スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組全ツ千秋楽ッ◆タカラヅカニュース

朝起きたらニュースで、となみちゃんの東宝パレードが映ってて、ああなんて可愛いくってきれいなの~とトキメキ、そのまま花組全ツ楽が始まって、観ていたら目から汁が・・・(´;ω;`)
なのに・・・終演後の挨拶で涙も吹っ飛びました。だって・・・

みっみちるが投げキッスしてたぁぁぁあΣヽ(゚Д゚; )ノ
神奈川ジェンヌ紹介で・・・
京三沙さん・ゆうさんと来て、
めおちゃんどキザ投げチューに笑い、
レネちゃん・だいもん・ルナちゃん・らんかちゃんのキュートなキッスにほっこりし、
(特にルナちゃんの勢いがよかったデス)
みちるが全画面に映って大爆笑。あぁぁ神奈川ジェンだったよね・・・。
THEみちるスマイル&破壊的投げキッスに、腹がよじれたわっ!
なんかひと工夫加わったキッスだったよ・・・(笑)
むっちゃ笑顔可愛いかわいいー。

いいなあ、みんないい顔だぁ。



えーと、そうそう。
うん、祐飛さんのお別れ挨拶が・・・(´;ω;`)
祐飛さん、ハッチさんのテンパった紹介に大笑い。「おすすめします」って(笑)

「今後とも、花組をそして宙組をよろしくお願いいたします」っていう言葉を聞くと、ああトップさんになるんだなあって思った。

「花組VS宙組」って云ってるゆうさんとブイブイ(*^^)vしてますた。
まだ組がえまではもちょっとだからねっ!

映像で観ると終わったんだなって実感します。
朝からテンション上がるわー。今日もがんがって仕事してくるっ!
スポンサーサイト

幽霊は・・・ひこにゃんかも!

「幽霊さん滋賀までついてきちゃった・・・でも滋賀だからひこにゃんかも!」
滋賀公演へ行かれた凜さんからご報告いただきましたっ☆

でもおシェルはひこにゃんより可愛いと思うYO♪(ナニを争ってるんだ)

みんなに会えなくてさびしいおいらは・・・お絵かきしてました。
らくがき程度のつもりが久々にヒートアップしてしまい
色付けーの、背景描きーの、エフェクトかけーの、文字いれーの、時間かけ杉。

主役ちょっぴりメタボ気味です。
ポスターサイズもメタボってます。お目汚し失礼。
memyposter.jpg
poster[1]←正規品はこちら。

いよいよ全ツはひこにゃんの滋賀へ。&拍手御礼05/27

いよいよ全ツは滋賀スね~。
おいらはマイ楽を終えましたが、各会場の報告だけはいろいろ戴いてるです。
客席に落ちかけたあやねちんを、まとぶさんがバシっと支えて拍手喝采浴びたとかね!想像してムヒムヒしてましたよええ。

コンビオタとしては、まとびさんはやっぱムスメが隣にいてなんぼの人ですよ。
超オトコマエ度が上がるんだもん。
ひとりで男前の役者さんも沢山いらっさいますが、
あれほどコンビが映えるひともいないと思う(超贔屓目)。

東に戻り・・・楽を迎えるわけですが、東のお友達の感想が楽しみー。
いやそんで自分のも仕上げないとですが。んーと・・・全組見てても、感想書けるのが一部のみになってるのが哀しいんだけども。とりあえず花組だけでもせいいっぱいで・・・速筆になりたいなあ。文章つくるのトロい自分が情けナス。

それから、昨日のアホみたいに長い記事読んでくださった方ありがとうございます。
■通りすがりの方
私は地方在住者で、作家としての側面しか触れることは叶いませんでしたが、本当に多岐に渡って活躍されたスーパーウーマンであられました・・・そんな方にも死は等しく訪れるのだという不思議な感覚で、きっと余りにも影響が強い故に涙も出てこないほど現実感がないのですけれども。ありきたりではありますが、やはりご冥福を祈ります。きっと冥界でもバリバリ書かれていることと思います。

