スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫、ときどき花組。そして倍返しだ。

えっと。
ブログってなにそれおいしいの
…ってくらい完全放置なこととか全く気にせずに投稿しますよー。

今年初記事だねーそうだねーいちねんぶりだねー
過去記事とかもう目も当てられないイタさでいっぱいだねーこわくて開けないー


今月は個人的にひたすらHTML&CSSイチから勉強月間だったので
FC2ブログのテンプレートとかみてみようとか気まぐれをおこしつつ
ああ明日から10月だなあ最後の記事いちねんまえの相棒じゃーんじゃあ次のドラマのこと書いとけ―。

真飛聖さん、新ドラマスタートです。

10/01 よる11:15~
NHK BSプレミアム
「黒猫、ときどき花屋」
http://www.nhk.or.jp/drama/kuroneko/



ちなみに。
おいらの実家、BSついてません。 (;´Д`)
いつ観られるのやら。


わかってはいたけど実家に帰ってめっきり舞台を観なくなりました。
Twitterですらも書くことがなくなってしまい、このまま徐々に離れるかなあと思いながら、先日花組さん観に行ったんですが。

あ、大好きだ宝塚。
レミゼ観た後だけど、宝塚もやっぱり大好きだ。

いつだってトキメキが鮮やかによみがえる、
五感に染み付く舞台の凄さを実感する今日このごろ。


さて、しかしながら。
舞台に行かないぶん、本やドラマに触れる機会が多くなりました。
というか、舞台ファンになる前に戻ったという気がしないでもないですが。


今年のブーム。

「進撃の巨人」と「半沢直樹」です(断言) ←ちょうミーハー。

どっちも先日最終回迎えたばかりですねー。(進撃はアニメの方な)(別マガ買い始めるくらいハマっている)
あとあまちゃん観たら今年のブームは押さえられるか。


とりあえず。
リーマンジェンヌ壮一帆さんに
ぶぁい返しだッ!をやってもらおうッ!!!


てな感じでTwitter妄想してたらまとめられてた(仕事がはやいらいおんさんステキ)→ Togetter:ヅカで半沢

もちろんトマリはこれまたスーツ絶品王子まつださん

…しかしキャラ的には逆のが合ってるかもしんない。イヤけしてミッチー=壮さんの図式が頭にこびりついているせいではないが…ちゃっかりナイスアシストしてくれそうだ。

ま、

全身うち震えながら「ばいがえしだッ!」を決めポーズ付きでやって(そんなの無い)
一番違和感ないのは花組の王子なんだが
(ああ脳内再生余裕)。


過去にもアレとかアレとかいろいろありましたが
最新の蘭寿さんの銀橋バットでスイングにはうち震えました!(スイングだけに)←

スポンサーサイト

相棒!

本日、相棒11、スタートですよ。

マジでか。

今でも信じられないけど。


ついでにいうと、おいらの大好きな中島みゆきねーさんが主題歌担当するドラマ“東京全力少女”も本日スタートなんです。シングル同時発売。

んで。青天の霹靂。

主題歌だけじゃなくて、ン十年ぶり?にドラマに出演するっていうのよ。

マジでか(二回目)。


なぜっっっっ
放送時間がかぶっているのですくぁぁぁぁあっ!!!



…という、真飛聖と中島みゆき贔屓にはツラくて楽しい10月10日楽しい日ー。

オムライス食べながら待機。

心の翼に願いをこめて。◆大浦みずき

「ダンスの花組」ということばが存在する。

それは宝塚歌劇の1番目の組の特性を示すものであり、
また同時に、近年の宝塚における黄金期を象徴するフレーズでもあった。

それゆえに、新参者の宝塚ファンの私には、重いフレーズでもあった。
何故なら、私にとっての花組は既に「ダンスの」花組ではなかったからだ。

私にとっての花組は、端的に云ってしまえば強烈なカリスマ性を以って存在し続けた春野寿美礼と仲間たち、であり、その存在の仕方が「花組の男役」らしいものだったのかどうか、未だ私にはわからない。逆に言えば、世間にどう評価されようとも真飛聖は私にとっては最初から花組の男役、であって。

