スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅き夢見し、酔ひもせす。◆あさきゆめみし新公

比翼の鳥 連理の枝 花鳥風月。

いま、TVをつけたら「あさきゆめみし」新人公演をやっていたのですが、思わず魅入ってしまいました。

主演ゆみこさんじゃーん!

知らなかった。

そしてスダマちゃんは誰だ~と思って観てたら、らんとむだったYO!オーマイガッ!
なんかスゴイもの見た(笑)

いや、私リアルに観たのはの方なので、ゆみこさん源氏観てるとオサさん源氏が激しくフラッシュバックするんですよ。一瞬、脳内で初演と再演がごっちゃになって。
ゆみこさんってばオサさんの役?いやいや、この時のオサさんはスダマちゃんだってば、みたいな

壮さんがⅡと同じ頭の中将ということは知ってましたけど…なんだか、みんな変わらないねえ、しみじみ。

壮さんの後ろにみわっちがいるよー。という訳で、なんだか今現在の風景と変わりないような気もして、新公に観えませんでした。

ゆみこさん・ふーちゃん・壮さん・とむさん・みわっち・みつる君・かなみん・まーちゃん・まっつ。

うーん、TCAスペシャル(笑)?
といっても、壮さんかなみんまーちゃんを除けば、最近まではこのメンバーで花組っていうのが普通だった筈なんだけど。今や雪のゆみこさん、宙のとむさん、も定着しましたね、不思議。

更に本役には匠さんオサさん水さんやあさこさん、渚あきちゃんもいるわけだから、花組のスター輩出ぶりは凄いよなあと思う。
(ところでタモさんのお加減は大丈夫なのかなあ…)


このハイパー新公を観ながら、おいら、ゆみこさんの素晴らしい歌声に心震えました。

オイラはゆみこさんの歌う「星影の人」が大好きなのだが、彼女の声にはあの系統の演歌歌謡がピタリとハマる。

なんというか…「もの哀しい」声なのだ。
日本という国の独特の、冥く、悲哀に満ちた美しさをもった歌声だと思う。

ラストの銀橋での「愛の燦歌」を聴いて、哀しさと美しさに涙が出そうになった。

ああ、これこそ「光源氏」として愛し、愛され、生涯を終えた人間だなあと。

もちろんオサ様の源氏は大好きだしまた違った意味で惹きつけられるので、アルバムの「あさき夢」はヘヴィリピートしまくって聞いておりますが。
オサ源氏はどっちかというと異次元の存在であって。スダマよりもいっちゃってたもんさ。「嫉妬の唄」の凄まじさはよく覚えてます。舞台に炎が出現したのかと思う程の激しさだった。内容はどうあれ、アレを観られただけで価値があった。

おなじ歌ウマさんでも、演技の質が違うと全く異なって観えるものだと思う。


そんなこんなでハイパーゆみこ源氏を追い詰める、らんとむスダマちゃんは、元がすみれちゃんのアレなせいか、濃いというかごついというか(笑)
いやしかし萌えですな、とむゆみ

とむさんといえば、ラストの「心中・恋の大和路」のような白い場面で歌ってる影ソロ「あさき夢」の声がさ…健康的だよー(笑)
不健康なスダマとかトートとは対極の人だよね…そこがとむ氏の魅力なのですが。

思わぬ話題で長くなってしまいました。今日こそアラビアについて書く予定だったのに、なんで草野作品ばっかり語ってるんだオイラという気がしないでもない(笑)
スポンサーサイト

さ!今日の話題はオサださん。

なぜオサダさんはこうも致命的なカツラを選び続けるのかという件について(笑)

その昔(つっても去年)ヅカにハマりたてで宙組以外はロクに知らなかったオイラは「ファントム」を花組でやってるというので観に行ったのサ。
とにもかくにもヴィジュアル第一、少女漫画そのもののタカハナファントムのDVDに惚れきっていたので、あまりの違いに驚いた。
もちろん春野寿美礼という役者についてもなーんも知らなかったので、歌がどーとか芝居がどーとかいう以前に、あたしが惚れたエリックの写真と全然違うというのがショックでね。
でも歌はなんかエラく上手いし、よく観たらカオかたちそのものはキレイだし、どうも芝居はキレてるけどナニかを表現したいんだろうな、というのは伝わってきたさ。
ただ宙オンリーだったアタマに違和感がぬぐえなかっただけで。

で、そんな初心者が最終的に出した結論は「あのヅラさえなんとかすればかっこいいのに」だった(笑)
比較対象がヅラ魔王(笑)の和央ようかサマだったんで、更に点は辛くなったのかもなー。

そして先日、友人宮サマと一緒に観に行った「あさきゆめみしⅡ」
どっしりと耽美な平安テイストに浸かっていた直後に始まったのは洋物フィナーレ
金色に光る舞台を観ながら、あぁそういえばタカラヅカだったよなコレ、と我に返ったんだが、同時に男役たちのアタマをみて客席で撃沈しましたよ。

花男、端っこから真ん中に至るまで微妙すぎる黒髪ヅラのオンパレード!

