スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑で、さくら。

友人の宮サマと一緒に、星組4度目いってきますた。
え~、某御大のコンサートのサバキに敗れたからという理由もあったりして(笑)

何気に今まで4回のうちでいちばんイイ席で観れたわ!!
そして再びれおんに恋して帰ってきますたw

あぁ…トウコ&チエが近くてよかった…オペラで1画面に収まるってのが大事なのよ(笑)


ところで…和涼華さんはいつから「アナマリ~ア!」と云うようになったんですかね?

舞台に余裕が出てきたってコトか?

それとも欧米化?(笑)


◆本日のキャトレ買物
柚希礼音PB
タキシード・ジャズ実況CD
スポンサーサイト

エリザおけいこ

ウィーンキャストが潜入した火曜日のお稽古映像が放送されてますね。お稽古の放送は大丈夫なんやなぁ。イマイチエリザの放送基準がわかんない~。

なかなか仕上がってきているように感じました。
キム君、やっぱり上手いな。
あとは髭がどれだけ似合うかの問題。

ミズしぇん、痩せてさらに頬がシャープに…大変なんだね。
お歌はすこし心配でしたが、「私が踊るとき」もいい感じに聞かせられてたと思ひます。
あと、となみちゃんの演技にはかなり期待しておるのですがね。
特にウェンディッシュ嬢とか夜のボートあたり。彼女の色気のある低音ボイスが好きです。小シシィのおてんばっぷりにも好期待。

闇広稽古で、白軍服着ていた凰稀かなめに萌へ…。
もしかして、ルドルフの軍服色、変わった?
2周目ですから、何かガラっと変えるところがあってもいいと思うけどね。

ハマコ氏?無問題ですよ(笑)

「何日君再来(イツノヒカキミカエル)」

さえちゃん出演の舞台でございます。
辻ちゃん降板でちょっとばかし話題になっております。

パッチギやフラガールの脚本家さんだそうです(観てないけど)。

ドラマシティで宣伝してたものの、ポスターはさっき初めてみました。

黒木メイサ…アレで10代…。

さえちゃんの役が歌姫テレサの先輩歌手とゆーところに驚きつつ。歌うの…か?
ポスターは、着物がなかなか迫力美人です。青空のぞみ、なんつープリティな名前がまったく似合わない(笑)

男役だったからしょうがないんですけど、あやきさんわ、ちょっとマイメイクをきつくみせがちかなと思う。事務所の写真はふんわり可愛いので、素顔メイクを研究されたし(えらそうだな)。
アイラインとルージュはやわらかめにおねがいします…。

でもトート様は大好きよ。あさこシシィと共に、部屋に飾ってありますもの。


見た目10割な女神

ほーい、続いてコムちゃん掲載雑誌~。
発売してちょっと経ってしまいましたが、
あの「美的」でつ。

アオリ文句は。

女は「見た目10割」大作戦!!

ヤル気満々なコムロさんが目にうかびます。ふふ。
すばらしおすなー。
っていうかジェンヌのおかげで最近とんと買わないメイク雑誌を観る羽目になってますなー。



リリカルなマスキュリン♪

タカちゃん雑誌掲載情報~★
本日発売、はいふぁっそん6月号ですと。
またなんつー雑誌に。

またこの公式サイトに載ってる目次欄がすごい。

和央ようか。リリカルなマスキュリン。 宮原夢画=写真
    少年の眼差しと少女の含羞。「夢の時間」が動き出す。渡辺美和子=文


なんだよますきゅりんって。

調べてみますた。

リリカル(lyrical)
[形](言葉・詩・音楽などで)美しく表現された, 詩的でロマンチックな

マスキュリン(masculine)
:フランス語「男のような・男っぽい」という意味

をを、よく表現してますな。
英語と仏語を混ぜちゃうのが日本のアレなところだけどな。
カタカナなら全部いっしょ。

それにしても、宮原夢画ですと!?
今回のエリザベートの写真家ですね!!
貴子さん撮るとどうなるんだろう…。


ィリズァベ~。

あんまりにもふつーにすれ違ったすずみん&星組一行(たぶん琴まりえちゃんが居た)に思わず興奮してしまったんだが。

ちゃんと観てまいりましたよ、ウィーンエリザ。
あたしがヅカにはめつつある友人とともに。

公演感想の前に。
パンフレット!オススメです。
クンツェ&リーヴァイ氏、キャストそれぞれのインタビュー、宝塚歴代エリザ出演者、東宝版出演者によるひとことメッセージ、各楽曲のドイツ語&日本語訳詞などなど。

