スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みそらをかける猛鷲の人のおとめの身に落ちてトーク。◆おとめ2010

えーっと炸裂さんはまだ拝見しておりません。
諸事情により通販は頼んでないので、
昨日降りしきる雨のなか本屋巡ってみたけどやっぱりないのねー。

もちろん「おとめ」はゲットしました。


おとめの表紙って毎年そうなんだけど
「男役です」「女役です」みたいな主張が薄く、
「清く正しく美しくタカラジェンヌです」的な清潔感があって
それはそれで普段と違った印象をうけるので面白い。

ぱっと見た表紙の真飛聖さんは「今の」真矢みき氏の印象に近かった。
あんなに濃い人じゃないけどなあ。どことなく思い出しちゃうなあ。
くちびるのふっくら感かな(笑)

正直みんなトップさんになるとキメ顔が決まってくるので、
この写真前もみた!とか
同じのつかってんじゃないのかとか(笑)
まあ安定したクオリティですけど、
成長過程の少女を観る楽しみは格別。←キケン発言

あと、いかにもヒトの顔かたちのカタログって感じで、
自分がどういうタイプの顔が好きなのかの分析したりします。


あ、そうそう、前に友人にきいたんだけど、
一説には、ひとって、無意識に自分に似てる人に目を惹かれるんだそうだ。

毎日、鏡で観るのは自分の顔、つまり最も観ている顔のバランスが脳に刻み込まれてるので、
あまりにかけ離れた顔の人を見ると、安定を欠くんだとな。

確かに、マンガでも青池氏みたいな顔長いタイプの絵は長年苦手で(いまは好き)
どちらかというと竹宮恵子的な丸顔タイプ好きだった。

あくまで本能的なビジュアル選択であって、中身を知るとまた別になってくるんだけど
基本的に最初に目を惹かれるタイプってあるよね。


あんまり面白みはないけど基本的に安定パーツの美人が好きではある。

ニケさん的安心おフェイスといえば、霧矢大夢・真飛聖・沙央くらま
おとめで改めてみると・・・この3人は丸みのある顔に目鼻口がキュッと中央に収まってるとこが自分的にポイントなんだろうと思うなー。くちびる厚いし(笑)んで、犬系統。げっ歯類系とか。なんつってもムーミンに似てるのがいちばん。

他にも好きな系統は、どちらかというと骨格美人で、
轟悠・安蘭けい・檀れい・安寿ミラ・・・印象的なヒトが多いかも。


ただこれ、「化粧栄え」という1点においては全く異なるんだけどね。
大空祐飛・水夏希・白羽ゆり・花總まり・和央ようか・朝海ひかる
あたりの、怖ろしい程の最強ビジュアルぶりには脱帽します、ほんと。


「おとめ」全体的にはお疲れ気味のジェンヌさんが多い印象なのは否めませんが・・・(実物のが綺麗!)
フェアリーもすごく人間なのよね、人間があの舞台やってるのよねと思うと、ほんと驚くべき世界だわ。

・・・と、特におちもなくぐだぐだ書いてみた。おとめ談義。


ちなみに記事タイトルは、「おとめ」と聞くと思い出す藤崎藤村の詩から。

みそらをかける猛鷲(あらわし)の
人の処女(おとめ)の身に落ちて
花の姿に宿かれば
風雨(あらし)に渇き雲に饑(う)ゑ
天翔るべき術(すべ)をのみ
願ふ心のなかれとて
黒髪長き吾身こそ
うまれながらの盲目(めしひ)なれ


清く正しく美しきおとめはいつの時代も憧れの的であれかし。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ブログ内検索

PDタグリスト

 

カテゴリー

アーカイヴクラウだー


リンクについて


「愛さずにいられない馬鹿もいる。」はリンクフリー(報告も不要)です。
こちらからのリンクはBlog Peopleを使用。
リンク先が増えて参りましたので、暫定的にカテゴリ分類することにしましたが、間違ってるよーってところがありましたらご報告していただければ幸いです。


クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。