スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE,LOVE,LOVE!!◆桜乃彩音SP BOOK

ayane500.jpg
桜乃彩音スペシャルブック Ayane
うわぁぁん。・゚・(ノ∀`)・゚・。
昨夜の戯言のせいで余計に涙。

んで・・・さんざもえもえした後に思ったことは。

TKY200902250121.jpg
春野寿美礼 「歌の贈り物」


オサダさんと相手役のドッペル現象再び。(マルグリットふづきさん現象に続く)
にすぎ!ちょうにすぎ!
スポンサーサイト

男と女の出逢う時

20090903233412
大阪公演初日です。
みやさまと一緒に見てきました~!

あー・・凄く可愛いってばもう
なんであんなに可愛いんだスミレさんー。
やっぱ結婚効果かなっ

アルバムもでてたのね、ってことで買いました~。

ミーマイとお砂糖仕様の梅芸で浮かれてみる。◆シラノ

梅芸「シラノ」を観にいってきたら。
場内、ミーマイ・オサコン・アイーダのポスターだらけですがな(笑)
なにこのファン仕様。ここはムラかっ!
aDSCN1520.jpg
(↑一部。もっとデカポスターも1階から3階まで貼りまくり)

■シュガー(オサトウ)に挟まれる僕と僕のおんなのこ。
aDSCN1522.jpg
どこもかしこも、こんな並びでポスターが置かれてて、挙動不審なおいら。

“今はただ虚しくてこの部屋で君を待つ”◆春野寿美礼CD情報

スミレさんのヌムキテパ(行かないで)がCDで聴けるらしいですよ。
原語なのかな?エンター・ザ・レビュー版の訳詩が好きなのでこっちでも聴きたいなあ。
でもって映画タイアップ、すごいな~。
SONY MUSIC

梅芸のサイトが77期祭な件。&拍手御礼[05/29]

梅芸のトップページが77期フェスティバル状態でわろた。
777.jpg
ここにおハナ様がいれば!・・・と触れてはイケナイことは伏字にしておこうか!

麻実れい、大浦みずき、涼風真世、安寿ミラ、真矢みき、天海祐希・・・みなさん心の大スターはそれぞれいらっしゃると思う。で、おいらがヅカにハマったのって、77期トップスター全盛期なんですわ。だから77期トップは自分の中で特別な意味をもつ。
下級生時代をリアルタイムに観てないぶん、トップとしての道をひた走る姿への憧憬が強いんだと思う。しかしここまで並ぶのは壮観だなあ。

※たーこさまの漢字間違えてましたごめんなさい。ご指摘ありがとうございます。間違えやすいのでいつも確認して打ってる筈なのに思い切り美しい変換してました・・・

さて、続きは拍手御礼です。
近頃あまりにも酷い遅レスが続いたので、反省です。

いま、春が来て君は、綺麗になった?

えりたんが、阪急沿線デビューしたらしい。
と、阪急沿線のノリコ嬢が書いてた。
いいよね、桜吹雪にオグリのポスター。
まだほとんど咲いてないみたいだけど、来週あたりは満開になるかな。


今週地元の叔母がウチにやってくるため、天地ひっくり返りそうな大掃除をやってるので、あと数日はまともにヅカモードになれそうにない感じでごめんなさい。

なんてったって、この大量にあるヅカ写真やらポスターを全部ひっぺがして隠さなきゃならないんだもの・・・泣。

叔母に知られるくらいならまだいいんですよ。
問題は、ママさんに筒抜けになるのが怖いのですよ・・・ふふ(゚д゚)
ええ、おいらがヅカオタなんて全く知らないのでねーあの人。


ところで大掃除ついでにハードディスク整理してたら、初宝塚観劇の日にミクシィで書いた感想(保存してあった)とか、携帯で撮ったオサちゃんムラ楽の入りパレード映像とか出てきて懐かしくてなー。つい見入ってしまった。

楽屋口に後ろ手組んで並ぶブラックスーツ花組生、そして我らが真飛聖様背中に「花乱舞」、胸に「オサ命4649」の文字(だったと思う)が躍るショッキングピンク長ランリーゼンツ&サングラスとかいうどんだけアイガッチャ@舞夢な出で立ちに、宮サマと花のみちで爆笑してた覚えが。
オサダ様は白御輿だし。