ある意味特集本ですね。
パンフとして2000円とは思えない豪華さ…。
値段に見合う本にしあがっております。

ナニがすごいって。
宝塚キャストも東宝キャストも順番関係なく入り乱れてるもんだから
スチール写真の落差が(笑)

ヅカの中でも、月組の野波氏・雪組の宮原氏の撮影分のビジュアル度が群を抜いて美しい。

東宝は、役者そのまんま、という気がいたしますね。
つーかウッチートート、時代劇入ってるよ…(笑)



コメントページに

初代トート&初代東宝エリザベートさんとか
初代&3代目エリザベートさんとか
初代エルマー&ルドルフさんとか

が、居ない理由は考えないようにしよう。
(舞台写真の方で写ってるし)

「舞姫」ポスターデタヨ

いーですよ。
とっても綺麗。

さすがケイコ先生のポスター。
白をベースに、和柄の扇がなんともロマンティック。

みわっちがちょっと人形っぽいけどね…みわさんもっと美人なのに。

でも、すばらしいデキですだ。
ヘイズ、ハレルヤ、エリザ、あさきゆめみしに続いて、今年のポスターアウォード(何だそれは)ノミネート。

コレが阪急電鉄に並ぶのかと思うと、わくわくです。

あ、反応し忘れてたけど、きりやんの「大坂侍」もいいよねえ。
アオテンでピン写りが似合う人なんて、他にはらんとむぐらいかも?

セナJディナーショー映像をみる。

CS放送で流れているお稽古と、阪急での映像を観た。

「She Bangs」と「奇跡」を歌っているのにはワケがあるのかな。
走馬灯のようにかしちゃんがフラッシュバックしちゃった。

ね。瀬奈じゅんにも色々思いはあったんだろうね。
じーん。

それはそれとして。
写真集さながらのスパニッシュな空気。
はふ~。かっこええなあ…。
セナさんはやっぱりスーツ姿がいちばんすき。

そうだよ今日は水曜だった。

梅田ですずみんとすれちがっちゃった…
観にきたんだろうな。

とよこさんド派手な豹ジャケットです。

「安蘭けいが心をこめて歌い上げます。」

なんだか演歌みたいなアオリ句ですが。
劇場に流れるアレが、ついにリニューアルのようです。

姿月あさと以来、7年振りに新録音されて発売決定!!
安蘭けいが心をこめて歌い上げます。


「すみれの花咲く頃/さよなら皆様」
1: ♪すみれの花咲く頃(安蘭けい
2: ♪さよなら皆様(安蘭けい<コーラス:南海まり、花愛瑞穂、音花ゆり>)
3: ♪すみれの花咲く頃(カラオケ)
4: ♪さよなら皆様(カラオケ)

企画・特別公演CD/TCAC-304/星組
収録時間:約13分
発売日:2007年6月5日


ますます劇場に通う楽しみができますたね。

えー。いやん。(ネタ切れか…)

昨日は休演日のウィーン組が、雪組エリザの稽古を観に来た&大劇場にいらっさったらしいですねー。

そぉいえば版権のせいでエリザお稽古映像は放送できないのかな?
歌以外の芝居部分のみだとすると…

キムの邪悪ルキーニとか(笑)?
音月さんの悪魔的要素が全開になるのではと期待しております。

圭子姐さんの歌がガッツリ聴けないのは残念ですが、リヒテンシュタインにも見せ場はあることですし。ここは若手にがんがっていただいた方がよいのでしょうね。


その前に、本日観劇するウィーンエリザですが。
エリザベートのナマモノとしては、昨年末に同じく梅芸で行われた来日記念コンサートが初めてなんだよな。
リアルちゅーしてたマヤさんとマテさんが印象的ですた。
初観劇する本編もウィーン版、とゆーことで、なんだか不思議な気分になっておりまつ。

ちなみにウィーン版はDVDで観ている。
トート&ルドルフの闇広があまりにいかついので大爆笑した覚えが…。
ラストの昇天もなあ…マヤさん、それはちょっと!!と思わずツッこんでしまったしな。

舞台ですから。
大ホールサイズの演技なのでしょう。
カマラス氏の歌はほんっと凄かったしな。
装置もなかなか迫力なので、楽しみにしてます。

TAKARAZUKA舞夢!

