スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファントムと、蘭寿とむと、はじまりの物語。

私が宝塚に巡り逢ったのは、2004年7月21日のこと。

それはネットで目に触れた、宙組「ファントム」のポスター。

吸い寄せられるような漆黒の美しさ。
“和央ようかのファントム”ーそれが出逢い。
あの美術品のようなエリックに恋して、
それからはじめて大劇場に行くまでには二年かかった。


そして・・・花組との出逢いも、「ファントム」でした。

春野さんと。
真飛さんと。
彩音ちゃんと。

…出逢いは不思議な縁を結びます。

あの時の私には宙組がいちばんで。花組はアウェイで、遠い存在でしかありませんでした。

ただひたすら、最初のエリックを愛していました。
寂しくて独りよがりで、クリスティーヌに壊れそうな硝子の愛を注いでいたエリックを。

…時は不思議な縁を紡ぎます。

鮮やかに蘇ってくるあの日の私は、その後の私を想像もしていませんでした。




私が宝塚を観てきた期間はそのまま、蘭寿さんが宙組にいらした期間でもあります。

大好きな貴城さんのお披露目を共にしましたね。
宝塚の楽日の、「ザ・クラシック」の替え歌が嬉しかったです。
ラストデイの中継会場で、大映しになった徳川慶喜の顔が目に焼き付いています。

「NEVER SLEEP」では素敵なお兄ちゃんでしたね。
パーソナルブックの、白い着物のコスプレに、ときめきました。

プリンス、大和さんのお披露目で、ショーのあまりのかっこよさに通い倒し、東宝まで行ってしまいました。
カミノモトの貸切で、サイン色紙も当たったんですよ。

あのころは毎日、友達と君の話ばかりしていた気がします。

雨に唄えばのコズモ、薔薇に降る雨での友情、逆転裁判、カサブランカ、ファンキー・サンシャインでのめまぐるしいダンス、コンサート、数えきれないほどに、君はスターでした。

王の帰還。


わたしの時間は再び「ファントム」で始まるのですね。

二ヶ月前、私をしあわせでいっぱいに満たしてくれた君たち花組の道に幸いあれと、心から願い続けます。

新生花組、おめでとうございます。
スポンサーサイト

星のくまさんおめでとうございます、と雑談。

星組さん、東宝千秋楽おめでとうございました・*:.。. .。.:*・゜
あー…ちえっくまの立派な羽を迎えたばかりだと思っていたのに、
もう千秋楽なんですねえ・・・。

休演の波乱、大変な試練の中、
チュシンの王はどんな進化を遂げていったんだろう。
まあでも、礼音さんは王の性を持っている人だから余計な心配はしてないけれど。

ちえちゃん、ねねちゃん、テルくんには星組を率いる若くて力強い翼がみえたから、きっと大丈夫だと思う。だから一度はノバボサとかやってほしいな♪(←しつこいw)
やっぱりショーが観たい組だよね。

なんてっかなー、おいらがヅカを見始めたときは、ベテランの風情のトップさんばかりだったから、いまの5組はまた違った意味で得意分野もバラエティがあって凄く面白いと思う。


そしてそして、西在住にはツライ、「逆転裁判2」もいよいよ明日楽だそうですね!
大劇公演と逆で、バウ公演は東の方がチケット取りやすいんですよね(´;ω;`)
結局前作もDVDで観るのみでしたが、とむがカッコイイのは宇宙の法則なんで、また大劇でお逢いできるのを楽しみにしております、はい。あとはお友達のきらりさんに感想きいときます(笑)
っていうかとむはDCレベルの人だろうに。

そういえばこないだ楽屋口でみっさまとすれ違ったけど、あのなんかえらくカッコイイポスターのDSだっけ。だっけ、ってぜんぜん把握してないのは、CSニュース全然観られてないからだよな俺。いやもうHDDいっぱいいっぱいで録画できないんだ(笑)

ほんとボサっとしてる間に流れから思い切り置き去りになってるのが哀しいんですが、仕事しながら全組ちゃんと観られてる人ってどんだけいるんだろうなぁ。中の人もついてけてないとこあるんじゃなかろうか。実際、組長クラスの休演が続いてて、体力もたないんじゃ、と・・・花組からも休演者がでてるし、色々心配にはなります。労働組合とか機能してるのかしら。

観るのもやるのも体力と精神力が鍛えられるタカラヅカですが。

今年後半~来年にかけてはOG祭が大変なので、いったいどこまでついていけるやら。(ついていけたとしても感想書く体力はない^^;)

あとはワタクシごとのつぶやき。

宙☆ファンタジスターズ◆宙本&大和本

一日遅れたけど、届いたぉ(*´∀`)つ・

阪急ブックスだと薫の君の限定写真付きなのです♪さー読むぞ!