ムラのさよならイベントって、まず東京ではムリだろって恥ずかしいことやるんだけど。
「輝かしいスターの最後」っていうより、「運動会の最終演目」みたいな、妙な連帯感がある。もちろん花のみちの客は、こどもを見守る父兄感覚(笑)

ま、そんな思い出話ですよ。

ピンクのゆうさんの姿を観て、いつかこの人の背中を見送る日が来るのかなあと思ってしまったのは・・・桜の季節のせいかな。ああでも必ずくるそれは、桜の舞う季節がいいなと。
そしてもうすぐ、やってくるさまざまな別れに思いをはせつつ。


そうそう。
とにゃみんのスペシャルブックが、鼻血でそーな出来ですぉ。
白羽ゆりスペシャルブック Mon Reve白羽ゆりスペシャルブック Mon Reve
(2009/04/10)
宝塚ムック

商品詳細を見る

エステサロンと春野寿美礼

京都って京都好きだよなあといつも思う、京都に住んでまもなく8年目の春。
発行される京都本の数や、いかに。京都雑誌も山のように毎月出版されているのですが、
さっき「LEAF」の最新号をコンビニで立ち読みしてたら、オサさまのいんたぶーに遭遇してびっくり。
ナニをやってもヅカからは逃れ得ないおいらなのね。

モノクロ1ページだったけど、とても女性らしくて、綺麗でした。
メイクうまくなったのかなあ(失礼)。

今月は京都滋賀のエステサロン特集。

そうそう先日、遠征する前にエステの体験行って来たんだけど、老廃物は流さなくちゃいけないよねって実感しました。というわけでセルフリンパマッサージに凝ってマス。冬は寒くてやる気なかったけど、そろそろデトックスジュースもつくろっかなあ。

■ちなみに先月のエステ体験話。
エステはねえ、おねーさんの勧め方がほんと感動するくらいプロ。
「これとこれとこれが1回いくらで5回コースでほんとは6万なんですけど・・・今回お客さんに限り特別で!いくらになると思いますか?・・・なんと9000円っ!」
とかね。値段あげといて、1万以下にする話術がいいねー。見習わなくっちゃ!(え)

まあエステなんて値段あってないようなもんなんで、交渉次第でオプションつけ放題にできるというのが紹介してくれた上司の話で。「でも云うがままになるとローンだらけだYO!まず1回目は冷静に!」と忠告いただいてたので、財布持たずに体験してきたけど。

ま、なぜかあたしがヅカオタということは上司のおかげで事前に知れ渡ってたので(笑)
「すんませんー、不純物流したいのはヤマヤマで、普段なら9000円くらいなら払えるんですけどねえ。いまリアルにお金がないんですよー。明日から東京遠征なんスよー。帰ってきてそのまま宝塚いって、その翌週も宝塚でーアハハハ」
と流しときました(笑)

ヅカオタになって数年、今がいちばんお金がないのほんとだもん・・・。
9000円余剰金あったら逆裁観てたもんっ(泣)!

聞いた話、サロンで働くおねえさんたちも、お客さんに勧めるために色んな最新器械だの化粧品だのいっぱい買わされてて、ローン組みまくりな人多いらしい。
うーん会社にとっちゃ従業員もいいカモだよなあ・・・。

でもま、効果があるのはあります、確かに。がっつりリンパマッサージでラクになったし!
湯水のようにオカネがあるなら通いたいけどさっ!

