スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組トップスター・真飛 聖 退団会見のお知らせ

2010/10/20
花組トップスター・真飛 聖 退団会見のお知らせ

花組トップスター・真飛 聖が、2011年4月24日の東京宝塚劇場花組公演『愛のプレリュード』『Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-』の千秋楽をもって退団することとなり、2010年10月21日に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。



http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/2e98a8be98234fc950a336a308ee14ff.html
スポンサーサイト

永久欠番

【雪組】彩吹真央が退団 17年の宝塚生活に別れ
http://www.sanspo.com/geino/news/100425/gne1004252339000-n1.htm


あの日から、あの真冬の凍えるような日の悪夢の発表から、
もう4ヶ月も経ってしまった。
桜が儚くなり、新緑の眩しい季節の筈なのに、寒さが残る奇妙な日々。

いまだ私は納得していません。

ひとは、なぜ、なんのために、生きているんだろうと考え、
わたしがいなくなっても、この世界は変りはしないと思いを巡らせ、
答えの出ぬまま存在し続け・・・そしてある日、いなくなる。

あの舞台から、いなくなる。
みんな。

・・・うまく言葉になりません。


いつものように誰かの言葉を借りるなら、
ただなにかを伝えられるなら、このうたを。

わたしたち、彼女たち、いつの日か記憶は風化してしまっても
あの果てなく続く青い天のもとでは
みんなみんな代わりのない「永久欠番」なのだと。
そう、祈りたい。

今日という日に、世界からいなくなったあの人たちに、感謝と愛を。


永久欠番 - 中島みゆき

どんな立場の人であろうと
いつかはこの世におさらばをする
たしかに順序にルールはあるけど
ルールには必ず反則もある
街は回ってゆく 人1人消えた日も
何も変わる様子もなく 忙しく忙しく先へと

100年前も100年後も
私がいないことでは同じ
同じことなのに
生きていたことが帳消しになるかと思えば淋しい
街は回ってゆく 人1人消えた日も
何も変わる様子もなく 忙しく忙しく先へと
かけがえのないものなどいないと風は吹く

愛した人の席がからっぽになった朝
もうだれも座らせないと
人は誓ったはず
でも その思い出を知らぬ他人が平気で座ってしまうもの

どんな記念碑(メモリアル)も 雨風にけずられて崩れ
人は忘れられて 代わりなどいくらでもあるだろう
だれか思い出すだろうか
ここに生きてた私を

100億の人々が
忘れても 見捨てても
宇宙(そら)の掌の中
人は永久欠番
宇宙の掌の中
人は 永久欠番


願わくは花の下にて、春・・・◆虞美人

4年前、彼女に出逢いました。

震える声ではずれっぱなしの『天使の歌声』、
華奢さからは程遠いスタイル、
緊張が全面に凍りついたアルカイック・スマイル、

どうしてこの子がトップになったんだろう?
そんな風に、思いました。

その相手役も、ちっとも愛がみえなくて、上手いけれどひとりよがりに歌っているように、みえました。


漫画から抜け出たような王子様とお姫様をみてファンになったわたしは、とまどい、
あまり好きではないわ、このコンビ。と、しばらくそんな印象をもっていました。


・・・わたしと彼女の出逢いは、最悪だったといえます。

まあ、あっさり数ヶ月でくつがえったんですけれども。
相手役は、わたしが最も情熱をかけて退団を見送った方になりましたし。
(先日は、すっかり素敵なファニーな女の子に変貌されていました・・・!)