いや、日本モノだったからリーゼント作れないのはわかるよ。
わかっちゃいるけどキンキラ衣装にボサボサ黒髪(ショートもロングも)のオドロキといったら。
さおたさんボンバーだから!!ハッチさんまで何故にそんなやぶれかぶれなのー(泣)
リーゼントはいかに素晴らしいかを再認識いたしました。
唯一スダマ役だった真飛がマトモだったけど。いやヅラチョイスもストレート髪で似合ってましたし。
そしてもちろん我らがオサ様はまたしても微妙なボリュームのロングヅラ!


前々日にウチでやった鑑賞会で「舞夢!」をみながら、オサダさんってカツラセンスが凄いよねえとつっこんだばかりだったので、もー終演後のふたりの会話はヅラのことばかり(笑)
ああやっぱりどうしてもカールのロン毛にしたいんやオサ様(苦笑)、と。

ヅラが似合わないとかぢゃなくて、わざわざ致命的なチョイスをするのは、面白がってるのかああいうセンスなのか教えてスミレちゃん(´Д⊂グスン
ゼウス様もだけど、なんでそこにカールを巻くのか、というところにカールを巻きたがるんですよねえ…。

…だから思わず「あさきゆめみし」観た直後に明智探偵のポストカード買ってしまいましたよ(笑)いやもうリーゼント最高ですから!
ていうかフィナーレも源氏の君でいいぢゃん!十分美しいですってば!洋物は昨日ムラでみたからもういい(笑…それはオイラの事情)~なんて贅沢な感想を抱いておりましたが。

なんでこんな記事を書き始めたかというと、いま、スカイステージでタモさん時代の「あさきゆめみし」をやっているからだ(笑)ネットしながらチラ観したらオサダさんのスダマちゃんが目に入ってしまってねえ…。
カールが…カール…(*´д`;)濃ッ!!

いやもう凄いですね。春野さんは昔から春野さんなんですねえ。あの異世界感たっぷりの佇まい。耽美美形とかの軟弱な形容が似合わない、そんなオサダさんを愛しておりますよ。

彼はコズミック・シンガー◆あさきゆめみしⅡ

油断してたらFC2ブログがセッション時間切れを起こして記事が消えやがりました・・・バックアップしてないときに限ってこういうことが起きるの。
草野先生のワルクチ書いたからか(笑)?
へこんだので1日おいて書き直し。
(しかもさっき間違って書きかけのままUPしてしまった・・・呪いか!)

花組・初日あけて2日目。
昨日の大劇場に引き続き、宮サマと「あさきゆめみしⅡ」を観てまいりました。
めずらしくこのチケットは1月以上前に確保していたので、初めての梅芸1階席。

ドラマシティは好きだが、芝居をやるには梅芸は広すぎて音がとっても遠いのが難点。


で、お芝居はというと。
源氏物語・シーンハイライト。って感じでした。
もちろん原作付きだからダイジェスト版には違いないんだが
名シーン切り張りですら、ないの。
微妙なシーンと舞踊が延々つづく。
ああ、コレは芝居じゃなくて日本物ショーなんだな、と思った。

いや。
コレでいいのか、草野センセー。
タモさん時も同じだったの?
ショーならともかく、芝居って、もっと一貫した展開がいるんぢゃないか。

それでも彼のショー作家としての画面作り・色彩設計は好きだし
主題歌をはじめとした音楽は素晴らしいのだけれど。

そんなバラバラのシーン繋ぎのなか、春野寿美礼はやはり凄かった。
歌い始めた瞬間、空気がビリっと変化し、鳥肌がたつ。
拡散していた世界が、ひとりに集約してゆく。

ああこれが、宝塚歌劇なんだな、と漠然と思う。
展開がアレレで話がつながってなくても、そのスター力で強引なまでに世界を作り上げる。

歌いやすいキーなのか、いつもより少し高めの音で自由自在に音をあやつるオサ様。

広大な世界のなかで、ただひとり。異次元空間に存在する源氏。

劇場に響き渡るこの歌声を生で聴くことができる、その価値。
話は忘れてしまっても、それだけは記憶に刻み込まれるだろう。

このひとを、失いたくないと思う。
どこかで歌い続けていてほしいと思う。トップスターでなくても。

てきぱき源氏◆あさきゆめみしⅡ

水曜のあさきゆめみしⅡ制作発表の、宝塚プレシャス記事

光源氏の女性遍歴についてどう思うかと聞かれると、なかなか理解することは難しいが、言ってみれば『母を恋う』ということではないか、さまざまな女性に母の面影を求めていった結果の遍歴ではないかと思うと語り、「いらいらさせないように、てきぱきと演じます」とコメントしました。


・・・すみれGJ。

浅き夢見し酔ひもせず。

ポスターでたぉぉぉ。


ヴィジュアル系まとぶ~。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
なんか金髪だとかっしーに似てるよー。

オサさま…大劇場公演よりデキがいいってどういうこと。
やっぱスタッフのおかげかなあ…。
全ツは一般ウケも意識しないとねっ。

あやねちゃんは黒蜥蜴以降だいぶ大人びた顔つき。

えりたんはちっさくてあんまりわからんが、より線の細さが出てるねえ。

期待大☆

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。