と、しがない貧乏人を主張してみる(笑)

マルグリット大阪初日

観て来ました。
感想は次回として、その気はなかった筈のリピートにはどうすればいいか激しく思案中です。

最高。
春野寿美礼の椿姫に出会えてほんとよかったって。
っていうかおいら最近芝居で泣きすぎ。
会社帰りなのでメイクてきとーでよかった・・・(をい)
それだけよかったということですけれども、会場の熱気も尋常じゃなくて、ラストは汗だらだらでした。
アンコールも掛け声も口笛も凄かったんですけど、ヅカと違って男性の声が多いのは新鮮だよね。

プログラムとエッセイ。スミレさんめちゃめちゃ美しかったので買っちゃいました。
3/5日発売で、どうやら今日(25日)から梅芸先行発売だったらしい。



つーか玄関口がすごいことに。
どこの花屋ですか。おもわずパパラッチしちゃったよ。
DSCN0487.jpg
これ、オサさん分だけね。寺脇さんや他の出演者も、別のところにいっぱいあったよ。


コルドバポスター。
ちなみにミーマイの先行チラシも入ってました。梅芸続くね~。
DSCN04888.jpg

ザ・オサユウアヤネ◆マルグリットアフタートーク

近頃ちっとも情報巡りをしないおいらに「マルグリット」アフタートークの情報をいただきました☆
(KT様ありがとうゴザイマス♪)
又聞き抜粋なので正確ではないかもしれませんがざくっと。


【2月16日昼公演:アフタートーク30分@赤坂ACT】

■余裕のおねーさまなオサさんに呼ばれて袖から出てきたくせに、
カニ歩きで遠ざかって超挙動不審なトップコンビだったらしいよ!

「マルグリット?↑」と声裏返してたらしいゆうさん(想像できるな)。

■ぼーっと固まって畏まってたあやねちん(相変わらずやん♪)。
女役の先輩とかいわれて恐縮してたらしいが、
「女役」はちょっと違う気がするよ春野サンw

■女性っぷりに緊張しつつも、いつものオサさんに触れて、わ~いわ~いと嬉しそうにアイコンタクトとかして落ち着きなくてお前はファンか!状態のマトビさん。

■オサさんもゆうさんも、やってみたい役はオットーらしい。まだ観てないからわかんないけど、寺脇さんの役だよね。ってふつーに云ってるけどもうオサダさん女優だかんねっ?

ベッドの中で幸せそうにしてる」とかなんとか云いだした天然彩音ちんに、「きわどい!」とウケながらつっこむオサダさんとマトビさん。ああなんて女子トーク。


想像しただけでオモロ懐かしい3人ですなあ。
マルグリット、赤坂楽おめでとうございます♪(大阪後は日生らしいですね)
あと1週間、お待ちしておりますわっ!

魔王・椿姫◆マルグリット

過去記事整理しながらTVつけてたら、MBSで
「ミュージカル マルグリットの魅力 徹底レポート!」が始マリマシタ。

東宝「エリザベート」と同じく、ナマで観るまでは声を聴かない、と決めてるので、またしても消音にして流してるんですけども。
いきなりアデューの映像と、退団の東宝出の映像が流れたのでびっくりした。

や、おささんはもちろんなんだけれど、
アデューでチラッと横に映ってたゆうさんを見てね。
あんな時代もあったなと思うくらいに懐かしく感じてしまう。

東宝前の最後の出は、あの場所にいたのでね(オサ様目の前通ってった)。
思わず自分探しちゃいました(笑)


で、マルグリット。
ミュートで観ていても、あいかわらず魔王健在デスネ。

退団後、夏に観たコンサートでの、天を裂くような嘆きの歌が、いまでも耳を離れません。あの人の歌の本質は、なにひとつ変っていないのだろうと思います。

さて・・・どんな椿姫になっているのでしょうか?


つかアレですね、今日(月曜)はACTのアフタートークショー、ゲストはまと・あやだよねっ!

誰か観にいくひといるかなあ。感想ききたいなあ~。東京いきたいわあ。

「ミュージカル マルグリットの魅力 徹底レポート!」

春野寿美礼さま、初日おめでとーございます。(2日遅い)
大阪梅田でお待ち申し上げております。

関西放送日がでました。

2009/02/12

「ミュージカル マルグリットの魅力 徹底レポート!」
※「優香・小林麻耶のマルグリットの魅力に大接近!」の番組タイトルが変更となりました。
※関西地方での放送が決定いたしました。

■番組名
「ミュージカル マルグリットの魅力 徹底レポート!」

■放送予定日・放送局
<地上波>(毎日放送)
 2月15日(日) 26:25~27:25
<BS> (BS-i)
 3月15日(日)23:00~23:54
 ※2/1(日)にTBS(関東)で放送されたものです。

■放送内容
ミュージカル「マルグリット」の特別番組内で、月組・瀬奈じゅんが「マルグリット」主演・春野寿美礼さんとのトークコーナーに出演。

※放送時間は24時間表記をしています。
※放送局の都合により変更・休止になることがあります。

LOCK ON YOU!

