スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐弁◆竜馬伝

宙組のNTTフレッツトークショー映像を観たんですけど。
かしちゃんが、土佐弁なんだけど、ほんとの土佐のひとからみたら、違うやんみたいなとこもあるかも、っと云ってました。

うーんと、生粋の土佐人からみると、そんなに違和感はないです。
っていうか、いわゆる「竜馬土佐弁」とされてるコテコテ喋りは、いまどき誰も話さないから、私も、竜馬ってあんな感じ、というイメージ。

~やき、~ちう、~しゆうetc.
なんかはよ~く使います。
有名な、~ぜよ、っていうのは歴史モノでしか聞いたことありません(笑)

タカラヅカはタカラヅカ、としてしか観てなかったので、意識してないんだけど、最後の舞台が地元のヒーロー、って結構嬉しい話、かも。
スポンサーサイト

やっぱり初心者…と思ったとき。

逸翁デーって、99年に始まったんですってね?

しらんかったわ~。
もう何十年もやってるんかと思ってた^^;

それにしても…すっごい自画自賛イベントだ(笑)

ウェディング続報

あみたんウェディング、OGさんがブログで写真を載せられております。

やはりといいますか、当然ですがコムたんもご出席された模様。

>池田理代子さんが祝辞をして、
その後、朝海ひかるさんが「愛あればこそ」を歌い、
最後は初風諄さんリードのもと、恒例の「すみれの花咲く頃」
の大合唱で盛り上がりました。

歌ったんかい ̄/ ̄)!!
愛~愛~…♪って、
愛耀子さんに向けて歌うと、なんか違うかんじが(笑)

愛あればこそ/生きる喜び♪
あぁジャスト選曲!

ニナミカファンかヅカファンか(笑)

心斎橋に用があったんだが、いつもは京阪で行くはずが、無意識に阪急にのってしまって焦った…梅田まで行けば御堂筋線に乗れるから大丈夫だったけど、宝塚通いが身についてんな~。
車内広告は花組さんになっておりますぃた。う~ん、やはりこのポスターの映りは微妙な気がする…オサさまは写真映りムラあるよね。んで、黒蜥蜴がメインに来ないのも。

梅田にでっかいオサさまのVISA広告があってビビりました…宝塚知らない人はあのかっこいい女性をなんだと思って見てるんだろなぁ…。

さ、梅田といえばキャトルでおかいもの!
予約注文してた商品もひきとりにいきました。

◆朝海ひかる退団記念パネル ¥6800
◆朝海ひかるキャトル限定黒燕尾写真4枚組 ¥1200
◆貴城けいメモリアルブック ¥2100
◆和央ようかコンサートプログラム ¥2300

…最後のは予定外っす^_^;
もぉ…なんでプログラムがメモリアルブックより高いのさ
でも…
31日までの限定販売だったの。
ニナミカ撮影だったの。
ワオヨウカさんとハナフサマリさんがむちゃくちゃ可愛かったの…。
特に浜辺に戯れるフサさまが…。ふにゃ~.。o○
ラブラブ夫婦の写真集として保存させて頂きまする♪

そんでかしちゃんの方はドタンビなニナミカ写真で。ごちそうさま。

そんなこんな。

昨日、愛耀子さまの結婚式だったそうです。
かしげちゃんが参列されたそうな。
雪組仲間ですしね。公演中で大変そうだけど、よかった。

ちなみにガイチのブログにも書いてあったから、ガイチも行ったんだね。雪組メンバーは中日&バウお稽古中だと思うけど、やっぱり参列したヒトはいるんだろうなあ…ハマコちゃんとか(笑)

お相手が梨園関係だから、そちらの縁戚もすごそうだ。
親は野坂氏だからふつーの芸能人もいそうだし。

なかなか気軽にはできないものだね。


----------------------------

えーと、すでにDVD発売決定済みで、売り出し満々なタカコンですが、今日千秋楽だっけ。なんかほんとにアイドルコンサートノリだったらしいね(笑)
ふつーに、コンビニの雑誌コーナーにタカちゃんの表紙(婦人公論)が出てるのがなんか不思議…。

ふたりのトート役者◆花吹雪・恋吹雪

2000年星組バウ公演「花吹雪・恋吹雪」鑑賞。

はい齋藤吉正です(笑)
バッサリエンタメだなー。
齋藤センセーらしく、脳内補完裏設定っぽい脚本の怪しさは、まあご愛嬌ってことで。
とにかくトウコちゃんのかっこよさ全開。
ライバルがねったん(夢輝のあ)だよ!
あ~新公トートで(雪・トウコで宙・ねったん)その歌唱力と演技に感動したふたりの豪華競演。主題歌だけ以前にダウンロードして聞き惚れてましたよぅ~。

