スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前楽◆雪組

いやー。
朝並んでみたものの、まさか本当にあたるとは。
初・生サヨナラショー。

とりあえずメモ。

いろいろいろいろ買った。
ドリキンの実況CDとか。

タランテラの後半にて。
佐々田愛一郎、客と一緒に手拍子してたぞ?
てか周りの人も。
指揮者、指揮しなくていいのか?

さよならショー。
組長泣き入ってるよ…。
あいようこが退団するのをはじめて知った!

やはりコレで始まるよな、「ベルサイユのばら」!
「わが名はオスカル」っ

続いてドリキンの「ROSE」
同じ薔薇ネタでも、清廉な気高さと妖艶な美を演じられるコムちゃんてば、ほんとにすごい。

のこりはまたあとで。

明日も抽選ならばなきゃ。
四時おきなのよ。
スポンサーサイト

謎の歌詞◆タカラヅカ・ドリーム・キングダム

ドリキン第二幕、the brilliant greenの‘bye bye mr.mug’の歌詞について。
ここ数日、紅子さま(オフ友)ともっぱらの話題に。
一番最初の言葉がどうしてもわからないんだ。

・you're in the white sleep

・in the white dreams

・病んだwhite dreams

英語か日本語かも判別できないよー。
英語だとしたら、
「コムちゃん緊張してたんだよ!」と力説してみる。

ネット検索してみたら
・病んだwhite street

って出てきた。
うーんうーん実況CDに歌詞載ってるなら買うんだけど。どうしよ?

‘あなたはわれらのなかにいきづく’

私は相当、朝海ひかるにいかれてるらしい。

ファーストラブのタカちゃんと比べてどう、とかいうことではなくて。役者の魅力というものは本当に多種多様で、好きになるキモチは比較のしようがない。和央ようかという人は、単体でももちろん魅力的ではあったが、特に花總まりとのコンビネーションこそが、至上の美だった。そのあいだにある愛が芸術品だった。そう思う。

コムちゃんに対して同じことは感じない。演技も本人自身もクールだし情熱的な愛よりも自身への葛藤の演技の方が強く出ている。

しかしそれはナルシスト的なものとはちがう。

彼女が心から踊っているとき、青い炎のようなゆらめく情熱が見える気がするのだ。その広げた腕がアルバトロスの翼のように、自由に羽ばたいて。よろこびに満ちた瞳も響き渡る歌も私の魂を浮遊させる。

せっかく出会えたのに、彼女は飛び立ってしまう。
だから、つよく願ってしまうんだ。
“せめて今だけも、つなぎとめ”たい、と。

堕天使たちの、涙

明日、雪組前楽。
月組千秋楽は…哀しいけどあきらめる。

2日間、コムちゃんの最後の宝塚を全力で見てくるよ。
抽選があたればいいけど。

感傷、なのかな。
サヨナラショー、とか退団、とか。
あまり実感がなかったけど、二度と観られないのかと。

ひかりが突き抜ける空のように、とてもとても切なくて。

いかないで。
そう云えたら。

新参ファンであることが、口惜しい。
なにも、なにひとつ、いっしょに辿ってきたものがないの。
若手のころから、ずっと観てきたひとたちもいるのに。

それでも。こんなにも美しいひとの最後の舞台を観てこれたことがしあわせ。

20040806185826-0002.jpg

最後に勝つのは…?◆エリザベート

ここ最近は基本、雪組・コムちゃん中心の生活。

が、間々にもエリザは欠かしてません。
すでにライフワークならぬライフビデオ?

トーコちゃんのエリザ新公、エリザベートSpecial DVD引っ張り出してきて見てみる。う~ん素晴らしい。10年前だぜ。「愛と死の輪舞」のねばり方が一路さんといっしょw
トーコトート×かしげルドルフ…ふがぁ。ダブルけいだなあ。
ミルクの「今!」はぞくっとするほど完璧。
あートウコトート、観たい~観たい~。


(…今宙エリザ稽古映像で出てきたコムちゃんルドルフに思わず萌…あぁぁサイコー)

新公で一番歌が上手いと思ったのが宙組のねったん。
ミルク後の闇広で、「みえ~なぁい~」と音を振り落としてたあたり、技術点高い人だよなー…あれは姿月というより一路トートかな。惜しい人だ。