だから私はこう考える。
ダンスの、という言葉を冠した「花組の男役」とは、ただ単に花組に属しているということではなく、
「宝塚というもの」をイメージして、最初に思い浮かべる、正にフレッド・アステアのような、オールドムーヴィから抜け出したような憧れのスター・・・そういうものを象徴した存在なんだと。

だから組のカラーを、とはいわない。
それにこだわることよりも、宝塚らしさを、そして個性を、ひとりひとりが探求してゆく姿をこそ美しいと思うから、ただそれを、願う。

大浦みずきという人のスタイル、技術、存在感、人間性、その全てがスターたる憧れの象徴であったならば。それは組を超えて「宝塚の男役」が目指すひとつの頂点なのだろう。

■タカラヅカ歳時記:/8 追悼 大浦みずき=小池修一郎(毎日.jp)
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20091202dde012200046000c.html

■故大浦みずきさん「心の翼」歌ってお別れ(ニッカンスッポーツ)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20091202-571870.html

■大浦みずきさんお別れの会に3000人(デイリースポーツ)
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/12/02/0002555768.shtml

■元宝塚・大浦みずきさんとのお別れに“幼なじみ” 阿川佐和子も沈痛 「・・・ショックです」(ORICON)
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/71220/full/





そしていま。
深い森の木洩れ陽に、魂は軽やかに踊っているのだろうと。

R.I.P. Mizuki Oura.


オギー×ヤマト!

たにおかきゅん!オギー舞台だぉ!
■大和悠河、宝塚退団後初の主演舞台 来年4月に『戯伝写楽』
http://career-cdn.oricon.co.jp/news/69905/full/?from_todaysnews

 今年7月まで宝塚歌劇団宙組主演男役を務めた女優・大和悠河が、来年4月上演の舞台『戯伝写楽』(東京・青山劇場)で宝塚退団後初主演を務めることが20日、わかった。劇団新感線出身の俳優・橋本さとしとのW主演で、天才浮世絵師・写楽の数奇な物語を演じる。大和は「たった10ヶ月しか活動しなかった芸術家・写楽にとても興味があり、自分の宝塚人生とかぶるものを感じていました」と自らの人生を重ね、第二の女優人生で初の主演に臨む。




やまとさんやまとさん、胸!胸!(←前回と同じ反応)

>「たった10ヶ月しか活動しなかった芸術家・写楽にとても興味があり、自分の宝塚人生とかぶるものを感じていました」
ってちょっと切ないものがあるけど、意欲的でいいよね!
で、大阪公演は!?


※お友達のタレコミによると、大阪公演あるそうです!

元宙の姫が飛んだ先は。◆陽月華とアニオタによる梶浦由記話り。

なんかね、ぼけぼけ花組追ってるうちにですね、うめにゃんの所属事務所がケテーイしたという話をきいて、さっきようやく何処の事務所かなーと調べて・・・

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!スープ吹いた。

すすすスペースクラフトか(゚д゚)!
(↓こっからしばらくアニオタしか判んない語りが入ります)

・・・すいませんおいら元アニオタ&作曲家ヲタでもありましてねー。
スペースクラフトといえばおいらの最も敬愛するミュージック・コンポーザーのひとり、梶浦由記サマの事務所でございます。
んで南里侑香&千葉紗子のツインヴォーカルが大好きでさー。
ユニット・tiarawayもFictionJunctionもめっちゃ聞いてたっちうねん。
離れて5年近くなるけど、元気かなー。YKさんのサントラも近頃集めてないけど、あたしはいつかヅカ音楽やて欲しいと思ってるんだけど!