研1のウメちゃんやら研2れおん君やら、速い時期から抜擢されたスターも出演で。いまやウメちゃんは次期トップ、れおんは研9にして実質2番手だし。時の流れはなんとやら。

なにが凄いって、トウコのキリっとした目線に射抜かれる。
特に1幕ラスト、恋人が死んだ時の、怨念がこもったまなざし、トウコちゃんが瞳子ちゃんである所以がよくわかる。
眼力というとコムちゃんも凄いんだがな。ちょっとトウコちゃんとは種類が違う。あっちは、クールな分、眼に迷いがないので、悪魔とか天使とか、そーいう類のイキモノ(笑)
トウちゃんはとても人間的。激しさも冷たさも熱さも、人間の揺らぎがよく観える気がする。

それから、演技大賞には英真くみちょぉを!
なんかねえ、かっこいいだけの人間、悪いだけの人間ならまだつくりやすいと思うの。ああいう、血も涙もあって坊さんになりつつも、自分の命可愛さに友人を頼る姿って、確かにかっこよくはない。でもそれはヒトのおろかさ、情けなさ、そしていとしさだ。かくまってくれた友人に裏切られたあとの台詞、笑顔、死の直前の姿、彼女にしかできない、素晴らしい演技だったと思う。
ビバ組チョー!!「ハレルヤGOGO」の親父もよかったよ!

トウコちゃん本人が、印象に残る、大好きな作品というだけある、エンターテイメントに溢れた作品でした。さいとー先生の良いトコロがよく出てたな。まーたタカジョー先生ってば曲が上手すぎっ!!
トーコちゃんと齋藤吉正って同年代ぐらいだっけ?いやトーコちゃんのが年上か(禁句)?スカステの対談みても、友達っぽかったもんな~。

とりあえず、脳内補完な裏設定はなんとかしろよって気もしますが(笑)
石川五右衛門の「娘」って、あの後半に出てきたモニカって云いたいの?あんまりにもトウコちゃんが若すぎるんでそーは見えないし、ほんとに娘なら、ちょーっとヤヴァイ世界に半分入ってる気も…(笑)

安蘭けい◆新たなる飛翔

新トップスター、安蘭けい特集番組です。
初舞台のころから、現在に至るまでの舞台での足跡、名場面集60分。

やー…長い(笑)
首席入団して以来、本公演・新公主演と、長年スタァ☆な立ち位置なわけですよ、トウコさん。あ、でも新公初主演は研5なのか…そんなに早いわけではないのね。
ま、なんつっても研17にして大劇場トップお披露目ってのは歴代最長ですから!
⇒詳しくはタカラヅカレビュー・エポックさんで。
就任が遅いってことは、それまでの出演作品が多いってことなのよー(笑)

で、雪組時代。雪組といえばタカハナ
タカちゃんの特集モノでたいていの作品は網羅してるんですが、トウコさん中心に観ると、また場面が違って面白い。

「二人だけの戦場」出演してたんですねえ。正塚氏の名作として名高い「二戦」、私がいちばん観たいバウホール作品なんですが、いかんせんDVDになってないもんで観れないんだなあ。タカハナコンビの出会いの記念作品でもあるわけですから、トウコが出てるとなると益々観たくなった。
そして新人公演初主演「JFK」の歌唱の素晴らしさといったら!トウコの新公といえばトート@エリザの映像しか観たことなかったんですが…新人離れしすぎだろ(笑)なんだこの貫禄。
トーコちゃんとか、トドさまとか、オサさまとか、支配階級が映える役者ってのは居るなー。ほっといても、自然とリーダーになっちゃうタイプ。
おっちょん、コムちゃん、同期トリオのコンサート「The Wonder Three」「インシャラー」を歌ってたのが驚きだった。
ポルトガル最高のファド歌手・アマリア・ロドリゲスの唄ったやつが大好きで、よく聴くんですが…安蘭けいのドラマティックな歌唱にはこういう、人生の悲哀や深みを感じさせる歌がとても似合う。

星組に組替えになってからだって、バウ主演・ドラマシティ主演と活躍しつつ大作アイーダで女役をこなし、日生で「雨に唄えば」をやり。なんつっても'05~'06ベルばら祭(笑)ではアンドレ⇒オスカル⇒アンドレですから。ヘタなトップさんよりも活躍しまくり。

版権の関係か「エリザベート」「ファントム」っつー大作は入ってないし、バウ主演「花吹雪・恋吹雪」とか「凍てついた明日」とか「ラ・ジュネス」ミラクルファイブとか(爆)!!羽山先生リサイタルでのおみ足全開チャイナドールも…「新たなる飛翔」に相応しいかどうかはおいといてっ(笑)


…ちなみに私はお髭トウコがすっげー好きなんだけどな。
ランブルーズ@白昼、リコ@コパカバーナ、うさんくさすぎるこのオヤジっぷり。安禄山@長安も、ヒゲだったらよかったなあ…。トップになっちゃったから、ヒゲはあんまりなさそうだもんなあ。

新たなスタート気分で。

や、10001。
どなたかわかりませんが10000踏まれた方、ありがとうございます(笑)

新たなキモチで宝塚モエを垂れ流し続けたいとおもいます。

10カウント!