CSで録画しておいたのを見ますた。
ちなみに東宝千秋楽ver.です。

…泣いた。
春野寿美礼の凄さに。
花組のショー・パフォーマンスに。
TVの前で、劇場に居る時のようにガン見してしまった。
私このショー、凄く好きかも。

や、前半はあんまり笑えないコメディ仕様だったり
噂のゼウス様ウィッグはやっぱりイケてなかったり
ふーちゃんが全然トップ娘役に観えなかったりするんだけどさ。

細かいことはどーでもよくって。
とかく音楽優先に観てしまう私は、特にクラシックを使われるのに弱いらしい(笑)後半の「新世界より」~「悲愴ソナタ」の流れがもう泣けて泣けて。ドヴォルザークにベートヴェンってところが、オサさまらしい。どー考えてもショパン向きの人材じゃない^^;

そして花組パフォーマンスはほんとに綺麗。
オサ様という神を頂点に、美しいピラミッドが構成されている。
すばらしーアテガキだと思うよ藤井先生。

あ、きりやんのかっこかわええパンドラがツボでしたw
そして矢吹翔さまのカッコよすぎる退団挨拶に惚れなおしてしまいますた。

貴方のおかげで…Heartache。

♪Welcome back to Manhattan~♪

DVDはまだ出てないんで、TUXEDO JAZZの音声をじーっと聴いている。
これは…すごい作品だなあ。
初めて観た時は、流れるように終わってしまって、オギーにしてはオサレにサックリ、という印象だったんだが。
時が経つにつれ、またCSでダイジェストを観るにつれ、
ぐるぐ~るアタマをかけめぐるオサさまとシビさんのお歌
お洒落なスタンダード・ジャズです。
お洒落だけど、濃い

中毒のようにハマっていく。タランテラとおんなじじゃん(笑)

オギー作品は、この「流れるように」がポイントね。
流してしまうと、ほんとにするっと流れて終わっちゃう。
けど、ショー全体を一貫したイメージで造るから、ハマり始めると、一気に押し寄せてくる感じ。

また制限なしのオサさまの歌が、すげっす。
やば、いまかなりオサさまにハマってるかもしんない。
あの響きわたる声を聴くと、そこから動けなくなるんだもの。

あー花組観に東京いきたいよう。


なんかさあ。異常にワタシを消耗させるよね、77期は(笑)

よくわからない、が…◆花組新公雑想

ENAKのコラムニスト、石井啓夫氏の黒蜥蜴新公の記事がでてるんですが。

リアリティーで見せた「明智小五郎の事件簿 黒蜥蜴」

ま、ほめてんだかけなしてんだかよくわからないその文体はおいといて、ラストの補足がひっかかる。

 >気になったことが一つ、その桜乃が出るシーンで同じく登場、美人顔で目立つ娘役がいた。下手端とか背景位置だから、最下級生と思われる。断定はしないが、暗転の時やポーズの決まりの時に客席に向かってウインクを送っていた。たとえスターであっても、そんな仕草はもう過去の遺物。宝塚では今や、誰もそんなことはやっていないだろう(ファンの集いでは知らないが…)。何げない癖であるのなら、すぐさま止めるべきだ。



…は?
ふつーにやってるよね?
某宙組トプさんとか隙あらば場面ごとにやってるよね!!?相手ほっといて(笑)
舞台ならともかく「ファンの集い」でこそ、やらねーだろ。

ウィンクばしばしのお茶会(≧▽≦)それはそれで面白いが。

や、わたくしはペーペーのファンなので、昔がどうとかはあんまりわからないんですけれども・・・過去の遺物なんですか?そんなん初めてきいたぞ。

うーん。ファン目線じゃないから、観えないのかなあ。

貴城系ファソクラブ

ファンクラブ名はルチアーナ、だそうです。
イタリア語だな。ルチアーノの女性形っぽいな。
かっしーはパバロッティになりたいのかな(違)。

貴城けい 公式ファンクラブ「Luciana」発足+公式ファンサイト Luciana online スタート

貴城けい 公式ファンクラブ及び5月下旬のイベントにつきまして、予定より早めにお知らせできることになりました。
詳しくは本日オープンの「オスカーランド - 貴城けい公式ファンサイト Luciana online」にて発表させて頂きましたのでご確認ください。
今後とも貴城けいへの応援、どうぞよろしくお願い致します。