追記・・・組本おなじみ、男女逆転コスプレのページがあまりにナチュラルでびびった(笑)
え、ふつうの男女だよね?エ・・・゚д゚)!タニ、ウメ・・・!?
さすがだ、ヅカ屈指のフェアリー組っ!とむみちも違和感なしっ!

逆転回転OH蘭寿!◆逆転裁判

蘭寿は偉大だよなあ・・・。
まっすぐ白い役をそのままで、魅力を放つ包容力。
あと、やたら大げさな動きって、昭和スターまんまだよなと思うんだが、あの「赤面するほどカッコイイ」というやつは、タカラヅカのど真ん中に最も必要なチカラだなあ・・・。

遅ればせながら、チケなくて行けなかった逆裁DVD観ました。
(4日に続編のイメージもうpされておりますね。)
あまりのテンプレキャラと展開っぷりに爆笑。

宝塚って・・・「漫画から抜け出したような」舞台だと思ってたんだが・・・やっぱり舞台は舞台だったというか、ヅカでリアルに漫画(ってかゲームだけど)やるとこーなるのねー!

とりあえずツッコミつつ友人と観てた。
とむのブロック分けヘアスタイルも大概だが、
鳳翔大ちゃんのあのすんごい髪の毛は、ちゃんと一日二回公演もってたんだよなー。
VO5(たぶん)の威力にびびる。

すみれ乃れーれが可愛すぎ。おまいはシャンプーかっ(古)。
ちなみに双子のらんはなちゃんも大劇でかわゆすなマデレーネやってます。

春風みーちゃんはネバーでマタドールやってた時からお気に入りの男役さんですが、すっかりいいキャラになってねえ・・・みっちゃん見習いすぎな気もしないでもないが(笑)
今大劇公演観た人はわかると思いますが、薔薇雨ではたいへんなことになってますしねえ・・・ムヒムヒ。

風莉じんじんもまた宙の誇る超美声ヒゲ部なのですが、裁判長似合ってましたね。
フリーダムすぎる裁判まとめきれない情けなさもまたよし。

相変わらずダンディズム全開のすっしー組長にしろ風莉じんにしろ、美声ヒゲ部が充実してるっつーか、とむみちこともちも入れて宙組、歌って踊れるオッサン多くね?
渋い組になりそうスね。

しかしなー・・・ムラがっつり見送っといて、今更云っても詮無いことですが。
もったいない。
ああMOTTAINAI(叫)(察してくれ)

王子様だ!◆宙楽入り

とむみちこうめともちん七十が従者帽子被ってでてきた!

王子、ド派手に登場。
王冠とマントを着て、かわいい馬の車に乗せられて、金色の光をふりまきながら歩いてたよ。
舞台ぢゃないのになんの違和感もない。

バナナの歌詞を交えた(笑)パラプリ、愛している、アムールの歌で迎えられて、ジャスティンの「死ぬまですきだよ!」で華やかに応える。

泣・・・。近頃イベントに弱いよ俺・・・。

真に大きな空を飛ぶ聖なるオフ会。トム同盟編。

「お月さまをみてる。」ケイさま、「きらきらの夢」きらりさまとウチによる超内輪的合同企画第2弾いっちゃいます。

VIVA!花組ご訪問!

かぐらさんちで知ったんですが、
タモさんの愛華日記に、花組観劇の記事がっ!
んで、楽屋風景の写真がすごいことに!!

手前の蛍光イエロージャージ@ヒゲ部とか、胸の谷間が見えるYO!@ヒゲ部とか、
うひさんのジャージがエンジ色なのに驚愕しつつ、
星原先輩のスマイルが阿弥陀如来みたいだなーとか
みわまつみつるがかわいいなーとか
とにかく密度が凄すぎるんだけど・・・、

ナチュラルに映り込んでるらんとむにカンパイ!