そういえばオサトート×ゆみこルドルフでちょっと気になるのが、「闇が広がる」の息の合いすぎなところ。一緒に健康体操やってんじゃないからさ…もうちょっとルドルフらしく、ひきぎみでやろうよ、って思っちゃうの。みごとに新公も健康体操になってたし。

で、唐突なガイチフランツの映像になんかいろいろふきそうでした。「エリザベートは私の妻だ~♪」アルト声に腰砕け。
あぁガイチーがいちー。結婚してー(無理)

もう次から次へとイイ映像てんこもりだなあスペシャルDVD。



今ふと思ったけど、来年の雪エリザはハマコフランツでどうかなー。
やっぱ最終答弁は歌の上手い人で観たいなー。
10年前は「エーアンの歌手」だっけ?雪エリザあんだけ観まくっといて全然気づかなかったわ。そんで新公はゾフィーなのよね。さぞや迫力があったでしょうよ。

圭子さんはやっぱ、マダムヴォルフでがしょ!
(って書いた後に、初代マダムだったこと思い出した…そぉかあれが圭子たんだったのよね!)
十年前以上にかましてほすぃですねっ。

…水トートが負けそうだなあ…。

せめて、今だけは…◆タランテラ!

ここぞというところに使われるハマコの歌は、力強くて、熱くて、泣ける。

第6場、アマゾンで
Papparappara, pappa, Ya-Ya-Ya♪
と弾けたサンバに被さってくるのが、
去ってゆくコムへの泣きメロ。

いつか君の夢も空へとける
せめて今だけでも繋ぎとめよう、ここに




星組「ネオ・ダンディズム!」でいうならば「惜別-オマージュ」のシーンにあたるような。
トーコちゃんからわたさんへの惜別の思い。


あー。宝塚じゃないと味わえないよなあ、こんなせつなさ。

ボニー&クライド◆凍てついた明日

ただいま観賞中σ
…あまりに若いハマコにびびった!

初・和モノ◆長崎しぐれ坂

宙組公演の前に、日本ものに慣れとこうと思います。




……(DVD終了)。
いろんなとこツッコミたいよー…。
まず、セリフが聴き取れん。

唐人街が舞台な為に脇役達は九州方言を中国訛りで喋るわ、主役たちは江戸っ子べらんめぇ口調だわ、手下@路線男役たちは何故か土佐訛りだわ…あまりに入り乱れてるせいで土佐っ子の俺も一瞬わかんなかったけど、啖呵はかっこよかったよ、まとぶん。むしろ、らしゃ@トーコ視点でコッチを主役にしてほしいよーな…^^;


トドロキとトーコのべらんめぇ喋りは素晴らしかったんだが、あれは演劇っていうか、まさしく植田歌舞伎。トップスターでアオテンが違和感なさすぎるのも、なんかすげーなー。わたさん。

多少なりとも邦楽の経験があるワタシとしてはオープニングの和モノ全開ムードはそれはそれで好きだが、まだ和モノ宝塚には違和感あるのかなあ…。

ビデオ入荷メモ

スカイステージの録画到着。久々に大量注文してDVD27枚。そろそろ100枚は突破したよなぁDVD。「青い鳥・ドリキン」「王家に捧ぐ歌」なんて大劇場版・東宝版とはいえ2本目だし。さらに「王家」は最強に可愛いトーコが観たくて、中日劇場版も注文したΣ(´`lll)。

<初風緑>ボーイズレビュー2006
<轟>春櫻賦/オクラホマプロダクションノート
<雪>青い鳥を捜して(東宝千秋楽)
<雪>タカラヅカ・ドリーム・キングダム(東宝千秋楽)
<雪>アンナ・カレーニナ
<雪>パッサージュ/花供養
<雪>春麗の淡き光に/JOYFUL!
<星>Sing Sing Sing(1981瀬戸内美八リサイタル)/大和悠河ディナーショウ
<星>王家に捧ぐ歌(東宝千秋楽)
<星>ベルサイユのばら/ソウルオブシバ
<星>1914/愛/タカラヅカ絢爛

<星>花の業平
<星>サザンクロス・レビューⅡ
<星>花舞う長安/ドルチェヴィータ
<星>長崎/ソウルオブシバ
<花>琥珀色の雨にぬれて/Cocktail
<花>マノン
<月>血と砂