年明けてから9000カウントを突破いたしまして、
おかげさまでいま9990カウント踏みました(笑)
○年間ちんたらやってきたウチも、
いつの間にやらヅカブログとなってからは少~しアクセスも上がって、5桁に乗ろうというところ。

ン十万、ン百万ものアクセスを誇るすごーいサイトさんもありますが、マイペースに、ちんたらやっていきたいと思います。

日付が変わるころに1万超えるか。

清く正しく美しく◆逸翁デー

さて、昨日開催の、
小林一三没後50年追悼スペシャル「清く正しく美しく」-この教え護り続けて-
スカステでも時間差放送されたんだってね。

仕事入ってたんで、いけませんでした…。
チケット持ってたら早退してでも行ったけど(サバキとれるかどうか自信なかったし…)

マミさんも久々に大劇場登場っていうので、期待してたんだけど、いかがでしたか~?かりんちょさん、ヤンさん、なつめさん…そうそうたるOG揃いで。
なんと扇千景さんも…そういえばジェンヌだったんだよねえ…去年、旦那さんの坂田藤十郎襲名公演行ったときにロビーで挨拶されてた記憶が…。

逸翁デーラストってほんとなのかな?

追記。
⇒ENAKさんに記事でてました。ステージグラフあり。いつもながら超仕事速いなー。公式がおっつかないよ(爆)

LEGEND of Hikaru Asami

えーと、スカイステージ録画をまとめて観てるので、しばらくいろいろ感想が続くかも。

朝海ひかるサヨナラ特別番組

とにかくナニが凄いって、メモリアルブックの撮影風景!!
もうコレだけでプロモーションビデオ作ってくれ(笑)
モノクロームでしか観られなかった、ハリウッド女優ばりのTAKAKOメイクがカラーで!動いてる!

もー「眼で殺す」って感じ…。
ヤられたよ!アイツには!Σ(゚Д゚ υ) !!


それから、東京公演最終稽古映像。
フィナーレのソロで、泣きだしてしまったコムちゃん。
歌いながら、フリもしながら顔をゆがめて、グっと片手でぬぐうその姿が、泣くのを我慢しようとする少年のようで。
舞台上ではみんなプロの顔だから、涙ぐむことはあっても「泣き」が入ることはあんまりない。
コムちゃんの素の「泣き顔」は初めて観たなあ…。
水しぇんまで泣きそうな笑顔になっちゃってるし、えりたんは「しかたないなあ」って親みたいな顔になってるし(笑)

舞台って、本当に、みんな一丸となって作り上げるものなんだよね。
みんなが一緒にいいものをつくろうとする熱意が伝わる。
宝塚は身内意識が批判される対象になることもあるけど、下手でもいい、そのパッションが観たいんだ。上手いに越したことはないけれど、「持たざるもの」が努力して成長する姿が観たいの。
役者は「芝居のパーツ」だけど、宝塚はそうじゃない。それが世界で唯一の魅力じゃないかな。

華麗なる宝塚歌劇展&トークショー

華麗なる舞台とタカラジェンヌの魅力に出逢う、素敵なひとときをぜひお楽しみください。

日 時:2007/02/10(土)11(日) 10:00~17:00
会 場:生活誕生館DILIPA(大阪モノレール 万博記念公園駅徒歩すぐ)
入館料:無 料

<元宝塚歌劇団 男役スターによるトークショー>
出 演:2/10(土)伊央里直加 2/11(日)初風緑
時 間:第1回 13:00~ 第2回 15:00~


ガイチのブログで知りましたがTCAにもアップされてる。
直さんとガイチって、おしゃべり好きそうなところとか、
派手目な外見とか、似てる気がス。
西でトークショー!そんな日に限って実家に帰ってる私。
うわ~ん!!ガイチ逢いたいよー。

拝啓、地獄の王さま。2◆朝海ひかる

そして次の衝撃の出会いは
ROSSO@タカラヅカ・ドリーム・キングダム('04)。

…なんですけど、録画を頼んでおいたドリキン千秋楽映像が届いたのでいま観た感想先にかきま~す。

ほんと舞台はナマモノだなあ。
大劇場収録と東宝楽、もちろん撮り方もだいぶ違うので、何十回と前者の映像を観たけど気づかなかった(映ってなかった)ところが観れて、それだけで楽しいんですが。
(大)大劇場版、(東)東宝千秋楽版で。