逆転裁判2

あらま。
てっきり七帆ひかる君と誰かでダブル主演シリーズだと思ってた。
青年館つきってこと考えたら違うのわかったんだけど、さすがに続編とはねえ。
いや、逆裁祭に始めから乗りそびれてるのでね、おいら(苦笑)
こんどこそは観たいなあ。で、もちろん博多座行きたいしなあ。

2009/03/02

2009年 公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】
<8~9月・宙組『逆転裁判2』>
3月2日(月)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール、東京特別公演<8~9月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)蘭寿 とむ

◆宝塚バウホール:2009年8月20日(木)~8月31日(月)
<一般前売開始:2009年7月18日(土)>
<座席料金:全席6,000円(税込)>

◆東京特別(赤坂ACTシアター):2009年9月5日(土)~9月15日(火)
<一般前売開始:2009年8月2日(日)>
<座席料金:S席7,500円、A席5,000円(税込)>

バウ・ロマン
『逆転裁判2』
原作・監修・制作協力/株式会社カプコン
脚本・演出/鈴木圭

本年2~3月に宝塚バウホール、日本青年館において上演した『逆転裁判』-蘇る真実-の続編。女性にも大人気のゲームソフト「逆転裁判」を題材にした作品で、アメリカを舞台に熱血弁護士が難事件を解決していく物語。議員殺害の疑いをかけられた恋人の無実を証明し、二人の愛を取り戻した弁護士フェニックス・ライトは、彼女の帰りを待つべく、故郷カリフォルニアに戻った。ある日、彼のもとを若い娘が訪ねてくる。ある事件の容疑をかけられた母親を弁護して欲しいという依頼だった。カリフォルニアを舞台に、フェニックス・ライトの新たな逆転劇が始まる・・・・・・。

今日のおひるごはん◆スポニチ宝塚95th特集号

お昼はいつもセブンイレブン。
おにぎりと、カップヌードルと、スポニチ
Image030.jpg スポニチ 宝塚95th特集号 ¥200

会計に並んでふとレジ脇に目線をやったら、どーん!ヅカッ!
でびっくりしたっちゅーねん。

普段はムラのキャトルで買うけど、せっかくだから外でファンをアピールしてみる。

■タカラヅカ検定
初級・中級・上級計30問中、21問正解~。
う~ん、ヅカヲタクではあるけどヅカマニアではないからな(どう違うのだ)。
さすがに歴史が長い、知らないことも多いけどもー。

「スポニチ創刊号(昭和24年2月1日付)インタビュー記事に登場したスターは?」
の質問が初級編なのはどう考えても間違ってる気がするよ?
そうか、スポニチ内では初級なんだNE!(それってどうよ)
(後から読むと、最初の専科のページに昔の写真が載ってたw)

■オサレスタァ・みちこ様の1面ぶち抜き広告(加美乃素)
Image031.jpg
正月にムラのロビーでこの広告スチール観た時、誰かと思ったわっ。
みっさまカッコイイよみっさま!
このまま歌謡ショーに出て桂銀淑(ケイウンスク)とか歌ってそうだYO!
(や、桂銀淑は好きです。つーかこのショートカットが似てるよみっさま。)
みちこさまの隠し切れない昭和感がたまりませんっ

そうそう、昨夜、東京のヅカフレンド杏さまとお電話してて、(花月雪星宙、果てはOGにまで話題は止まらず2時間喋り尽くしたあたいタチ。)、このままらんとむとみっさまが残ったら、めっさ昭和テイストあふるる組になりそうやなーという話になり、それこそ日本物が映えるだろうなぁと思った。日本ってか江戸ものね。もちろんちょんまげはガチで!演出はサイトーがいいな!石田先生もモノによっちゃ好きだが、とひとときの妄想は膨らむ、みちこさまポスタァでした。

そうだ、下方に薔薇雨の宣伝。ウメちゃんと抱き合ってるタニちゃんが振り返ってる絵のやつ、公式サイトで観た時は全体的に寒色でいまいちだったんですが、広告に出てる方は暖色に色味が変わってて雰囲気が良いと思う。落ち着いた雰囲気が、まるでオールドムービーのようだと思う。