(以下公演以外)
宝塚名作check it out#28 
ソウル・オブ・スターズ!!-宝塚歌劇韓国公演同行ドキュメント-(45分Ver)
NOW ON STAGE堕天使の涙/愛するには短すぎる」
スカイステージトーク43/JURIのおじゃまんぼうセンサー8
Starlight28音月/Starlight29貴城/Starlight31朝海
Brilliant1「安蘭けい」/Brilliant2「安蘭けい」/Replay#16真矢みき
T-style#4彩輝月影/プチボヤージュ100回
湖月わたるサヨナラ番組/宝塚歌劇魅惑の世界展 音月トークショー
This is TAKARAZUKA!/演劇の小径#22「ボーイズレビュー2006」



アホい鳥@青い鳥を捜して

夢の王国ばっかり観てるわけではないのよ。
芝居の方も今しがた観終えました。

日参してる感想サイトさんでの評価が散々だったのでどんなもんかな~と思ったけど…素直に爆笑しました。面白かったよ。

「品がない」とか「宝塚でこれはちょっと」みたいに云われてる理由も判らないでもないけど、わたしはあんまり拒否反応はなかった。皆の演技も話のバランスもよかったし。とにかくコムちゃんが壮絶に美しいので…ていうかトドコムで兄弟~。観賞価値の高い家族だなぁ…。

コミカルなトドさま、好きですね~。
あの美貌と喋り方、紙一重でゴッドにもアホー(失礼)にもなれる希少な存在だと僕はおもうよイシちゃん。

コムちゃん…もうやせすぎ!
そんでジャケットから覗く首がものっそい男っぽかったの。ちょっとびっくりした。堕天使でも思ったけど、コムちゃんって手の骨ばった感じとかもほんとに男っぽいんだ。身体全体や顔は可愛い少年のイメージなんだけど、部分的に観ていくとちゃんと「男役」してるなあ。ありきたりかもしれんが、ほんとに外国映画の綺麗な少年みたいで。歌なんかワタさんやタカちゃんよりもずっと低いしな。フェアリータイプといえばこれ以上ないくらいフェアリー。トーコちゃんみたいに「女役」にはなれないの。

もう本気で好きだ…この人。

オトメは愛がだだ漏れな王子様的存在を求めてはいるが、その真逆、振り向きもしない孤高のフェアリーにも惹かれてしまう。ミステリアスで魅惑的な魔性の存在。

「アルバトロス(アホウドリ)」「堕天使」「タランテラ(毒蜘蛛)」とは、また見事に並んだものだ。

今年始めのオスカルにしても。私は未見だが、なんとなく想像できるよ。オスカルは熱い人だが、貴族の孤高な姿をももち、その強い瞳はとおく未来を見据えて荒野に立ち続けているように思う。

と。コムちゃん談義はおいとくとして。
りらちゃん。堕天使・スサノオ、ときて観たのは3作目ですが、喋り方が好き。娘役としてはちょっと大人っぽいかなあとも。リアルすぎもせず不思議ちゃんにもならず、とてもいいバランスをもってる気がする。

白羽ちゃん。いいよー!ドリキン2幕目のドスきかせたジュエリーガールにトキメキでしたが、芝居もさいっこうにはじけてんの。かしちゃんのぶっとびかたもすごかったけど。いや~星組「愛するには短すぎる」の印象があまりに薄くてさぁ…。まあ退団ではないからしょうがないけど。もと雪組ってこと知らなかったから、なんで星⇒雪にスライドなんだろうと思ってたけど。あー。エリザベートだよなぁぁぁぁッ!!

かしげさま。思いっきり脇役だけどあなたの全開の笑顔が心の糧です…泣きそう。

キム。くぁーわいいー。本気で娘役になってるのかどうなのか。アメノウズメもそのあたり微妙だったけど(笑)くるくるまわる表情が好き。

ハマコ。おっさん…本気でこの人おっさんだ…コレでコムちゃんやオサちゃんたちより下級生って。もう専科の人?って云われそうだ…。

圭子さん。うーん、ショー歌で活躍してる分芝居は控えめ?