第一部
◆(大)に比べてびっみょーにテンポが遅めなのが気になる…。
◆えーと、まーちゃん、札ビラきって無い?さすがにアレですか、清く正しい劇団がカネで美少年を買うのはクレームついたんですかね(笑)
◆トドさま誘惑シーン、曲調がガラっと変わって速くなるところなんですが、脚をかけたイスを蹴りとばしてたんですねー。小悪魔系攻め男め。かっこいいわ~。(大)はハッキリ映ってなかったのよね。
◆なんかコムロさん動きが全体的にワイルドになってるよなあ…。
◆指揮が!指揮がヤベユタカ氏じゃない!や、ヒトの毛髪をどうこういうのは失礼ですが、銀橋シーンになるたびスターより目立ってたんだもん…耽美コムと人間ミラーボールはきつかった…(笑)
◆全編において音楽がだいぶ変わってる感じが。特にシンセサイザーの音が全然違う(録音状態にもよるだろうが)。あと千秋楽なせいか、演奏がちょっと大味だったな。

第二部
◆第一部でゆっくりめだったテンポを調整するためか、「Bye Bye Mr.Mug」のスピードが速かった。う~ん…これは(大)版がちょうどよかったとおもうんだけどなあ…。
◆で、↑のシーンはコムちゃんが引きで撮られてたのに、ハマコ&圭子姐さんが(大)版と同じくドアップで映ってたのに大ウケ(笑)にげら~れな~いかえ~れ~な~い~♪濃いわ…。
◆カーマカメレオン、ソーカズホが飛ばしてるわっ。タニちゃんみたいなキザりかた(笑)
◆ジュエリーガールとなみちゃん、ここの低音ヴォイスに惚れたなあ…いっぱい映ってて嬉しい。
◆かしげ@靴磨きのトンデモ衣装はやっぱりそのままですぃた…アレはどうなのよ!!…でも歌はやっぱりカコイイ…。
◆IMITATION DREAM、かしちゃん、壮一帆、キムの三人の表情がダークさ増幅。特にキム!やはりルキーニ役者だな。

第三部
ハマコ…めっちゃ映ってる(笑)ここのシーン、奇妙なフルーツ衣装とあやつり人形みたいな踊りが、横尾忠則の雰囲気に合ってて好きなんですよね~。
トドさま、(大)より口紅が赤いので少し女性的。ドキ。
◆それにしてもさすがに千秋楽、みんな痩せてきて、パツンパツンに造ってたコムちゃんの衣装がゆるくなってる気がする。あとダンスは進化してるなあ…。脚上がりもいいしターンも決まってる。
◆改めて観るとかしちゃん歌いまくり。…あたしは貴城けいの美貌もだいすぎだが、歌が一番好きなの…(´Д⊂グスン。
エトワール愛耀子さま。素晴らしい!ちゃんと上手くなってる。


ひさびさのドリキン。
やっぱり大好きなショーだぉ~。

「ハマコする」◆ぶろぐぺっと

こやつは俳句も詠みます。
設置してから初めて詠んだ俳句は(季語ないから川柳か)。
luna070124-2.gif
「この話題 ハマコするのは とりあえず」

ハマコする…ッ!
動詞扱いなのか!さすがだ未来優希
はまこするって、大音量でコブシかましてみるとかですか(笑)

にげら~れな~い か~えれ~な~い ぉわ~いすとり~っ♪
(byどりきん)

※使用例
「あんまり~、おおごえでしゃべっちゃいけない話題は~、
はまこしないでくださいね(*^_^*)」

つかうなら演出家な。
「ここは静かな場面だし、ハマコするのはとりあえずNGで」

あぁ…ハマコちゃんの配役が気になってたまらない日々…。やっぱゾフィーか。裏声で聴いてみてぇよ!「まだ若すぎるわ~♪叩き込まなくては♪」
裏技でマダムヴォルフも観てみたいでつ…

拝啓、地獄の王さま。1◆朝海ひかる

1月24日、退団から1ヶ月。
コムさんお誕生日おめでとうございます。

ずっと書かなかったあの日の思いを少しずつ書けたらいいかな、と。

わたしがコムちゃんに魅了された最初の作品は、
宙組エリザベート('98)。
主役未経験のまま新公卒業のコムロさんにとって、ルドルフは出世作とも云える役でした。そんなことは知らずにDVDでエリザベートにハマったわたしは、特にフィナーレの闇が広がる群舞を気に入って繰り返し観ていたんですが、そこで一瞬アップになったコムちゃんの目線にズキューンと胸を打ち抜かれたんだなー。
名づけて魔の2秒間(・∀・)
DVDでいうと2時間21分34秒(笑)
アレは、ヘタレのルドルフではなく、堕天使で小悪魔で薔薇収集家トドロキを翻弄した魔性のイキモノだったのですよ。

エ××××!!