うっわ。さっきLOCK ONのファーストラン観た。

あーびっくりした。なんかびっくりした!最後がいちばんびっくりした(笑)

スカイ・ステージの、「LOCK ON スター徹底検証」というトップさんにまつわるインタビューをする番組で、今回は真飛氏だったわけなんですけれども。


■1人目:まーくん。
朝夏のまーくんは去年のヤンスタあたりから、おっ垢抜けたなあと思う。
んで、云ってることがいちいち、ライヴから帰りながらおいらが書いた記事と同じだったので、感動しちゃった。おいらってまーくん視点と同じなんだなー。

■2人目:かよこさん。
振り返ったかよこさんを観てキタ――(゚∀゚)――!!って叫んだら、その後に画面のゆうさんが叫んでた(笑)
前から云ってるけど、CSでトーク実現させてほしい~。

ここのところ、組でただひとりの存在である「トップスター」で、頑張ってるまとびさんをずっと観ていたので、ふっと下級生の顔になったのが、なんかすごく愛おしくって。
きっとかよこさんもそう思ってるんだろートークがもうもう(´;ω;`)
後のまりんさんもだけど、仲よしに萌え萌えされてるゆうさんが超可愛いなっ(所詮盲目)。

ちなみに、朝澄嬢の舞台はOGになってからしか観てないんだけども。オギーの小劇場舞台で観たかよこさんは壮絶に美しい人で。あの清らかな静謐さは得がたい存在だなあと思う。
また関西でもオギー芝居でやってほしいいなあ。

■3人目:大野先生。
「花のいそぎ」のお話。大野てんてーはやっぱり神経細やかに観てる人だよね。
それまで日本モノが苦手だとは思ってなかったらしい先生、その前にやってた「エピファニー」の話をしてましたが、あーアレ大野先生だったんだ。着流し真飛サンが絶品でした。この人の日本モノはすっごく色気あると思う。
VTRに見入っちゃってるまとちゃん。
ラストの真飛さんへのメッセージで、「悩む真飛さんがスキなので。悩んでちゃんと皆が驚くような答えをだす真飛さんがスキなのでー」と、すわ告白タイムか!?な大野てんてーでした。

■4人目:悠真倫さん。
同期はぜったいまりんさんだろーと思ってたけど、予想以上に同期愛が深くてなんか・・・感動した。
まりんさんといえば悠真倫サロンコンサートを観に来たあの人はぼろぼろ泣いてて、お前はお母さんか!と某同期さんのブログでつっこまれてましたねえ・・・。
うきょーさんもだけど、同期にラブいまりんさんもチャーミングで大好きです。

■5人目。
これはマジびっくりした。いやーびっくりした。
一瞬誰かわかんなかったもん!と思ったら、ゆうさんも眼ぇむいてひっくり(゚д゚)!
あー放送が遅れたのって、もしかしてこのVTR撮ってたからかなあ?
きっとあの方お稽古中だよね。なんかお化粧がたいへんなことになってた(笑)

久々に観て相変わらずのほんわかおしゃべりで。あ、もう1年たったんだよなあと思って。
って書いたらわかっちゃうよね。

あの時の花組とはもう違う花組になっているんだけど、私の中ではこの人を愛して、最後を見送って、そうして今の花組への思いがつながってるから。
嬉しかった。

それから、最後はゆうさんが喋ってたんだけど、さっきタワレコで言ってたこととおんなじこと話してて、ああこの人が伝えたいことって、いつだって凄くシンプルなココロなんだよね。

自分は自分で勝手にスキなんだけど、こうして組子やOGからの言葉を聞けたのが心から嬉しいよ。
この人がトップスターであることの意味を考えてきたけれども。
特にまーくんの言葉と、その後のゆうさんのコメントをきいて、いまここにこうしてあることは、きっと将来の花組にとっても意味があることだと思ったのは、贔屓目かな?