ナウオン話と拍手御礼[05/04-05/21]

■今更ですが・・・
コルドバ&赤熱海のNOW ON STAGEと稽古映像を観ました~(遅いよ!)
あああ麗しき最後の飛飛コンビだぜー。タッチが熱いぜまとびさん!
出だしから酒はいってるみたいにテンション変だよね、花組ナウオン(トプのせいか?)。

あとめおさま大尉が妙におもしろかったのは私だけぢゃないのねっていう(笑)

赤熱海は全体的に変更点はあんまりないとかゆってますが、全ツのほうがぶらっしゅあっぷされてますよねえ。
おシェルのキャハキャハっぷりとか大空さんの弾けっぷりとかまっつのエロいけどちょっといい人さが垣間見えるセラとか、バカップルぶりが目にイタすぎるデュエットダンスとかっ!

たのしいなーたのしいわー。

■拍手コメントレス
ご来場ありがとうございます。
いつもいつもお返事がほんと遅すぎて申し訳ないですが、皆様のあたたかいコメントに励まされております・・・涙
各記事へのコメントは、飛び飛びで申し訳ありませんでしたが、全てお返事させていただきました(たぶん)。

以下、拍手コメントレスです。今回はちょっとカラフルにしてみた(笑)
金木犀さま、KTさま、ケイさま、clickstarさま、花音さま、きらりさま、翠さま、KaiKaiさま、Kさま、マーブルさま、さちさま、そのほか名無しの方々、コメントありがとうございました~!

更新メモ◆花組

ぼちぼち更新してます。
全ツ梅芸公演での観劇メモ・芝居編、この辺(5月14日記事)でざざっとUPしました(遅)

ショー編も後ほどUPします。

えーとここんとこ自分でもナニ観てたのかワケわかんなくなるほどで、
梅田2日間がっつり全ツ観て、その6日後にオグリ観て、その2日後に宙楽&入り&パレード見送って、その2日後には高知2公演観て。

いや、春ごろにこの辺りのスケジュール観て、全部制覇するのは無理だろうなーと思ってたのに、ちゃんと全部観られた自分にびっくり。しかし頭と身体がついていかない・・・事実ここ数日眠気が凄いんす。というわけで、今週エリザは見送りました。月末行って来ます。

更新したいメモ
・梅田公演:ショー編
・地方公演での変化
・コルドバの総感
・オグリ
・宙楽、サヨナラショー、退団挨拶

南国土佐、最高の夜ちや!

ちょw夜公演、客席盛り上がりすぎッ!
土佐弁アドリブ繰り出す度に沸くわ沸くわっ!

自己紹介ソング@まとぶさん、ワーだのキャーだのと、ヅカできいたことのないようなおまいはアイドル歌手か!ってな歓声と大拍手に包まれ、握手しまくり、やだわ~ゆうちゃんまるでスタァみたい♪(いやスタァですから)

で、観たことない大空さんを目撃したよ僕。
客席アピリまくり、練り歩きで手引っ張られて戻りつつ、なんかもうめっちゃくちゃ笑顔なの!
あれですね、普段ニヒルなヒトが朗らかに笑うときゅんきゅんしまつね。ツンデレ効果。
(きらりさんや凛さんも云ってたけど、広島楽公演以来凄いことになってるんだってね)

それからちょっとハプニング。
「海が燃える」の最初、みわっちシェルが、上手の客席階段でキャハキャハ魚釣り(超可愛いの!)しながら、振り返って立ち上がろうとした瞬間、舞台で滑って派手に転んじゃって、可哀相だったよ(´;ω;`)
マルタが出てきた後は普通に踊ってたので、大事ないかなぁ。
痛かったのか、心なしかマリオを睨む眼が恐かったような気もする。



そして香川から呼びつけいらしたきらりさんかぐらさんと、ランデブ~
屋台で塩ラーメンと餃子をいただきつつ、花組を熱く語りつつ!

