スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻咲梨乃◆堕天使の涙

堕天使のダンスには色々ツボが多いんだが、特に好きなのはオープニングと、「地獄の舞踏会」。

OPは、登場して銀端を渡って本舞台に戻ってからのハードダンスがもう背筋が凍りそうなほど好きで。
引き連れてる娘役ちゃん達もかっこよくて。

地獄の舞踏会は1度目ヤツ、
皆がせりあがりで「愛など~信じず~」というコーラスをバックに、
狂気のように踊る堕天使サマ、表情も凄いけどさ…千秋楽映像の「アッハッハッハ…」ていう雄叫びが凄かったぞ。トートの10倍くらい恐いッス。

で。プログラムを久々に開いてみて振付を調べてみたんですが、
麻咲梨乃さんという方。
今までノーマークだったんですが、アルバトロスやPRIMARY、
大劇でも「シークレット・ハンター」などかなりご活躍の方なんですね。

ヅカの振付家はほんと充実してるなあ~。
もちろん音楽も素晴らしいし。
演出家もがんがれ~。
スポンサーサイト

愛など信じず神さえ畏れずこの世は地獄の舞踏会

なーんか…夕方から精神的に重くなってるな…と思ってたんだが…
原因は、アレだ。

今日は堕天使の涙/タランテラ!の初回放送があるんだった。
(ハイビジョン版では先に放送してるんだが観てないので)

オイラは役者としての朝海ひかる以上に、
彼女の持つ魔性に心底惚れ込んでいて。

いわゆる「男役」としての朝海ひかるにはあまり惹かれないのだが、
ああいう人外の存在をやった時は、理屈抜きで、「ハマる」

景子先生は少女性が強いせいか、ストーリー自体はちょっとツメが甘い部分もある気はするんだが、視覚的なモノクローム、ゴシック調の演出はピカイチだと思う。
吉田優子先生の壮麗な音楽も加えて、朝海ルシファーの驚異的な魔力を増幅させてた。

あの観る者を捕らえて離さない闇の目と、
凍りつくような硬質な踊りと、
天に毒を吐き出すような叫びと。

観ていたら、シンクロして頭が真っ白になって、殺されるんじゃないかと思う。

こういうのなんていうんだろうなあ…。「感動」とかじゃないよなあ。
あえていうなら「麻薬」なんだろうなあ。
どうしようもない馬鹿だな。

DVDはあるけど、最近は封印してたので…で、
この東宝千秋楽は、大阪中継で観て以来ですね。
今考えても、この芝居+オギー色全開のタランテラ…重すぎ(苦笑)


あー…でも、雪組に居る壮さんが懐かしいなー。

しかし主演が変わって、やってる芝居の質の変わりようといったら、ないよね(笑…あ、君愛ミロワール東宝始まりましたね)。
と、いうよりも雪の歴史において、今の芝居のタイプの方が珍しいなあと思うけれども。これほどのアイドル組になるとは(笑)それはそれで面白いが。

じーっと観てるのも重いので、あとは録画だけしとこうと思います(笑)

引越し準備…いそがしい。

とても花組に行く余裕がないのが哀しい。
明智さん、いかがですか?
調子は良くなってるんでしょうか。

初日以来の観劇は、千秋楽になりそうです…。・゚・(ノД`)・゚・。


最近、タランテラの実況CDがマイブームなんですが、
シビさんは、ホントにかっこいい。ふがー!!
特にすきなのは「アマゾン・アラベスク」の展開部分で
キュっと入ってくる歌声がすばらしーのだ。

「何一つ 飾らずに あるがまま 望むまま 
いつの日か 諦めた 野生の風に身をまかせ…」

確か真っ赤なパンツスーツで出てくるところでしたっけ?
(忘れた…はやくDVD買おう)
もー、シビさんキターっとばかりにテンション上がる。

ああいう毒々しいショーも、
タキシード・ジャズのようなお洒落なショーも、
その個性がぴったりハマるのは、さすが年の功か。いや矢代鴻か(はいスミマセンッm(__)m)
切っても切れない、オギー作品とシビさん。

オギーの詞◆タランテラ!