単純な男役としての技術じゃなくて、組を全力で守っていこうとしてる姿が、カッコイイんだなと思ってる。


って相変わらずぐだぐだ・・・すんません。

あ、ライヴの話なんですけど、豚肉毎日食べてますとか云ってるのを聞いて、帰りに豚肉買って晩飯に食べたおいらでした(影響されスギ)。

いやあの人の美肌テクは結構役にたつので、がんがって美女になって、
ジオタワー宝塚を新居に買ってくれる金持ちと結婚するのが希望です(不純)

そんで会場にはエンデ・・・じゃない、スカステのぶぅ~ぶさんも居たっぽいYO!ブログ更新かな?

は、まとめようとしないと延々と文章が伸びるなあー。おやすみなさーい。

なお足るを知らず。

昨日のNHK歌謡コンサートを観てたら、T4よりも演歌陣の衣装が派手でした(笑)
みんな美しかったけど、かっさんがめちゃめちゃ美人でしたっ!

えー。
なんつーか、1月2月はほんと大変だってのはわかってたんですけどね。
関西に怒涛のOG祭がやってくるというので。

花&エリザベート。
星&マルグリット&愛と青春。


・・・財布が断末魔の悲鳴をあげております(泣)
そもそも真飛安蘭贔屓としては、花星が並んでるだけで死にそうなのに…!

77期集結させるとか、拷問に近い(泣)
いや死ぬほど嬉しいですよ。ただ財政的にリピートが不可能なだけで(´;ω;`)

まだ全部予定はたってないんですけれども。
なんせ土日は宝塚で埋まってるもので・・・(笑)

そして更にいうならば・・・みゆきねーさんの「夜会」関西公演が2月なんです、ねぇ・・・。
断腸の思いで諦めざるを得なかったりする訳で。
おいらは中島みゆきスレイヴやってまもなく15年になりまして、
『夜会』の度に東京遠征してたりしましたけれど。
ヅカファンになってから一度も生公演が観られてないのは哀しいっす・・・(TдT)
一応このブログタイトルもみゆきねーさんの曲使わせていただいているのでね・・・。

タカコさんの猿とかじゅりぴょんとかガイチさんとかタータンさんとかケロさんのRENTとか久世さんのリチャード3世とかオギーの小劇場とか。東京に居たら破産してるよなおいら・・・。


あーたくさん観たいものがあるのは幸せですけれど、ナニかを選択したならばナニかを捨てていかなければならないのね、みんな。うぅ。

というわけでエリザもとうとう開幕いたします。
去年全く朝海ひかるを、観られなかったので今年こそは堪能できたらいいなと。
全部スカステでやってくれたらいいのに(笑)

スミレモエ。

帰宅してTVを付けたら、地上派なのにオサ様が映っててビックリした。

■寺脇康文:はしのえみの結婚祝福 「相棒」卒業後初舞台「マルグリット」公開けいこ

寺脇康文さんの、はしのえみさんご結婚ニュースに関するコメントインタビューが
マルグリットの舞台稽古場からだったんですね!

記事写真の、左右から田代氏と寺脇氏に挟まれて取り合い状態春野寿美礼さんが超可愛いんですけどっ!

12月24日という日。

77.jpg
マルグリット&エリザベート@阪急梅田駅(昨日撮影)。
ドラマシティには、花組・星組・東宝エリザ・マルグリットのチラシが並んで置いてあって、妙に感慨深かったデス。

2年前、梅芸に居た。

1年前、日比谷に居た。


今年のイブは、おうちで沈んでるよ、劇団のばか。(やつあたり)

でも、発売のTV Navi2月号をコンビニで立ち読みしてたら、
おさちゃんに出会えたので、嬉しかったです。めっさ可愛いっす。
⇒TVnavi 出番ですよ!春野寿美礼

