スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏の愛の物語◆エリザベート

(思考錯誤しながらの記録なので、意味不明なところも多々ありますがお許しを。)

トート、死という存在についての解釈は多種多様だと思うし、
自分のなかでもいまだ未知の部分が多く、
ゆえに「エリザベート」というミュージカルは再演する度に異なる面が見える。

この作品の黄泉の帝王の愛というのは、限りなく「自己愛」に近いものだと思っていて。
「私が与えることが出来る」偉大なる愛。
シシィに否定されるたびにその執着は増し、追い続ける利己的な愛。

執着、恐怖、憤怒、嫉妬・・・ヒトの負の部分を体現し、ある意味では最も「ヒトらしい」存在。
そんな風に解釈していたので。

あの閣下は、今までのどの閣下とも違っていた。

胡乱な目で民衆を見下ろすあの人は、一切に興味がないように見えた。
ハプスブルクも革命もエリザベートもルドルフも、黒天使でさえ、何もかもどうでもいいような目をしていた。
究極の自己愛の塊で、全てが自分の独壇場であるべきだと振舞っているはずなのに、
自分に対する執着すらないように見えて。

「愛」が理解できないんだろうか、と思った。
自分が何故シシィを追いかけるのか、その意味すらも。
全てを操る自分に酔いしれることもなく。

自分に対する愛も、シシィに自己を否定されることへの憤怒も、喜怒哀楽をどこかに置き忘れたような、仙人のような表情をして。

愛を捜し求めているのか、それとも理解できないのか。

愛を体現することがすなわち喜怒哀楽を「生きる」ことならば。
死を拒否し、強く生き続けるエリザベートの姿は愛、そのもの。

その光を疎み続けた彼が、物語の最後に・・・シシィを抱きしめた瞬間に。

ふわりと、笑った。
その両目に、光が宿った。

ああ、「愛」を理解したんだ、と思った。
彼は、「ヒト」になったんだ。


そんな風に見えた、ある日の物語。
スポンサーサイト

「妃殿下、今日のおぐしは?」◆パラレるエリザベート

あのイメージ画像見てると、妄想が広~が~る~。

というわけで描いてみた。
todwhite.jpg
ハプスブルクの黄昏の美容室

やっぱね40年近くストーカーしながら、寝室忍び込んでみたり革命家の集会に出てみたり民衆煽ってみたり旦那浮気させてみたり息子にアプローチしてみたりとなかなか実らない努力をコツコツ積み上げてる閣下が愛おしい物語だと思うわけだよ、うん。

黒ver.はこちら。

マニアックな下級生探し。◆エリザベート

月に詳しくないので、わかる方がいたら教えてくださると嬉しいっす。

第一部「謁見の間」で、ラウシャー大司教の上手側に居た赤い軍服の人って、彩央寿音@ヒュープナー男爵で合ってますか?
顔芸が面白くてついつい注目してしまいました。

顔サー下級生探しする癖がついてる気がする最近・・・おまけに知ってる作品だから、そこそこ周りを観る余裕ができるんだと思われ。次の星テサギもおんなじことになりそうな予感がしますね。

それから、結婚式か舞踏会だか、まっつに似た人がいて、凄く気になったんだけど誰だかわかんない・・・下手側で。ああー気になるー。

ってメインの公演話しろよって・・・いやいま箇条書きでまとめてる途中なんス。
ざくっと云うと・・・観るまでは少々飽きたかなと思ってたけど、やっぱり俺タカラヅカのエリザベートが好きだなと思う。一番最近観たのが東宝エリザだったんだけどね。
作品自体の底力があるし、これだけ色んなパターンでやってきて、こういうトート、こういうシシィがあるんだなと、新たな発見もあったし。

あ、フィナーレにも注目!
軽やかなステップの閣下にびくーり…!

何がツボったかって、しょっぱなの娘っ子に囲まれた大階段での
「この俺がえーらーぶ~♪・・・・・・フォゥッ!
と勢いよい掛け声が・・・閣下、「エリザベート」ぢゃないよソレ(笑)
「私が踊る時」はジャズアレンジ。

全体的に振り付けがかなりダンシングで、音楽もジャズ、タンゴアレンジなどで新鮮です。

あ、そうそう、きりやんの銀橋渡りの衣装が、すんごいギラギラです。
ベースが黒で、ショーヴランみたいだったなあ・・・。

グッズは買うことに意義があるのさ

キリンツのお髭ブロマイド達買う気満々でキャトレ行ったのに、出てなかったの。泣
まだ一週間だもん当然ですね。
先日ミーマイ楽放送観てて、やっぱり霧矢さんのジョン卿の美しさは最強だと思ったオイラです。髭萌えではありますが、髭なら誰でもいい訳じゃないんだけども。今のところ霧矢さんと壮さんが髭ツートップ。月でエリザやるって決まったその日から、きりやんお髭コレクションが増えるのをワクテカしてるので、頼んます劇団。