いやほんとわかんない話ですいません。でも梶浦スキーがいたら嬉しいス。ユニットSee-Sawでわかるひともいるかな?
有名なサントラはアニメなら「NOIR」とか「ガンダム種」とか「ドットハック」とかCLAMPの「ツバサ」とかヤンマーニで有名な「MADLAX」とかゲームなら「ゼノサーガ」とか映画なら北野武の「アキレスと亀」とか多岐にわたります、ぜーはー。

いや、ヅカヲタになったせいで離れて久しいので、近頃の活動はあんましらないんですけどね。
サウンドホライズンとコラボしたくらいかな。
あ、そうそうサンホラは是非ヅカでやって欲しいと常々思ってるんだけどなー。ヅカファンで知ってるひと少ないだろーなあ・・・^^;

ぜーはー。
すいませんちっとも陽月華ちゃんの話題と関係ありませんね。事務所萌え(は?)しただけです。なんかのきっかけで梶浦由記プロデュースで歌ったり・・・は、しないか(笑)




あ、いやヅカ的には斉藤恒芳先生の所属事務所でもあります(←それを先に言え)


っていうか、タレント枠なんだから神田うのちゃんとか栗山千明 ちゃんとか!
そっち方面だと思うけど。

ナニゲに宙組の誇る男前下級生だったGOアカツキこと朱音さんがふつーにおなごとして所属してるのにイマサラ衝撃を受けているおいら。


なんにせよ、「ただのヅカファンに戻ります、うふ(はーと)」という噂もきいて残念に思っていたんですけど、嬉しい限りですね♪
とりあえずはビジュアルブック出して欲しいなー!

と期待感を膨らませつつ、意味不明なヲタク話を織り交ぜつつ、終わります。

タニオカきゅん♪◆CURTAINS カーテンズ

みてみて!びばタニオカきゅん!
カワユスカワユスー!

薫の君の退団後初ブロードウェイ・ミュージカル「カーテンズ」のオフィシャルサイトが本日オープンした模様!

いやキャストだけでもなんか面白すぎるんですけど。
芋洗坂係長!
(MJダンスラバーとして尊敬しております)


CURTAINS オフィシャルサイト
http://www.curtains.mu/

東京国際フォーラム ホールC 2010年2月6日~24日
梅田芸術劇場 メインホール 2010年2月27日~3月1日
愛知県芸術劇場 大ホール 2010年3月7日

Introduction
待望の日本初演、遂に実現!!
ミュージカル「カーテンズ」は2007年2月27日、ニューヨーク/ブロードウェイのアル・ハーシュフェルド劇場にてプレヴューを開始し、3月22日に開幕しました。

「シカゴ」「キャバレー」などでお馴染みのブロードウェイを代表する作曲家ジョン・カンダーと、今は亡き彼のパートナーだった作詞家フレッド・エッブのゴールデンコンビによる
この世に残された「最後の作品」。

ブロードウェイ進出を目指したトライアウト公演中の舞台上で殺人事件が発生。
捜査を進めるうちに明らかになる、悲喜交交の人間模様を描いたミュージカルコメディです。

2007年のトニー賞では、最優秀ミュージカル作品賞をはじめ、脚本賞、オリジナル楽曲賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、演出賞、振付賞の実に8部門においてノミネートされ、主演を務めた天才喜劇俳優デビッド・ハイド・スピアーズは見事に最優秀主演男優賞を射止めました。

この大ヒット作が遂に待望の日本初演を迎えます!
主演の殺人事件の担当警部補で、実は「超」の付くミュージカルオタク:チョーフィ役には、数々のミュージカルで活躍してきた少年隊の東山紀之。彼を取り巻く一癖も二癖もあるカンパニーの容疑者たちには、今年7月に宝塚歌劇団を退団し、本公演が女優スタートとなる大和悠河マルシア、鈴木綜馬、大澄賢也、岡千絵、芋洗坂係長、そして鳳蘭と錚々たるミュージカル俳優達が並びます。

自信を持ってお届けする、ミュージカルコメディ「カーテンズ」。
どうぞご期待ください!