■各組特集
こりゃもーすばらしいので観て下さい。
特に星は、2Pぶちぬき退団特集が組まれてます。
メインに、涙が滂沱とあふれずにはいられない「またね!」のフルコーラス場面のショット
とうこさんは真っ白に発光してるせいでわりと色味が飛んでるんですが、
隣のザネリ柚希(ザネリゆーな)の黒いパンツが目立ってるのが気になります。
(ザネリをご存知ない方は、「イーハトーヴ・夢」をごらん遊ばせ~)

は、ゆうひさん、あやねちゃん、そうさん、みわさんまで写真が出てました♪
ってか・・・みんな衣装赤っ!
なんか写真が小さいせいか、大長老が凄くお爺さんに見えるよー(゚д゚)!
えりたんもゆうひさんも、痩せてるなあ。みんなパワー使う公演だよね~。

■藪っちと桑ちゃんの上目線クロストーク
ある意味この特集号の見ものだなーと思う(笑)
おなじみ藪下さんと、新米宝塚担当・桑原記者によるよもやまトーク「100周年を担う新星を探せ!!」


ファンでもそうなんだけど、長年観てきたベテラン先入観のない新規ファンって、まったく見方が違ってて面白い。
とにかく大湖せしるに付いたキャッチフレーズが目に入ってビックリしたんだが、よく読んだら桑原君が気に入ってたみたいで。いや、藪っちがせしる評価が手厳しかったのを知ってるだけに、おっ?と気になった。個人的には雪若手はコマとせしるが好きだったりするので(あと梓晴輝も)、いい男に育ってほしいものだと思う。

断然舞羽美海!とお気に入りを宣言してる桑ちゃんに、「完全、見た目の好み(笑)」と突っ込む藪っちがツボ(笑)
ちなみに藪っちって関西弁で喋ってるんだけど、勝手にハリーの顔をイメージしてるw

美海ちゃんはヅカ的かどうかはさておき、一般的には受け入れられやすい現代顔なので、ウメちゃんポジ寄りかなとは思う。演技はどーなのかは、バウ観られなかったのでわからんけども。ただオイラはあの子の喋ってる顔が好みさー。

紅ゆずるのキャッチは「ポスト春野」と書かれてたんですが、アレですか、共通点は薄い素顔ってことですか(笑)
正月番組で樹里ぴょんにも薄い薄い云われてたからな!
ベニーは薄いかよこさんだと思ってたが、確かにゆったりした大物感はオサさまに共通するものかもしれません。

全体的には藪さんの見方はまあまあ納得できるカンジで、ファン目線を意識した書きかたではあった。

■各組特集に付けられたキャッチフレーズ
水しぇんの「闘志-世間の先入観に挑戦状」いいっすね(笑)
見た目はクールで中身は燃え盛る水夏希らしく!

ところで円熟・闘志・万感・初心で、花組だけ二字熟語じゃないのはなんでだ、「勢い」って(笑)
そーいうのは統一しようよ!A型気質的にもぞもぞするからΣ(`_´;)

■OGのコメント
オサさん、リカさん、コムちゃん、わたさん、そしてずんこさん!だったのにはびっくり。
みんな女子だわぁ。ステキ!

■贔屓
さいごに。
・・・ゆう様ちょーかっこいい。とつぶやいてみる(ぼそっ)。
ちかごろ痩せてんなー。黒髪とか男前な眉とか。色白だから黒が映えるんだってば。
美人とか関係なく、やっぱあの骨太感のある造作がすげー好きなの。ごめん盲目で(笑)



って、長っ。

CSつけたまま寝てたので。

オハヨウゴザイマス。
らんとむの「( ゚Д゚)_σ異議あり!!」で目覚めました!

なんかもーすっごいらんとむー(笑)アニメっぽい~。
すっしーさんの髭が似合いすぎ~超ダンディー!!


CSつけたままといえば、就寝してしばらくしてから
ものっすごく聞き覚えのある歌が聴こえてきて、真夜中にいったん目覚めたんですよ。

そしたらスカイ・ステージで、園加ちゃんが「銀の龍の背に乗って」に合わせて踊ってたΣ(゚Д゚;

中島みゆきヲタとしては聞き捨てならねーので思わず起きてしまったっス。

えー2006年ヤンブラだよね?
花verは観てなかったけど、齋藤演出だったよねコレ!?