わたしの中で大きく変ったのは、あの「マリー・ヴェッツェラ」でした。

全身全霊をかけてひたむきに純粋な愛を捧げる姿。
それはまるで白痴美の少女ようで、また深い叡智をもつ聖母のようでもあり
ルドルフがその手で殺してでも守りたかったもの。

わたしも、夢みる「マリー・ヴェッツェラ」に恋をした。
「愛そのもののカタチ」をした、彼女のような存在は、ないと思ったから。
泡沫のような少女、「マリー・ヴェッツェラ」に恋をした。


いつしか大好きな娘役さんになっていきました。

進歩したなと思えば、相変わらずだったり、一進一退の姿を眺めてきました。

そして今。
ひたむきな、愛そのもののような「虞美人」をみて、
あの、「マリー・ヴェッツェラ」にふたたび出逢ったような気がしました。

「娘」より「女」の方が似合うと思ったりもしたけれど。
そうだ、これはわたしが恋した彼女の姿だったと、思い出しました。

夢みるように愛をうたうひと。
うつつには存在しない、うたかたのようなひと。

・・・これが宝塚だ。
夢みるように恋を演ずる、これが、宝塚だ。




わたしは桜乃彩音を通して、真飛聖に恋をした。
そして真飛聖を通して、桜乃彩音に恋をした。

涙がでるほど幸せで幸せでたまらない、うたかたの恋を。


わたしと同い年の、このひとりの女の子に。
どれだけ幸せをもらっただろうと反芻しながら、初日を迎えました。

まだ、桜は蕾のままです。
次に観る時は、咲いているでしょうか。

花組 退団者のお知らせ

2010/01/29
花組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(花組)
桜乃彩音      ―すでに発表済み―
愛純もえり
花織千桜

          2010年5月30日(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

雪組 彩吹真央 退団について

2009/12/15
雪組 彩吹真央 退団について

このたび雪組の彩吹真央が、2010年4月25日の雪組東京宝塚劇場公演『ソルフェリーノの夜明け』-アンリー・デュナンの生涯-、『Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』-水面に浮かぶ風景- の千秋楽をもって退団することになりましたのでお知らせいたします。なお、今後の出演スケジュールは下記の通りです。

■今後の予定
(1)2009年12月19日(土)~20日(日)<梅田芸術劇場メインホール>
 『タカラヅカスペシャル2009~WAY TO GLORY~』
  監修/三木章雄 構成・演出/中村 暁、中村一徳、木村信司

(2)2010年2月5日(金)~3月8日(月)<宝塚大劇場>
 赤十字思想誕生150周年 宝塚ミュージカル・ロマン
 『ソルフェリーノの夜明け』-アンリー・デュナンの生涯-
  作・演出/植田紳爾
 ショー・グランデ『Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』-水面に浮かぶ風景-
  作・演出/稲葉太地

(3)2010年3月10日(水)~11日(木)<宝塚ホテル>
       3月13日(土)~14日(日)<第一ホテル東京>
 彩吹真央ディナーショー『Thank you』
  構成・演出/三木章雄

(4)2010年3月26日(金)~4月25日(日)<東京宝塚劇場>
 ※演目は(2)に同じ

なお、宝塚大劇場公演千秋楽(3月8日)および東京宝塚劇場公演千秋楽(4月25日)には公演終了後引き続き、サヨナラショーを実施予定です。

明日はきっとこの空の下。

きょうはなんにもいえないよ。

わかってたけど。

2009/11/25
花組トップ娘役・桜乃彩音 退団会見のお知らせ

花組トップ娘役・桜乃彩音が、2010年5月30日の東京宝塚劇場花組公演『虞美人』-新たなる伝説-の千秋楽をもって退団することとなり、2009年11月26日に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。

祝☆花楽

・*:.。. .。.:*・゜花組さん千秋楽おめでとうございました゚・*:.。. .。.:*・゜

あれとかそれとかこれとかいろいろあったのに
あっという間ですよ・・・涙

Twitterの方で千秋楽の様子を伺いつつ、素敵な千秋楽を迎えられてよかったなあ・・・と。

ってかマメの挨拶わらける・・・第一声は『よは満足じゃ』だそーです・笑

実況CDでエキサイターを繰り返し聴きながら、
ハバナのところでいつもマメちゃんの表情を思い出します。
きっとビデオには映らないであろう、その姿を。

いいショーだった。熱い芝居だった。
宝塚、そして花組が、大好きだ。


ちっと月末まで多忙なものでたくさん更新はできないのですが、
(ぼそぼそつぶやいてはおりますが)
退団者の新しい門出を祝って!



