スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米の風に吹かれ・・・

「ブエノスアイレスの風」イメージが出ましたが、なかなかハードボイルドな雰囲気のちえちゃん。
でもどこかお坊ちゃん風も漂わせつつ・・・ってかやっぱり見た目若いなあ。
いまだ初演はオープニングぐらいしか観てませんが、南米で反政府ゲリラという舞台設定は、マリポーサを思わせ、正塚的ハードボイルド世界に再びはまりそうな予感。

それから、メンバーも楽しみなんだなあ・・・しみこちゃん、ねねちゃん、べにーさん、みやるりさん、きとりちゃん、真風氏・・・初舞台生で名前が印象的だった漣レイラちゃんと、ちょっと古風な可愛い顔だちの早乙女わかばちゃん。
フレッシュ感たっぷり。あまり下級生の歌唱は知らないんですが、初演のシビさんの歌うたうのは誰なんだろうな?オギーの凍てついた明日と同じく、変更されたりするのかしら。

あ、イマサラ知ったんだが東京公演が先なんですね。
スカピンの熱気も冷め遣らぬうち・・・おいらはバウを楽しみにしております。

スポンサーサイト

ブエノスアイレスの風、を予習してみる。

CSで録画しておいた月組「ブエノスアイレスの風」を発掘してきて、就寝前にちらっと観始めました。
(こういうときにポータブルDVDプレーヤー、お役立ち!)

正塚先生、あのオープニングは反則だと思う。

シビさんの歌で始めるなんてさ!


しかもガチで1曲。
物語が始まる前から涙目になってしまったんですが。

更に、声ののびが素晴らしくて、シビさん全盛期かというくらい。

・・・凍てついた明日と同じ1998年かあ。


矢代鴻が歌うだけでそこには空気が作られる。
激動の時代や、人々の思いや、そういうものが流れていく。

ハリーもオギーも、反則だと思う。


でも、泣きたくなるほど美しい。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。