FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯火消えんとして光を増す◆矢代鴻退団

灯火が消えようとする直前に明るくなる。滅亡の直前に一時的に勢いを盛り返すことのたとえ、として、こういう言葉があるのだそうだ。

A-"R"exが、終わる。
誰もが淋しくて、哀しくて、両手いっぱいに絶望を抱えて、あてどもなく彷徨う、旅が。

あれは、私の知るタカラヅカじゃなかった。
そして、二度とタカラヅカでは観られないかもしれない、舞台だった。


そのA-"R"exと共に、灯火が消える。
宝塚の、ともしび…―矢代鴻が。

なんだか、目の前が暗くなったようだ。

あの夏、エンカレッジコンサートの歌が耳の奥に蘇ってくる。

 「この夏は…サントロペには参りません
お借りした あの家には参りません」


と、ささやくように、歌いだしたあのシャンソン。
燦々と降り注ぐ太陽を夢見るように、美しい昔を歌った歌。
何もかもが美しいままなののに、
絶望に満ちていたあの歌―「想い出のサントロペ」

歌う声は淡々と、穏やかでいてなお怖ろしかったあの歌が、
ソロで歌った最後の曲だった。

矢代鴻の歌は、愛よりも、愛に似た哀しみや、苦しみの方が多い気がする。

明るい歌を歌っていてもどこか切なさが漂っていて、
だからこそ「TUXEDO JAZZ」は唯のお洒落なショーにはならなかったと思うのだ。
例えるならば、陽色の哀愁。穏やかな想い出の方が人を泣かせることもある。

「思い出の街 ここに生まれて たとえ遠く旅しようと また帰りくる
Welcome back to Manhattan
Welcome back to my old town
誰もが皆ここでは 自由に生きている」


白も黒も自在に行き来する矢代鴻と、春野寿美礼と、高橋城の素晴らしいメロディと、荻田浩一の詞と。初めて聴くのに、泣きたいほどの懐かしさを感じさせる、そんな歌だった。

(あそこまで春野寿美礼の暗黒面を引き出しておきながら、一見爽やかなショーに見せる手腕も凄いと思うが)


もう少し記憶を辿るならば、真紅の衣装で現れたあの立ち姿。

「聞け 何処の地からか彷徨い来た 毒蜘蛛の話を」
―その言葉の毒に殺されてしまいそうだった「タランテラ」

電子音とヴィブラートの奔流による悪魔の饗宴・・・「ドルチェ・ヴィータ」

「この世界の何処にも帰る家も無くした巡礼の群れ」をあてなき旅路に引きずり込んだ「バビロン」

矢代鴻の歌には、悪魔が宿っている。
しかし時には人間としての限りない優しさや悲哀をも表現する。

魅惑的なクラブのマダムであり。
革命に生きた娘の母であり。
娘とすれ違い続けた不器用な母であり。

「いい娘(こ)だったわ でも娘が本当に何をほしがっていたのか…わたしにはわからなかった あの娘は…何もそんなことは言わなかったから」

矢代鴻の演ずる母親は、「母性」というものから遥か遠いところにある。

「貴方を愛したわけじゃない」と、最後の舞台でさえ、つまるところ人間は人間でしかない、どこまでいっても愚かしい存在だった。
彼女の演技を観ていると、「母親というもの」への幻想について考えることがある。
「母性」は優しい一面を持っているが、「母親」というものが指し示す先は、唯ひとりの女であり、エゴイズムすら持ち合わせている「女という人間」なのだということを。

長々と書いてきたが、最後に。
矢代鴻は、いつから矢代鴻だったのか?

以前CS放送で「クレージーなそよ風」という作品に登場していたのを観たことがある。
1980年、雪組・麻実れい主演のいっぷう変わったバウでのショーである。
いまや振付家として活躍する尚すみれがやんちゃな色男ぶりを発揮して踊り狂っているその後ろで、ひとり現れた歌い手。その特徴的な立ち方も、好戦的なメイクも、身体を揺らして自在に歌い上げる姿も、驚くほど現在と変わらない矢代鴻だった。タランテラ!と同じように、真っ赤な衣装を着て。多少シワも少なく、娘役らしい姿をしているが、あまりにも印象が変わらないその姿。わずか研13であり、その年に専科へ異動したというのだから、驚きを禁じえない。まあ、麻実れい氏もあれで研11だというのだから、昭和スターの恐ろしさというものかもしれないが。


矢代鴻の歌には、魂が宿っている。
その歌声はシャンソンであり、ロックであり、ジャズである。
観るものの魂に響き、揺さぶる存在だった。
その長い歴史のほんの一端でも、触れられることができて、よかった。

願わくば、今後もその火を絶やすことなく灯しつづけて欲しい、という一ファンの戯言である。
スポンサーサイト

ホフマン物語(5)娘役編

まだ続くか(笑)

役代わり4パターンのうち、私が観たのは2パターン目で、
ホフマンが恋をする3人は…

アントニア 青葉 みちる
オランピア 美鳳 あや
ジュリエッタ 夢咲 ねね


アントニアの青葉みちるさんは、歌い手の歌手の役で、美しいソプラノだなあと思って観ていたのですが、退団されるのですね~(´・ω・`)

オランピアの美鳳あやさんは、本当にフランス人形かと見紛うようなかわいらしさと、機械的な演技がとても良かったです。愛嬌をなくしてはいけないし、人間的であってもいけない、難しい役だと思います。

ジュリエッタの夢咲ねねちゃんはこのWSの中心的娘役になるのでしょうね、高級娼婦の役の醸し出す美しさは只事ではありませんでした。そういえば新公シシィだったんだよね。あの系統の、陰影のあるメイク、魔性の笑みがよく似合っていたと思います。もりえちゃんもトートメイクだったし、プチエリザ新公っぽくて(笑)
ねねちゃんは、首の長さと唇の形が魅力的ですねー(細かい)。

さて、星へ行って、礼音君と組んでどうなるかなあ…楽しみだなあ。
この二人でエリザベートやったら…と妄想が膨らんでしまいました。
まー、先のことはわからんが…とりあえず目の前の公演で月のねねちゃんを愛でたいと思います。

だって。
4パターン目の役代わり、アントニア・オランピア・ジュリエッタ3人ともねねちゃんになってるよ?かなり注目だよな~?