オスカーランド - 貴城けい公式ファンサイト Luciana online:
http://www.oscar-land.com/takashiro/index.html


入会方法ページのかっさんが子犬みたいで超かわえー…。

さて。発足パーティ、だそうでつよ。イントーキョー。
タイトルが「貴城けい“Take off”パーティー~新たなる飛翔(たびだち)~」。

某CSで見たようなタイトルですね^^;

しかし、このオスカープロモ内のファンサイト、リカさんのテンプレートを流用したせいか、メニュー画像にポイントすると「紫吹淳公式ファンサイト」だの「RIKA通信」だのって表示される…直せよオスカー…。

エーヤンエーィヤン。

カリビアンモードからスペインに行きたいとほざいてるうちにオーストリアに行ってしまいそうです。

月末は帰省するため、いけるかいけないかギリギリだったんですが、
明日、ウィーン版エリザベート観にいってきます。
チケとってなかったから2階席だけど。

梅芸広すぎ。ヅカの狭さがいとおしいわ(笑)
さらにいえばバウやDCの近さがたまらなく好きさ。

22日に、マヤさんがエリザベート出演1000回を達成されたそうな。
梅芸のブログにも出ておりますが、それが日本で、というのも何かの縁だよね。で、1003回目に観るワタシ。

4月いっぱいで、東京にお引越しのウィーンキャスト。
初の東西エリザ。東京は本公演バージョンではないですけれど。やっぱりわざわざ被らないようにしたのかなあ?

サンジョ~ルディ♪

昨日、4月23日はサン・ジョルディの日ですたって。
 サン・ジョルディの日とは?

そっかー。去年のネバーは思いっきり当たってたんだな。
ちなみに「世界本の日」らしいです。
だから、カタルーニャ地方では本と薔薇を送るんですって。

スペイン行きたいなあ・・・。

博多にダンディがやってくるら。

去年と同じ絵はちょっとあかんやろー…(笑)

星組博多座公演『シークレット・ハンター』-この世で、俺に盗めぬものはない-/『ネオ・ダンディズム!II』-男の美学-(長い…)の、イメージ画像ね。
結構丈を詰めたんだろうなあ(笑)
あすかちゃんがちょっと微妙な感じなので本ポスターに期待。

バレンシアのウメちゃんにしても、先行イメージはイマイチ即席っぽかったし。

ほんとに、ヅカメイクでポスターは難しいよな。

さてそのダンディズムⅡですが。
日生組は…れおん君とすると。
あのヒラヒラ衣装で「ダンディズムとは…」をしいちゃんかすずみんがやるんですかっ。
ぜひともすずみんにお願いしたい(笑)トウコちゃんより似合うよね。

オマージュの「星の導き」(玉麻尚一)は、やっぱりトウコちゃんの歌だと思う。あの場面は…泣けるほど大好きだから、絶対外して欲しくないけれど、構成的にはトウコ歌はヘンだからなあ…やるなられおんで聴いてみたいなあ…。あ、トウコちゃんの録音でどうですか(笑)

そーいや芝居も玉麻先生の曲だしなっ。彼のメロディラインが好き。

というわけで博多にも日生にも全ツにも行きそうな今年の夏…。

浅き夢見し酔ひもせず。

ポスターでたぉぉぉ。


ヴィジュアル系まとぶ~。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
なんか金髪だとかっしーに似てるよー。

オサさま…大劇場公演よりデキがいいってどういうこと。
やっぱスタッフのおかげかなあ…。
全ツは一般ウケも意識しないとねっ。

あやねちゃんは黒蜥蜴以降だいぶ大人びた顔つき。

えりたんはちっさくてあんまりわからんが、より線の細さが出てるねえ。

期待大☆

宝塚GRAPH 2007-05

「宝塚線の路線図」と聞くと、なんかチガウものを想像してしまいそうな一介のヅカファンです、こんばんは。

さて、グラフ感想もざっくりいってみましょーか。

表紙ね、表紙。
やー、あんまり想像しない組み合わせで、ビクリツしますた。
それこそ路線の微妙な位置にたっているおふたり、という気がしないでも…ない。
このふたりって、絡んだことありましたっけ?TCA観てないからいまいち印象にないんだけども。おなじみジャンプ写真の、微妙な距離感がなんとも(笑)
ま、ふたりがどーとかゆーよりも。
無駄に色気が発揮されてる祐飛さんの横顔っすよ!
キシン先生はよくわかってらっしゃるなー。