るなちゃん、今日のひとこと。
luna070124.gif

なんつーことを…!!
おかーさんはそんな子に育ててませんYo!ムキー!!

あぁわがブログの程度が知れるわ…(ブログ内のワードをつかうから)

そんなこんなでだんだん可愛くも憎らしくもなってきたペットです。
有料版にするともっと喋るらしいけど…(ひとんちのブログペット観てるとやりたくなっちゃうな)


ところで、ブログのメールフォームを設置してたんだけど、打った文字が黒くなって背景に同化しちゃうのをスタイルシート修正しました。

ブログペット飼います。

ブログペットなるものを知ったので、気まぐれに配置(下のほう)。
ねこです。猫といえばルナでしょ(笑)

背景は自由に変えられるみたいなので、海を歩かせてみまつ。
クリックすると、↓のようにブログ内の言葉をつぶやきます…。

設定いじれば、勝手にブログに記事投稿したりコメントつけたりするらしいんですが、ややこしいので様子見。

luna1.gif

たからづかにゅ~す

植爺についやした時間が消えてちょっとショックを引きずりつつ、もーなんか新しいこと書こ。

雪組のオヅキさん、「清く正しく美しく」休演でどうしたんだろうと思ってたら「ノン・ノン・シュガー」もお休みですってね。怪我って…お稽古中の怪我なのかなー…ほんとジェンヌさんて身体が資本なアスリートですねえ…。エリザまでには治るのかしら。

花は新公配役でました~
朝夏まなと!野々すみ花
最近プッシュですね~まなとさん。
タカコさんに似てるってきくんですけどほんとですか?
注目でつ。すみかちゃん…黒蜥蜴…フウ。
ところであやねちゃんはトップ娘役とはいえ新公学年ですが、もう新公には出ないんですかね?ファントムには一応出てたみたいですが。
おハナさまのやうに、伝説の女役による新公主役というやつを(笑)黒蜥蜴だって、タイトルロールだもん~。

は!ていうか本公演まとぶんは雨宮青年なのね!
…まぁ真飛明智・春野黒蜥蜴を期待してた身には、ちょっと役不足な感じもするけどさ…。雨宮なら、余計にオサ緑川夫人に裸ダンスで誘惑してほしかったぞー!!
それにしても壮一帆が警部とかみわっちが書生とか…役少なすぎ。
ちなみに書生の名前は忠臣蔵シリーズで付けてるんだって。大石しかわからへん…。
家具屋まゆづきさんってことは、人間椅子よねっ。

色々楽しみですわ~。乱歩でミュージカルって、どんな音楽になんのかなあ…甲斐先生期待してるよ♪

オープニングから、書生ガ~っと並んで、真ん中に雨宮青年が立って、「いまからにじゅうねんまえぇ~♪」とかな!(違)
キムシンだから、派手にやってくれることでせう。

月の行方…

公式の東宝チケ、SSから余りまくってますね…。
1階S以上で観たことないし。
買って観に行こうかしら(大劇場も観てないのに何を云うか)

観てもないのになんかいうのもアレですけど、
とりあえず植田先生は100作を最後に勇退していただくわけにはいかなかったのでしょうか。あんなメモリアル式典までしてさ。

あさこちゃん率いる月組がどう、とかいう以前の問題で、植田演出「だから」ファンも最初から期待しない、チケットもとらないって事態になってること、劇団はわかってないわけじゃあるまいに。

常に一番輝いている時に勇退を決める生徒たちの、フレッシュさ、新陳代謝で生き延びてきた劇団なのだから、演出家にも寿命はあると考えてはいけないのか?確かにベルばら、風共などで劇団史上最大のホームランを飛ばした実績はある演出家だが、現代において、自分の作品における客の入らなさを観て、自分の演出力を疑ったことはないのか?