やっぱアタシは吉正と趣味嗜好が同じなのですかっ(;´Д`)
それってどうよ(笑)

チケット事情に思い悩む日々。◆逆転裁判

「逆転裁判、発売初日から、チケット全然取れなかったです。」

先日、名古屋から遊びに来たらんとむファンのトムちゃん(あ、この愛称は偶然一緒なんですよ)がぼやいてた。

バウだからね。瞬殺だったもんね。
とりあえず東京行ったほうがいいよ、とすすめてみた。

え、おいらですか?

持ってないですよ、もちろん。
今年は、「定価以上には手を出さない」が基本目標なのでっ!諦めモードデス。

でもねー。
さすがにヤフーニューストピックに載ってたのは、ドキドキしたわ。

おめでとう初日!

産経タンのニュースです。

■「逆転裁判」5日“開廷” 宝塚歌劇が人気ゲームソフトを舞台化
(産経イザ!2009/02/05 11:30更新)


同じ記事だけど、イザの方が写真多し。
■サンスポ版


CSニュースで、金髪ボンバーのらんとむに激しくときめいてしまったオイラはどうすればいいんでしょうか。(映像だけ。音声は聞いてない)
ポスターより断然かっこいいじゃんよー。

そしてオイラはここ一年ほど、地味にまちゃみを愛してるのでね。そしてもちろん七帆ひかる氏の美麗なスーツ姿もね。
観たいよー。きっとムリだけど(泣)
ちなみに、中日へ行く算段もしてみたけど、やっぱり行けないだろうけど(泣)
宙ファンのお友達のレポを期待してマス。

そんなこんなで、気がつけば星組初日前日を迎えてしまったのでした。

明日?仕事ですよ(泣)

余韻のつぶやき◆花組&宙組雑感

千秋楽でした。
花組、そして奇しくも東宝エリザベートも共に。

・・・ゆうさんの出は超ご機嫌に投キッス飛ばしてたらしいデス。いーなぁ。

そして・・・理世ちゃん、ムラの最後でしたね。

青龍フィナーレの四人口のとこ、みてるだけでなんだか泣けてくるくらいキラキラしてた。
ほんとに、キラキラ、キラキラしてたよ。大好きだよぅ・・・泣。


オイラはいつもどおり出勤してましたが、今日は名古屋から、らんとむラバーのトムちゃんが遊びにきたので、急遽後輩ノリコ嬢と同期の宮様と集まって、ウチでご飯会になりました。

この怒涛のひと月を振り返りつつ。
買ったまま一度も観られてなかった宙の「ダンシング・フォー・ユー」鑑賞会になりましたが・・・
とりあえず「中村、絞めてやるー(怒)」ъ(゚Д゚)ってなカンジのDVDですねっ。
蘭とむのボーカルがまるごと消えてて、トムちゃんが嘆いてました。
ボーカルカットの酷さはラブ・シンフォニーに匹敵します。
ま、ただシーンまるごとカットじゃなくて、一応差し替えなので、まだ記憶で脳内補完できるけど。
映像まるごとないのはあかんて。流れが全然わかんないもん。

でもやっぱりピストレロの場面は大好きだ~。

あ、それと、映像で観ると、ともちん、デカっ(笑)
この公演のともちん、芝居もショーもエロくって良かったなあ・・・何よりも銀橋の歌がほんと素敵。あんなに歌えるんだから、もっといっぱい歌ってほしいなあ・・・。

そしてウメたんアリスたん!痩せすぎだから…(つД`)!アップで観ると更にガリガリで…。
タニオカさんもですが、センターがみんな細くって細くってねえ。

花組のどっしり安定感を分けたいくらいだわっ(笑)



気がつけば中日がもう初日を迎えたなんて。
昨日はキャトルでプログラムだけ観てきましたけども…。

・・・なにかいろいろなカウントダウンが始まって。
最後まで、あの宝石のような瞳を輝かせて、素敵な舞台をつとめられますように。

まだ私は頭が切り替わらなくてダウン中ですけれども。
光の輝く時間はあまりにも速すぎて、待ってくれないので。
ひたすら、瞬く光を追いかけて過ぎ去る日々なのデス。

異議なし(笑)!◆蘭寿とむ

ちょ・・・!公式観にいったら久々に爆笑したっ!
蘭とむが!とむがぁぁぁ!!!

