スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史実?ロマン?◆傭兵ピエール

ずーっとほっといた「傭兵ピエール」を鑑賞。

なんかも、石田氏演出とタイトルと甲冑っていうので観る気力が失せてたんですが、ようやっと観ました。

石田昌也氏はさぁ…青い鳥にしたって、ちょっと性的ネタに寄りすぎ。
別に娼婦が出てくるのが悪いとかじゃなくて、扱いが。女好みのエロスじゃなくて、男視点のエロ。

ジャンヌ@ハナちゃんに、「私は何人もの男に…」とか言わせる必要性があったのか。ピエール@タカちゃんには、別にフォローさせるわけでもなく、そのままなし崩し的に大団円に持ち込ませる強引さ。しかもジャンヌってあれだけ慈悲深い聖女、信念、純潔を主張するキャラなのに、火あぶりの身代わりを立てて脱出して、そこにもの凄い葛藤とかトラウマとかは生まれないのか?女性の視点から観て、何人もの男に、云々なんつー宝塚ヒロインとしてとてもありえない展開をろくにフォローしない無神経さが許せん。ドラマティックな割りに繊細な心情が描かれないから、余計におかしくなる。

ワイルドでぶっきらぼうなタカちゃんは、別にいいんだけど。なんか雪組時代っぽいし。

個人的にはアリスちゃんが可愛かった。ジャンヌさまの代わりに…って、洒落にならない見た目だからなー…お花サマにクリソツだべ。

石田氏のコメディタッチは、軽く鑑賞できるから、嫌いとはいわないけど、大雑把すぎ。この展開で大団円にするんなら、竜馬もわけわからん群舞で終わらせずに、ちゃんと完結させてほしかったわ。

あとタイトルは原作どおりでなくても。もーちょっと興味をひく言葉があったでしょーに。それから、個人的な好みだけど、傭兵の甲冑はタカラヅカ的にあんまり美しくないんだな。色味がないし。

同時上演の齋藤吉正ショー(満天星大夜總会)は対比してさぞ華やかだったことダロウ。

さて、これで、未見の宙組演目は…
 エクスカリバー/シトラスの風
 砂漠の黒薔薇/GLORIOUS!!
 望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー
 聖なる星の奇跡
 風と共に去りぬ
 コパカバーナ
と、なりました。ほかにも、

水しぇんの、フィガロ!とか里見八犬伝とか。
ヤマト氏のLAST PARTYも観かけで止まってるし。
樹里ぴょん&あすかちゃんのFREEDOM(ねったんもいるじょー)。
ともちんあひのル・プティ・ジャルダン。

あー…はやくスカステ入りたいよー。
録画頼んでるのじゃおいつかん(笑)
スポンサーサイト

あの、美しいひと。◆満天星大夜總会-THE STAR DUST PARTY-

「HANACHANG」まで観ておいて放置してた満天星大夜總会(2003年)を鑑賞。

ていうか齋藤吉正週間ですか私(笑)
いや、意識してたわけじゃないんですが。BLUE MOON BLUE・血と砂、に引き続き、サイトー君演出。

うっがー。やっぱかぁーいぃぞ無敵のHANACHANG!
トップ娘役10年目にしてアイドル!
全然イケてるんだもんなー…やっぱおハナ様最強だよ。

で、私的に齋藤吉正のエンタメ感覚はすっげハマる。
全体的な香港イメージ、赤い衣装、銀衣装…
この単純明快、スピード感、萌え感覚ってすごくアニメ的なんだと思う。齋藤くんって、アニヲタの全盛世代じゃない?絶対ガンダム観て育ってると思うし(笑)

あとウェディングシーンとかさぁ。前半分ミニスカだから、回ったらおパンツが見えるの!パンチラに萌えた世代だろう、サイトー(笑)

おハナさまのミニスカは当然だが、
はっちゃん(初嶺麿代)のウエディングも意外にいい。
グッジョブ!

ミズカナが観られるのはいいんすが、ちょっと太りすぎかなあ、かなみちゃん。思わずパリ空のポスターと見比べてしまった。水くんはいつでも水くんですね。かわんない。

タキちゃんの姫カット金髪ウィッグにもびびったがな^^;
組長、ちょっとキツイす(笑)

それと伊織さん、素顔はあんなに美人なのに、メイクが微妙だと思うんですが。鼻立てすぎ?う~ん、映像で観るのと舞台で見るのとじゃ違いますけどね。でも白軍服は素敵☆

あっひーのチャイナ!長身に映えるねぇ。

このショーの主題歌「THE STAR DUST PARTY」がメチャクチャ好きなんですが、途中で全員白チャイナになって、このマイナーコードの曲がメジャーアレンジされてるところが、またいいんですよねえ。
水くんの声はこういうメジャーコードを歌うのがわりと似合う。「ザ・ショー・ストッパー」や「タランテラ!」のエトワールの雰囲気もそんな風だったし。

残念ながらロケット…は耳じゃなかったが(笑)トリプルエトワールでした。段々サイトーくんのパターンが読めてきたかな?

そして見所は。
大階段板付き黒燕尾で「Unchain My Heart」!
…この曲は「ゴールデンステップス」のかしちゃんを思い出すんですが(泣)

板付き伊織ちゃんその他を後ろに、
セリ上がりしたタカちゃんが、悶絶モノの美しさでした。

・・・久々にタカちゃん宙組映像を観たけど。
和央ようかの黒燕尾は芸術だってことを改めて思い知ったな…。

お花さまとのデュエットダンスはそれはそれは素晴らしい一対だったが、やはりタカちゃん単体でこんなにも美しいからこそのものなんだよね。

てっぺんからつま先まで、穢れを寄せ付けない一本の鋼のようだ。

こんなん観たら年明けのコンサート行きたくなっちゃうじゃんかよー。どうせチケット高騰してるのに…うく。そういえば最新のTVnaviだかにタカちゃん出てたな。買おうかな~。雑誌買い始めるとキリがないよ(笑)

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。