愛ヨウコ。上に同じ。あんまり知らないけど、愛耀子ってばイロモノカテゴリなの?普通に可愛いと思うんだけど。

いろいろと、楽しめました。うん。わたしは好きだよ。

宝塚GRAPH 2006-11

わわわわたたたたわたたるアニキぃ・‥…━━━★
ややばいナニこれ表紙みれない
(>< )oダメーo( ><)oダメーo(><)oダメー

勇気をもって表紙あけてみる。

タカラヅカの卒業といえば白。黒背景に手を広げて立つアニキ。
ファー付きのコートを着て、ポーズだけ見れば「A-ha?」って云ってるアメリケンみたいですが。もっと笑ってたら「僕の胸に飛び込んでおいで!」って感じでしょうねえ。トウコちゃんもすっぽり収まる収納BOXワタル兄貴(笑)抱きしめられたらときめいちゃうよ…うん。

ページをひとつめくると…ッ!
っくぁぁぁ!!!
ちょ!ナニ!退団でオンナを魅了してどぉするよ!

ホストのようにキメポーズをしたアップ写真。
ふわっと無造作にかきあげられたようなヘア。
アイラインがナチュラルにキリっとしてる。
なのにひとみは透きとおっていて、余計なものがない。
ガンガンにキザって眼からビームで「オレってかっこいいだろ?」な表情はしていないの。
その逆。磁石のように、ブラックホールのように、惹きつける。
少し寂しそうな表情をして。

眼は口ほどにものをいう、って格言を思い出しちまいました。

おそるべきシノヤマジック。
隣のページの全身を使ったダンスなフォトでは、わたさんの手足の長さを堪能。
あ~…わたるで黒服といえばカスミラなんだよなー。

最後の2頁ぶち抜きのうつくしさは…もう。
恋人にしたい…。

ラストインタビューの写真たちは、クールガイ男役・湖月わたるって感じ。タカちゃんもだが、まーシンプルな白シャツに黒パンツが似合うよなあ…。コムちゃんやトドさまだとフリル全開。個性って凄いな…。

あーわたさんでいっぱいいっぱい。

アサ×和音ちゃん(おぉ今回エトワールだよ。すばらしい。新公主演娘決まったみたいですね)とか。
ワタ×トーコのトークDXとか。

かしちゃん退団発表以来、新生宙組を応援する気持ちをぶった切られたような灰色のモヤモヤが消えなかったんですが、咲き誇る花のようなこの美しい笑みを観てると、なんだかふっきれてきた気がします。ほんと、すてきな笑顔というか、癒されるなあ…。ほんとにいいひとっぽさが出てるよなあ。るいちゃんの笑顔も大好きだ。

そして次号予告の『朝海ひかるサヨナラ特集』の文字に、めまいが…。
ああもう考えたくないよ…泣きたい…。

わたさんの・コムちゃん・りらちゃんのサヨナラがあり、水さんトーコちゃんのお披露目があり、かしるいのサヨナラがあり、新生宙のお披露目があり。ついにタニちゃんが来るんですかねえ…

そのあいだにオサアサは何ごともなく過ぎていってほしいんですけど…おさちゃんはいつきてもおかしくないからな…あぅう。まとぶんが移籍してきて、主演作年末にくる、このタイミングを考えると。黒蜥蜴で…?でももうファントム終わっちゃったし、発表するには遅い…よね?いやでも星楽とか雪楽を待ってるのかも。
って常にファンをやきもきさせる心臓に悪い劇団だよちくしょう。

ビジュブリ

いつも日に5~10件程度のアクセス、さっき解析みたら今日はいきなり39件に跳ね上がっててびっくりした…。
タイトルにコムさんが入ってたせいだよな…リアルタイムだ。

さて、久々にビジュブリを聴いております(映像は持ってない)。
なんといっても、私は初・宝塚が『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』な訳です。
アサコちゃんの男前な歌とか「春野さん、僕とダイヤどっちが好き?」とか(オサちゃんご観劇でした)、音ガンガンに割れまくるトド様のタンゴとか。

…ああやっぱりトド様の声好きだなあ。

すっごい懐かしい気持ちになってるんだが…まだ5ヶ月経ってない、のか…(´・`)

今聴いてても、ビジュブリは当たりのショーだったと思う。
とてもキャッチーなテーマ曲。
いちばん最初に着メロにしたもんね。
作曲、調べてみたら、なんと吉田優子先生ぢゃないですか!
あぁ優子先生サイコウ。
ガイチのファイナルソングは泣かせるためにあったよね。
堕天使の涙は全編通してゾクゾクするほどうつくしく、コムちゃんの響きを全身で感じ取れるのがうれしくて。