まー話題が思いつくものからあっちゃこっちゃ行ってますな。


荻田浩一の歌詞センスには定評がありますが、それでも、文字にしてみるとまた格別に美しい。タランテラ!実況CDのブックレットの歌詞を眺めてると、しみじみ泣けます。脚本集もいいが、荻田詞全集とか出してくれんかな。

歌詞をよんではじめて気づくことも多いんですが、タランテラの「アマンゾン・アラベスク」が面白い。


もうはかけてゆくだけで
もう二度と戻ることなど
ないとは知るから
この一瞬を
彼方へ解き放とう
囚われずに

もうは枯れてもなく
もうは風にさらされ
明日のなど見えないけれど
流れ行く時間の
その先を目指そう


なにげな~く5組入っちゃってる小技が憎い(笑)
詞にしても演出にしても、気づかないようなところに細かい設定をもってくるからな~。凄いよ。
あのふくよかなお顔のどこから出てくるんでせうか。年々丸くなってきてちょっと心配だったりも(笑)頼むから健康には気をつけてくださいね(ってみてるわけないってww)

わたしはみたよ。◆朝海ひかるラストデイ

次々と、ネットニュースに退団会見速報がでておりますが。

宝塚退団朝海ひかる涙なし千秋楽(日刊スポーツ)

確かにコムロさんは泣かなかったけど。
中継で観たひとたちは知ってる。
大きくスクリーンに映った、さいごのコムちゃんの頬に一筋、涙の跡があったことを。

あれは涙だったと、おもうのですよ。

‘おまえとともに生きていけない、おまえなしに生きていけない’◆朝海ひかるラストデイ

なんの因果か、ディープインパクトもラストランを飾ったクリスマス・イヴ。


さいごの最後に、クルっと踵を返したうしろ姿に、
朝海ひかるの‘漢(おとこ)’を感じました…(笑)

あとでぐだぐだ書くと思うけど、いまはもう言葉がない。

コムちゃんと、まーちゃん、そして同時退団ジェンヌさん。
(退団が10名になってたことに驚きましたが)
最高のクリスマス・プレゼントだよ。

ほんとうにありがとう。

そして…おつかれさま。

Happy birthday!! まーちゃん。

雪組東宝千秋楽を前にして、本日はトップ娘役・舞風りら嬢のお誕生日です。まーちゃん、おめでとう。天皇陛下と同じなんですね(笑)

明日は素敵なラスト・デイを。

もしかするともしかすると、かしちゃんが東京まで行くかも?
ちょっと期待しております。

デッドヒィト◆朝海ひかるラストデイ

24日コムラストデイ梅田中継チケット。
ひさびさにヤフオクでデッドヒートを繰り広げますぃた。

数千円オーバーしたがな…まぁ直前だししょうがないやな。
さっさと入手しとけばよかったんだが。
交換掲示板の方には全然出てないもんなー。

つか、なにげにタカちゃんの時よりデカいハコじゃない?
確かシアターBRAVAだったような。
でも梅田でよかったわ。
BRAVAは何回行っても必ず迷う魔の地帯なのよ…。

翌日の25日には隣のドラマシティで「ヘイズ・コード」!
むしろ泊まって入り待ちする?(笑)

そういえば去年のクリスマスはBRAVAで直さんのイベントだったなー…ていうか去年の今頃は直さんを追っかけて文字通り東奔西走だったなあ。宝塚は関西メインだから、ありがたいよなあ(とか云いつつ広島やら東京やら追っかけてるよなー)

清らかな、朝の光に。◆Morning Bright

21日。
梅芸エリザコンの後は、キャトルレーヴでお買い物。
ひたすらコムグッズを買い漁る。
詳細はまたあとで書き足します。

前楽◆雪組

いやー。
朝並んでみたものの、まさか本当にあたるとは。
初・生サヨナラショー。

とりあえずメモ。

いろいろいろいろ買った。
ドリキンの実況CDとか。

タランテラの後半にて。
佐々田愛一郎、客と一緒に手拍子してたぞ?
てか周りの人も。
指揮者、指揮しなくていいのか?

さよならショー。
組長泣き入ってるよ…。
あいようこが退団するのをはじめて知った!

やはりコレで始まるよな、「ベルサイユのばら」!
「わが名はオスカル」っ

続いてドリキンの「ROSE」
同じ薔薇ネタでも、清廉な気高さと妖艶な美を演じられるコムちゃんてば、ほんとにすごい。

のこりはまたあとで。

明日も抽選ならばなきゃ。
四時おきなのよ。

‘あなたはわれらのなかにいきづく’

私は相当、朝海ひかるにいかれてるらしい。

ファーストラブのタカちゃんと比べてどう、とかいうことではなくて。役者の魅力というものは本当に多種多様で、好きになるキモチは比較のしようがない。和央ようかという人は、単体でももちろん魅力的ではあったが、特に花總まりとのコンビネーションこそが、至上の美だった。そのあいだにある愛が芸術品だった。そう思う。