2009/01/29

「世界らん展日本大賞2009」にて「蘭寿とむ」の名前を冠したランを展示、トークセッション開催
「世界らん展日本大賞2009」において、宝塚歌劇団 宙組「蘭寿とむ」の名前を冠した、世界にひとつしかないランが特別展示されます。これを記念し、世界らん展会場で「わたせせいぞう」氏とトークセッションも開催されます。

■「世界らん展日本大賞2009」について
○日程: 2009年2月14日(土)~2月22日(日)
○時間: 10:00~17:30(入場は16:30まで) ※14日のみ20:30まで公開延長(入場は19:30まで)
○会場: 東京ドーム
○主催: 世界らん展日本大賞実行委員会(読売新聞社・NHK・世界らん展組織委員会)
○入場料: 前売券¥1,800、当日券¥2,000

■蘭寿とむの名前を冠したランについて
○品種・名称: ファレノプシス属「ランジュ トム」(英国王立園芸協会に登録)
○展示場所: 「世界らん展日本大賞2009」東京ドーム会場 ライト側特設エリア、宝塚歌劇団・宙組「蘭寿とむ」の蘭コーナーにて展示



蘭寿とむの名前を冠した蘭「ファレノプシス属ランジュ トム」の開花イメージ


■「蘭寿とむ×わたせせいぞうトークセッション」について
○日時: 2月21日(土) 11:00~(予定)
○場所: 「世界らん展日本大賞2009」東京ドーム会場 特設ステージ ※入場者は観覧無料

※「世界らん展日本大賞2009」の詳細はこちら



http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/13178394f23d0d85b06f007999e47fdf.html
(花画像は公式にて)

誰かっ!誰か観にいくんだ!ファレノプシス属ランジュ トムを!

いやー・・・らんとむは何処へ行こうとしてるんだ・・・(笑)
期待を裏切らないよ王子!

12月24日という日。

77.jpg
マルグリット&エリザベート@阪急梅田駅(昨日撮影)。
ドラマシティには、花組・星組・東宝エリザ・マルグリットのチラシが並んで置いてあって、妙に感慨深かったデス。

2年前、梅芸に居た。

1年前、日比谷に居た。


今年のイブは、おうちで沈んでるよ、劇団のばか。(やつあたり)

でも、発売のTV Navi2月号をコンビニで立ち読みしてたら、
おさちゃんに出会えたので、嬉しかったです。めっさ可愛いっす。
⇒TVnavi 出番ですよ!春野寿美礼

とむ氏も一緒だったので、更に喜びました。⇒Stars of 宝塚 蘭寿とむ


そして、トウコさんの蝶が今日、やってきた。遅いよネットショップ。
でも勝手にクリスマスプレゼントだと思っておこう。

永遠の77期に乾杯。

Bのばかぁ。◆ダンシング・フォー・ユー

宙の話題ついでに云わせてくらはい。

中村Bさ。わかってたさ。舞台はナマモノさ。
でも去年と同じ思いをするのはかなしいなあ。

いつもいつもここ一番の盛り上がりどころがカット、ってのは、よう・・・泣

見事に男1・2・3の歌がカットされてるDVDって・・・泣

たとえタニオカさんの歌が与太っていようとも!(笑)
ピストレロがないなんて酷すぎるよー・・・泣

ラブシンでキンバラが無いくらいひでーよー・・・泣

音楽著作権上の理由により、『ダンシング・フォー・ユー』の下記楽曲使用シーンにおきまして歌唱部分の割愛及び音楽の差し替えがございます。あらかじめご了承ください。
○第5場・第6場ダンス・パッション「MALAGUENA」(歌手:北翔海莉、鈴奈沙也)歌唱部分割愛
○第7場ダンシング・イン・パリ「WHO’S GOT THE ACTION」(歌手:蘭寿とむ)楽曲を差し替えて収録
○第19場フィナーレB「PISTOLERO」(歌手:大和悠河)歌唱部分割愛


TCAD-225_c04.jpg予約受付中!