しかし世間は既にクリスマスモードで年の瀬も感じられる時期になってきているのに。
花組みさんあと1公演残ってるんですよね(笑)

が、がんばれ。

星組 退団者のお知らせ

お昼に花組本買ってうきたってたら夕方はこんなんです・・・orzoz
ツイッターで散々騒いだ後でなんですが、ブログにも。

ゆかり姉さん、しみこ、と。おいらがブロマイド買うと退団したので、あかしは買わなかったのに・・・(´;ω;`)

相次ぐ退団のなかで、ああ本当に宝塚って永遠にいられる場所じゃないんだなって実感する。
花組本でまっつも云ってたけどさ。みんなリアルに最後を見据えて走ってるんだなって。


・・・まとぶさんが泣きそうなメンバーだなあと思う。

2009/11/12
星組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(星組)
百花沙里
琴まりえ
梅園紗千
彩海早矢
天緒圭花

   2010年3月21日(星組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

美春あやか  2009年11月12日付で退団



集合日退団も久々にみたなあ・・・。

The Road of The Moon Walkers

s-DSCN2819.jpg
s-DSCN2817.jpgs-DSCN2821.jpg

s-DSCN2818.jpgs-DSCN2820.jpg

今宵の月のように。

20091109201428
夢はなんて綺麗で、素敵なんだろう。
宝塚に、出会ったあの日を覚えている。

そして今なお耳に残っている、あのスターの声を。
瀬奈じゅんの揺るぎない瞳を。

そして情熱のリオデジャネイロへ。

雪組さん、東京千秋楽おめでとうございました~!

そして・・・退団者の皆様、無事ご卒業、おめでとうございます!
ニュース観たかったのに自転車操業HDDのせいで録れてないYO!みたいな。

いづるん・・・今年は思わずポケカレ買おうかと思うくらい妖しく美しくて、細すぎて観るたびいつも心配でした。卒業したらもちょっとふっくらしてねと超余計なことを思いつつ。

リオブラでポンポンみれなかった(売り切れの日)おいらとしては
全ツでリベンジ!の予定です。

うあーんリオブラすげー好きだったのに金と時間がなさすぐる(´;ω;`)
そーかこういうときの為にDVDがあるんだよな、うん。
でも贔屓のDVDすら買えないオイラに何をかいわんや。

ずっと中詰めかよ!みたいな、詰め込みまくったサイトー君の情熱がスキなショーですた。
あのポンポン祭りが全国に行くとどうなるのか、
でもお客さん大盛り上がりだよねきっと!
あたしは黒塗りもアッパー系もどんと来い!なので、

そろそろ観たいなあ、ノバボサ。
いや雪組さんはもう黒塗り系は大概にしてって感じでしょうか汗

Let's 1st PLAY!!

おはようございまーす。
時差ぼけで何時に寝たらいいのかわからなくなり、夜中に文章書いてたらまた変な方向にズレちゃって、反省反省テヘッ(なつい!)

で、あんま寝てないんすけどムラに向かってまーっす。
午後公演がマイファーストプレイです。
昨日の今日なので予備知識ナッシングですが見処は教えてくれる人がいると思うのできいとこう。

花楽ご報告とか。

日向燦さま、紫陽レネちゃん、聖花まいちゃん、嶺乃一真くん、大劇ご卒業おめでとうございます!