おかえり!瞳子さん。◆AIDA@梅田

20090918223911
「女優・安蘭けい、大阪に帰って参りました!
 ・・・ただいま!」

おかえり!

この場所で何も変わらない貴女を迎えられて、
どんなに嬉しいだろう。

生き生きとしたその輝く瞳に再び出会うことができて。


そして。
わたしはあの゛アイーダ゛に、出逢うことが夢だったんです。
哀しみの世界に、愛と祈りを。
その烈しい運命を生きた、美しいひとを。
ずっと映像という夢のなかで愛していました。

だから・・・涙がこぼれるんだろう。
アイーダの、溢れる愛と祈りが、世界を浄化するように。
祈りたいと、おもう。

男と女の出逢う時

20090903233412
大阪公演初日です。
みやさまと一緒に見てきました~!

あー・・凄く可愛いってばもう
なんであんなに可愛いんだスミレさんー。
やっぱ結婚効果かなっ

アルバムもでてたのね、ってことで買いました~。

ラジオ情報:安蘭けい

情報いただきました!
以下で聴けます・・・今日の更新まではたぶん!

07/24 おはパソ 特集…元宝塚歌劇団トップの安蘭けいさんがゲスト
http://asahi.co.jp/webio/index.html

おいらは朝から帰省するので保存して改めて聴きまーっす。

薫の君、女優に!

ちょっあたし今世間に疎すぎる(笑
きらりさんのブログで知りますた。

大和悠河、ミュージカルで“女優デビュー”
2009.7.10 05:02
http://www.sanspo.com/geino/news/090710/gnj0907100504001-n1.htm

・・・やっぱり休まないのね(笑)

胸がっむねがぁぁぁ

カワユス。美しすぎるぞ。

近頃のOGは余韻に浸らせてくれないなあ・・・嬉しいけど!
・・・しかしミュージカルか・・・(笑)


さて今日はフィフティ&ミーマイプランでございやす~♪
明日はおティー会。
なんかいろんな方に遭遇しそうだけどグッタリしてたらごめんなさい・・・汗

荻田浩一×波津彬子×朝海ひかる、妄想劇場

コムちゃんのオギーダンスコン詳細観てびっくりした。

波津彬子か!
うわーうわードンピシャじゃん。ていうかオギーやっぱオタクだなあオイ。
実は代表作の「雨柳堂夢咄」はちゃんと読んでないけど、
小さい頃は波津さん挿絵の小説にハマってて、大好きだったわー。

うん、ミューで頑張ってるコムちゃんも好きだし、
シラノではだいぶ歌もキレイになって、ビジュアルは完璧にうつくしいんだけど
やっぱり踊ってるコムちゃんが観たいと思ってる自分が居て。

オギーの表現したいコムちゃんと、私が望む朝海ひかるの姿は似ているんだと思うんだけど。

波津彬子がイケルなら、山岸凉子はどうだろうか、荻田先生?
『日出処の天子』をショーにするのよ!
厩戸王子はコムちゃん、
蘇我毛人はオギーの大好きな浦井君で!

うわーん観たいよ~作ってー。

ミーマイとお砂糖仕様の梅芸で浮かれてみる。◆シラノ

梅芸「シラノ」を観にいってきたら。
場内、ミーマイ・オサコン・アイーダのポスターだらけですがな(笑)
なにこのファン仕様。ここはムラかっ!
aDSCN1520.jpg
(↑一部。もっとデカポスターも1階から3階まで貼りまくり)

■シュガー(オサトウ)に挟まれる僕と僕のおんなのこ。
aDSCN1522.jpg
どこもかしこも、こんな並びでポスターが置かれてて、挙動不審なおいら。

今日はシラノ、今日はシラノ。&拍手御礼[09/05/31-06/02]

近頃仕事つまってるので、書いとかないと残業で行くの忘れそうで・・・汗
今日はシラノ行くのー!コムちゃんに会いに行くのー!


