スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも好きだけど。◆マリポーサの花

6日、久々の雪組観劇なので、登場人物が覚えられなくてさっぱりだった部分のリベンジをしたいと思う。その前に、初見の感想を。

今回の雪は、なんというか・・・
That'sいちげんさんお断り公演である。
公演形態も、内容も、夏休みの親子連れなんてアウトオブ眼中だ。


私は、正塚芝居は好きだ。
私がヅカを観始めてからは、ライトタッチの作品が多かったから(よかったけどね)
彼のがっつりハードボイルド作品が観られて、嬉しい。
・・・しかしできれば中劇場で観たかった。

ハリーはマトモに筋の通った脚本書ける人だと思うけど、彼の芝居は中劇場でこそ本領発揮できるというもので。オギーもだが。

延々えんえん、舞台上には数人が喋るだけのストレート・プレイ
また、設定が複雑ですんなり頭に入ってこないために、舞台上で何が進行しているのか把握できないまま。あれだけ組子が居るのに、このまま終わりまでつき進むのかと観ながらハリーに対して怒りがふつふつ沸いて、公演中に時計を観てしまったくらいだ。

それが、後半でドカンとひっくり返った。
途中から演出が小池修一郎になったのかと(笑)
圧倒的なコーラスとダンスと打ち込みの音楽
ああコレ革命ものだったんだ・・・ミリタリーは嫌いじゃないので、久しく観なかったハードなかっこよさにしびれましたです、ええ。

確かにココは大劇でしかできないスケールの演出だけどもさ、
前半後半の印象がここまで変化した公演もない。
一番印象が近いのは、宙の「白昼の稲妻」かな。
バランス悪いだろーよハリー・・・(笑)

と、まあ、初心者には優しくない「構成」だと思う。
ただ大劇作品の構成としてどうか、というだけで、
正塚作品のセオリーが好きな人にはどっぷりハマれる作品であることには間違いなと、思う。
スポンサーサイト

ザッツハードボイルド。◆マリポーサの花

すでに初日を観た水夏希ファンの方が劇場で云ったのが
「暗い・重い・長い」だったので、覚悟して観た(笑)


ヅカって。

ぼーっと観ててもだいたい理解できる芝居が多いじゃん。
アラビアの民族紛争について知識がなくても、
フランス革命が何か知らなくても、
主役の行動は飲み込める、のに。

事前にあらすじを読まなかったことを、今回ほど後悔したことはない(笑)

最初からほとんど状況がわからないまま観終わってしまった。

なんといったって、主役の名前も覚えられなかったくらい(それは酷いが)。

ラインナップ発表になった時の、「主人公がアウトロー」とか「ラテン音楽」程度の知識しかなく、なまじ音楽が凄くよかったので、音に集中してたら展開が余計にわからなくなってゆき(笑)

えーとここ何処の国だよ、とか。
いま、舞台上で何してるんだ、とか。
頭には???がいっぱい。
たぶん熱中症で頭が働かなかったせいもあると思うが。

困った。非常に困った・・・んだけれど。

いろいろ思うこともあるんだけど。

結果的には、とっても好きかもしれない、この芝居。

ソロモンの花

マイ初日です。
ショー終了。

オギー、どツボで鳥肌全開コースです(笑)
うわぁぁんすげぇぇえ

好みで分かれるとは思うけども。

ヤマもオチもない、それが夢というものでして。

「ソロモンの指輪」の初日を観にいく、という夢を観た。

「あれっスカピンまだやってるのに~?
1ヶ月公演は短すぎるって文句がでたから、2公演同時にやることにしたのね!」

と意味不明な納得の仕方で進む夢。ありえへん。

夢の中では友人の宮様と一緒だったんですが、
「オギーのショー楽しみなんだ~。シナちゃん退団だし、活躍するだろうね~」とかなんとか云ってたらショーが始まった。

なぜかオイラの視点は銀橋の上手に立ってる位置で。

オケボックスを挟んで本舞台には白い衣装のハマコ先生
歌と同時にシナちゃんとラギちゃんが銀橋をわたり始める、というOPなんだが、
歌い始めた声がかすれてて、シナちゃんが銀橋から「ちょっと!ちゃんと歌ってよ!」と突っ込みながら渡っていくというシュールなハプニングも。

そして聴こえてきた歌は
「み~ず~いろ~の粉雪が~♪」

・・・せんせい、それジョイフルだから!

銀橋渡りで始まるあたりはオギーっぽいけどさ・・・くすん。
どんなになるんですかねー。確かスピーディ30分だか?そろそろお稽古映像も出るころかー(ニュース観てない・・・)

ラインアップ雑想 雪組

ビバ雪組!!
オギーハリー!!

(並べると「おぎやはぎ」みたいだ・・・)

▼ソング&ダンス・ショー『ソロモンの指輪』(仮題)
オギー雪組率高いとはいえ、トウコちゃんやコムちゃんが居たから・・・と思ってたけど
水しぇん主演で来るかぁ。
ロマンチカのわたさん的なカンジ?
それにしてもバビロンといいアレクサンダーといい、古代神話・伝説系好きだね。
ショー的にはロマンがあっていいよねッ。

ハマリンコ大先生には歌わせまくるとして、
専科に行く圭子姐さんも出るよねっ?
もちろんキム君は先生お好みだろうし。シナちゃんもかな(笑)
かなめ・おづきは極楽鳥でドリキン再び!が観れそうなヨカーン。

で。ゆみこちゃんの立場がさーっぱり予想できん。
歌いまくって・・・ほしいなあ。

▼マリポーサの花
すりりんぐなさすぺんすみゅーじかるですってよっ!
解説の主人公像がいかにもマサツカ先生っぽくて
表面アウトロー、中身は燃える男って
水しぇんにもピッタリなイメージでワクテカしますな。

カリブでサルサで哀愁漂うラテン音楽。
宙組「crossroad」の哀愁漂うスパニッシュを思い出します。
いいなあ・・・音楽だけでも楽しみだなあ。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。