それをうけとるゆみこさん…中々ガードがかたいね。
そうだなあ。
ゆみこさんみたいな人を受け手にエロスを表現するなら、
おーぞらさんの「妖しさ」よりも、
オサさまの「怪しさ」の方が(笑)やっぱりハマる気がする。
ゆーひさん、線が細いんだもの。

でもなかなか新鮮なカポーでございましたことよ。
やっぱオフショットの笑顔がいいやね。


さて、今月の注目は…おとめ・安蘭に歴史あり。
この企画、面白いよねー。
自分にしかわからない細かい変更点をいちいち説明してるのが(笑)
初期のやわらかい顔も可愛いな。

「その先の瀬奈じゅん
ストレッチ場面なんですが…み、みんな身体硬くない?
たまたまそういうフリだったのかな?写真観る限りではゆーひさんがいちばん硬そう。体温低そうだもんな(関係あるのか)。

「その先の柚希礼音」
いつ観ても、ばっさ~な毛モノ服着てるチエ。
CSトークとか、正月とか。
そのモサモサマフラーを奪ってるトウコちゃんがカワユス。
つーか…れおんの身体つきはほんまにええなあ…俺ちょいフェチ入ってるなあ(笑)そしてPBトークの相手がタニちゃんなのは何故なんだろう。

アナザーステージ月組。
18ページ左下の、ゆーひさんがすっげかっこいい。
ワ・イルド。

ショットセレクション花組。
この公演、ほんっとに絵になる。
明智オサ様の黒スーツに黒蜥蜴。
なんだかんだいって、この芝居、大好き。
オサ様の歌に因るトコロが大きいにしてもね。
ヴィジュアルはとてつもなく美麗。
芝居も、ショーも。
個人的にはロココ調より重厚なゴシック調の方が好みかな。
あと、ナニがいいって、ショーのガーターベルトにはふつーに萌えるだろ(笑)

波乱万丈とよこの人生
…さすがすずみ家だよな。うん。
いろいろ常識がチガってて。すてき。

あ、そうそう。
グンちゃんの愛称は、軍隊からきてたって、初めてしりました。ビクリツ。

そんなグラフ5月号。
来月は、なんと。
きりやんピン表紙ですよ!!
キてるねー。

ピン写りといえばやっぱり、ですかね。

ヅカパラダイスオーケストラ。

リンクさせていただいております、「以降暗転。以下自粛。」さまに大劇場公演の土曜のオケについての意見が書かれておりますた。


やっぱり、アレは酷かったんだよなあ…。
楽団がカマすなんてデフォルトになってるから、気にはしつつも諦めてたけどさ。なにが酷いって、歌がないオケパートの高音部メインメロディを普通に外すからなー。目立つ目立つ。

特に金管楽器は一番聴こえるからさ。
それがDVDだの実況CDに収録されてる日には、絞めてやろーかと。
暗い中で3時間の演奏は長いししんどいだろうけど。
頼むから。メインパート外すのだけはやめてくれ。

こーいうこと云うと、所詮盲目ファンなのかもしれんが、
どんなにアレな芝居をしよーと、歌をカマそーと、
私はタカラジェンヌを愛でているので、いいんだ。

だから…その他の部分のクオリティが下るのはたまらない。

派手なメイクと衣装と演出とスター力で誤魔化す押し切るのが宝塚だろ?その出演者のクオリティを下げるよーな演奏は劇団としてあかんやろー。せっかくの玉麻先生の音楽がー。

あ、でもフラメンコギターはすてきでした。
ラテン音楽大好き。

瀬奈じゅん◆少年倶楽部プレミアム

お前を抱きしめお前に抱かれてダンシンインザダ~ク♪
ファンシー・ダンスをもっと観とけばよかったと後悔している今日この頃。1回しか観てない…。

なんだか月組には縁が薄い…。
ビジュブリもレビュドリもファンシー・ダンスも大好きなのに。
…芝居がなー…。

や、パリ空だって面白かったんだが。



さてさて、「少年倶楽部」セナJ、観ました。
タイチ君のトークは、静かに面白い。
放送内では10分強の出演だったけど、
セナJらしい簡潔な男役ポリシーが聴けたと思う。