追記:拍手御礼と、
42万カウントの時にコメントくださったでこかっぱさまへ!

“今はただ虚しくてこの部屋で君を待つ”◆春野寿美礼CD情報

スミレさんのヌムキテパ(行かないで)がCDで聴けるらしいですよ。
原語なのかな?エンター・ザ・レビュー版の訳詩が好きなのでこっちでも聴きたいなあ。
でもって映画タイアップ、すごいな~。
SONY MUSIC

「安蘭けい アイーダ ポスター」

昨日はえらくアクセスが上がってるなーと思ったらとうこさん関係だったようで
検索ナンバーワンフレーズが、タイトルの「安蘭けい アイーダ ポスター」でした。
そんなんオイラも観てないよ!と思ってたら、公式に出てました、
p.jpg「メンズカモーン♪」(違)
キャァァ安蘭姐さんたまんねっすΣ(○ Д ○;)
ちっとも退団した気がしません。(未だに現役カテゴリで記事かきそうになる)
でも昨日はムラから電車で帰りながらiPodで「アビヤント」を聴いてたら、思わず涙がでてきて超不審者だった。

そんで、やっぱおいらはアイーダに心底惚れてると思う。
なれるもんならラダメスになってアイーダを抱きしめたいなーと。

昔から、男(役)に愛されたい、よりも男(役)みたいになりたかったんだよね。
おてんばなお姫様を護る、王子様みたいにね。
そういう意味で「王家」は理想だったんだよなって思う。

ま、わたさんになるには24cm強、伊礼彼方君になるには28cmほど身長足りないけどな(そういう問題じゃない)。
しかしコレいつ撮ったんデスカ(笑)


ところでこのポスターを観て思い出したのが、レッドクリフの主題歌でも有名な歌手ALANちゃんのこと。アラン繋がりってわけじゃないけど、顔も似てるよねって、去年バタフライシングル出したときに話題になってたんだけど、やっぱり似てるかもしんない。

ダウンタウン・フォーリーズ Vol.6

くりかえすこのポリリズム♪@pefumeな香寿たつきを想像できますか?

ってなわけで、香寿たつきさん参加のミュージカル・レヴュー「ダウンタウン・フォーリーズ Vol.6」千秋楽公演に行ってきたのでした。もうすっごく楽しくて、おバカで、改めてエンターテインメント舞台人の素晴らしさに感動してきたところでキヨシローの訃報で落ち込み。
・・・ヒトというものが神さまから与えられた時間はそう長くはないんだなと、思って。
一期一会、いま出会えたことに感謝して。大切に観ていきたいなと、心に誓いました、私。
img_s_b.jpg
DOWN TOWN FOLLIES VOL.6
[構成・演出]高平哲郎 [振付]川崎悦子
[出演]島田歌穂 / 香寿たつき / 玉野和紀 / 吉野圭吾


外の舞台を観る事が多くないため、名前は存じ上げてる、程度だったのですが、吉野圭吾さんは特に昨年のオギー演出「傾く首~モディリアーニの折れた絵筆~」の主演をされていたなあと。名作駄作如何にかかわらず荻田演出は観たいのですが、なにぶん東メインなのはちとツライですな・・・。

この作品、毎年4人のキャストでシリーズとして続いてきたものだそうですが、今回、タータンさんが参加、ということで初めての観劇となります。香寿たつき、というヒトは、ビデオを含めたヅカ歴の中で最も愛する役者のひとりですが、ナマで観るのは初めてでした。