なんかなあ。いっちゃうんだなあ。
ほんとに、あんなに嬉しそうにアピールするゆうひさんを観た今日がいちばん淋しくて、でもああトップさんになるんだなって、終わりじゃないんだってことが、今日ほど嬉しいと思ったことはないかも。

芝居の皆の熱演は更に素晴らしく・・・地元公演でこんなにも満たされて、ほんとに幸せでした。
書きたいことはたくさんたまっているけれど、いま大阪に戻るバスです♪
また明日以降に!

みんな今日はのんでるかな~。嬉しいときは呑~め~♪

土佐弁でますた◆赤熱海高知公演

アドリブ報告!

■幽霊船の最後
「幽霊さん高知までついて来た!なめたらいかんぜよ!」

■中詰めでエイトシャルマンのあとにはけるとき
「こうちっ!」

■客席からおうちにかえるペドロ
歌は「土佐の~高知~の~はりーまーやーばぁしで~」

■ウノ、ドスさん
「もううちにいのう?」←「いぬ」は去ぬ、帰るという意味

↑結構ナチュラルに使えてるなぁ。凄い~。

もうちょっとあった気もするが思い出したら書き足します。

ってか皆テンション高ッ!!!
芝居もショーも確実に進化しちゅうでよー(土佐っ子)。
ゆひさんの客席降りのアピールがまとびさんみたいになっててウケた。
ゆうさんはゆうさんで例の練り歩きで客席の反応が凄くて(お花も貰ってたぉ)、後半尺足りなくてサクサク

芝居も皆熱くて凄いんだけど、みわっちヴィセントの歌が特に泣ける・・・。


とりあえずおいらは前方で近いのはいいんだけど、上手でみちるとガチンコ席(笑)ぃやばかった・・・終始みちるが面白すぎてニヤけてた。

あー・・・
まとあやデュエットダンスが心底好きだなあ・・・おいら。
幸せすぎる。

うちの子の発表会みたいな気分。■花全ツ高知公演

隣の公園でうだうだしてたら、ジモティおばちゃま達の会話が・・・

「こないだテレビにでちょった人らぁが出るがと違うがよね~?」

・・・テレビに出ちょった人はもうヅカおらんきに・・・(・_・、)
もしくは東京でやりゆうき!まっことすまんちや!(笑)


地方で観るのはうたかたの広島楽以来で(市川は地方じゃないことにして)、
き、緊張するぜ・・・。

日本国からマスクが消えた日!◆花全ツ高知公演楽屋入り

熱いぅ・・・紫外線がっ!
皆さん並んで歩いて入ってこられましたぁ。(ホテル近いもんなぁ)

昨日須崎公演観たかたによると、午後公演はめちゃめちゃ盛り上がってたらしいですよ~。全ツ半ばで疲れも出てきそうなのですがあと10日!

ってか皆マスクだぉ(ToT)
ゆーひさん確認できんかった汗
まっつはノーマスクでこっちのファンに手振ってたw

あたしは聞こえなかったが、ゆうこさんは「いってくるね」って云ってたそーだ☆

昨日から京都・大阪と10軒くらいコンビニ薬局巡ってたが、全完売!
高知のコンビニに至ってはマスクコーナーすらなかったっす・・・orz

花組@高知県民文化ホール

20090520092417
県民オレンジホールといえば・・・
恐怖のピアノのコンクールのイメージばかりだなあ・・・。
小さかったおいらには、ひとりで立つには広い広い舞台だったけど。きっとタカラヅカには充分過ぎるキャパシティなんだろう。

遠くにありて想うもの。◆全ツ遠征

23:10阪急バスで梅田発、6:15高知駅前着。

いつもは実家に直行で街に出ることもなく過ごすことが多いので、久々に歩いて城下街巡り。通ってた小学校とかなつかしすぎてつい立ち止まってしまったり。
住んでた時は気にならなかったけど、やっぱり故郷の馴染んだ空気だなって感じる。変わらないものも変わるものもあるけれど。
椰子の木だらけの街中はデフォルトだと思っていたあの頃(笑)
20090520085211
20090520085208

改めて観るとヘンだよな。南国土佐。

(でもって、ひろめ市場休みだたよきらりさん~(ToT)