タカラヅカの作曲家陣は、ほんっとツボだー。

全ツ中のショーもビジュブリ。
トドさまはいないけど(あーオクラホマ行きてえ)、今ならセナもゾラも見分けられるZo!!
当時のわつぃは次々衣装が変わるジェンヌがわかんなかった。唯一トドロキだけは声でわかったww
あさこちゃんは上手いけどクセがないからイマイチ区別つかなかったんだよね。

さて。
いま私の最大の悩みは28日雪組前楽と月組全国ツアー千秋楽のどちらをとるべきか。
雪は前楽・楽、共に当日券は抽選なんだよ…観れないかもしれないじゃないか。あぁ。

朝海ひかる、の魔力

ドリキンのDVDを紅子さまにプレゼンツ。
ついでにイチロさんの闇広CDも。

「こんだけ萌えな人ってもう出会えないかも」
とのたまいき。私と違って何かにのめりこんで一直線にはならない彼女なので、おどろきました。とは云っても私のようにお金つぎ込んだり生活が宝塚になったりはしないですけどね…クールな彼女の中の萌え度はかなり高い様子。

今日も会社の昼休みはPC画面でドリキンフィーバー

トドは完璧…どこで画面止めても完璧…

ちなみに彼女には「エリザベート」「堕天使」「ドリームキングダム」ぐらいしかちゃんと観せてないんですが、私が毎日のようにジェンヌ語りをしまくるせいで結構覚えてきてるの。
とりあえずモノマネレパートリーは姿月トート、一路トート、ル・サンクに載ってた湖月さんのヘンな顔by砂漠の黒薔薇、で楽しませてくれてます。似てる…似てるよ。



さてオークションで狙ってた月千秋楽in彦根チケット1列目というオイシイ席は高騰したため見送りました…雪楽と宙初日が待ってるもんでよ…いや雪楽は行けるかどうかわからんが。
他の席も狙ってみるか。

あと明日発売日のグラフの表紙観た…ッ!!
湖月わたる史上最高に男前美麗ショットだぁぁぁっ(」゜ロ゜)」
ヲトメ心をグッと鷲掴みですよわたる兄貴!!
阪急のサイトで確認して目ビームにクラクラ。はぅ。
シノヤマキシン、できるヤツ!

砂漠の城@カステル・ミラージュ

ひさびさに宙組「カステル・ミラージュ」を流しております。
オ~ォミラ~ぁジュ~♪
い~い曲だよな~。タカちゃんの声にぴったり。

「レオナードの幻想」は何度観てもかっこえぇ…。
ヅカ的スタンダードもの(燕尾ダンスとかデュエットとか)を除けば、一番好きなダンスかもしれん。HIPHOPダンスになるんかな?
また後ろから冷徹な表情で攻めてくるワタさんがよぅ…くぅ。あのタカちゃんよりデカイからこその迫力だよなあ。初めて観た時は湖月わたるの映像も初めてだったから、普通に流してたけど、彼の魅力を知った今、オトメ心は急上昇っす。

ハナちゃんは…まあネバセイの位置付けと似たような感じだよね。トップを引き立てる娘役に完全に徹してるのが。「エリザベート」「激情」「鳳凰伝」「ベルばら」などなど、押しも押されぬ存在感を見せるかと思えば、ちゃんとスタンダードな娘役もこなす。押しも引きも出来る、他の追随を許さない演技力が稀代の娘役といわれる所以ではないか。

もとから持っている存在感だけで勝負してるのではないの。
薄くも濃くもコントロールできる。それって、本当に凄いことだとおもう。男役トップはひたすら存在をアピールし続けないといけないが、娘役はそうではない。常に男役との対比で演技をしている。

「ファントム」でいうなら、花組版のあやねちゃんはそれは可愛らしい、愛すべきクリスティーヌだっただろう。
でも私がおハナさまが素晴らしいと感じるのは、ひとりの人間としてのクリスティーヌとしての存在感を舞台に現してるからだと。トップスターの添え物ではない存在を。この5年前に「あたいは自由なんだ!」とカルメンやってた人と同じとは到底思えん…。

ヲトメの夢…@タカラヅカ・ドリーム・キングダム

昨日の観劇に続き、紅子さまを我が家に招待してのドリキン鑑賞会
もうね~彼女も私もこのショーがフルで観たくて観たくてしょうがなかったのよね!