そうですねえ、ひとことでいうと・・・
やたらクオリティの高いB級おバカレビュー。(すんませんこれでも絶賛してます)
歌アリ、寸劇あり、ダンスあり、あらゆる種類のエンタメを、たった4人で次から次へとこなしてしまう。
ほら凄いだろ!って観客を圧倒するような奴じゃなくてね。芸人のギャグや下品なネタも取り入れつつのB級おバカで、観客は気楽に楽しめるんだけど、所々に垣間見えるクオリティの高さに驚く。なんでもないような涼しい顔してタップ踏んでるけど、素人目に観ても圧倒される。でも、おバカなのよー。

なんてったてね。コワレたタータンが楽しめました(笑)

男役やりーの(全然違和感ない)、超絶ナイスバディ叶姉妹やりーの(ミカさん役)、羞恥心やりーの(つるのだった)、Perfumeの「ポリリズム」踊りーの、矢島美容室やりーの(マーガレット・カメリア・ヤジマ)!

あータータンがパフュームだよ~あのタータンがぁっ!
♪くりか~えっすこのポリリズム♪

ほんと可愛いしねっ!
や、タータンさん正直貫禄顔だけど、表情がめっちゃ可愛いねん。
役者は千の仮面ですZE!
アニメ声にも拍車がかかってるしさ!

いったい何着?ってくらいみんなの扮装回数も多くて(なんせ4人)。
みなさん、あらゆる意味で究極的にエンターテイナーだなあと。あのひかり輝くステージで、生き生きしてる人たちを観ると、とっても元気になれます。
だから私、レビューが好きなんだなあと思う。

夢の第二章へ。

サヨナラが近かったせいか、このところ、とうこさんが出てくる夢をよくみていた。
半月ぐらい前だろうか。
TCAのようなコンサート会場で、普通の女性の衣装を着たとうこさんが、「アイーダの信念」を歌っている夢をみた。その姿と、歌声は輝くように美しかった。

目覚めてから、ああそうか、と思った。
自分が一番に求めていたのは男役・安蘭けいではなかったんだな、と。



私が安蘭けい、という人に強烈に心奪われたのは、「アイーダ」という役だった。男とか、女とか、そんな垣根を越えて、私はアイーダに、恋をした。

あれから多彩な安蘭けい、という役者を観てきたけれど、
「男役」でも「女役」でも、私が心揺り動かされる処はいつも同じだった。
荒ぶる魂の発露。空間を支配するパッション。

キザな仕草も、かっこいいスーツも、「愛している」なんて甘い言葉も、永遠に続くファンタジックな愛の世界も、もういらなかった。

ああ、タカラヅカじゃなくて、いいんだ。

そう思うことは、決して哀しいことではなかった。
安蘭けいという「男役」に恋する夢からは醒めていたけれど、
舞台に存在する安蘭けい、を愛していたから。

ただそれはファンの方とは違う見方なのかもしれないし、いまだからこそ書けることではある。当たり前だが彼女の男役を否定してるわけじゃない。男役として行き着いた場所があって、更にその先に見えるものに心囚われていたということ。私はそういうファンだったなって、思う。そしてそれはオサさんやコムさんも同じだった。
不思議と、77期トップは皆そういう存在だったんだ、私にとって。



いや、去年あたりに噂をきいたような気がするんだが、すっかり忘れてたので、正夢か、と思ってしまいました。

「The Musical AIDA」
・東京国際フォーラム8月29日9月13日
・大阪・梅田芸術劇場 9月18日10月4日

エステサロンと春野寿美礼

京都って京都好きだよなあといつも思う、京都に住んでまもなく8年目の春。
発行される京都本の数や、いかに。京都雑誌も山のように毎月出版されているのですが、
さっき「LEAF」の最新号をコンビニで立ち読みしてたら、オサさまのいんたぶーに遭遇してびっくり。
ナニをやってもヅカからは逃れ得ないおいらなのね。

モノクロ1ページだったけど、とても女性らしくて、綺麗でした。
メイクうまくなったのかなあ(失礼)。

今月は京都滋賀のエステサロン特集。

そうそう先日、遠征する前にエステの体験行って来たんだけど、老廃物は流さなくちゃいけないよねって実感しました。というわけでセルフリンパマッサージに凝ってマス。冬は寒くてやる気なかったけど、そろそろデトックスジュースもつくろっかなあ。