コルドバの舞台写真がエラいことになっているらしい

明日の宙楽に向け、休日出勤で仕事してるニケさんです。
先週からありえないくらい発注入っててテンパってブログ放置状態ですいません。あと、コメントありがとうございます。遅くなりますが、お返事は必ずしますのでお待ち下さいませ。

さて。広島公演に行ってるきらりさんから、ブロマイド(会場先行発売らしい)がメールで送られてきたんだが、
まとあやがなんかすごい事になっていた・・・Σ(゚Д゚;≡
そしてうひたん、マタドール姿がテラウツクシス!

写メだけで今日一日がんがれるよ!
ご飯3杯イケルよ!(は?)
はやく写真観たいよー。

■やっぱりスペイン物はいい! 宝塚花組『哀しみのコルドバ』 (asahi.comエンタメ舞台ヅカ★ナビ!)
http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200905070066.html

海43億年の記録3・いろいろエリオ◆花全ツ梅田公演

■哀しみのコルドバ

・梅田初日(9日)、柴田先生・涼さん他ジェンヌさんがいらしてたらしい

・初演・再演映像・稽古映像も観ず、ほぼ初見だが、メインの曲は知ってる。あとエリオとエバの結末も。ネタは知らずに観たかったな・・・。

柴田先生の繊細で情熱的、小昏い色をたたえた歌詞に胸打たれる(先述)。

・既存楽曲が私の好きなスペインギター曲が多く使われているのが嬉しい。

・オープニングが秀逸。大劇で銀橋使ってやるに相応しい。

・エリオの最後の闘牛の光の演出も・・・美しすぎて泣けた。

・とにかく全編通して彩音ちゃん、一花ちゃんが素晴らしい出来栄え。

ゆうさん:後半にいくにしたがって入り込み方が凄かった(後述)

エル・アモール~ソルイソンブラの歌い継ぎに圧倒される。曲に乗っかってエリオの情熱が噴出していくのがよくわかる。

ゆうひさん:OPのマタドール姿の美しさに目を惹かれる。私はあまりスタイルにこだわる方ではないが、こういうスペインコスチュームだともの凄く映える。アパショ楽しみだね!

めおちゃん:アンフェリータへの告白は、真剣なんだけどあまりにもめお様すぎてちょっと笑ってしまった、ごめん。

・エバとエリオの関係がばらされるシーンはちょっと間が抜けてる感じ。もう少しエリオの慟哭が生きるようにドラマティックでもいいのにと思った。

めぐむ:目だっていい仕事してますね。いいっスかの台詞回し好き。

まーくん:近頃とみに華やかになって、ぶいぶい色男もやっちゃうのね。

まゆちゃんが結構目立ってて、だいもんのセリフがかなり少ない。この辺は全ツだからかな?

・やっぱりルナちゃんがみりおに見えるよ・・・!カワユス。

一花ちゃん:アンフェリータが最初どんな役割なのかよくわからなくて、なんか電波女?みたいな感じだったのが、ひまわりの歌で圧倒される。ウマすぎる。梅田楽では涙を流しながら熱唱してた(´;ω;`)

邦さん:エリオ母も梅田楽はダーダー涙しながら連れてかれてた。いい芝居されるよねえ・・・。

「道しるべがなくても」のシーンは、あー・・・サヨナラ公演だったんだよね、と思うと切ないっす。というか、これサヨナラ公演はキツイな・・・。


●エリオについて
・東京で観た方から、エバの設定年齢が高いんじゃないか?と聞いてたんだが、どちらかというとエリオの年齢が低いという風に感じた。

・ヤンさん贔屓の方に云わせると、「昔(ヤンさんがやってた時代)の26,7才と、今の26,7才は若さが違う」ということらしい。つまり、8年経過し、達観した大人に見せるには、もう少し演出の設定年齢を上げるべきではないだろうか。