一昨日夜、ひとり部屋で悶えながら暴れて観賞してたわ~。
萌えすぎて変な声でちゃうのよね(ぐはぁぁ!とかヤバイよこれ!とか超独り言)、ってUさまに報告したらすっごい期待してくれて。

観始めると、反応が私と全く同じだったよ…
5年目の付き合いで初めて聴くような音が漏れてた…(ぶフぁッ!!)
鼻血とかいうレベルじゃないのよね。
あーツボだわドリキン。

第二幕もカッコイイんで。
白い街のOPのコムちゃんがほんとにほんとにカッコイイ。
白いファーのオカネモチコートに金髪…
また歌が80年代くらいのレトロな雰囲気で、映画のプロモーションのようだった。
銀橋に出てきてハマコと圭子さんが加わって歌うところがまたレトロ感を増幅させる(あえて古いとはいわない…笑)
こんなにも美しいショー。泣けてくるよ。

調べたら、なんとブリリアント・グリーンのデビュー曲だそうだ。ちょっとコレには吃驚仰天。原曲は、ちゃんとブリグリっぽかったよ、うん。タカラヅカが歌うとあんな風になるんだ。凄いなあ。イントロのギターが泣かせる…泣かせるコード進行だよちくしょう。

それから銀狼トドさまにはクラクラ。美貌が完璧すぎるよ…。
チャイナ着て暴れん坊将軍みたいな殺陣、しかもバックには愛耀子サウンド付き(これは奥村愛子の曲でした)。濃い…。

んで、ダンス大好きな私にはたまらないストリート系の群舞。まーちゃんをめぐってコムチーム・トドチームみたいな。曲もエフェクトかけまくってノリノリ。あんなにがんがん踊る轟悠はあんまり観たことないので新鮮でした(いつも燕尾で大階段から光臨っていうイメージなのよね)。動きがいちいち男っぽくメリハリついててカッコいいの。

で。むちゃくちゃカッコイイシーンですが、ひとつ文句が。

あのかしちゃんの衣装とヅラは…なんだ!!?
ありえない!!
まずロン毛が似合わないって第2幕の最初の緑髪観て思ったし、この場面では黒ストレートロングしかも姫カットという、間違えたウィッグ。
そして…そしてナニ考えてんだ衣装部と云いたくなる衣装…どっからどう見ても八百屋に買い物に来たおばちゃんスタイルにしかみえないよ!?「白い街の詩人」って!全身白いから、長い割烹着みたいなやつにカーディガン羽織ってるようにしかみえない…。こんなに間違えた衣装は初めてみたぞ。かしちゃんの前で踊ってるトドコムまーちゃんが美しいだけに、明らかに異質。演技はちゃんとかっこいいよ…衣装だけがおかしいんだ…。美しいかしちゃんなだけにショックでした。

立見@堕天使の涙

さて昨日は3回目観劇。

DVD見せまくってコムさんにハマった紅子さま(オフ友)を連れて。
チケットプレゼントしたんだけど、ほんとは私は行けない予定だったので、一緒でよかったよ~。私は立見だったけどね~。

コムちゃんに関しては、彼女と私は萌えポイントがドンピシャなもんで、ショーのラスト燕尾の腕まくりにおおさわぎだったさ。

さすがに3回目となると、全体もよく把握出来てきてよいね。かなめくん翌日(今日だけど)新公だったもんな。ちょいと注目。

それにしてもショータランテラ!

美穂圭子・愛耀子・未来優希、濃っ…^^;
更に専科のシビさん(矢代鴻)が出現。
これでもかとビブラートの応酬。
…昭和歌謡ショーですか?
えぇもちろんニケは大好きです(断言)

しかしこんなに濃厚な人たちひと組に3人もいらないんじゃ(笑)
コムの見た目に騙されて、こんな(一部が)濃い組だとは思ってなかったなー。

そりゃ雪組エリザベートなら100回ぐらいDVD観てるけど、一路真輝の濃度はまたちょっと違う。

「ドリーム・キングダム」もコレ系の歌謡ショーだった…しかもあっちはかしちゃんがいたから。かしげもすっげービブラート効かせた歌い方するからなあ…ソレを云えばコムちゃんもだが。