歌劇において、「生徒を愛するのではなく宝塚を愛してほしい」なんぞとのたまったわけだが、今のスター人気依存状態に不満をもっていらっしゃるのなら真っ先にご自分の勇退を考え、後進に道を譲り、よい演出家を育てるべきではないのか。

確かに生徒だけに入れ込んで作品はどうでもいい、というファンは歌劇団のレベルを上げる意味でプラスになるとは云いがたいが、それと同等に、作品ファン、演出家ファンも居る。作品に入れ込んで欲しいんなら、歌劇やグラフは演出家・作品人気投票でもすべし。

それにしても、植田先生。あそこで引退してりゃ清く正しく美しかったと思うよ…。

…。
↓この先もんのすごく長く宝塚を語ってみたはずが、保存ミスで全部消えてしまいました…最悪…植田っちの呪いか。

タカラヅカ・セレクションについて

いまさらですが、解説。
「タカラヅカ・セレクション」は、ニケが宝塚歌劇で好きな台詞や歌詞をランダムに表示するブログ・プラグインです。
手作業で加えてるので、まだまだ少ないの…今は30ちょっとくらい。

宝塚90年もすぎ、たどっていけば名台詞、名歌詞はやまほどあるんでしょうね。ニケはファン歴が浅いので、ビデオなどでせいぜい10年くらいしか辿れませんが…。

はっちゃんちゃん。

ぬぉ~本日は宙組のはっちゃんこと初嶺麿代のバースデーですな!

はつねさんてば、きりやんとかゆみこたんとかと同期なんだってな!
大和さんより一期上か。

宙組って、上級生なんだか下級生なんだか存在的に(;´∀`)不明な人多いな…。ともちんとかホクショーさんとからんとむとか…春からトップスターのヤマトさんをフォローする下級生ですってよ。

お披露目A/L(アール)って、2番手がともちんだろ!?そんでまさこも出るんだよな。
現タカラヅカで№1・2身長を誇る悠未ひろ(179cm)&十輝いりす(178cm)に挟まれるトップスタァ大和悠河(169cm)!モエ。

や、みっちゃんもいるんだから挟まれるかどうかは不明だが、ともち&まさこの配置は目立ちすぎるが故にバランス重要だよな…。

そんな若者たちをフォローするまりえった&スッシー、宙組をいい組にしていってね。

はっちゃんの話から、宙組を憂いつつ。


あと2日でこむろさんのバースデイ。
そして退団して1ヶ月なり。

あがー。月組ま~だ~

すんません今日も体調悪くてムラ遠征できなかたよ…。
もー千秋楽だけでいいかなって気分だが。

来月が怒涛のスケジュールなのー。
2日に名古屋遠征で水しぇんお披露目だぉ。
5日は月組千秋楽だぉ。
9日は花組初日だぉ。
その夜にバスで実家へ戻って、11日従兄弟の結婚式に出席してから夜行で大阪まで戻って、そのまま12日はかしちゃんのラストデイ中継を観るつもりだぉ。

史実?ロマン?◆傭兵ピエール

ずーっとほっといた「傭兵ピエール」を鑑賞。

なんかも、石田氏演出とタイトルと甲冑っていうので観る気力が失せてたんですが、ようやっと観ました。

石田昌也氏はさぁ…青い鳥にしたって、ちょっと性的ネタに寄りすぎ。
別に娼婦が出てくるのが悪いとかじゃなくて、扱いが。女好みのエロスじゃなくて、男視点のエロ。

ジャンヌ@ハナちゃんに、「私は何人もの男に…」とか言わせる必要性があったのか。ピエール@タカちゃんには、別にフォローさせるわけでもなく、そのままなし崩し的に大団円に持ち込ませる強引さ。しかもジャンヌってあれだけ慈悲深い聖女、信念、純潔を主張するキャラなのに、火あぶりの身代わりを立てて脱出して、そこにもの凄い葛藤とかトラウマとかは生まれないのか?女性の視点から観て、何人もの男に、云々なんつー宝塚ヒロインとしてとてもありえない展開をろくにフォローしない無神経さが許せん。ドラマティックな割りに繊細な心情が描かれないから、余計におかしくなる。

ワイルドでぶっきらぼうなタカちゃんは、別にいいんだけど。なんか雪組時代っぽいし。

個人的にはアリスちゃんが可愛かった。ジャンヌさまの代わりに…って、洒落にならない見た目だからなー…お花サマにクリソツだべ。

石田氏のコメディタッチは、軽く鑑賞できるから、嫌いとはいわないけど、大雑把すぎ。この展開で大団円にするんなら、竜馬もわけわからん群舞で終わらせずに、ちゃんと完結させてほしかったわ。

あとタイトルは原作どおりでなくても。もーちょっと興味をひく言葉があったでしょーに。それから、個人的な好みだけど、傭兵の甲冑はタカラヅカ的にあんまり美しくないんだな。色味がないし。

同時上演の齋藤吉正ショー(満天星大夜總会)は対比してさぞ華やかだったことダロウ。

さて、これで、未見の宙組演目は…
 エクスカリバー/シトラスの風
 砂漠の黒薔薇/GLORIOUS!!
 望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー
 聖なる星の奇跡
 風と共に去りぬ
 コパカバーナ
と、なりました。ほかにも、