あーそれから、ずっと買おうと思ってたサウダージのもりえ写真が無かった・泣
すげーかっこよかったのよ、あのもりえちゃん。あの子は舞台で観てなんぼだと思う。化粧栄えと衣装栄えが素晴らしいっす。(失礼ながら)化けてキマス。
という訳で、過去のエリザブロマイドコーナーから、
05月新公トート写真買ってきちゃった、うふ☆(そんなにもりえ写真欲しかったのか)
というわけで、久々にグッズ記録。なんか友人と一緒にしゃべりながらお買い物してたので、どんどん増えていったよ・・・
Image072.jpg
■エリザベートプログラム:貧乏なので今日はプログラム買わないつもりだったんだけど、あさこさんがあまりにもオトメな顔してたのが気になって思わず購入。
■サンケイEX(エリザ特集)
■ラガールカード
■青樹泉新人公演トート写真(だからなんでだ・・・笑 いやでも実際凄くいいショットだった)

Image073.jpg
■花組全ツ、地元公演で買った以外の分から
■オグリのえりたんブロマイド
■ポストカード:最新彩音ちん、昔のえりたん、昔のゆうさん。


そして何故か( ゚Д゚)_σ異議あり!!のアレ(笑)
Image074.jpg
■逆転裁判DVD
■蘭寿とむブロマイド
いや、名古屋に居るTOMちゃんが欲しいっていうから代理で買ったのよ・・・ついでにオマケとして写真もつけようぜ、と探したのに逆裁写真が無かったもんだからさ・・・舞夢のヘラクレス写真を宮さまが勧めてくれたのよっ!けしてネタにぢゃないわよ!


はあ・・・こんなもんか。
ついでに、以前の買い物もそのまま放置してあったので記録~。

16日オグリに来たときに買ったものは・・・
Image075.jpg
■タニちゃん退団ポスカ
■ミニブロマイド
■薔薇に降る雨ラガールカード、退団ラガールカード

20日全ツ高知公演にて、とりあえずあるだけの写真を全種買ってみた。
Image076.jpg
とりあえずはトップコンビのR指定ブロマイドは確保するつもりでー(笑)
あとは出揃ったらキャトル買いのつもりだったんだけど、それだけぢゃあまりにもイロモノ好きっぽいから全買いでカモフラージュしたとかなんとか・・・ボソッ。


ながっ。

閣下に拝謁してきますよ◆エリザベート

今日はとにゃみんのラストデイだよねぇ・・・(ノ_・。)
なんかなー・・・別ればかりの5月ですよ。

(彩音ちん話の途中ですが)
今日は久々にお友達の宮様とエリザ観るです。
水しぇんLoverのお母様に連れられて東のお茶会にも遠征してきた宮様に、水トナ話をたっぷり聴かせてもらおっかなっ。

一緒に観劇行くの正月公演以来なんですが、一ヶ月公演になって全然ついてけないよねえって話してる(笑)

宝塚と月組に感謝する日。

大好きな人たちがいっぱいいる。
叶うなら、どの組も毎週毎週追いかけていたい。
名作も駄作もつっこみながら、いつだって絶対楽しんでやろうって思ってる。

どんな作品だって、あのみんなの最後の笑顔、きらきらした宝石みたいな笑顔が観られるなら、行ってよかったって思う。

5月30日は、宝塚に感謝する日。
うまれてはじめてムラを訪れた日。
月組に出会った日。
そしていま再び、月に出会うとき。

エリザベート制作発表

■2009/02/10 月組公演 三井住友VISAミュージカル『エリザベート』制作発表会(公式)

■【月組】瀬奈じゅん「私らしいトートを」 (SANSPO.COM)2009.2.10 05:00

■【月組】瀬奈じゅん、満を持しての帝王トート(SANSPO.COM)2009.2.9 20:39


えっとごめん、カチャ、今日の中日は?
と一瞬???になったんですが、昨日だったんじゃん(昨日はお休み)!
東宝、8日に千秋楽だったんですね・・・だから今のタイミングだったのかあ。(すみません東の公演って全然把握してないもので・・・)

13日からオスカルだもんなー。すげーなオイ。

サンスポさん写真いっぱいですね。
とりあえず殿のヅラがナチュラルに似合ってマス。

やっぱりメディアとしては「満を持して」と云っちゃうのかと、イロイロ思わないこともないけど、
Jのトート扮装が予想以上に美しくてよっ。

ちなみにオイラはJのシシィが大好きなんですよ。
ポスター部屋に飾ってるくらい、美しいんだもの。
そして、この10年ちょっとのヅカザベートの中で、最もリアルのシシィに近かったんじゃないかなって勝手に思ってるんですけどね。
「娘役」のタカラヅカ的なシシィの美しさとは違った、リアルさ。
ほんとはそれは、東宝でやるべきことかもしれないけど(やってるし)。


制作発表の興味深いコメント。

小池:「<死>としての超越した存在感は、トップスターとしてのカリスマ性として、すでにもっている。ポイントは、エリザベートへの恋の煩悶をどう見せるか。<死>なんだけど、パッション。そんなトートを期待したい」