さて…我慢してたけどついに公演写真かったぞ。
堕天使OPの赤毛コム
そして退団記念両面パウチ2500円
ssnow_20_08.jpg

ドリキンのROSSOだよぅぅぅ!!!
そして宝塚アンに行ってコムちゃん表紙の去年の「おとめ」をゲット。
ガイチと樹里が….・゜゜・(/。\)・゜゜・

当日券@墮天使…とれるかなぁ…

かしるい&タニちゃんがイッパイだぁ…

阪急車内です。
公演次だもんな…あの水色ポスターみるたびに
「一作退団」
の四文字が浮かんでしょうがないよ…

さて昨夜は引き続き念願の「タカラヅカ・ドリーム・キングダム」を観賞いたしました。
コムトドだよコムトドォ!!
これだよこれが私の観たかったもの!
YOUTUBEで流れてる「RORE」のワンシーンだけで一月以上話題もってるぐらい衝撃的だったド耽美シーン。あ~眼福。

振付師ANJUこと安寿ミラさまありがとう!さすが元トップだけあって萌えツボを熟知してるぞ。

アマテラス!@雪組スサノオ

さて昨日に引き続きキムシン演出。
「スサノオ」DVD観賞。

…。

おかあさんテェヘンだコムがヘタレだよぅ…(_□_;)!!

わし、コムちゃん大好きですが作品はまだあんまり観てないのね。
宙エリザベートのフィナーレダンスで堕ちて。
ドリームキングダムのトド×コム(いやむしろコム×トド)エロダンスに萌えまくり。
あとはゴールデンステップスとか、ベルばらの小雨ダンスぐらいしか観てないんだ。
生は堕天使だけだし。

みんなにイタブラレルスサノオが新鮮ですぃた。
欲を云えば水@アオセトナにはもっと攻めてもらいたかったんだがなー。あっさり死んだなあ。

作品的にはいろいろ難点が多いだろうが、なにぶん観賞一回目なんで役者にひたすら萌えて終わりました。




そう、傷ついた目のすてきなすてきなコム姫を差し置いても注目したアタシの最大のツボは、

アマテラスお姉さまッ:*.;".*\(*^▽^*)/!!!

GA・I・CHI!!!

もうどれだけ携帯の画面でその輝かしいうつくしさを堪能していたことか!!あぁしかし動いて喋る貴女には適いませぬ!!
Ohパーフェクト!完璧なゴッド・アマテラス!

もうガイチが喋って動いて笑ってるだけで幸せ。
女神さまのようだ。
男役女役とかもう超越してるよなー(まあ神様だし)
なんでこんなに素敵なんだろう。
エリザベートコンサートも楽しみにしてるよ。

コムちゃんの、胸を射抜かれるような魅力はまた全然種類が違うんだよね。朝海ひかるの見た目を裏切る(笑)力強いビブラートが大好き。一番好きなのは耽美コムだけどな´ー`

あと、壮一帆@月読命が、一路トート閣下にすっごく似てたの。びっくり。特にオープニングの目線とか表情とか動きが。堕天使でしか観てないから、あんまり印象なかったんだけど。

んで、ラストのキム@アメノウズメのオカマは結構笑えた。キムってば表情豊かでうまいなあ。あぁそういえばアルバトロス初日出待ちでまん前に来たキムのくちびるがすげぇ印象的だったな。
王家の「すごつよ」にしても、暁の漫才にしても、壮大な世界観のくせにエンタメであろうとする(外してるけどさ)のがキムシンの面白いところだなあと。

あとハマコの濃さは専科並だと思うんだが…水と同期かよ!
タランテラの歌がほんっと良かったの。あれだけ豪華な歌陣はないよなあ…。みんな超濃い(爆)

ショーのタカラヅカ・グローリーはちらっとOP・EDのガイチだけ観てとりあえず休止。90周年でヅカマンセーなOPにちょっとゲンナリしちゃったもんでよ。

さぁ!今からタカラヅカ・ドリーム・キングダム観賞だ!
そんで明日は大劇場で堕天使の涙(3回目)だ!

愛~だ~@王家に捧ぐ歌

ぶおぉぉぉぉ。・°°・(;>_<;)・°°・。
あい~~~だぁぁぁ~~

いやぁひさびさに集中して一本モノを観ました。

なんと!トーコに萌だえてる(日本語違)あいだに終わっちまったぅぃ!!

やだぁもうトウコかわいぃい~(m~-~)m

「抱きしめて…っ!」

っいやぁぁぁぁぁお持ち帰りしたいぃ
安蘭さんひとりテイクアウトでよろす!

