スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠野賛歌◆ベルばらベルナール編

勢い余った叫びに賛同してくださった方ありがとうございます;
とうこさん、なかなか好評のようです。

そしてもうひとつ。
「娘役・遠野あすか」に脱帽。

ポスターの時点では、今更あすかちゃんにロザリーはどうなの、なんて思っていた。

正直すまんかった。
…むちゃ可愛い!
ロザリーの持つ清楚な可憐さと芯の通った性格が自然にでているの。

ここのところあすかちゃんの「娘役」にはとんとお目にかかっていないものだから、忘れてたなあ。
数多くの個性的な女役もこなしてきた人だけれど、どちらかというと本来は「娘役」の方に近いのかなと思う。

そして、娘役である以前に「人間」を演ずる役者としてのリアリティさがとても好きだ。
オイラの中でのリアリティというのは、人間が抱える「負」の部分をちゃんと演じられるということ。

遠野あすかという役者を意識したのは、たかこさん主演の宙組「crossroad」のビデオを観た時からだと思うんだが、少女独特のわがままさ、鬱陶しさが見事に表現されていて、「厭な子だなあ」と思いつつも(笑)、ラストでグッと泣かされてしまったものである。

遠野あすかは、役に媚びない。

宝塚の娘役である以上、皆に好かれる可愛らしいお姫様、死語でいうなら「ぶりっ子」、フェアリーとしての部分は多少なりとも現れるもので、そういう娘役特有の「媚」は嫌いではない…というかむしろ大好きだし、プロフェッショナルとしてそれを極められるならば尊敬するくらいだ。

しかしこの人は娘役であること以上に役の本質に忠実だと思う。

「エル・アルコン」のギルダや「コパカバーナ」のコンチータ、「マラケシュ」のイヴェットで別格女役のような苛烈さを発揮し、不滅の棘で女の嫉妬の醜さに妙にリアリティがあって、「やっぱり厭な女だなあ」と(役としての意味で)感じさせられる。

よくある「厭な女だけど憎めない設定」、じゃなくて、
「厭な部分」を「厭なまま」演じているからこそ、そこに共感してしまう。

そういう遠野あすかだから。
娘役のスキルを発揮する今回のような役でも、不思議と違和感なく溶け込んでいた。
「スカーレット・ピンパーネル」から引き続いて同時代の公演ということもあるかもしれないけれど、立体的な役作りに観えたし、御大作じゃない普通の脚本なら(泣)もっと役を息づかせられるんじゃないかなあと思う。

いや、ベルばら特有のハッタリ大芝居は、とても素晴らしいものだと思ってます。
あれが現代ミュージカル風にリアリティのある群集芝居になればいいのかというと、そうでもない気がするんだよな(観てみたいけど)。

「エリザベート」はこなせても、ちょっとダサい古臭さや土臭さを含め、ああいったスター芝居ができる役者が少なくなってきているのは時代の流れなんだろうけれどね。

きらびやかさや迫力のある舞台であることは確かだと思うんだ。
ただちょっとばかりありえない脚本を書く人が居るだけで(笑)


色々思い返してたら、長々してしまいました。
色んなタイプの娘役がいるけれども。

オイラにとって遠野あすかが演ずる女は、とてもイヤな女で、とてもイイ女なのである。
スポンサーサイト

恋するきもち。◆ベルナール編

ベルナールの、
「好きになっても、いいか?」
に萌えた人!挙手ッ!!



不意打ちです。
アイラヴ安蘭けい史上最高に、乙女心が疼きましたってば。Σ(゚Д゚;エーッ!
アイーダ以来かもしれません。


…いや、私がとうこさんに求めるものって、基本的には「見果てぬ野望と破滅のカリスマ」だったりするるので。
繊細さと強靭さを併せ持つ、強烈なパッションの噴出。
グイン・サーガでいうならイシュトヴァーンだ。
だから、その崇拝者であり、賛美者なんだけれど。

久々に、恋心ヒートアップで観てしまいました。

あぁ前半なんか脚本壊れまくりなのに!
つなぎ目なんて無視、唐突な展開だらけで脳内大爆笑だったのに!!

でもって、近頃「俺に恋して当たり前」みたいな役が多かったからさ・・・。

「好きになってもいいか?」

弱気な疑問形萌ぇえ~!(´∀`)

…ああそうさオイラはまとびーの雨宮潤一やらシモンやら、ダメ男で萌え度MAXになる女だからな!