コムちゃんに対して同じことは感じない。演技も本人自身もクールだし情熱的な愛よりも自身への葛藤の演技の方が強く出ている。

しかしそれはナルシスト的なものとはちがう。

彼女が心から踊っているとき、青い炎のようなゆらめく情熱が見える気がするのだ。その広げた腕がアルバトロスの翼のように、自由に羽ばたいて。よろこびに満ちた瞳も響き渡る歌も私の魂を浮遊させる。

せっかく出会えたのに、彼女は飛び立ってしまう。
だから、つよく願ってしまうんだ。
“せめて今だけも、つなぎとめ”たい、と。

堕天使たちの、涙

明日、雪組前楽。
月組千秋楽は…哀しいけどあきらめる。

2日間、コムちゃんの最後の宝塚を全力で見てくるよ。
抽選があたればいいけど。

感傷、なのかな。
サヨナラショー、とか退団、とか。
あまり実感がなかったけど、二度と観られないのかと。

ひかりが突き抜ける空のように、とてもとても切なくて。

いかないで。
そう云えたら。

新参ファンであることが、口惜しい。
なにも、なにひとつ、いっしょに辿ってきたものがないの。
若手のころから、ずっと観てきたひとたちもいるのに。

それでも。こんなにも美しいひとの最後の舞台を観てこれたことがしあわせ。

20040806185826-0002.jpg

せめて、今だけは…◆タランテラ!

ここぞというところに使われるハマコの歌は、力強くて、熱くて、泣ける。

第6場、アマゾンで
Papparappara, pappa, Ya-Ya-Ya♪
と弾けたサンバに被さってくるのが、
去ってゆくコムへの泣きメロ。

いつか君の夢も空へとける
せめて今だけでも繋ぎとめよう、ここに




星組「ネオ・ダンディズム!」でいうならば「惜別-オマージュ」のシーンにあたるような。
トーコちゃんからわたさんへの惜別の思い。


あー。宝塚じゃないと味わえないよなあ、こんなせつなさ。

立見@堕天使の涙

さて昨日は3回目観劇。

DVD見せまくってコムさんにハマった紅子さま(オフ友)を連れて。
チケットプレゼントしたんだけど、ほんとは私は行けない予定だったので、一緒でよかったよ~。私は立見だったけどね~。

コムちゃんに関しては、彼女と私は萌えポイントがドンピシャなもんで、ショーのラスト燕尾の腕まくりにおおさわぎだったさ。

さすがに3回目となると、全体もよく把握出来てきてよいね。かなめくん翌日(今日だけど)新公だったもんな。ちょいと注目。

それにしてもショータランテラ!

美穂圭子・愛耀子・未来優希、濃っ…^^;
更に専科のシビさん(矢代鴻)が出現。
これでもかとビブラートの応酬。
…昭和歌謡ショーですか?
えぇもちろんニケは大好きです(断言)

しかしこんなに濃厚な人たちひと組に3人もいらないんじゃ(笑)
コムの見た目に騙されて、こんな(一部が)濃い組だとは思ってなかったなー。

そりゃ雪組エリザベートなら100回ぐらいDVD観てるけど、一路真輝の濃度はまたちょっと違う。

「ドリーム・キングダム」もコレ系の歌謡ショーだった…しかもあっちはかしちゃんがいたから。かしげもすっげービブラート効かせた歌い方するからなあ…ソレを云えばコムちゃんもだが。

さて…我慢してたけどついに公演写真かったぞ。
堕天使OPの赤毛コム
そして退団記念両面パウチ2500円
ssnow_20_08.jpg

ドリキンのROSSOだよぅぅぅ!!!
そして宝塚アンに行ってコムちゃん表紙の去年の「おとめ」をゲット。
ガイチと樹里が….・゜゜・(/。\)・゜゜・

当日券@墮天使…とれるかなぁ…

かしるい&タニちゃんがイッパイだぁ…

阪急車内です。
公演次だもんな…あの水色ポスターみるたびに
「一作退団」
の四文字が浮かんでしょうがないよ…

さて昨夜は引き続き念願の「タカラヅカ・ドリーム・キングダム」を観賞いたしました。
コムトドだよコムトドォ!!
これだよこれが私の観たかったもの!
YOUTUBEで流れてる「RORE」のワンシーンだけで一月以上話題もってるぐらい衝撃的だったド耽美シーン。あ~眼福。

振付師ANJUこと安寿ミラさまありがとう!さすが元トップだけあって萌えツボを熟知してるぞ。

雪組初日

堕天使の涙/タランテラ!

初日鑑賞。
当日券並びは初めてでした。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。