話はそれるが、先日観た昭和歌謡を特集した番組で、「おとなの歌」が少なくなったことについて太田裕美(たぶん)が話していたことが印象に残ってる。
ピンクレディーにせよ、山口百恵にせよ、あの頃はみんな「大人になりたい」という背伸び感が時代に共通していたが、現代はどの世代もみんな「若さ」が求められており、ゆえに「おとなの歌」が流行らなくなったのではないか、というようなことを云っていた。
良し悪しは別にして、なるほど一理あると思う。

・ほんとのところ、前半ではヴィセントのことを全く理解できない、という程、冷徹な理性にあふれる演技にした方が、後半での演技とのコントラストがつくと思う。

・皆の憧れの、おしもおされぬマタドール、というカリスマ性を出すには、ある種の冷たさや、傲慢さを表面に現す必要があると思う。

・その冷たさが出せないのは真飛さんの弱点でもあり良い所でもある。

・真飛エリオは8年の歳月で「オトナ」になってしまわずに、あの頃の青春の若い心をずっと持ち続けてたんだよなと。

・この人はずっとずっと青春の真っ只中を(それこそ闘牛のように)盲目に走り続けて、その情熱のままに死んでいったんだなと。そういうエリオだった。
本来(初演)の解釈とは違うのかもしれないが、この人のこういう持ち味が果てしなく好きだ。



ところで・・・プレお披露目から「おにいちゃん」「おにいさま」「おにいさん」と、無駄に兄呼びのバリエーションだけ多い真飛聖さま、今回はガチ設定にもかかわらず、彩音ちゃんに呼ばれることがなかったのに、白華れみちゃんによる「兄貴!」が加わってしまいました・・・つД`)・゚・

海43億年の記録2・大空祐飛◆花全ツ梅田公演

いつもながら公演感想の才能がなくてすいませんが、帰りながらメモったこと箇条書でいきます。

■ゆうひさん
花の大劇デビューも同じ一年前だったんだなあって思う。
おいらは月のゆうひさんをほとんど観ることがなかったのでわからなかったんだけど、凄く変わったんだって。こんなにも観客にコミットする人じゃなかったってきいて意外だったの。きっとあの日よりもずっとずっと大きく、華やかになったんだろう、ゆうひさん。

地球まる割りの「ヒョーォッ!」が最高に弾けまくってます☆
総観の日は3階までガッチリウィンクとばしてたよ!

そしておいらは「海風」でゆうさんの手をとってクルっと回しちゃううひさんに萌えぇぇ!

回されるゆうさんがたーまーらーんー(オレM飛萌え)
なんかこう・・・もっといろいろ絡んでほしかったよ・・・腐った感じで(は?)

海風の二人の並びがほんと好きだ。

海43億年の記録1・天真みちる◆花全ツ梅田公演

花組の誇る顔サー・みちる話(笑)
梅田から帰ってきたら、検索ワードトップ:「天真みちる」で爆笑して思わずきらりさんにメールしちまった(きらりさんとこも検索ワードに入ってたらしい)。

なに、密かにみちる人気なの?あたしたちの周辺局地的だと思ってたわっ(笑)

ちなみに「天真みちる」をググったらうちがトプに表示されるんだな!
ごめんみちる!応援してる!

とりあえず杏さまをはじめ、東のお友達にさんざんみちるポイントを教えてもらったからにはチェキなんだけど、ほっといてもどんどん目に入るからなあ(笑)

■コルドバ
・なんつっても、祭の歌手だろう(笑)
センターてゆうさんエリオをオペラグラスで観てたときに、真後ろでドシリアスな顔で歌うみちるが視界に入ってきた瞬間、噴出しそうになりました。笑うとこじゃないのに!