行くことが叶わなかった千秋楽ですが、CSでも流れてるとは思うんですが、親切な方からゆうさんとマメちゃんたち(でもマメが面白すぎて他の記憶がないそうでw)のご報告頂きましたので、ちょろっと紹介しますね。

▼Mr.Yuのアドリブ「今日は花組千秋楽、みなさん一カ月応援してくれて、ありがとう♪」
▼組長のマメ紹介は失敗談だらけで会場爆笑だったそうです。
「初めて影コーラスした時にあまりにも気持ちよかったので愛華さんのパートまで歌って失敗してしまって、あんなに恥ずかしい事はなかった」「くらわんかのお稽古の時には先生に性格変えろと言われた」
くらわんかは、マメ茶でも云ってたんですけど、目立ちすぎて谷先生に「あのな、主役は蘭寿やで!」とガツンとつっこまれたという(笑)
▼大階段降りるトキに、会場から大きな拍手があって、愛されてるなーと。
▼「楽屋に入団の時の写真を張っているんですが、生まれたてのゴリラって感じなんですよね。よくこんな私が宝塚に入れたものだと思っています。」「今はゴリラがマウンテン・ゴリラになりました。」最後に「サンキュー・ベリー・マッチ!ありがとうございました!」
いやー・・・マメの最後のつるっつる挨拶を聞けなかったのは重ね重ね残念ッス・・・涙
▼アンコールでスタンディング・オベーション。ゆうさんもマメちゃんの真似して「サンキューベリーマッチ♪」って云ってた。
▼退団者の出はみんな綺麗だったそうです。まめちゃんの車にはハート模様があったらしい。
そうそう、あたしも某所でまめの楽の出写真見ましたが^^;めちゃめちゃ素敵な笑顔でした。
▼ゆうさんは車に乗ってオープンザウィンドウで「愛してるよ~」だってさ。
なにそれウラヤマシス。


あたしの周辺は楽行った方があまりいないので、ご報告いただいてほんと嬉しかったデス。ありがとうございました~!

宙集合日・退団者

専科の退団発表が集合日にあるって、久々じゃないだろうか・・・?

萬ケイさんは、前々からきいてましたし、マメちゃんのお茶会でも言及されてました。
そして先日は男前すぎるディナーショーの様子も放送されてましたが、萬さんといえば、やっぱりあたしは2年前のバウホールでの、専科エンカレッジの思い出があります。

萬さんだけでなく、年月を積み重ねてきた専科さんのナマのオーラというのは、ほんとうに凄いんです。一度でも真ん中で観たら、あの濃密な空気が忘れられなくなり、若いスターを物足りなく感じてしまったりします(笑)

↓ちなみにエンカレは一部視聴できます
TCAミュージック・サロン 専科「エンカレッジ コンサート」

萬あきら様、ほんとうに長い間おつかれさまでした。


そして、勝手に縁を感じている92期ジェンヌの、安里舞生ちゃんの退団。
こうして少しずついなくなっていき、あの子やあの子はいつまでいるんだろう、と考えたりもするのですが。最後まで頑張って下さいまし。

・・・このところ大劇集合日に異様なほど恐怖を感じてしまうニケさんです。
胃がキリキリしてしまいます。

どこまでやったら満足かなんて決められないけども。
あたしやっぱり宙が原点だから、若手中堅には踏ん張ってほしいんだ。

優しいあの人たちが大好きだけれど、ちょっとぐらいギラギラ野心とか見せてくれていいと思う。
・・・そしたら安心する。勝手な言い分だけどね。


2009/10/01
専科・宙組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(専科)
萬あきら

(宙組)
安里舞生

   2010年2月7日(宙組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

日の光が燦々と降り注ぐ道をみていたような気がして。◆EXCITER!!

たくさんたくさん書きたい事はあるけれど、
もう残り少ない時間のなかでこれだけは。

日向燦を、観てください。

B席の端っこからでもすぐわかる、あの素晴らしいキレのダンス。
私にはうまいとかへたとか、そういうことはわからないけれど、
ずっとずっと、いつだって全身表現体のようなマメのダンスが大好きでした。

でも、今日、初めて近くで、観たの。
下手のタケノコ席で。

ハバナのラスト総踊りでみんなの素敵な顔を観るのが大好きで大好きで、
ほんとうにこの組が大好きでよかったって、感じながら、ひとりひとりをオペラで眺めていたら・・・マメちゃんが目の前にいたんだ。