■ちなみに先月のエステ体験話。
エステはねえ、おねーさんの勧め方がほんと感動するくらいプロ。
「これとこれとこれが1回いくらで5回コースでほんとは6万なんですけど・・・今回お客さんに限り特別で!いくらになると思いますか?・・・なんと9000円っ!」
とかね。値段あげといて、1万以下にする話術がいいねー。見習わなくっちゃ!(え)

まあエステなんて値段あってないようなもんなんで、交渉次第でオプションつけ放題にできるというのが紹介してくれた上司の話で。「でも云うがままになるとローンだらけだYO!まず1回目は冷静に!」と忠告いただいてたので、財布持たずに体験してきたけど。

ま、なぜかあたしがヅカオタということは上司のおかげで事前に知れ渡ってたので(笑)
「すんませんー、不純物流したいのはヤマヤマで、普段なら9000円くらいなら払えるんですけどねえ。いまリアルにお金がないんですよー。明日から東京遠征なんスよー。帰ってきてそのまま宝塚いって、その翌週も宝塚でーアハハハ」
と流しときました(笑)

ヅカオタになって数年、今がいちばんお金がないのほんとだもん・・・。
9000円余剰金あったら逆裁観てたもんっ(泣)!

聞いた話、サロンで働くおねえさんたちも、お客さんに勧めるために色んな最新器械だの化粧品だのいっぱい買わされてて、ローン組みまくりな人多いらしい。
うーん会社にとっちゃ従業員もいいカモだよなあ・・・。

でもま、効果があるのはあります、確かに。がっつりリンパマッサージでラクになったし!
湯水のようにオカネがあるなら通いたいけどさっ!

と、しがない貧乏人を主張してみる(笑)

美肌あらフォー!

■「美肌アラフォー女優」の1位に真矢みき (SANSPO.COM) 2009.3.11 15:47
http://www.sanspo.com/geino/news/090311/gnj0903111547020-n1.htm


うーんミキさん輝いてるわっ!44歳かぁ・・・。

ミキさんは、一昨年、アクアがデビューした世界陸上の解説席にいらっしゃった時に、
お、なんか違う!?と女性らしさに思わず見入ってしまいました。
オイラは真矢みきはTVからの人間で、おまけにそんなにTV観ないんですが、前よりずっとやわらかい印象になったと思って世陸の時に彼氏でもいるんじゃないのーとか云ってたら、あれよあれよという間に結婚されて。

ミキさんの美肌といえばユウさんと同じくコラーゲンぷるぷる美肌って感じで!
ほんと人生輝きドキですねえ。アコガレます。

マルグリット大阪初日

観て来ました。
感想は次回として、その気はなかった筈のリピートにはどうすればいいか激しく思案中です。

最高。
春野寿美礼の椿姫に出会えてほんとよかったって。
っていうかおいら最近芝居で泣きすぎ。
会社帰りなのでメイクてきとーでよかった・・・(をい)
それだけよかったということですけれども、会場の熱気も尋常じゃなくて、ラストは汗だらだらでした。
アンコールも掛け声も口笛も凄かったんですけど、ヅカと違って男性の声が多いのは新鮮だよね。

プログラムとエッセイ。スミレさんめちゃめちゃ美しかったので買っちゃいました。
3/5日発売で、どうやら今日(25日)から梅芸先行発売だったらしい。



つーか玄関口がすごいことに。
どこの花屋ですか。おもわずパパラッチしちゃったよ。
DSCN0487.jpg
これ、オサさん分だけね。寺脇さんや他の出演者も、別のところにいっぱいあったよ。


コルドバポスター。
ちなみにミーマイの先行チラシも入ってました。梅芸続くね~。
DSCN04888.jpg

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。