・若手マタドールが上手でナンパしてるところでは、下手で小芝居中。なんかもうほんとわかりやすい顔サーだよねえ。

■ショー
・よりにもよってまーくんの隣かい!
引き立たせたいのはまなとの超絶スレンダーなのか、みちるくんの逞しいボディなのかっ。

いや、らんかちゃんだいもんもそりゃ美しいおみ足だったんですけどねえ。みちるとまーくんロックオンしたら、離れられなくって困った・・・身体もあれだが、顔も濃いんだってば。
例によって、クビ振りまくりだしあの子(笑)

・んーと全体的に上手奥にいることが多いみちる。なんかこう、周りとサイズが違うので目立つ(笑)
・OPはどピンク魚。
・カモメは青い波。時々遅れてるけどド迫力の波(笑)
・幽霊船の亡霊も元気に踊ってる。
・真珠の城は、大劇ではマメが激しすぎてツボだったんだが、みちるの動きもほんと凄い。だからなんでクビ振りが周りより多いの、君(笑)

・葬列で棺を運ぶみちるは何故アフロなのですか?
大劇公演でアフロってたマメちゃんへのオマージュだよ、と勝手に結論づけたおいらです(笑)

ほんとねえ・・・観てて楽しい舞台人だよ、みちるくん。
会場できらりさんやら凛さんやらと盛り上がり、ノリコ嬢にも「みちるってどのヒトですかっ」と聴かれるくらいだから、確実に輪は広がってるということで。

叙情の世界に酔いしれる時。◆哀しみのコルドバ

再演作といえば海外ミュージカルが際立つ近年だけれど、
宝塚においてはやはり柴田侑宏&寺田瀧雄の音世界は肝だなと

私が、宝塚歌劇という世界に必然だと思うのは「叙情性」というもの。
何をもって「叙情」とするかは一概には云えないけれど、胸を締め付けられるような切なさや、物哀しさ。こころの琴線に触れる情感。

例えばそれがシンプルに表現されているのは、童謡

「夕焼小焼の 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か」(赤とんぼ)

明るくもなく、さりとて暗くもなく、哀しいというにはさりげなく、日本人の心を吸い寄せるメロディと情景が、そこにはあって。

ヒトというのは怒りや、哀しみや、寂しさが絶えることのない愚かな存在だからこそ、遠く過ぎ去った時がいとおしく、叙情歌は私たちの心を打ち続ける。

「知床の岬に はまなすの咲く頃」(知床旅情)

「青葉通り 香る葉みどり 思い出は帰らず」(青葉城恋唄)

「遠き別れにたえかねて この高楼(たかどの)に登るかな 悲しむなかれ我が友よ 旅の衣をととのえよ」(惜別の歌)


まるでその情景をまざまざと思い浮かべることができるほどに、叙情を感じる歌には、明るさとほの暗い影が絶妙に混ざりあっている。

それはいつの時代の歌にも存在するけれど、昭和時代のサウンドにおけるそれは、濃密で湿度の高い、情念の薫りが満ちていると思う。


「哀しみのコルドバ」作詩:柴田侑宏 作曲:寺田瀧雄

あたたかい香りが 辺りに満ちて その時君の睫毛がふるえた
初めての口づけ 熱くやさしく サフランの花が 溜息にゆれた

ふたりは誓った 変らぬ愛を 変らぬ愛などないと知らずに
サンタマリアの祈りの庭で 聞く鐘の音に幸せ数え
互いの瞳 見交わしながら
雲を踏むように 歩き続けたね




美しかった、あの頃を。何も知らなかった、あの頃を。
エリオ・サルバドールが「雲を踏むように 歩き続けたね」と歌い上げるメロディと詞に胸がしめつけられて、どうしようもない。

彼の最後の場面で、サフランの花を植えて・・・と話しかける哀しいほどの明るさと、絶望に満ちた瞳が忘れられなかった。



純愛と呼ぶには激しすぎる情念の詞が胸を痛くする。

「エル・アモール」作詩:柴田侑宏・正塚晴彦 作曲:寺田瀧雄

どれも恋 二度とない そして恋 今一度
かまわない あなたなら そむかれて 一人でも

迷わない あなたなら 逢えなくて 血が滲む
今は恋 あなたなら エル・アモール



「エル・アモール」とかコルドバの曲はほとんど知ってたんだけど。
「逢えなくて血が滲む」・・・これ聴いたとき、心に重く響いてきて、思わず涙ぐんでしまったのは・・・いまの自分だから・・・胸に迫ってきたんだと思う。
こんな詞、いま書けるひといるのかなって。