水しぇんの、フィガロ!とか里見八犬伝とか。
ヤマト氏のLAST PARTYも観かけで止まってるし。
樹里ぴょん&あすかちゃんのFREEDOM(ねったんもいるじょー)。
ともちんあひのル・プティ・ジャルダン。

あー…はやくスカステ入りたいよー。
録画頼んでるのじゃおいつかん(笑)

宝塚GRAPH 2007-02

貴城けいと紫城るいサヨナラ特集。

なんていえばいいのかなあ…。
乙女な発想でいえば、世界の果てで心中するうつくしい恋人たちのようだと。
この状況だからこそ、このふたりは最高の輝きを放つことができたのかもしれない。

フレッツトークショーだの、ナウオンステージだの、舞台挨拶だの、ひたすら愛を注ぎまくるかしちゃんと、恋する乙女モードるいちゃんの、ラブラブ模様はあちこちで報告されてるですよ。

ゴールデンコンビと呼ばれたタカハナと比べても遜色ない濃密なカップルぶりでねー。

年月が経って、忘れられても、‘夢を売るフェアリー・タカラジェンヌ’として、理想のカップルだったよ、と胸を張って云える、素晴らしい主演コンビになったね。

確かに舞台人は舞台がすべて、なんだけど、やっぱりジェンヌは宝塚に居る限り夢を見せてくれるフェアリーなわけで。舞台裏のゴタゴタは、どんな批判をしてみても結局は外野から物言うだけで、どうしようもないことだし。どんなに人気があるスターだって、10年20年も人気を保つことなんてできないのだから、惜しまれながら辞めるのが宝塚のいいところでもある。

そういう風にみると、宙組の変遷は興味深いかも。
「宙」が出来て、彗星のように現れた初代スター。
年月を重ねるごとに厚みを増し、巨星になって去った二代目スター。
流星のごとく一瞬のきらめきを残して去る三代目スター。
さて四代目は、トップになるべく抜擢され、育てられてきた御曹司。どんな風に輝くのかな。



閑話休題。

かしちゃんと景子せんせい対談。ついこないだ見たばかりのアンカレが話題になってて嬉しかったス。景子先生の少女漫画的演出にはかしちゃんピッタリだったろうにね…主演で演出できなくて残念だな。

「紫城るいステージヒストリー」 男役時代はないのかぁぁ (。・x・)ゝ

「Fantastic Fairy」 遠野あすか。
どこの宣伝写真かと思ったよ…ポーズがえろい…肩出しのラインとか腰と脚の角度とか!…あすかちゃんの肉付きって痩せ過ぎもせず太りすぎもせず、ちょうどいいんだよねえ…旦那はいいよな~(爆)

「篠山話に花が咲く」 キスですか!キスなんでつか!?キシンの云うとおり、ほんとにほんとに「美男美女」の形容が合うふたりで。

「トークDX」 タニのジョルジュ・サンドは「いける口ですよ」byかしげ…なんかもうセルフつっこみがかしちゃんらしい。

「華ざかり夢ざかり」 最近すみれちゃんにどんどんハマってきている…素顔写真かわいいんだもん…笑ってるすみれちゃんがすき。笑いがとまらない舞台のオサさまもすき。

「その先の安蘭けい」 バッグ豹柄!トウコちゃんらしー。あひちゃんとも仲よろし。

来月はえりたんとらんとむ表紙。
同期売り流行ってんのかなー。

婦・人・公・論

ふっと本屋に立ち寄って。
何十冊もの雑誌が重なりあってる棚からチラっと見えたのは、記憶にひっかかる右目と鼻

こ、これは…!

あさって発売日の婦人公論最新号。
すてきなたかこさんのために、今まで読んだこともない雑誌を買う羽目になりました^^;
なんだっけな、確か女性セブンとかにも出てるとかゆー噂。
うーんさすがにソレ系の女性週刊誌はしょーもない中身ばっかりなんで、買いたくないなあ…でも内容によっては買っちゃうかもなあ…。

たかコンは、懐メロ重視のノリノリ(死語)だったよーですぉ。
まあW-ingリベンジですものね。でも小池ちゃん演出だしね。フランクホーン氏の未発表曲や、エリザも出たそうな。ラストはネバセイで。

あぁ好きなジェンヌが退団して女優になる過程をみるのはタカコさんが初めてなんで、嬉しいけど、複雑な気持ち…。これからはメディア露出が増えていくのかしら…。

070120_2344~01.jpg

ところで和央コン。

今日初日でしたね。

ネトさすらってみたけどまだまだ報告がないわ~

どんなかな~

結婚退団でしたの。

あいよーこさまが結婚ですってね!?
しかも歌舞伎地方の方。

そぉか~。
あみたんは、ハマコちゃんを振ってお嫁にいっちゃうのね。

いやいや、おめでとぉございます(*^_^*)