ああ買ったさ!
実家へ戻って宙が観られない後輩トムちゃんのために買ったさぁ!
ちくしょー。ジャケのタニウメ可愛すぎるぜちくしょー。
⇒TCA特設サイトでどうぞ


哀しいから歌います。

♪ぃ許されない愛のワナにぃ~
きみぅおーいざなうよぉにぃぃ♪
あいぉ~狙うぅぴすとれっろ~
こころぉ~う~ばう~ぴすとぅうrぉrぉ゛お゛!!(聴取不可能)

宙続報・振り分けと配役◆ベルばら/逆転裁判

誰か!誰かすこしもはやく!
御大をベルばらからアンインストールして下さい。
理 解 で き な い!
(元ネタ判ったら拍手…)

マリーズって誰!?

原作に居たっけ?オイラが忘れてるだけ?
御大お得意の脳 内 ヒ ロ イ ン 設 定ですか。

ああベルナール編で主役コンビがまともに恋愛してたのもつかの間、
またわけのわからないねじれ話に発展しそうな予感がぁぁぁ…。

まあ娘役オスカルというウルトラCが実現しなかったからには、タニドレに対抗できるオスカルはチギカチャしかいまいて。似合いそうで楽しみだけど金銭的に見に行けるかどうかは謎だ(いま大劇さえマトモに観られないのに…泣)(でもパラプリだったら行ったと思う)

とりあえず宙組さんの華やかさに望みを託すばかりではある。
でもタニカルが観たいなあとボソっとつぶやいてみる(とか云ったら大劇に登板するかもしれんから取り消し…笑)。


さて、同時に振り分けも出たんですが、逆裁チーム眠れないあの作品と被ってますねえ。美羽あさひちゃんヒロインでいいのかな?
まちゃみとらんとむとの組み合わせは、アイドルみたいな派手さはないんだけど、スーツものみたいな現代劇だとフィットしててわりと好きなんだよなあ。

あ、それからそれから!
七帆氏はめがねっ子ですかね?+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

原作やってないけど法廷モノなら眼鏡だよねっ!(断定)

あ、春風みーちゃんや鳳翔大ちゃんや蒼羽りくちゃんでも似合いそうだな。

すっしーさんだとハマりすぎて恐そうだなあ(笑)検事っぽいなあ。
とすると、裁判長は風莉じん氏か(笑)

っつか、被告は誰だ?ここはやっぱ七帆ひかるで!
まゆさんに弁護されるえりこに勝手に萌えておきます!

・・・と妄想だけ膨らませときます。



2008/11/11

宙組 中日劇場公演『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-』役替わりの実施について
宙組中日劇場公演 宝塚ロマン『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-』(2009年2月1日~2月23日)におきまして、下記の通り役替わりを行うことが決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組公演
宝塚ロマン
『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-』
原作/池田理代子
外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

【主な配役】
アンドレ・・・大和 悠河
マリーズ・・・陽月 華
フェルゼン・・・悠未 ひろ
アラン・・・北翔 海莉
ジェローデル・・・十輝 いりす
オスカル・・・早霧 せいな、凪七 瑠海(役替わり)
ベルナール・・・早霧 せいな、凪七 瑠海(役替わり)
※その他の配役は、決定次第ご案内いたします。

【役替わり期間】
●2月1日(日)~12日(木)、2月21日(土)~23日(月)
オスカル/早霧 せいな
ベルナール/凪七 瑠海

●2月13日(金)~20日(金)
オスカル/凪七 瑠海
ベルナール/早霧 せいな   

プチミュージアム 前編

人生2度目のプチミューに行ってきました。
(阪急貸切公演に半額券が付いてたからなのだが。)

■「黎明の風」コーンパイプ、戦艦大和の最後
■「黎明の風」「Passion」台本

petit01.jpgpetit003.jpg
コーンパイプって本当にコーンなんだ!と感動しました。
しかしでかい。
レイバンのサングラスも観たかったが、あれはタニちゃんの私物だよね。

台本を観て、トップさんは1公演何百枚サインを書くんだろうと気になった(笑)
ムラ周辺に配るポスター、貸切、ファンクラブ…腱鞘炎にならないんだろうか。
あと台本って1公演何冊作るんだろうね。スタッフの分合わせたら100冊以上?