彼は、現役ジェンヌに逢うのは初めてだそう。
で、まだヅカは観たことはないというと、
こないだカメナシ君来てましたよ~という話に。
先を越された…と悔しがるタイチ。

で、最初の質問が「すみれコードって何ですか」(笑)
おおまじめに説明するセナJ。
コードにひっかかる時は云いますんでどんどん質問してください、とのたまい、
何スミレ出るんでしょーと笑いあうお二人w

スミレにひっかかったのは、「宝塚に入った年齢」でした。
「年齢は云っちゃいけないんです」と。
そーいえばそーだったなあ…普通に予想つくけどなあ(笑)

「男役のために生まれた」とのたまうセナさん。
仕事の時はもちろん、家に居るときは勿論本名の私だけど、オフでもなるべくファンの皆さんに夢をみていただけるように、意識しているとのこと。
主演はキツイ、ツライかとの質問にも、「つらいときも周りの組子が助けてくれるし、自分が(主演に)なりたくてなったんだから」と。

あさこちゃんのトークは、理知的で簡潔で、高いプロ意識を感じさせるところが好きだ。
あまりにプロフェッショナルで、本名の彼女は見せないというか、一介の宝塚ファンとしては少し距離が遠い印象も受ける時もあるけれど。

瀬奈じゅんは、涼やかな炎。
筋の通った信念をもつ、美しい「男役」という生き物。

カリビア~ンホリディ!!

ネバスリの時には満開だった桜は葉桜になって。
花のみちは春の花でいっぱいです。
幕間には外で陽気を浴びませう。

春になると、身体の緊張がとれて、開放的になるなあ。

劇場は既に夏に突入してますけどね。

熱い。熱いわ星組!

舞台ってのは、つくづく1回では見切れないもんだと思う。
ナゼお内裏さまbyれおんがさくらを憎むのか、
五月人形に攻撃してたのか、
イミわかった。
前回の時は疲れがたまってて、相当ボーっと観てたな。

それにしても、大劇場でさえ時期遅れなひなまつりネタを、
東宝にまでもってくのかあ…。
千秋楽は7月だぞ。谷先生。
ま、児玉っちが夏を先取りしてるからいいか。

とりあえず。
ニケは柚希礼音に完オチしました(爆)

カンゲキす

二度目の星組大劇場はダブル観劇。
11時公演立ち見、15時公演2階席。
後者は阪急貸切だったけど、当日券が出たのでゲト。

さすがに疲労困憊したので今日はネマスる。

↓今日のキャトレのお買い物。
◆真飛聖PB
◆ル・サンク「さくら/シークレット・ハンター」
◆柚希礼音舞台写真1枚


&コムちゃん原色リサイタルin兵庫の千秋楽ゲト。

オマエにアイニ!!

実に約ひと月ぶりの星組っ
大劇場いってきまっす!

っうきゃー!!DVDがぁぁあ

本日発売の、かっしーのスカステDVD-BOXを注文してたのよね、宝塚アンに。
でも引越しをはさんでたせいで、送付先を実家にしてたのよ。
で、新住所も決まったんで、メールで住所変更頼んだのにさ。
アンから、承りましたの返事がきたのにさ。

さっき実家から電話。
「あんた、タカラヅカアンとかいうところから何か来てるよ」

ぎゃー!!
アンのばか!!
あたしがヅカファンやってるのは内緒なのよー!!

