スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀ちゃんの恋・1

そういえば東映京都撮影所ってオイラんちから電車で2駅くらいなんだよなあ・・・と思い出した、銀ちゃんの恋。

いやー、めちゃめちゃ面白かったです!

石田先生って、合わないときはとことん合わないけど、「おもしろい作品」を演出する才能はあるんだろうなあ。つか氏の原作があるとはいえ。

ライブの舞台だからこそ、の小憎い演出、とことん楽しませてもらいました。

まず、映像の使い方がユニーク。
「映画撮影」という設定で、実際に撮っている動画が背後のスクリーンに映るんですが、映りこむことに必死な銀の字がもーおかしくっておかしくって。

ゆうひさんくぁいいなあ。

あと、ヤスの家の外に見える夜景も映像だったんですが、レ×クとかの消費者金融のネオンが哀愁と貧乏感漂ってていいですねえ。

そしてやっぱり役者たちの熱演が素晴らしかったです。

ポスターを遥かに凌駕する怪ファッション!
あんなもの着て普通にかっこよく観える大空祐飛さまに脱帽です。

なんか・・・マイケル・ジャクソンを思い出した。
どう観たってソレは可笑しいだろう!と誰もがツッコミたくなる珍デザインのライブ衣装なのに、パフォーマンスを観てるとだんだんかっこよく見えてくるという(すんませんMJヲタです)。

祐飛さんはスタイルのよさと、それを着こなす個性が抜群に光るスターだ。
そして、一見冷徹クールなSに観えるが、見た目に反して演技は人間的で少年ぽさを残していて、あたたかい。優しい人なんだろうなと思う。

映画の銀ちゃんはひたすらコンプレックスの塊を強く押し出していた印象だったが、祐飛さんの計算されたスタァぶり(笑)と、時々浮き出てくる人の良さと、が相まって、魅力的な銀ちゃんでした。

久世さんや、つかさんのバージョンは知らないので、比べることはできないけれども、ある意味ヤスと小夏がメインのこの物語における、タイトルロールとしての役割は見事に果たしていると思うのだが・・・初演を観た方はどう感じるのだろう?という興味もありつつ。

初演はもうすぐCS放送もあるみたいだし、楽しみにしてマス。

スポンサーサイト

ごめんねごめんね知らなかったんだよ(笑)◆銀ちゃんの恋

inシアター・ドラマシティ。
おいらは上手の扉に最も近いところに座ってたんだよね。

で、真剣に舞台を観ていたら、
右方向からバンっと扉が開く音がして…誰かが入ってきた。
ザッザッザッと足音をさせ、後ろからがバフっと吹いてきた。

(ってか誰だよ、劇中は静かに入るもんだろこの野郎~!)
と思ってたら…

背後にスポットライトが!

ぎゃぁぁあ銀の字がいるぅぅ!Σヽ(`д´;)ノ

すみませんすみません大空祐飛さまに悪態ついてしまいましたぁぁあ。

…反省、反省。(*´∀`)テヘッ (byみわカル)

ドラマシティなんて赤黒以来だから忘れてたわ客席登場。

…きっとオイラ史上最高に祐飛さんに近づいた日だったんだろーなぁ…(笑)

花の銀曜日。◆銀ちゃんの恋

あー昨日は長い一日でした。
宙の興奮も覚めやらぬまま花ドラマシティに向かっております。

稽古映像見てきたんだけど、わりと映画版と同じ流れっぽいのだね。
ゆうひさんの銀ちゃんは、パリ空を思い出しました(^-^;・・・かわいいぞー。
つかさんの原作はしらないんだけど、映画版まんまだと結構酷い男だよね銀ちゃん。

すみ花ちゃん小夏は期待大だし、みつるは舞姫あたりから演技が締まってきたような気がするし濃いメンバーでああ楽しみー。

おもしろうて、やがて悲しき。◆蒲田行進曲

虹の都 光の港 キネマの天地。

『日本アカデミー賞セレクション::蒲田行進曲』/DVD
出演:松坂慶子/風間杜夫/平田満 ほか
監督:深作欣二 脚本:つかこうへい 原作:つかこうへい


観ちゃいました。
日本映画、いいねえ。凄く好き。

えっと…銀ちゃん酷スw
ヤスがせつねーんだわー。一生懸命なんだもん。
銀ちゃんの屈折したやりきれなさもせつないけどさ…やっぱり酷w
でもユウヒさんポスターまんまで笑った。車が王将印だよー^^;

で!
小夏@松坂慶子が超セクスィー★
肉感的な色気のある女優って近頃は減少傾向だもんなあ。
あと、これは私だけの感想かもですが、整った顔だちがウメちゃんに似てるなあと。

コレはヤス視点だけど、舞台版は銀ちゃんメインなのかな?
でもって、階段おちってどうやるのー?みつる~^^;

銀ちゃん配役

主な配役が出たようです。
初演は未見なんですが、面白そうなので楽しみにしてる。

主な配役 出演者

倉岡銀四郎 :大空 祐飛
ヤスの母 :邦 なつき
ヤス :華形 ひかる
橘 :真野 すがた
小夏 :野々 すみ花

ところで、蒲田行進曲DVDげっつ(笑)
あぁぁ太王四神記も観ちゃったし、ついつい原作モノに手をだしてしまうのねえ・・・。

銀ちゃんポスター

私の頬にー血ィの涙がなーがぁれーるぅー♪(byイブ兄)

壮観なるかな大空祐飛!!!
ハエタタキがフライ返しに観えてしまい、銀ちゃんはお好み焼屋なのかと一瞬悩んでしまいました。


えーとこのポスターは笑っていいのか?いいのか!?
いや笑うよりも頭を抱えてしまいましたけれども。

今年のインパクト大賞は間違いなくコレで。

あの絵面ででなおかつカッコイイってどーいうことだ。
いやでもかっこよく見えてるのはヅカファンだからなのかなー(笑)
あれ、本気で阪急沿線に並べる気なのでしょうか!
楽しすぎるー。

大空祐飛、ポスターのごとくあんまり前例がなさそうな独自の道を歩いてらっしゃいますな…。

大空祐飛とその仲間たち。

おいら、「銀ちゃんの恋」は観てないので、あらすじやら評判を聞いてなんとなーく想像してただけなんですが、実際先行ビジュアルを見ると、強烈っ!
あれは観てみたく・・・なるね(笑)

あと、ほとんどが下級生の振り分けなので、そのあたりの活躍が楽しみです。
めおちゃんとかマメちゃんとか、妙に濃そうなのそろってるやん~。

みつる君&ゆうひさんも、赤熱海でだいぶ馴染んだ並びだし!わくわく。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。