あまりにも凄すぎて・・・うまく言葉にできない。

・・・泣いてるとおもったんだ。
顔中水浸しで光っていて・・・たぶん、汗だったんだけど。

全身で、号泣してるようにみえたんだ。
マメちゃん、壊れるんじゃないかと思った。
そんなダンスだった。

なんて凄い。ほんとうに凄い。
舞台に命をかけるってこういうことなんだろう。

あんなにも・・・切ない魂を放出するような表情と、思いの丈をこめたダンスを。
みてほしい。

あたしはずっと、マメちゃんの舞台に対する誠実さと情熱が大好きで、
こんなふうに、全身、指の先、脚の角度まで全て手を抜かない生徒を下級生みんな見習って育っていくといいなあって・・・素人考えだけど、勝手に期待してた。

もちろん、プロの目から見て上手いひとは他にもたくさんいるんだろう。
マメちゃんは私のような素人目にわかりやすい発散系の役者だから。

でも、セリフはなくても、あの大きな大きな劇場で、こんなにも表現することを喜び、生きることを喜び、それをストレートに伝えてくれる、舞台人で。

例えば、宙の北翔海莉が歌うと、すっと涙が出てきてしまうように。
日向燦の舞台姿を見ると、自然と胸が熱くなるね。

だから・・・惜しむ。
この人が、この場所を飛び立ってしまうことを、心から惜しむ。

星組 退団者のお知らせ

登れない山、渡れない河もあるんだよなあ・・・。

2009/09/15
星組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(星組)
水瀬千秋

   2009年11月5日(星組東京特別公演千秋楽)付で退団

月組 退団者のお知らせ

は?

2009/08/25
月組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(月組)
瀬奈じゅん    ―すでに発表済み―
遼河はるひ
音姫すなお
城咲あい
麻月れんか
羽桜しずく
麗 百愛

       2009年12月27日(月組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

痛いです・・・(´;ω;`)

昼ごはん食べてから、歯が急に痛み始めまして。
ズキンズキン。

あぁぁ痛いよー・・・頭痛してきた


痛くて涙が出てるのか哀しくて泣いてるのかわかんない。
(ただでさえ毎日MJのビデオ観ては泣き続けで頭痛いっつに)


信じないぞおれはー!・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン



司会の晴れ舞台、コンプリートしといてよかった・・・な・・・(´;ω;`)


痛いってばちくしょう。




だからいまは・・・おやすみ。

毎日毎日おなじ芝居ばかり~!
おいらが梅田に通ってる間に
スカフェが交代しちゃってたぜーΣ(゚Д゚;


・・・いやほんとの話、最新情報についてけてないオレ・・・。
久々にニュースじっくり観たら、
Jは退団会見だし・・・涙
ゆひすみは博多座会見だし・・・嬉(すみかかわええー)

いろいろ書きたい事もあるんだけど、きっと書けないまま次々続いていきそーだなあ・・・。


んで…宙楽映像観ながら涙腺崩壊しておるのですが・・・(´;ω;`)

うつくしいな。
あの宝塚の舞台に立っていたフェアリーは、誰もが美しい。

おつかれさま。だからいまは・・・おやすみ。
20090705.jpg
(タニウメ@パラプリ、まちゃみえりこ@逆裁・・・風味。)

月組トップスター・瀬奈じゅん 退団のお知らせ

劇場で「トップスター」という呼称を聴いたのは、先日の星組が初めてだったと思う。
彼らが当たり前のように「主演男役」というのに馴染んでいたので。
組長がその呼称を使ったとき、とても不思議な感覚がしたんだ。

「トップスター」が退団する。

今でも鮮やかに思い出せる、あの日の、レビューでの鮮烈な光。
初めて出逢った、宝塚のトップスター。

あのころは、いちばん新米の彼女だった。
そしていまはトップオブトップとして。

時は流れ行く。

2009/07/06
月組トップスター・瀬奈じゅん 退団のお知らせ

月組トップスター・瀬奈じゅんが、2009年12月27日の東京宝塚劇場月組公演『ラスト プレイ』『Heat on Beat!』の千秋楽をもって退団することとなり、2009年7月7日に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。