スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花ファントムを観る。

花組ファントム、東宝千秋楽放送。

…なんだか懐かしすぐるぞ。

おいらが初めて花組を観た作品。
ムラで観た当時、いろんなことを思ったもんだが、
今観ると、かなり印象が違うな。

チャイルディッシュなファントムに違和感がぬぐえず、
???だったんだが、
今観ると、全然アリだな。
ってか、感極まったオサゆみに集中しすぎたせいかもしれんが(笑)

千秋楽挨拶での見たことない程に感情揺れまくりなオサ様。
傍で支えてきた人たちがどんどん組替えしていってさ…
ゆみこちゃんまで居なくなるの、辛かったんだろうなあ…。
スポンサーサイト

花組ファントム・2回目

(暫定日記メモ。)

コンタクト切れてたんで、劇場行く前にアイシティへ。やっぱ良い目で観たいんですよ(笑)せっかくなんでワンデーアキュビューディファインを。黒目パッチリ♪

今回も入り待ちできなかったなあ…。

というわけで、宝塚に着いてから、こちらでは行ったことなかった宝塚アン花のみち店で歌劇05.1月号と和央ようか2006カレンダー購入☆

そして3時公演観劇。貸切公演だったんだが、立ち見席が出るということでチケットセンター前に並びました。なぜか最初だったのでチケット番号が立見1番だったのはちょっと嬉しい。

オペラグラス購入。

休憩中なぜかカルーア豆乳の試飲。

春野さんの終演後挨拶。

ゲート前で「アルバトロス、南へ」(初日)の出待ち。
コムちゃんかっこいい。
音月桂ちゃん、1メートル目の前。「JURIのおじゃまんぼうセンサー」で観た時より実物の笑顔が素敵でした。

再び宝塚アンに寄ってグラフと歌劇大量購入。

花組「ファントム」観劇

さて。
ファントム観劇にきたわけですが、トップ娘役が変わったばかりで今回初コンビお披露目になるみたいです。歌がマヅイとの話題がさんざん出てたので覚悟して挑んだところ…やっぱり( ̄Д ̄;;
でも…観る前からお顔が大きくてバランスイマイチ…と思ってた上に歌も安定してなくて、特にフィナーレも声がでてなくて、あれはちょっと可愛そうだ。でも何故か高音のところはキレイなの。ただ普通の音程に戻ったらよろしくない。仮にもネタは「オペラ座の怪人」、「天使の歌声」で魅了するクリスティーヌの役どころが、主演を奪われる悪役よりも完全に負けてるのはどうなのか。演技には素朴なよさもあるみたいだし、「ファントム」でなければよかったかもしれないが、オサさんのファントムとのコンビもまだまだ弱いという印象。やっぱどうしても宙組版びいきになってしまうので…しょうがないなあ。あと、見た目にアヤネちゃんがでかいので(笑)オサさんはそんなにでかくはないし(でも168)。…ってまだまだ観劇歴浅い私がエラそうにいうのもなんだかですけど。好みもあるけど、やっぱり歌は説得力がほしいな。

オサさんはオペラっぽいカッコイイ声だったので、別の演目で観てみたいですね。それに23日からの公演ですから、あと1月ほどたてばみんなの芝居もっと良くなってるんじゃないかなあと思います。

さて、私たち1階席だったんですが開演前に前の通路を通っていった集団に驚愕!雪組軍団が勢ぞろいで!7月からのベルばら全国ツアーメンバーらしいです。みみ、水夏希ぃ~!オスカル~!パリっとした白いジャケット、背が高くて、先輩にもらったカレンダーよりもカッコイイす。やっぱ舞台人は実物をみるべき!存在がきらめいておりますww芝居よりも興奮してたって(爆)

1月前の日記をみて愕然。なんだ今の濃さは(笑)

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。