それよりもなによりも、あみたんが、野坂昭如(字あってたっけ)の娘だったって、しらなかったYO!!Wikipediaには愛耀子欄がないんだもの…。やーびっくらびっくら。

単に2世ジェンヌってだけじゃなかったのね。
早くおんなのこ産んで3世ジェンヌ目指してくださいな~。

心の翼◆チャリティコンサート

一昨日TCAミュージックで05.01.17「阪神大震災チャリティコンサート」のライブ音源が配信になりました。開催からちょうど2年、そして彩乃かなみちゃんが今話題の「千の風になって」を歌っていたことも、今回配信の契機になったことでしょう。

いくつかの配信サイトからダウンロードできるんですが、なぜかiTunesだけ遅れていたのね。iTunes Storeをいじって宝塚ソングを視聴していたら、たった今チャリコンアルバムがアップされたので、即買いました。

とはいっても、「心の翼」by安蘭けいのみですが。

宝塚における名曲中の名曲。
大浦みずきver.はくりかえし聴いてきましたが、このちょっとハスキー目の歌声が、泣かせるの。なつめさんってそんなに歌は上手いとはおもわないけど、心のあたたかさが染み入る声だなあと思います。

もちろん曲そのものがほんとに素晴らしいので。
なんせタカジョーさん(高橋城)とハリー(正塚氏)だもの。

このトウコちゃんver.で…もう、心は号泣(/_;)
て、いうか、トウコちゃんは歌いながら自分で泣き入っちゃうよね(笑)

歌声がドラマティックすぎて、わたしは普通に聴き流せない。
スピーカーの前で心の準備しないと。
たとえば「惜別-オマージュ」@ネオ・ダンディズム!の「星の導き」も、観たら消耗するほど入り込んで観てしまうのさ…。それほど彼女の歌に惚れこんでしまってるのなー。

知らない人はぜひ試聴でも聴いて欲しいなーっつわけでリンク

復習復習◆月組エリザベート

あさこちゃんの話題をふったところで。
久々に月組エリザ(しかも2幕から)を鑑賞してみる。

ナニが素敵かって、フランツィ~ガイチですって(*^_^*)!
マダム・ヴォルフの場面、表情がエロ杉!!
いやセクシーという意味でなくエロオヤジ(笑)
目ぇぱちぱち瞬かせて、鼻の下伸び…えっちいこと考えてんだろなー…芝居こまけぇー。

ちなみに歴代フランツで最もエロオヤヂだったのは断トツで高嶺ふぶきサマ。デフォで眉下がってんだもん!フィナーレナンバーの顔はエロオヤジすぎてヤバかったなー(ニケは高嶺さんダイスキですよ)

「エリザベート」って、役は役として観てるんで、改めて考えたことなかったけどさー。
あさこちゃんとガイチは夫婦なんだよな!フォー!!
夫が居るようにはみえないよママン(笑)

や、隣にガイチやさえちゃんをもってくるからちょっとばかし逞しく見えてしまうんだがw、私はあさこシシィは実際のエリザベートに近いんじゃないかと思うのね。ウィーン版のマヤさんなんかも、欧米人はガタイがいいからさ。
自由を求めて王宮に反抗する強さには、男役のもつ芝居の骨太さが意外にハマってたと思うの。特に「私だけに」は圧巻。
で、どうせあさこシシィなら、オサトートで…と妄想しちみる。

妄想配役っていえば、ガイチのトート観てみたいわー…ルーナ伯爵(@炎にくちづけを)のサドっぷりで。相当個性的なトートになると思うぞ。歌はもちろんイチロ閣下ばりにねちっこく!!



ところでるいるいのリヒテンシュタイン、皇后より美貌に磨きをかけてる気がするYO!可愛すぎるぞー。

ゆひくんのエロスもただごとじゃないっす。立ってるだけで無駄にエロい。フィナーレ群舞の表情とか…コムちゃんとはまた異なるだだ漏れのエロさがたまらんー。

きりやんルキーニはトドルキーニに迫る素晴らしさかと。あのテンションで客席いじってる(オサさまとかわたさんとか)んは凄いなー。


さ!
春に向けてエリザモード!
とにかくハマコと圭子姐さんの配役が気になってたまらんのだが。未だに圭子姐さんのマダム・ヴォルフは最高の出来。またやって欲しいなあ…。

瀬奈じゅん写真集

情熱のアイルトン瀬奈氏、19日写真集発売。
⇒ENAK

ふほ~。
あさこちゃんカッコカワユすな。
スペインといえばマタドールマタドール。

あー「マノン」観なくてわっ。あさかなあさかな。


スパニッシュな舞台も観てみたいんだけどな、月組…。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。