あーすっごいもん観てしまった気がする。
星組は熱いってホントだったんだなあ…
初めて観たのがよりにもよってクールガイな正塚芝居だからな。
あとは「ゴールデンステップス」のビデオしか観てないよ星。
なんでコパカバーナ観なかったんだ俺は。
ワタさんのあの熱い舞台をナマで観てみたかったなあ…

YOUTUBEの動画は中日バージョンだったので、アイーダの女らしさが最強でした…もうほんとに悶え死ぬぜ(≧ロ≦)

今フルでみたのは宝塚大劇場バージョンだからまだ勇ましさが残ってるかな?いやでも女役の基本値は超高。ちなみに東京公演千秋楽ver.を録画注文してるんで、進化したトウコが楽しみでしかたないね。

もうラストは…o(;△;)o
あんなに熱いラブシーンは初めて観た。
キザってなくて、歌も得意ではないワタさんがトップのワケがよくわかったというか。
コムちゃん、ましてやトーコちゃんのようなバリバリの男役でさえ女にしてしまえる包容力。


トウコちゃんいっしょうけんめい背伸びして首っ玉にかじりついて。
わたさんが、ぎゅ、って…

っだぁぁぁッ(萌死)

死ねばいい!(ソレ違う作品だから)


あー甲斐センセの音楽サイコー

ビデオ入荷記録

<星>王家に捧ぐ歌 湖月わたる(2003/07)
<宙>風と共に去りぬ 和央ようか(2004/11)全国ツアー
<雪>凍てついた明日 香寿たつき(1998/10)バウホール
<雪>スサノオ/タカラヅカ・グローリー! 朝海ひかる(2004/04)
<雪>青い鳥を探して/タカラヅカ・ドリームキングダム 轟悠・朝海ひかる(2004/11)
<月>LUNA/BLUE・MOON・BLUE 真琴つばさ(2000/03)

お目当ては…

王家・凍明日⇒トウコ
風共・LUNA⇒ガイチ
スサノオ・ドリキン⇒コム

あの大スターのマミさんは何故かいちども観れてなかったので(エリザベート出てなかったり、私がほぼ宙担だったせいなんだが)ここにきてようやくゲッチウ。

木村信司◆オペラ

キムシン演出は、濃い。
とりあえず何かあったら右から左から民衆コーラス。
それも、なんかひらがなっぽいのね。
「あいしている」by暁のローマ
「お~れたち~はきら~いじゃない~」by炎にくちづけを

ストーリーだけだったら、結構好みが分かれると思う。
テーマ押し付けすぎて嫌いってのもわかるよ。

そういうシーンは苦笑しつつみてしまうもの。

でもさ。

鳳凰伝も、炎にくちづけをも、大好きなんだー。特に音楽が。
ちらっと聴いた王家に捧ぐ歌の曲もまさしくツボで。

色々検索かけてたら、全部甲斐正人氏の音楽だったんだ。考えると結構独特の節回しだなぁ。

ガイチコムが観たくていま注文してる「スサノオ」も気がつけば
木村信司×甲斐正人コンビだもんなあ…超楽しみ。




王家に捧ぐ歌 by 星組

youtubeで『王家に捧ぐ歌』のいくつかのシーンが流れてたんで観てるんだが…

やばい

アイーダ@トーコさん可愛すぎて鼻血っていうか鼻水っていうかヨダレもの(いやマジでヨダレ出てんのよ…垂れてないけど)あぁきたない表現ですみまそん。

なんなんだ安蘭けい

『白昼の稲妻』(東京公演)のサドエロヒゲっぷり(酷)は何処へッ!!?
(ニケさん白昼最近よく観てるでねーガイチラブ★)

や ば い
トーコっつあんのかっこよさには惚れてるんだが

ていうか雪エリザ('96)の少年ルドルフを何十回も観てるんだが

いやでも出会いはヘタレ爽やかプレイボーイ・フィリップ@ファントムだけど!

現在公演中の『ネオ・ダンディズム』「惜別-オマージュ」の歌が大好きで大好きで密かに音とって毎日聴いてるけど!


いま、女トーコにすこんと堕ちました…。

これだから宝塚新参者は…w
遅すぎよね。
まあほとんど宙担だったんでしょうがない。


…うーん『ゴールデンステップス』の女装@チャイナドールは結構オカマっぽかったんだけどな。

トークの日!

トーコちゃん(安蘭けい)の誕生日らしい。
10・5(トーコ)じゃなくて10・9(トーク)ってのがお喋り好きらしいw

10月だぁ

ブログ復活しまσ

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。