とむ氏も一緒だったので、更に喜びました。⇒Stars of 宝塚 蘭寿とむ


そして、トウコさんの蝶が今日、やってきた。遅いよネットショップ。
でも勝手にクリスマスプレゼントだと思っておこう。

永遠の77期に乾杯。

Jに捧げる幾つかの言葉。

はい、ドS劇団の小出しラインアップ雑感いきまーっす。

先日、かっちょいい画像もUPされたサウダージから。

コンサート?リサイタル?どう表現していいのかわからないけど、
タイトルと解説に軽く驚きました。

『SAUDADE(サウダージ)』-Jにまつわる幾つかの所以-(梅田芸術劇場 )


…いや、どこのオギーかと(笑)

稲葉先生、こういうのも作るんだ。
郷愁、哀惜、追慕といった荻田作品を彷彿とさせるテーマが、心に波風をたてる。
もちろん、オギーはオギーで、稲葉君は稲葉君なので同じものを期待する訳ではないんだが、あれほど心の琴線に触れる繊細な作品を作る人がまた出てきてほしいなという希望をこめつつ。
(オギー、こういう小劇場のショー作品に戻ってきてくれないかなあ。)


あさこさんのショーアクト、ということで、アパショに関する駄文を少し。

私の中の瀬奈じゅんという人のイメージは、
「男役のプロフェッショナル」である。

出会ったはじめから今までも、とてもプロ意識の高い人だという印象だった。
帽子の被り方、手の角度、目線、舞台アピール、自己プロデュース。
花組スター期からの映像も観るにつけ、「瀬奈じゅん」を体現するもの全てが「男役」であり、「ショースター」と感じずにはいられない人だった。

この人には「明確な男役像」があるんだなあと。
泥臭さは持たない人だけれど、定めた獲物に喰らいつく激しさを持ってる人だと。

そこに向かってまっすぐトリガーを引いて打ち落とす、そういうイメージだった。



だから私は、アパショナードに、心から感動したんだ。

どんな役よりも、瀬奈じゅんには心躍るショースターであってほしかった。

技術が高く、繊細な演技をする人だからこそ、骨太に。
そのパッションを120%昇華した、恒星のような輝きを。

アパショナードの瀬奈じゅんは、初めて宝塚を観た時を思い出させてくれた。

私が観たかった、ショースターだ。
私をこの夢の国に魅き込んだ、ショースターだ。


ファナティック(熱狂)の名を持つに相応しい。


大和悠河には、流星の放つ煌めきを求めるように。
安蘭けいには、見果てぬ野望のカリスマを求めるように。
朝海ひかるには、麻薬のような毒性を求めるように。
春野寿美礼には、次元を支配する帝王を求めるように。

一度でも「それ」が観られたなら、満たされるのだと思う。

一方的に宝塚に苛烈なまでのスター性を求めている時の自分は、とても視野が狭いなあと思うこともあるけれど。

どんな人でもどんな作品でも、上手いとか下手とか、好みとか好みじゃないとか、
そういうものを全部超えたところに、パワーを感じる瞬間がある。

私の評価は、心をムーヴするかどうか、ただそれだけだと思う。

素人の見方だと、単純だと、笑われてもいい。
それがあるから、幸せなんだ。



・・・えと、また予定外の長語りで終わってしまった(ラインアップはどうした・笑)

仲秋ですって。

ご無沙汰しております。
生きてます。

今から梅田でオサコンです。
阪急にのったら久々にヅカ車両でした。しかも二両。
ときめきパラプリ。

まったりcocktailでも。

なーつがすーぎー
かぜあざみぃ~

暑いっすねえ・・・

水しぇん、ハッピバースデー♪公演中に誕生日って、結構多いよね。

去年は、京都の大文字焼を観ながら、勝手に祝ってました(笑)
今年も大文字なんですが、あんまりにも暑すぎて外へ見に行く気力もでずorz
明日の演奏会のお稽古をしつつ、
「cocktail」(全ツ)を観てました。

カクテルって、あんなにラテンメドレーあったっけ・・・と思う。
グラッドアイの妖しい場面とか乾杯とかエロティカセブンのイメージが強くって。

っていうか、cocktailバージョン多すぎてごっちゃになってるなあ・・・^^;