「なんか割れ物とかガラスとか書いてるんだけど」

ガラスのよーに繊細なのよ、かしげは!!(違)

こんなことならキャトレに頼めばよかった…
でもキャトレは楽天市場に店出してないんだもん。
ポイントためたいじゃん…。

とりあえず即送ってくれと返答しときました^^;

FRaU

おとめ買うついでに立ち読みしたら、和央ようか特集が数ページ。

ちょっと。あの写真。
たぶんコンサートの舞台写真なんだと思うんだが。

いいのか。
宝塚じゃないのに。
舞台化粧じゃないのに。
あまりにもナチュラルに「男と女」だったことに驚く。

タカハナ。
ほんとに、永遠に、タカハナなんだね。
永遠の恋人。素敵じゃないか。

をとめ2007

本日発売。
なぜか平積みのおとめの上に瀬奈J表紙の歌劇が重ねられていた近所の書店。セナonセナ。だからどーした。

いや、昨日はディナーショーも始まったし、22日はBS&CSでセナ祭だし、なんとなくマンスリー瀬奈じゅんな雰囲気がしないでもない。

真央あきと君が載ってたけどはっちゃんは出てないなあ、とか。
トップとしておとめに載ることのなかったかしるい、とか。
ほんとに宙組若返ってるよなー、とか。
複雑な思いをもちつつ、改めて眺めてみる。

水しぇんの写りがいつも以上にクールで、こりゃトート様入ってるか?(はやくエリザ観たい)。
トウコちゃんの凛々しさに惚れ惚れしつつ、妙に妖艶な蘭寿とむにドキ。
すずみんの笑顔が素敵だ~。
ラストのトップスターポートレートは、思わずタニちゃんを娘役カテゴリとしてみてしまいそうだ(ちょうど境目だから)。

シビさんの化粧はなんで舞台化粧より白いのか。
ミエコ先生はマジでフェアリーかもしれん。いつの写真だろなあ。つーか専科は写真変わってないよな。
じゅんこ組長がだんだん大竹しのぶにみえてくる。
きりやんれおんの鼻の穴サイズを比べてみたくなる。
みわっちまとぶんは鼻とクチのバランスがいつも似てるなと思う。
でも今年のみわっちはちょっと旅館のおかみさんみたいだ。
つかまとぶん、舞台写真はなんでコレなんだ。
同じページの異世界感漂うソーカズホ。彼はいつも上のナニを見ているんだろう。
さおたさんがすっごいナナメ写りに見える。今年はなんかナナメアングル多いような気がするのは気のせいだろーか?

そして。
以前「四字熟語か」と思わずつっ込んだ初舞台生、「琉動真瑳」君。
なんだか泣きそうな顔と日本髪みたいなアタマがインショーテキですぃた。芸名に匹敵するインパクトの愛称は「ゴエ」。これ、順番は成績順なんかいな?アイラインが大変なことになってるので、とりあえずお化粧ガンガレゴエ。

と、ザックリ感想いってみますた。
「おとめ」はいつ観ても楽しいなあ。
人間の顔ってほんとに千差万別だ。
そんで、「スターの顔」は相当いいバランスをしてるんだなと思う。

原色の世界◆PRIMARY COLORS

さて、昨日放送の「演劇の小径」、朝海ひかるリサイタル特集でございますぃた。

ゲッソリしていた頬もふっくらし、淡々と喋る姿はナニひとつ変わっていないような、変わったような。

この「踊る体」が大好きだと思う。
軽くて、しなやかで、トップスターという重圧を背負っていたようにはみえないほど細く。でもか弱くはない(笑)

とりあえず、宝塚では観られなかった、バレエぢゃない、現代的なダンスも観モノ。チケ…がんばって探すぉー。

あと、久々に正塚ハリィを画面で見たんだが、相変わらず小泉元首相か小澤征爾かわからんよーな髪型がステキです(笑)

ENAKさんにツッコミ・パート2。

や、記事内容じゃないんですけど、ENAKさんトップページに載ってる記事へのリンク文字が。

「宝塚プライベートブック シリーズ最後は柚希礼音」
(どうせリンク張ってもすぐ直されていそうだが)

ププ、プライベートっすか!!(どきどき)
いやーん。あんなチエちゃん、こんなチエちゃんも見せちゃう~♪

…見たい。見たいぞ。その男役の裏側をッ!!


おもしろすぎるぜサンケイENAK。
打ちミス求めて日参しちまうじゃねえか。


えー、そんなチエちゃんのぷらいべーとさしんしゅー、表紙がばりカッコイイっす。惚れます。雰囲気的にらんとむPBのラストを思い出します。

ええわー。近頃、本気でれおん堕ちしかけてるからなー。
S・ハンターのラテン歌いがもうカッコよすぎてカッコよすぎて。
トウコちゃんとレオン、熱くてくどくてたまんなくラテンが似合う星男ども。星組サイコー。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。