瀬奈:「私も花組から月組に特別出演という形でエリザベート役をやらせていただきました。(宙組から特別出演する凪七の)気持ちをいちばん理解できるのは私」


イケコも言及してるけど、シシィをやったときのあさこさんとカチャの立場は全然違うものだ。
でも、そういう風に歩み寄っていい舞台をつむいでくれることを、祈るよ。

しかし。
ルドルフの役代わりは宝塚→東宝などで今までにもあったことだけれど。
1ヶ月公演の3人役代わりってね。いわば1週間じゃん。
ほんと、大変だ・・・。

ところでサンスポのこの写真みりおときりやんがそっくしですねっ。
あー先日書いた記事のオイラ好みの丸顔、みりおもバッチリ入ってます(笑)

しかしみんな背がたかいなあ・・・。

エリザベート特設サイトOPEN

なんかイロイロ出ました。

なるほど、うまいことやったね。
■公式イメージ画像
一瞬、真琴さんかと思った。
銀髪の色は一路さんぽいけど、赤メッシュ?
赤きたらいいな~とは思ってたけど、やっぱりトートは銀基本ですね!

leslie kee氏は、スカピンのフォトグラファーさんですね。
また写真集付きプログラムとかあるかな?


あのねえ。この写真、ちょっとゾクっとしたよ。
美しいとかそういうのとは別の意味で。
扇で顔を隠したシシィの表情が、この世でないものを観ている瞳に見えたの。
もう多分、半分死を見つめているシシィの瞳

いうまでもなく、瀬奈じゅんと凪七瑠海の距離は果てしなく遠いものだろう。
その隔たりが、この芝居にどう生きてくるのかなと。
きっとね。それが意味を為すんだと思う。いいとか悪いとかは別にして。

■月組「エリザベート」特設サイトOPEN
このトップページのトートさん、眼が子猫っぽくて可愛いなあ。
なんか、すごくキュートで色気がある、小悪魔的なトートになりそうな予感。

つか、この特設サイトの髪をなびかせた後姿トートを観ても、スタイル抜群だなあとわかる。


■役代わり
あーそっかぁ。ルドルフかあ。納得。
真咲ルキーニ、みりおルドルフは普通に予測できたけども、みんな何の役やるかなあと思ってたら、役代わりかあ。そう考えると主要キャストは少ないよね、エリザ。

まさおは勿論似合うけど、あひルキーニも観たかったなあ・・・。あひちゃん美声なんだもん。
でもあひがやるならフランツかルドルフだよねやっぱ(笑)
とりあえず2/3は一路さん×タカコさんみたいな身長比になりそうですねっ。


あたりまえのよーに霧矢フランツな訳ですが、
またしてもオイラんちのお髭コレクションが増える訳ですねっ。

2009/02/09

月組 三井住友VISAミュージカル『エリザベート』主な配役と役替わりの実施について
月組公演 三井住友VISAミュージカル『エリザベート』-愛と死の輪舞(ロンド)-[宝塚大劇場:5月22日~6月22日、東京宝塚劇場:7月10日~8月9日]におきまして、主な配役が決定いたしましたのでお知らせ致します。また、ルドルフ役につきましては役替わりを行いますので、併せてご案内いたします。

【主な配役】
トート/瀬奈 じゅん
エリザベート/凪七 瑠海(宙組・特別出演)
フランツ・ヨーゼフ/霧矢 大夢
ルイジ・ルキーニ/龍 真咲
ルドルフ/遼河 はるひ、青樹 泉、明日海 りお(役替わり)
※その他の配役は決定次第、ご案内いたします。
※役替わり期間は決定次第、ご案内いたします。



組長はやっぱツェップスさんかなあ。


エリザといえば、東宝エリザの感想も書きっぱなしで放置だったっ^^;
ってか太王四神記も書きすぎてまとまらなくて下書きのまま放置してるしっ。

なんとかさっさとアップしないとまた時期逃すぜっ。

それはちょっと予想の範囲外だった◆エリザベート

なんじゃそら!この、予想のナナメウエ劇団め!

もー年末あたりからロクに公式も非公式(!?)もチェックもしなくなったので、
ひっさびさに見たらこんなことに。

2009/01/15

月組公演『エリザベート』 エリザベート役について
5月22日~6月22日:宝塚大劇場、7月10日~8月9日:東京宝塚劇場において、『エリザベート』-愛と死の輪舞(ロンド)-[潤色・演出/小池修一郎]を月組により上演致しますが、この程、ヒロイン・エリザベート役が決定致しましたので、お知らせいたします。
尚、その他の配役につきましては、決定次第お知らせいたします。

エリザベート役 ・・・ 凪七瑠海(宙組)

※凪七は月組公演『エリザベート』に特別出演のため、4月17日~5月18日:宝塚大劇場、6月5日~7月5日:東京宝塚劇場における宙組公演には出演致しません。



つか・・・いろいろタイミングはあるにせよ、劇団は月娘をどうしたいんだろうね。

でもって新公主演してないカチャがシシィをやるって、どういうことなんだろうなあ・・・転向とかあるのか?しかし脅威のウエスト50センチはアリだな。年末に目の前通ってったのみたが、めちゃめちゃ細かったしな~。

なんにせよ、オスカル→ベルナール→シシィは凄いよねえ・・・。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。