ホフマン物語(4)星条海斗編

まさかのパート4(笑)、マギー編
いや、アレックス千秋楽なんで、とりあえずそこに言及するまでにコッチを書き終えたいと・汗

いやー…配役なんて観もしないからさ。
アントニア父(未沙のえる)の執事がエラく若々しい爺さんだなと思って、それがマギーだとわかった時は目を疑った(笑)
いやウマいんだけどまさかコレで終わりじゃねーだろーなー。

ま、その後オランピア編・ジュリエッタ編と役が変わったんですけれど。
執事としてのまやさんとの絶妙な掛け合いも、その実力が伺える上手さでしたが、
ジュリエッタ編では高級娼婦ジュリエッタの情夫シュレーミルとして登場。

んー、…この話、娼婦を取り合ったりなんだり、結構オトナな話なんだが、ハタチそこそこの若者タチがやってるのであんまりその辺はドロドロしてないですね(笑)

ジュリエッタを賭けてホフマンとカードの勝負をする場面では、物語の敗者として一歩引いた演技をしてたと思うが、あの魔的な笑みを観ると、本気を出せばホフマンを喰ってしまえそうな余裕がありそうだよね、マギーさん(笑)

観てる時には、役代わりがどーなるか知らなかったんで、みりおもりえがそのまんま入れ替わるのかと、エラくチャレンジャーだなと思ってたんだが(ガタイの迫力が違いすぎて)、
もりえホフマン時の悪魔はマギーなんだな。
ソレ、めっちゃ観たいし。金ないのに(泣)

未だに路線スターなのか別格なのかよくわからんが、主役を侵食しそうな存在感は、ハマコ先生を思い出させます(笑)
役者としてのポテンシャルを感じさせる星条海斗さんの活躍を楽しみにしております。

ホフマン物語(3)明日海りお編

いやぁ、みりおホフマンってばむちゃくちゃ可愛カッコイイー。
角度によってはきりやんにも似てるが、あの貴族的風貌はまとぶのバランスに近いと思う。
んで、オイラははあの系統の顔にめっぽう弱い(笑)

なんというか演技云々よりも、「真ん中で愛でたい」美しさと華を放っている。
逆に言えば、脇で支えるような色濃さはあまりみられないので(笑)
良くも悪くも真ん中の男役、という印象を受けた。

女役の役代わりで娘役転向の噂もきいてたりしたので、どんなに女々しいカンジなんだろうと思って観にいったんだが、ちゃんと男役としての声も魅力的だし、歌もなかなか。
ストレートに人気出そうな子だなあと思う。
このまままっすぐ成長するかどうかはわからないけど、迫力とか、色濃さを身に着けられればいいんでないかな。

ホフマンとしての演技は、悪魔に翻弄されるにしたがってアントニア編・オランピア編・ジュリエッタ編と3段階で厭世的になっていくのが面白かった。
病気のアントニアと恋人してる時は心の底から真っ白で、純真な男の子だったのに、
娼婦ジュリエッタ(ねねちゃん)をシュレーミル(マギー)と取り合う段階になると、すげー嫌なヤツなんだもん(笑)
まあ、これがマギーさんならもっと黒くなりそうだがw

面白いのは純真な顔をした青年が腹黒さを見せる陰陽のギャップだからな。悪魔も汚しがいがあるだろうさ(笑)
もうちょっとつっこんで、悪魔×ホフマンを背徳的に描いたシーンがあったら萌えたな~…ってWSでそこまでやるのはアレだが。

なんにしろ曲も本もしっかりしてて楽しめるんで、もっかい観たい~と宮様と騒いでるトコロです。

ホフマン物語(2)青樹泉編

冗談みたいなスタイル青樹泉に、釘付けでした!
バウで観るとあんなにデカく観えるんだぁ…。
出てくるたびに、等身を数えてしまったオイラでした。
8頭身は軽いよな。
あのガタイの良さは、わたさんとかマリコさんを思わせます。

悪魔のド派手な衣装もかっこよく着こなせてて、舞台映えするのな。
どこの黄泉の帝王かとw

正直、もりえちゃんの素顔って美少年とかいう表現には当たらない容姿なんだが(ごめんよう)
メイク次第でかなりビジュアル度は上がるのね。
と、先に観劇した宮様も同じ意見でした。
カッコイイです、ほんと。

もちろん黄泉メイクだけじゃなくて、指先まで演技しようっていう気概が感じられるし、悪魔的な表情もなかなかいい。やっぱり新公トートやった経験もあるのかなあ。

宝塚オリジナルと思われる「ダイヤモンドの歌」(by吉崎憲治)場面は最大の見せ場のダンスシーン。いやもうやる気満々なカンジで、歌い踊る悪魔ちゃん&影法師たち!かなり見ごたえがあります。

役代わりでこれをマギーがやるのかと思うと…み、観てぇー。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。