トウコベルナールを愛してマスカット(古っ)。
…酔っぱらってるな今日は。

御大が普通の物語を書いたように見えたりするベルナール編。

ベルばら外伝3部作における脚本について。

3部作コンプリートした宮さまと、花・星を観たおいらで終演後に話し合った結果、
星組ベルナール編が一番まともに観えたというのが結論だ。

外伝3部作のテーマは「市民革命」であり、最大の敵は「ナポレオン」である。

その軸さえしっかりしていれば、前作で混乱しなかった。

対オスカルへの恋情を無理やり挿入するからテーマがぼける。
オスカルへの愛による心情の変遷や、アンドレを加えた三角関係をがっつり描く訳でもなく中途半端にオスカルを出し。アラン編でいえば、主役はストーリーテラーにして放置、オスカルへのほのかな思いだったと匂わせるだけならまだしも、アンドレがオスカルへの愛を歌いあげたおかげで、もはやどっちが主役かわからない。

なのに話はいつの間にか時間は飛び、アンドレもオスカルも革命の間に死んだことになっている。
前半の比重との落差がめちゃくちゃだし、ダイジェスト、あらすじ以前だ。

はっきり言って、この外伝シリーズ、御大のような使い方をするくらいなら
オスカルもアンドレもフェルゼンも出る必然性はなかったんじゃないだろうか。

このベルナール編がもっとも外伝らしい説得力をもつ所以は、
彼が革命を起こす民衆の代表であったこと。
革命の場面の真ん中にベルナールが存在し、歌うことによって、『市民革命編』とでもいうべきこの物語に芯が通り、主役として機能している。
そして、物語におけるオスカルとアンドレの比重が最も適切だったこと。
まあ、主役を主役として機能させるのは演出以前の問題だと思うんだがな(…泣)

主人公の時間軸がまともに頭に入っていない御大が一貫性のあるストーリーに仕立てられたのは、ひとえにベルナールが唯一オスカルに(恋愛沙汰で)絡まず、ロザリーと結ばれた人物だったからで、偶然うまくいったに過ぎない…と思わずにはいられない(もちろん役者の力とは別の話である)。

そして最終的には役者の力があったればこそであり、御大にはそこのところを理解していただきたいのだがまあ無理だろうという諦めのもと、ベルナール編の成功を嬉しく思うファンの複雑な心境である。

永遠に輝け、革命のオベリスク!◆ベルサイユのばら外伝

星組初日@梅田芸術劇場。

安蘭けいは、スターでした。

宝塚に限ったことじゃないが、脚本に穴がない完璧な作品というのはそうそうないのだろう。
それほど、大勢のキャラクターを動かすことは困難なことだと思う。
展開に矛盾があったり、行動に一貫性がなかったり、完結していなかったり。
そんな不完全な土台の上で、観客にどう感動させるか。

一人で書く小説と違って、幸い舞台は総合芸術だ。
音楽やダンスパフォーマンスで盛り上げ、衣装や化粧で派手に魅せ。
そして何よりも必要なのは、演ずる役者のパッションと揺るぎない存在力である。

ふと、去年、ここで観た源氏物語を思い出した。
あの、芝居とは名ばかりの珍脚本において、
怒りの奔流のような絶唱をもって存在力を示した春野寿美礼を。
話はよくわからなくても、なにか凄いものを観た。
いまでもはっきり感覚に残っているのは、それだけだ。

少々の矛盾など吹き飛ばすほどの説得力が、スター力ならば、
こういう作品でこそよくわかるのかもしれない。

「その力」さえあれば。

天井桟敷の客席にまで届いた、永遠のオベリスク。
私は確かに「スター」を観たのだと思う。

ベルナール編ポスター

■ベルサイユのばら ベルナール編/ネオ・ダンディズム3 ポスター
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/93/poster.jpg.html

ここここ、濃いよぅぅぅ
なんか先行ポスターのときはどうしようかと思いましたが、シックに美しく、さらに濃くなって、いいじゃーん。やーしかし濃い・・・とうこさん劇画のやうです。

今更あすかちゃんにロザリー?という気はしないでもないが。
(いや貫禄ありすぎて・・・)
あすかちゃんのベルばらって宙の2001フェルゼン編以来だっけ、と調べてみたら、
新公ロザリーだったんだ!あらまー。

2001といえば星組ではトウコさんのフェルゼンやら、ゆうさんのアランやら・・・新公はゆうカルちえドレで・・・ほんと・・・イベントだよな、ベルばらって(笑)

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。