIRL』(3月21日~5月5日)で初舞台を踏みます、宝塚歌劇団第94期生の口上日程が決定致しましたのでご案内いたします。

公式で観たけど、例年にもれず素晴らしき芸名が並んでおることよ。
トップバッターの漣レイラさんがとっても気になるんだが…どこのトラネスだ(from NANA)(笑)
世代からいって、NANA流行ってそうだしなあ~。というわけで見る前からビジュアルはロングウェーブのレイラで固定されてしまいました(笑)


それからそれから、瀬奈Jさんがエッセイ出すそうな~!(3月31日発売予定)
考えたら近頃のトプさんってエッセイ見ないから(リカさん以来)、もう出さないんだと思ってたけど…しかも現役中にって珍しいんじゃ?
ほんと、トップさんは忙しいですよねえ…。

シシィ目指して。

オンナなら、誰でも細身の身体には憧れる。

ナマのタカラジェンヌを観て、その細さには誰でも驚くし、
脅威のウェスト50センチ~なんてザラに居るんじゃいかと思う今日この頃。

2月に入り、メランコリック・ジゴロ遠征と共に、
ダイエット始めました(笑)

正月で馬鹿食いして太り、相当危機感を抱いて、これはいかん!なんとかせにゃいかん!(byひがしこくばる)

無理な食事制限は意味ないので、とりあえず間食はやめ、油物・炭水化物も減らし、野菜中心を心がけたところ、体重が、高校生時代以降見ることのなかった○○㎏台に!ヽ(´ー`)ノ.。.:*・゜

もちろん2回の遠征で相当歩いたこともあり、腹筋が鍛えられ、ジーンズも少々ゆるくなり。

もちろん見た目がいきなりゲッソリしたわけじゃなくて、
本来あるべき体重になったというだけなので、
痩せてるとまではいかないんですが(相変わらず顔丸いし)
体感としてはかなり嬉しいぞー。

ポイントは、「おなかを空かせる」
お小遣いがちょっとしかなかった時代と比べ、いくらでも食べたいものは即買える年齢になったことで、常におなかいっぱいというか、空腹感に耐えられずに食べてしまっていたので。

とりあえず2週間ちょっと続いてますが、気を抜くとリバウンドしてしまうので、気をつけないと。
ジェンヌはよく食べてるそうですが(まとぶはケーキ2、3個食べるゆーてたぞ)、そりゃあれだけ動けば食べても食べても痩せるんだろうなあ・・・。

真飛聖中日茶会報告

いやーちょっと更新止まって何してたかって、仕事も立て込んでて、まとめるのにかなりてこずりました。こんなの毎回やってるブログさん尊敬するわ(笑)
ま、トークをそのまま文にするとだいぶ変なんだが、ほぼそのままなので読み難いかと思われますがご容赦を。

遅ればせながら頂いたコメントにレスさせていただきました。
いつもありがとうございますm(__)m
もーちょっと余裕ができたら、皆様のところにご訪問させていただきまっする~。
今週は土日休みがないのです(泣)



※とりあえず全部テキストにはしたけど、もーちょっと整理するのでとりあえず3分の1アップします。分けるとややこしいので、残りも続きにそのままアップする予定。
↓追記履歴
※続き芝居編。
※ショー編ちょこっと。
※続き鯉話。
※続き蝶男編。
※パレード衣装編・クイズコーナー。
※グッズデザイン編。

殺伐・・・

久々に8時間寝たらスッキリ!

ところでぜんっぜんヅカと関係なく殺伐とした話ですみませんが
起きる間際に夢を見ていまして、
碇 シ ン ジが綾 波 レ イに殺される夢・・・ひぃぃ。

ふと目覚めたら、TVでスーパーモーニングをやっておりまして。
妻が夫をばらばらにしたというあの事件の公判で、解体する様子を詳細に喋っていてな・・・コレかと。
朝からあまりにも殺伐とした内容でなあ・・・。CSつけたまま寝てりゃよかった・・・。

つい最近も、父親が家族を惨殺して自殺したりして騒がれてますけれど。


なにが恐ろしいかというと「日常」と「非日常」の境目がないことが一番怖い。
殺人は非日常の行為だと大多数に認識されていたことが、
朝はいつもどおりに朝食を食べていた家族が突然凶器と化す。

そんな現実があるんだなんてなあ。

I go to sleep…

さぁ、まと茶報告しよーと思ってたら、睡魔がやってきました…汗
さすがにダウン。
レスなどなど、また改めてさせていただきますね~。

今夜がいちばんの冷え込みだとか?
通りで暖房が効かないわけだ!

あの人はいま!?

速報いただきますた。

オサダさんってば。
ケロさんと一緒にNYにいらっさるそーですよー。

はぢめてのNYに大興奮してる、そうです。

えがったえがった。

アメリカのダイナミックな開放感はいいよね。おいらも好きです。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。