たとえ古臭いの一言で片付けられたとしても、濃厚な情念の世界を継承していく力を持つ無二の劇団であると信じているし、「湿度の高い濃さ」が敬遠されている平成の現代においては益々その特殊性が高まるばかりだと思う。
もちろん、時代に合わせた作品を造ってゆくことは重要視しなければならないし、古いものには粗があるのは確かだが、柴田侑宏・寺田瀧雄の世界は古さを補って余りある程のチカラを持っている。チカラをもった、マンネリズムだから。

時代と共に変容しながらも、その魂を確実に継承していく劇団であってほしいと願う。
劇団四季でも、東宝ミュージカルでもない、宝塚歌劇にしかできない魂の継承を。
それこそが、かの劇団の最大の価値なのだからと・・・思うんだけど。わたしにとっては。

古いかな?

三回り以上離れた親父には「あんたは同世代より古風」だの(誰のせいやねん)年上のお友達にも「ニケちゃん好みが古い~」といわれてしまう今日この頃。
いや、わかってるけどさ(笑)

全ツ@梅田計4回公演終了

会場で逢う人逢う人に「オグリ観て!はやく観てスゴイからっ!」と云われまくったニケさんです。
いやだからいくらあたしがキワモノ好きでも今週は駄目ぽ。
(マメちゃんはバウ終わってから来てたけどね!←昨日楽屋から出てきてびっくりした。体力あるなー)

ってわけで全ツ終了・・・強烈に眠いので今日はオヤスミー。

あーひとこと。
タカラヅカは、こんな作品の財産をもってるくせになあ・・・
大劇でやればいい!(トート風に)

・・・はー。

あれから365日の夢をありがとう

梅田から帰宅中。
お友達と夕食食べてて気がついたら最終電車の3分前。
慌てて快速に飛び乗ったのに、何故か途中で各停に乗り換えたくらい超テンパってます、はい。

RED HOT SEAを観て・・・あの大劇場の日から365日なんだなと思う。

うん・・・言葉にならん。

やっぱり宝塚、愛してるんだぜおいら。


追記:柴田先生、理世ちゃん、涼さん、ほかジェンヌさんたちたくさんいらっしゃってたようです。

いちばんラブいのは君なんだなってわかってるよもう。

にこっと笑ったゆうさんにクマのぬいぐるみのキーホルダーをもらって、めちゃ嬉しかった。しかも超至近距離で眺められて、あーほんと綺麗ー。ファンでよかったぁ超幸せ~。




・・・と、いう夢を見て目覚めた(笑)
やたらリアリティのある光景で、目覚めて一瞬夢だとわかんなかったよorz

寝る直前まで杏さんに電話で(2時間かけて!)全ツの見所をききまくったせいだと思う(笑)

「クマさん船長」の歌、ちょっと長くなってるんだよってきいたから(笑)


はい。哀しみの赤熱海、初参戦してきまっす!




ちなみに・・・みちるの見所、完璧に叩き込んでいただきました(爆)だって杏さんが「今公演みちる祭できるからッ!」とかいうんだもの~。・・・みちるスゴス。

コルドバ!

ケイさんから市川初日速報だ!

「みちるが祭の歌手だったよー♪」

って・・・みちるかい(笑)!
おいら初演ちゃんと観てないんだけど、かな~り面白かったってケイさんがおっしゃるので
来週が楽しみデス。


さて。
今日、タータンが夢にでてきました。
もちろん今のちゃんと女性らしいカッコしてるタータンね。
何故か遠い親戚という設定で、おいらはヅカファンだとゆーことを隠して、一緒にチラシ寿司を作ってるの

そしたら、テレビから「アムール、それは・・・」が流れてきて、この曲いいですよねっと合わせて歌い始めるおいら。さよならショーで、花を投げながら歌ってる香寿たつきを思い出しながら。


目覚めて、なんでタータンさんやねん、と思ったんだけど、
ああ、そういえば今日タータンの舞台みに行くんだった!

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。