ラテンメドレー、みわっちのコーヒールンバ・・・デジャヴー。
グラッド・アイがみわっちだったのにはびっくりしましたが(あさこさんのイメージが強い)
オサ様に襲われるみわっちmoe・・・ぢゃなくて(笑)
愛音羽麗は表現力が豊かだなあと思う。

でもって蘭寿氏のクンバンチェロ、面白すぎ。
蘭寿とむという稀有な才能を発揮しまくってますね。

・・・と、ちかごろ昔のビデオ鑑賞にハマってるオイラでした。
どうも前ほど最新舞台の感想がガツガツ書けなくて哀しいのですが、
まったりゆったり、オイラペースで進んでいきます。

妄想2・ガラスの仮面

はい、まだ続きます。

家への帰り道、チャリこぎながらガラかめ妄想配役をいっしょうけんめい考えたので残しておきます。
(こーいうことするから事故るんだ…)

ワークショップ「ガラスの仮面」by花組

●北島マヤ:野々すみ花
on offのギャップはリアルマヤだと思う。

●桜小路優:華形ひかる
や、みつるがパーマかけてるからってことではないけど(笑)
ヘタレかっこいいヒーローに向いてるような。
あ、ゆうさんも似合うかもしんない。

●姫川亜弓:桜一花
ナイリイメージ先行ですかね(笑)ビジュアル的には亜弓さんはもーちょい豊満な感じですが、気位の高い役はいいわ~。あとは檀ちゃんとか。

●小野寺一(劇団オンディーヌ理事):星原美沙緒
星原センパイはガチでしょう!

●速水真澄:春野寿美礼
え、すみませんビジュアル先行です(笑)
だって顔長いしスーツ似合うしヘンに余裕だし!

●水城冴子:初姫さあや
ご存知速水さんのパッツン黒髪有能秘書です。
冴子っていうんだー知らなかった。
メランコリック・ジゴロの秘書スーツがとっても似合ってました(笑)

●聖唐人:真飛聖
速水さんの影として暗躍するヒトです。
雨宮バリのワイルドさでやってほしいっす。

●鷹宮紫織:桜乃彩音
速水さんの婚約者。天然お嬢様ですが、古風な美人で割りと好きです。

そして…
●月影千草:矢代鴻
シビさんは譲れん!!!


いかがでしょうか。
トップが脇役のワークショップなんて贅沢ー。
しかしうひさん壮さんみわさんまつださんが入れられなかった…残念。

駄文・雑文・超乱文。

気が付けば星組も宙組もまともな感想ぜんっぜん書いてないー。
頭が働いてないのだー。これでいいのだー(合掌)。
や、よくない。夏生まれなのに夏に強くないよう。
雪組さんのようにコアリズムで鍛えるべきか!?

三日間の疲れが一気にやってきて、一日中会社で死んでました。
更に熱中症も加わり、普段の3パーセントぐらいしか脳みそが活動しなかったよー。

どんだけぐったりだったかというと、
帰りにスターバックスへ行って注文をしたあとに、
財布がスッカラカンなことに気が付いたとかね!(笑)

オイラ:「す、すみません!現金下ろしてくるんで!」

あー恥かいた。

だって阪急キャトレカードのPiTaPaで支払い済むんだもん!
ムラで現金使わないもんー!

あぁキャッシュレスなジェネレーション。


ところで、パラダイスプリンス、誕生日おめでとうございます☆
なーんと博多座に現れたそうですね!?
うわーいタニキリ~♪
博多座はお手の物っていうか、スタークラスで3回も出てるのタニちゃんくらいだよねえ。

あーミーマイみたいなあ。
でも霧矢さんは髭つきが見たいなあ(笑)

とはいえ今日はそれ以上に気になることがあって、
コムスメのシシィデビューだったりするわけで、怖いので映像も感想もなるべく観ないようにしてます(笑)
どーだったのかなあ…
涼風嬢のシシィは「マリー・アントワネット」も観たし、なんとなく想像つくんだけどさ。
あー気になるー。

と、云いつつもオサ様のコンサートチケットを密かに抑えてほくほくしていたりして、やっぱりオイラは77期スレイヴなのかと小一時間。

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。