■マッカーサー
■キャリオカのカメレオン衣装
■蘭寿とむの燕尾

petit02.jpgpetit05.jpgpetit04.jpg

「Passion」はその豪華絢爛さにおいて、今年ナンバーワンのレビューだと思う。
(あ、まだ藤井君のアパショがあるけど。こっちも相当期待してるけど。笑)

なんといっても、衣装が素晴らしかった。
深みのある色味の美しさはもちろん、細部にまでこだわったレース使い、ベルベットの重厚さ、スパンコールの輝き…遠目に観てもため息が出るような美しさでした。

おいらが酒井澄夫レビューが好きなのは、オードソックスさと、この画面の色使いの美しさにある。
「エンター・ザ・レビュー」の「愛しかない時」の赤い衣装の変化の付け方はほんとうに素晴らしいと思う。スタッフの美的感覚がいいんだろうなあ。お金もかかってそうだが(笑)

後編につづく。

レイザーの輝きが気になるお年頃。

初日映像のたっちんが凄すぎて既に泣き入りそう。

観てもないのに
ダンシンダンシンダンシンフォォォユゥッ!!
が頭をぐるぐる駆け回る今日この頃。

ようやく明日観られることに。
リアルにアニメなバカップルと
キザりまくりのプロデューサーと
アニメオタクと
たっちんのエトワール(←まとも)が楽しみです。

意義あり(笑)!?◆逆転裁判

ゲームやるならネオロマだと思ってたんだけどなー(笑)

やったことはない・・・が、一応オタクのはしくれなので知ってはいる。
鈴木圭なのは意外ですが・・・某ヨシマサがやると大変なことになりそうだしな。

オイラ史上いちばんゲーオタだったのは約10年前で、ファミ通だのVジャンプだの電撃だの、ありとあらゆるゲーム雑誌を読み漁っていたもんだが、アレに蘭寿とむの名前が刻まれるのかと思うとなんだかもう(笑)


2008/09/23

2009年 宝塚歌劇公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】<2~3月・宙組>
9月23日(火)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール、東京特別公演<2~3月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)蘭寿 とむ

◆宝塚バウホール:2009年2月5日(木)~2月15日(日)
<一般前売開始:2008年12月20日(土)>
<座席料金:全席6,000円(税込)>

◆東京特別(日本青年館大ホール):2009年2月24日(火)~3月2日(月)
<一般前売開始:2009年1月25日(日)>
<座席料金:S席7,500円、A席5,000円(税込)>

バウ・ロマン
『逆転裁判』-蘇る真実-
原作・監修・制作協力/株式会社カプコン
脚本・演出/鈴木圭


300万本の売り上げを誇り、女性にも人気のゲームソフト「逆転裁判」を題材にした話題作で、アメリカを舞台に熱血弁護士が難事件を解決していく物語。宝塚歌劇では、弁護士としての活躍を描くと共に、ラブ・ロマンスの要素も織り込み、舞台化。ゲームソフトで使用される楽曲と宝塚版ミュージカルとのコラボレーションも見どころです。

まったりcocktailでも。

なーつがすーぎー
かぜあざみぃ~

暑いっすねえ・・・

水しぇん、ハッピバースデー♪公演中に誕生日って、結構多いよね。

去年は、京都の大文字焼を観ながら、勝手に祝ってました(笑)
今年も大文字なんですが、あんまりにも暑すぎて外へ見に行く気力もでずorz
明日の演奏会のお稽古をしつつ、
「cocktail」(全ツ)を観てました。

カクテルって、あんなにラテンメドレーあったっけ・・・と思う。
グラッドアイの妖しい場面とか乾杯とかエロティカセブンのイメージが強くって。

っていうか、cocktailバージョン多すぎてごっちゃになってるなあ・・・^^;

ラテンメドレー、みわっちのコーヒールンバ・・・デジャヴー。
グラッド・アイがみわっちだったのにはびっくりしましたが(あさこさんのイメージが強い)
オサ様に襲われるみわっちmoe・・・ぢゃなくて(笑)
愛音羽麗は表現力が豊かだなあと思う。

でもって蘭寿氏のクンバンチェロ、面白すぎ。
蘭寿とむという稀有な才能を発揮しまくってますね。

・・・と、ちかごろ昔のビデオ鑑賞にハマってるオイラでした。
どうも前ほど最新舞台の感想がガツガツ書けなくて哀しいのですが、
まったりゆったり、オイラペースで進んでいきます。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。